FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『布団際の攻防』


『布団際の攻防』

『デート・ア・ライブ』 ―五河 琴里 編―



とある日の朝の出来事だ。
自室のベッドの上で静かに眠る少年、五河士道の腹部に衝撃が走った。
まるで鉛の玉を高い位置から落とされた時のような、重たい一撃を彼は受けた。
「ぐはっ!?」
安眠中に突如訪れた地獄に士道は今にも死にそうな顔をして応えた。
彼の腹部をよく見ると、小さく細い足が食い込んでいた。
その足の持ち主は跳び上がると再びもう一撃を彼の腹部に打ち込んだ。
「おにーちゃん起きろーっ!!」
元気よくそう叫ぶのは、士道の妹である五河琴里である。
士道は再び死にそうな目で視界に琴里を捕らえると、少し何かを考える時のように、じぃっと身構え、掛け布団を深く被った。
そんな兄の姿を見た琴里は、呆れたように布団を士道から引きはがそうとする。
「どうしてまた寝るのだーっ!? 起きろ起きろ起きろーっ!!」
そのあまりのしつこさに彼はうんざりしつつも対処法を考え付いた。
「う……うぅっ!!」
彼は布団に包まりながら鈍い唸り声を上げた。
その様子に、琴里は心配そうに士道を覗き込む。
「ど、どうしたのだおにーちゃんっ!?」
「ま、また……Tウイルスがっ……」
士道はわざと苦しんでいるかのような声を上げて布団の中で寝がえりを打つ。
ちなみにTウイルスとは……『とりあえずあと10分寝ていないと妹をくすぐり地獄に処してしまうウィルス』の略称である。
彼は以前、同じような状況をこのTウイルス作戦で乗り切っている。
「……もうその手は食わないぞ。さぁ観念して起きるのだーっ!!」
同じ手は通用しない。
それは万国共通である。
結局のところ、このTウイルスなるものは存在しえない。
この場を凌ぐ為だけの虚言である。
それを理解している琴里は手を緩めることなく士道から布団をはぎ取ろうとする。
士道は思った。
完全に虚言だとバレている今、この手は使えない……。
だが一度、このTウイルスが実在するものだという意識を琴里に植え付ければ……実用性が出てくるのではないかと。
そこで士道は、今後のための一手としてTウイルスを患った演技を続行することにした。
「うっ……に……逃げろ琴里っ!! 俺の理性が残っている内に……逃げるんだ……」
「はぁ……もういい加減あきちゃったぞ? バカなこと言ってないで早く起きるのだおにーちゃん」
琴里は仰向けに寝転がった士道の腹部を跨いでベッドに膝を立てて座っている状態だ。
今がチャンスだと思った士道は、腹筋の容量で上半身を起こすと琴里の背中に手を回し、抱きしめるようにして抱え込んだ。
そしてそのまま琴里をベッドへと引き倒すと仰向け状態の琴里の上に覆いかぶさるような体勢に持ち込む。
「きゃっ!? お、おにーちゃんっ!?」
突然の出来事に琴里は頭が追い付かないでいる。
琴里が動揺している今が最大のチャンスだ。
そう考えた彼は指をこちょこちょと細やかに動かすと、リズムよく琴里の腋の下に指を滑らせ躍らせた。
「ひぃひゃあっ!?」
琴里は小さく悲鳴を上げると、身体をくねらせた。
「クハハッ……どうだっ!! これがTウイルスだーーっ!!」
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くすぐったいっ!! やめてーっへっへっへっへっへっへっへっへ!!」
琴里は何とか士道の指を払いのけようとするが、くすぐられていて上手く力が入らない。
結局、指を払いのけることは出来ずに笑い悶え続ける。
「ひゃははははははははっ!! わ、わかったぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! わかったからやめるのだぁーー!!」
「クハハッ……何がわかったというのだね?」
士道は敢えてTウイルス感染者であるフリを続けた。
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはー!! おにーちゃんだめぇーーっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぃ!!」
「私はおにーちゃんではない。Tウイルスだっ!!」ドンッ
「ひひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! わかったのだぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! 許してぇーっへっへっへっへっへっへっへっへ!!」
琴里はくすぐられながらも意識的にガードを続ける。
先程は指を払いのけようとしたが失敗した。
ならばと、彼女は士道の腕を押えこもうと彼の腕を必死に掴んだ。
「フフフ……無駄無駄ァーーー!!」
琴里に腕を掴まれた士道は無理やりにでも琴里を引き剥がすことは出来たが敢えてそれはしなかった。
腋がダメなら他の場所で良い。
手が使えないなら他の場所を使えば良い。
士道はそう考えたのだ。
勢いそのまま士道は琴里の腹部に顔を埋めた。
そして自身の顔をクリグリと琴里の腹部に押しつけた。
士道は琴里の身体の柔らかさと香りを感じながらも、その恥ずかしさを消し去ろうと一心不乱に擦りつけた。
「いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーーっ!! そ、それはだめなのだぁーーっ!! くすぐったぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはいぃ!! きゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
突然の腹部への刺激に、琴里は一気に身体をくねらせた。
想像以上のくすぐったさと恥ずかしさが彼女を襲う。
「にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁーっひゃははははははははははっ!! やみゃっへっへっひゃはははははははははっ!!」
琴里は素早く掴んでいた士道の腕を離し、士道の頭を抑え始めた。
だが、引き剥がそうとするのではなく逆に抱きしめるように抑えつけてしまっていることに琴里は気づかないでいた。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! うひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっあーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
士道は自分の頭を押さえることに夢中になっている琴里の隙をついて、再び琴里の腋の下に手を突っ込んだ。
そして左右バランスよく腋の下をまさぐり始める。
「ひゃっはっはっはっはっは!? またそっちぃっひひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! 腋はやみゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
琴里はすぐさま腋の下を閉じるが、すでに腋の下に到達している士道の手を挟み込んでしまっただけだ。
そのまま士道は何事もなかったかのように手をフルフルと動かし始めた。
さすがにはさみつけられている状況で指を動かすと、琴里が痛がると思った士道の配慮であったわけだが……。
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! くすぐったぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはー!! きゃーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! あははははっあっはっはっはっはっはっあはははははははははははははーーっ!!」
それだけでは物足りないと感じた士道は、腋の下を刺激しながら、再び顔を動かし始める。
腋の下とお腹に広がるくすぐったさに琴里は更に笑い悶える。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! おなかがぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! だみゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
とりあえずこの辺にしておくか。
そう考えた士道は、そっと琴里を解放した。
「はぁ、はぁ、はぁ……お、おにーちゃん?」
解放されたものの琴里は不安そうに士道と距離を取って様子をうかがった。
「うっ……あれっ? 俺は一体……」
士道はTウイルスが完治した設定の元、演技を続ける。
「だ、大丈夫? Tウイルスはどうなったのだっ!?」
「Tウイルス? あ、あぁそうか俺、発症してしまったのか……」
「ほ、本当にTウイルスが……っ!?」
どうやら琴里はTウイルスの存在を確信したようだった。
かくして、士道の作戦は成功した。
かに思われた……。
だが、翌日から士道の朝は恐ろしいものへと変貌した。
「起きなさい士道っ!!」
琴里は司令官モードで士道を起こしに来るようになったのだ。
妹モードの時とは違う。
本当に起きなかったら容赦なしに弾丸パンチを腹部に打ち込まれる。
こんな朝を3回ほど迎えた士道は、再び例のTウイルス作戦を実行することを決意した。
次の朝。
「士道!! 起きなさいっ!!」
ここまではいつも通り。
問題はこれからだ。
士道は低い唸り声を上げて見る。
「うぅっ!?……うぅ……」
「っ!?」
掛け布団の隙間からそっと琴里の様子をうかがってみると、この唸り声を聞いた瞬間、琴里の顔色は明らかに変化した。
ここが勝負所だ。
そう考えた士道は前回同様の展開に持ち込む。
「に、逃げろ……琴里っ!! ま、また……Tウイ……ぐはぁっ!?」
例のセリフを言う前に士道の腹部に強烈な蹴りが入った。
「発症する前に気絶させれば問題ないわね?」
士道はしてやったりと言った顔の琴里を見ながら、遠のく意識の中、作戦に改良の余地ありと判断した。
更に翌朝。
「起きなさい士道。昨日のこともあったから今日は早めに起こしに来たわ」
士道を気絶させた場合の時間を考慮してか、琴里はいつもよりも1時間も早く士道を起こしに来た。
「あ、あぁおはよう琴里。今起きるよ」
士道はベッドから身体を起こすと、後ろを向き部屋を出ていく途中の琴里を後ろから抱きしめた。
「きゃっ!? ちょ、し、士道!?」
突然のことに琴里は顔を赤くしながら戸惑い始める。
だが、ここからの士道の行為は琴里の想像とはまるで別次元にあった。
士道は素早く琴里の腋の下に手を突っ込む。
「いひゃあっ!?」
その突如の刺激に琴里は身を縮ませた。
そしてしのまま士道は琴里の腋の下に指を這わせて縦横無尽に動かしていく。
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!? ちょ、士道っ!? きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
琴里は腋の下への刺激に耐えきれず膝から床に崩れ落ちた。
四つん這いのような体勢になった琴里の腋の下を士道は容赦なく刺激していく。
「あっはっはっはっはっはっはっはっは!! あはははははっ、あっはっはっはっはっははあははははははっ!! し、士道やめなっさっはっはっはっはっはっはっはっはいぃ!!」
床に倒れ込みながらも琴里は士道の動きを封じようと身体をバタつかせた。
琴里は前回のトラウマが残っているのか腋の下とお腹を中心にガードを試みた。
そんな様子をみた士道は、腋の下からあっさりと手を引くと、琴里の両足をがっしりと掴んだ。
「し、士道っ!? 今度は何をっ!?」
「士道ではない。私はTウイルスだっ!!」ドンッ
そう言うと士道は床に座り込むと琴里の両足を左腕で抱え込み、そのまま右手で琴里の右足の裏をこちょこちょとくすぐり始める。
「きひゃははははははははっ!! あ、足はだめっへっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! し、士道やみゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! あひゃひゃひゃひゃひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはいひひひっ!!」
足の裏への刺激は意外にも琴里に大ダメージを与えた。
調子にのった士道は右手を琴里の右足から左足へ、そして再び右足へと移動させていく。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! きゃははははははっ!! やみゃなしゃいひゃはははははははははははははっ!! やめてぇっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーーっ!! こ、今度はひだりゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! あ、足はやみゃははははっあはははははっ!! ま、またみぎゃはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! くすぐっちゃっはっはっはっはっはっはひぃい!! もうやでゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーーっ!!」
琴里は上半身を何大きく揺らして笑い転げる。
何度も起き上がって士道を止めようとするが、笑いすぎて腹筋に力が入らない。
腕を使って起き上がろうとしても、くすぐったさに暴れまわり再び床に倒れこんでしまう。
もはや士道を止める術は持ち合わせていなかった。
「きゃははははははっ!! あっはっはっはっはっはっはっはっは!! あはははははっ、あっはっはっはっはっははあはははははは!! だみゃっはっはっはっはっはっへへへへへへへっ!!」
士道は悪戯心から、少し違った刺激に変えて見ようと考えると、指をこちょこちょと動かすのを止めた。
そして、痒いところを掻く時のように指を動かさずに手ごと動かして琴里の足の裏を擦り始めた。
「うひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! そ、それりゃめひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーーっ!! しどーだみゃははははははははははははっ!! それむりゃははははははははははひひひひいい!!」
どうやらこの方法が一番効果がありそうだ。
そう感じた士道はひたすら琴里の足の裏を引っ掻き続ける。
「やっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! いやぁっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ひはははははははっ!!」
一方の琴里は手で床をバンバン叩きながら暴れまわる。
「も、もうだみゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーーっ!! ゆりゅしてぇーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! いーっひゃひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーーっ!! うきゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
異常な笑い声を上げる琴里の目にはうっすらと涙がたまり、顔も赤く紅潮している。

本当に限界が近いのだろうか?
そう考えた士道はそろそろ止めておこうかと考えたのだが……。
このまま止めたら、琴里が翌朝から何を仕掛けてくるか……新たなTウイルス対策を練ってくるに違いない。
今度は腹パンチだけでは済まないかと思うと士道はゾッとした。
ここは気絶させて今朝の記憶を曖昧にさせるしかない。
士道は当初の寝ていたいがためのTウイルス作戦から、命を守るためのTウイルス作戦に目的を入れ替えた。
そして、止めかけていた手を再び動かし、執拗に琴里の足の裏を引っ掻きまわした。
「いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! ま、まってへぇっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーーっ!! くしゅぐったっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはいぃ!! しどーやみゃはははははははははっ!! もうやらっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーーっ!!」
琴里も本当に限界が近いようで、暴れまわることを止めた。
ひたすら刺激を受け続け狂ったように笑い続けた。
「やぁっはははははははっあははははははははっあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁはははははっ!! も、もうだみゃははははははははっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーーっ!! もうむりゃはははっ!! あははははっ、いひひ……くっひひゃははははっ……」
琴里の笑い声は小さく消え入って行く。
「……やぁっはっは……あはっ……いひ……ひっく……ひぃ……すぅ」
そのまま琴里はぐったりとしたように気絶した。
士道はふぅと息を吐き出すと、この後のフォローをどうしようかと悩みだすのだった。
結局、その後士道はこの日の朝のことは琴里の夢であったという結論に無理やり持ち込み、パッとしないながらも琴里もそれに納得し事なきを得た。
だが、結局の士道の当初の目的は果たされることなく……。
「起きなさいっ!! もう朝よっ!! 士道っ!!」
何ら変わらない朝を迎えるのだった。


【あとがき】
今作から、あとがき復活しました(笑)
おい、いらねーよ←ごめんなさいm(__)m
さてさて。
Tウイルスの下り見てたら書きたくなりました。
ムラムラしてやった。後悔はしていない(笑)
せっかく琴里を受けにするなら「妹モード」だけじゃつまらない。
そうだ「司令官モード」も書こう。
そう思って書きましたが……たいして変わりありませんでしたw
久しぶりの版権二次作品でしたね? もう少し頑張りますm(__)m
ただ、そろそろシチュが被り出すかな……。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


  1. 2014/09/16(火) 00:19:10|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 2

白と黒の琴里が出てきたのが良かったです
  1. 2014/09/17(水) 07:12:58 |
  2. URL |
  3. まだむ
  4. [ 編集 ]

まだむさん>

コメントありがとございますm(__)m
白黒は出せましたが、リボン無しは出せませんでした(笑)
  1. 2014/09/17(水) 18:49:21 |
  2. URL |
  3. akris
  4. [ 編集 ]

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX