FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『さいはて村』 第5章:再会


『さいはて村』 

コラボ作品
原案 kふぇち/著 Akris




第5章 再会


悠馬と別れた涼太は、更に奥へと進んでいく。
すると、この洞窟に入ってから6番目となる開けた空間が目の前に現れた。

「あそこも部屋みたいだ……きっとまた牢屋だよね」

涼太はばれない様に慎重に歩みを進めていく。
そして部屋のすぐ近くまで忍び寄ると、近くの物陰に身を潜め部屋の様子を窺う。

『きゃはははははっ!! やめっ……んふゃはははははははははーっ!!』
『やははははっ!! んぁああひひひぃ……んっふふふひゃははは!!』
『あっはっはっはっはっはっはっは!! きゃはははっ!! ひぃー……』

笑い声が聞こえてくる。
やはりここも牢屋であると涼太が確信した時だった。
その笑い声が今までとは若干異質であることに気が付いた。
やたらと声は大きく、何やら二・三重に響いている気がした。
涼太はそっと身体を乗り出し、部屋を覗いてみる。
すると、なんとそこでは複数人の男と涼太の母、知香、姉である長女の美佳、次女の美希の姿があった。
美佳と美希は下着姿で足を少し広げ、互いの脚の間に脚を入れた状態で向かい合わせに立たされ、美佳の右足と美希の左足は合わせて拘束されている。
その上、美佳は右手を美希は左手をそれぞれ鎖で天井から吊るされ万歳の形で拘束されていた。
2人はお互いに空いている方の手で相手の太腿の後ろ側をコチョコチョとくすぐりあっていた。

「な……なんで姉ちゃんたちくすぐりあってるの?」

涼太には訳が分からなかった。
何故、姉たちはお互いにくすぐりあっているのか。
今はそんな状況ではない、そんなことは自分にもわかる。
遊んでいるほどの余裕があるのか。
状況を理解しきれない涼太はしばらく思考に走ったが、母らしき声が耳に飛び込んでくるとすぐに我に返った。

「んひゃははははっ!! ふぅひひひぃっ!! だ、だめっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

涼太の目に飛び込んできたのは裸で触手のようなものに空中で大の字に拘束され、触手に目隠しをされた状態で腋の下や脇腹、足の裏をくすぐられている母、知香の姿だった。

「か……母さんっ!! あ、あの手みたいな奴が……母さんを……?」

まるで少女のように笑い悶える母。
そんな母のすぐそばには必死にお互いをくすぐりあっている姉たちの姿。
涼太の目の前にはそんな異様な光景が広がっていた。

「やはははははっ!! んぁあひひひぃっ!! も、もう無理ぃひひひひぃっ!! むりぃぃっひゃはははは!!」

そんな時、次女の美希は笑い悶えながら弱音を吐きだした。
すでに数分、いや数十分だろうか?
くすぐられ続けているため、限界が近づいてきたのだろう。
そんな妹に長女の美佳は必死に笑いを堪えながら声をかけた。

「んふふふっ!! が、我慢しなさいぃひひっ!! じゃ、じゃないとっくひひぃっお、お母さんが……!!」

「で、でもっ……も、もうだめぇーーーっぇっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! きゃはははははははっ!! だみゃぁぁはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

美佳の励ましも空しく、美希は我慢しきれずに完全に笑いだしてしまった。
その瞬間、美希の後ろに立っていた一人の男が美希のがら空きの左腋の下をコチョコチョとくすぐり始めた。
それと同時に知香の股間には棒状に変形した触手が挿入され激しくピストン運動を始めた。

「やらぁああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! 腋よわいのっ!! わきだみゃぁぁぁあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くすぐったぁひいひひひっひゃぁぁぁああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

美希は弱点である腋の下を執拗にくすぐられ、更に激しく笑い悶える。
一方の知香も秘部でピストン運動をし続ける触手の刺激と身体中をくすぐる触手の刺激に悶え、喘ぎ声の混ざった笑い声をあげていた。

「んぁぁぁあひひっ!! んぁぁぁぁああっ!! きゃぁぁっひぃっひひひひゃぁぁぁああああああっ!! んぁっぁあはひひひっ!! んぁぁああっ!!」

そんな母の姿を目の当たりにした美希はくすぐったさに支配されながらも声を振り絞って母に許しを請う。

「きゃぁあっはっはっはっはっはっはっはっは!! お、おかーしゃぁっひひひっごめっ!! んぁぁあはっははははははっ!! ごめんにゃひゃぁぁあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーぃいいひゃはは!! おかぁさぁははははごめっひひひひひひ!!」

そして更に激しく責めたてられる二人を見ながら美佳は涙を流しながら叫び、止めるように懇願する。

「お、お願いです!! お母さんと美希を――これ以上責めないで!! もうやめてよーー!!」

美佳の悲痛な叫びは男たちには決して届くことはない。
彼らはただひたすら知香と美希を悶えさせ続ける。

「んぁぁぁああひひひひっ!! きゃぁはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁぁぁあああんっ!! んぁぁぁあっ、ひぃーっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! んぁぁぁああああああ///」

「きゃははははははっ!! だめぇぇえっへっへっへっへっへっへっへ!! くしゅぐりらみゃぁぁははっはははははははははははっ!! くしゅぐらにゃぁあっはひぃいれぇぇええっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへーっ!!」

決してやむことのない刺激に二人は次第に追い詰められていく。
知香はくすぐられながらも触手によって何度も絶頂を迎え、美希は幼い身体を執拗にくすぐられ続け共に体力が底を尽き始める。

「んぁぁぁっぁああああああっ/// らめっも、もうイけなぁっははっははははっはぁぁぁあああああああ/// んあぁああ――」

「きゃぁぁぁああっはっはっはっはっはっはっはっは!! くしゅぐっひゃぁあいいぃひひひひひぃっ!! いきできにゃぁぁぁあひひひひっ!! んぁぁぁあひひひひひぃ――」

そんな二人の姿をただ見ることしか出来ない美佳は二人が気絶すると同時にあることを決意した。

「じゃあ、お母さんと美希ちゃんはゲームに負けたわけだし、罰ゲームにしようかなぁwww」

「気絶してても機能はしてるだろうしね(笑)」

そう言って男たちが知香と美希に再び手をかけようとしたその時、美佳は口を開いた。

「ま、まって!! ……ください。わ、わたしが、お母さんと美希の代わりになるからぁ……だ、だから罰はわたしに……」

美佳の提案に男たちはニヤリと笑うとずっと奥で椅子に座って指示を出していた男に目線を向けた。

「いいだろう、キミが罰を受けるというのであればお母さんと美希ちゃんは解放してあげるよ(笑) おい、二人を解放してあげなさい(笑)」

「はいコマツさん」

美希をくすぐっていた男と触手を操作していた男はそれぞれ二人の拘束を解くと、そのまま抱き上げて牢屋を開けて出てきた。
涼太は男たちに見つからないように更に息を殺す。

「じゃあ、二人を連れていくぞ」

男たちは二人を抱え、そのまま6番目の部屋の奥へと進んでいった。
美佳はこれで母と妹が助かったと安堵すると、これからどのような罰ゲームが待っているのかと身を震わせた。

「さて、状況を整理しようか。キミと美希ちゃんはお互いにくすぐり合い、先に完全に笑ってしまった方が腋の下を徹底的にくすぐられる。それと共に連帯責任としてお母さんにはくすぐりの他にエッチなことをする。三人のうち一人でも気絶してしまったら罰ゲーム――そういうゲームだったね」

「は、はい……」

「気絶したのはお母さんと美希ちゃんだ。ということは二人分の罰ゲームを美佳ちゃんが受けるということだよねぇ(笑)」

「ひぃっ……は、はいっ」

「じゃあ罰ゲームを発表しようか。美佳ちゃんにはお母さんと同じ目にあってもらおうかなぁ」

コマツはそういうとゆっくりと椅子から立ち上がり、美佳に近づいていく。
そして美佳の拘束具を全て外すと、そのまま美佳のブラとパンツをハサミで切り離してしまった。

「へっ……い!? ぃやぁぁぁああああーっ!?」

美佳は突然自身が裸にされたことに驚き、胸と秘部を手で隠した。

「言ったじゃないか、お母さんと同じ目にあってもらうって(笑) じゃあ触手マシンのところへ行こうか。あそこでくすぐりの続きだ。ちゃんと私に従わないと……あの二人は……わかってるね?」

「はぃ……」

美佳は消え入るような声で同意すると、先ほどまで知香が捕らえられていた触手の前に立った。
その瞬間、すぐに無数の触手が美佳の元へと伸び迫ってくる。
そして一瞬で美佳の両腕、両足に巻き付き、そのまま美佳を空中へと攫っていく。

「きゃっ!? ま、まって!!」

構える暇もなく美佳は先ほどの知香と同じような状態で拘束されてしまった。
両手両足の自由を奪われ空中で大の字に拘束された美佳を触手は容赦なく襲い始める。

「ひゃっ!? いやぁあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

無数の触手は美佳の無防備な腋の下や脇腹、足の裏を同時にくすぐり始め、美佳を悶えさせる。
だが、美佳に襲い掛かったのはくすぐりだけではなかった。
突然、一部の触手が棒状に変形し、美佳の膣内へと侵入してきたのだ。

「ひゃぁぁぁああっはははははははっ!? んぁぁああひひひぃっ!!」

まだ16歳の彼女にとっては経験のない刺激が、更に美佳を追い詰めていく。

「んっぁぁあひひひひぃっ!! 痛っんぁぁぁあっひやぁぁああひひいひひっ!!」

触手の肉棒は、容赦なく美佳の膣内を突き上げ、その痛みとくすぐったさに美佳は悲鳴をあげた。
だが、しばらくすると美佳の反応に変化が出た。

「ひっんっぁぁああひゃぁっはっはっはっはっはっは!! んぅっひひひひぃ!! んぁぁあああっひゃぁああああぁぁっ!!」

そんな美佳の姿を見てコマツはニヤリとした笑みを浮かべた。

「どうだい美佳ちゃん、だんだんと刺激が変わってきただろう?(笑)」

「ふひゃぁぁああっはっはっはっはっはっはっはあぁああんっ!! そ、そんなことっ、んぁっぁああひひひひぃ!!」

「さっきまでは痛かっただけなのに、今ではもう痛くない。むしろ……気持ちよくなってきてる――違うかなぁ(笑)」

コマツの言う通りだった。
先ほどまでの痛みとは違い、次第に触手の肉棒によるピストンの刺激が美佳の膣内で安定してきていたのだ。
さすがに年頃ということもあり美佳も普段から自慰はしている。
だが、性交を知らない美佳にとってこの刺激は普段のソレよりも数段刺激的だったのだ。
確かにそれは事実だったのだが、美佳にとっては無理やり初めてを触手に奪われ、恥ずかしい姿を見られてしまっては悔しさと辛さの方が勝っていた。

「このまま少しくすぐったさも上げてみようか? 今じゃ気持ちよさの方が勝ってそうだからね(笑)」

コマツはそう言うと、触手マシンを操作し、くすぐりの強さを更に激しいものへと変化させた。
すると、更に激しくなったくすぐったさに美佳は身体を大きく捩らせながら笑い悶えた。

「ひぃっやあぁあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! んあぁぁっひひひぃまっひぇだみゃぁぁはひひひっひぃーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

「今度はくすぐったさの方が強いみたいだなぁ……じゃあもう一度調整しないとね(笑)」

「んぁぁぁっぁあああああっ!? んぁっぁぁああぃひひひひぃっ/// んぅ……ひゃぁぁあああ!!」

「なかなか調節が難しいみたいだなぁ(笑) 面倒だし、どっちも強にすればいいよね?」

「ぁはははっぁあああっ!! ま、まっひぇぇえんぁぁぁああひひぃっ///」

コマツは美佳の言葉になど一切耳を貸さずにすぐさまマシンの出力を強へと変えた。
すると、先ほどまで交互に強くなっていたくすぐりとピストンが同時に更に激しいものへと変化した。

「んあっぁぁぁああああああぁぁぁあーっ!? んぁぁふひゃぁぁぁあっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! だ、だみゃぁぁっひひひひひぃーっんんぁぁぁあああた、たしゅけへっひひひひひひぃふぇぇえっひゃひゃひゃひゃっはっはぁっぁぁああっはっはっはっはーっ!!」

美佳は笑いと喘ぎの混ざった悲鳴をあげながら回らない呂律の中、必死で助けを乞う。
だが、コマツはニヤニヤと美佳の様子を眺めているだけでマシンを止める気はなかった。
そんな中、刺激され続けた美佳に一つの限界が訪れた。

「いひゃぁぁあはっはっはっはっはっはっはっはっはぁぁあんあぁぁっ!? ら、らみぇぇへひははいぃっひひひひひぃっ!! き、きちゃぅっひひひひふふふふぁぁぁぁあああっ!? ひゃぁぁぁぁあああああああっ/// んぁぁぁあああっ!!」

「あれ? 美佳ちゃん罰ゲームでイっちゃったのかなぁ?(笑)」

「ひひひひぃっ!! ご、ごめんにゃっひひひぁぁぁぁああああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ごめんにゃぁっはひひひひひゃーっひゃひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

美佳の膣内を突き続けていた触手によって美佳は絶頂を迎えてしまった。
だが、これで終わりではなかった。

「うひゃはっぁぁぁぁああああああっ!? ま、まっひぇぇぇぇえイっひゃばっかりぃ/// んっぅっひひひいひぁあぁぁああああーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! やみぇひぇひひひひひぃと、とめひぇくらしゃぁぁひひひひひひひひぃーっ!!」

美佳が絶頂を迎えても触手は美佳の膣内を突き続けていたのだ。

「二人分の罰ゲームだからなぁ(笑) こんなのまだまだ甘いよねぇ?」

「ぃやぁぁははひひひぃいっ!! う、うごかしちゃらめぇぇええええっ/// んぁぁぁひひひひひぅひゃひゃひゃひゃぁぁぁあああああっ!! んぁぁぁああはひひひひひぃ!! やらぁぁはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

一度絶頂を迎えたことで美佳の身体は更に敏感になってしまっていた。
この状態で激しくくすぐられ、そして膣内を刺激されることは美佳にとっては頭が真っ白になるほどの刺激だった。

「さて、お楽しみのところ悪いけど美佳ちゃん、この画面をよ~く見ていてね(笑)」

コマツは美佳の前に一台のタブレットを差し出した。
余裕のない中、美佳は何とかその画面に目を向ける。
すると、真っ暗だった画面に突然何かが映り出した。

『いやらぁぁぁはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! もうこちょこちょしにゃいれぇぇえっへっへっへ!! だみゃぁあはっはっはっはっはっはっはっは!!』
『きゃっはっはっはっはっはっはっはっは!! も、もうわらえなぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! だれかぁたすけてぇっはははははっ!! きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!』

美佳は目を疑った。
それもそのはず、そこには解放されたはずの母、知香と妹の美希が全裸でベッドの上に仰向けでX字に拘束され何人もの男たちに身体中をまさぐられていたのだ。

「ひゃぁぁっはっはっはっはっは!! んぁぁああひひぃ/// にゃんれぇっへっへっへっへっぁああっひひひひひゃぁぁああああひははっ!!」

「あれれ~おかしいぞ~(笑) どうして助かったはずの二人が襲われてるんだぁ~?」

この映像を見せられた美佳は完全に心が折れてしまった。
コマツに散々責められ、辱めを受けても身代わりになることで母と妹が救われた。
そう思っていたからこそ美佳は後悔せずに罰を受けた。
だが、救われたと思っていたはずの二人は別室で変わらずに男たちに遊ばれていた。
では自分がしたことはなんだったのか。
すでに美佳は気力を失ってしまっていた。

「きゃぁははははははははっ!! んぁぁぁあああああっ/// ふみゃぁぁひひひひひぃーっひゃぁぁぁああああああっははははははあっ/// んふふふふふっんあぁぁぁああぁぁあああーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

話が違う、騙したのか。
そんな言葉で抗議しようにもそんな気力もない。
美佳は完全に笑わされ喘ぐことしかできなくなった。

「んぁぁぁああひゃはははははっ!? ま、まひゃイひゃぅっふふふふっぁぁあああああああっひゃひゃひゃひゃぁぁぁあぁああああああっ///」

「さぁて美佳ちゃんは後何回イけるかなぁ(笑)」

「らみぇっぇえええへへへへへへっ!! んぁぁああああひひひひひぃいいっ!! きゃぁぁぁあああっひゃはははははははははーっ!! ま、まっひぇっへっへっへっへっへ!! んぁああああ///」

コマツはそう言うと触手も止めずに美佳を放置し、牢屋の中から出てくると、やはり鍵も閉めずに更に奥へと進んでいった。
物陰に潜んでいた涼太はコマツが立ち去るのを確認すると、すぐさま牢屋へと飛び込んだ。

「美佳姉ちゃん!!」

涼太は美佳に張り付く触手を引きはがそうと引っ張りながら呼びかける。

「ひゃぁぁあああっはっは!? りょーたぁ!? にゃんれここにぃっひやぁぁああああっは///」

「今助けるから!!」

だが、先ほどから引っ張り続けるものの、触手は一向に外れる気配がなかった。

「あははははっ!! んぁぁぁあひひひぃ/// わ、わひゃしはいいからぁひひひひぃ!! お、おかぁしゃんとみきをぅっひゃはははあっぁああああ///」

「そ、そんなっ……!!」

確かに美佳の言うように、簡単には外れない触手と格闘をしている時間などないだろう。
涼太は目の前にいながらも助けられない悔しさを噛みしめながらも触手から手を離した。
先ほどまでの様子を見ていた涼太は、美佳がとった行動を無駄にはしたくないとそう考えていた。
だから美佳が優先した母と美希の救出を選択することにしたのだ。

「後から、ちゃんと助けにくるから!!」

涼太はそう言うと、美佳に背を向け、男が消えていった方向へと走り出した。
美佳の悲鳴を背に受けながら――


  1. 2017/11/11(土) 18:54:54|
  2. コラボ小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 2

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX