FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


あくまい!! ―悪魔な妹を天使に変えろ―

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

『私、お兄ちゃんのこと……好き……だよ?///』
今、俺の目の前にいる妹は顔を赤らめながら俺にそう言ってきた。
妹の名前は渡井唯(わたらい ゆい)、俺の可愛い天使さんだ。
そして――
「何? こっち見ないでくれる? キモいから」
俺の目の前にいるもう一人の妹いや、本物の妹、種田文香(たねだ ふみか)は俺にとっての悪魔である。


―ある日の昼頃―


「亮太、購買行こうぜっ!!」
4限終了のチャイムとともに俺の後ろの席に座る友人、阪田に誘われ俺は席を立った。
俺たちが購買につくと、そこはすでに戦場と化していた。
「うわぁ、こりゃまた一段とすごいな……」
「仕方ねーよ。高校名物の一つだと割り切るしかない」
俺は唖然とする阪田を横目に少しでも商品棚に近づこうとする。
が、周りの生徒たちにもみくちゃにされながら少しずつ後退してしまう。
この分だと、人気商品の惣菜パンは売り切れてしまっているだろう。
「おーい、何とか適当にパンgetしたぜ」
前のほうから阪田が俺にVサインを送ってくる。
いつの間に前に居たんだ……。
阪田は紙袋を抱えながらこちらに戻ってきた。
「お前、いつの間に前に……」
「ん? あぁ、あれのおかげだよ」
阪田が指差した先には……。
「あぁ、アイツか」
文香がいた。
そして文香の周りには見事な穴が開いていた。
学園内で文香はそのルックスと人当たりの良さから、入学後約2か月にしてまるでお姫様のような扱いを受けている。
故に、アイツが通る場所は見事に道が開いているのだ。
「あーあ、アイツらにも文香の本性を教えてやりたいよ……」
「見事に猫かぶってるよな、文香ちゃん」
学校での文香は正直言って天使だ。
ルックスはまだしも、その性格は全くもって真逆だ。
いや、むしろ俺に対する態度が酷いだけなのかも知れない。
考えてみると、父さんや母さんの前でも大人しいな……。
俺たちは苦笑いしつつも、教室へと戻った。
「しかし、亮太から文香ちゃんの話を聞いたときは驚いたな」
「あぁ、あれはお前が変なこと言うから、目を覚まさせてやっただけだよ」
阪田が文香の本性を知ったのは2か月前。
アイツが高校に入学した時だった。
『な、なぁ亮太っ!! 1年の種田 文香って子が亮太の妹って話、本当かっ!?』
当時、1年にとてつもなく可愛い子が入学したと噂になったことがあった。
それが文香だったのだ。
『あぁ、本当だ』
『亮太っ!! たのむ、一生のお願いだっ!! 妹さんを俺に紹介してくれ!!』
話によると、阪田は文香に一目惚れしたらしいのだ。
次の日、俺は自宅での文香と俺とのやり取りをこっそりとムービーに収め阪田に見せてやったのだった。
「あぁ、あのムービー見せられた時はびっくりしたよ」
「だろ? でも考えてみたら文香のあの態度、俺にしか向かないんだよな……」
「いつごろからなんだ? アレ」
「確か、文香が中2の頃だったかな……」
「まさに反抗期の頃だよな」
「あぁ……」
確かに反抗期だったとはいえ、あれから数年、文香の牙は俺に向いたままなのだ。
年上として、いや、兄として……このままでは俺の立場が危うい。
最近は特にそういった思いが強くなってきていた。
何とかならない物か……。
「なぁ阪田」
「ん?」
「文香の俺に対するあの態度、どうにかならんかな?」
「俺がこの間貸したエロゲ、参考にならなかったのか?」
「いや、唯たんが天使だっただけだ」
「亮太……『OH!! NO!! NO!! 妹 GO!!』に見事にはまったな」
「小野妹子を連想させるタイトルはともかく、現実の妹があんなんだったら余計にはまるだろ」
「いや、俺は妹いないからわからんが、性格はともかく文香ちゃんみたいな可愛い妹がいたらそれだけで毎日ウハウハだぜ?」
阪田ってある意味、幸せな奴だよな……。
「さぁ、そろそろ真面目に相談にのってくれないか?」
「うーん……じゃあさ、兄としての力を見せつけるしかないんじゃないのか?」
「ほぉ」


―その日の夜―


「さて、始めますか」
俺は文香が風呂に入っている間に、文香の部屋に侵入した。
そしてTVとDVDプレイヤーの電源を入れる。
俺は今日の主役を取り出す。
「たらりらったらーん♪ タツヤでレンタルした呪怨のDVD~っ♪」(初代ドラえもん風)
文香の弱点であるホラーをたっぷりと堪能してもらおうじゃないか。
俺はDVDをプレイヤーに入れると、10分後に再生されるようにセットした。
そしてTVの横に少量のドライアイスを置いて部屋を出た。
後は文香が怖がるのを待つだけだ。
数分後のことだった。
俺の部屋のドアが思いっきり開かれた。
その勢いの強さに、とらドラ!を読んでいた俺は思わず座っていた椅子から転げ落ちた。
そして俺の目の前には鬼の形相をした文香が立っている。
「死ねっ!! バカ兄貴っ!!」
文香はそれだけ言って俺に呪怨のDVDを投げつけ、部屋を飛び出していった。
結局、この作戦は失敗に終わった。
だけど……。
文香の目が若干赤かったことを考えると。
「アイツ、泣いたな(笑)」


――次の日曜の朝――


遂にこの日がやってきた。
妹性格矯正プロジェクト第2弾……。
その名も『第1回 妹のサンドバッグやあらへんで チキチキ!!これやってみたかってん、妹をくすぐり続けて屈服させたる大会!!』(ガキ使風)
うん。
俺、浜田じゃなくて種田だよね。
っと、そんなことは気にしない。
なぜなら今日は俺にとって、人生の中でも重大な試合の日……。
そう、負けられない戦いがここにはあるのだ。
一昨日から俺たちの両親は町内会の旅行に飛んでいる。
つまぁ~り、この家には俺と文香の二人きり……。
唯たんのような可愛い妹ならば、甘いイベントも期待できるのだが。
うちにいるのは悪魔だ。
美少女の皮をかぶった悪魔だ。
両親のいないこのチャンスを逃すまい。
あの悪魔を調教してやる……。
兄としての威厳をわが手にっ!!
ということでですね~in 文香's room.
現在、午前5時です(笑)
目の前には、ベッドに入ってぐっすりと眠っている文香がいます。
では、さっそく調理を始めましょう。
材料はこちら!!
いい感じに眠っている生意気な妹1人。
そして本日は、密林屋―Amazon―から輸入したSM拘束グッズを使用します。
まずは文香の掛布団をはがし取り、この拘束具で文香をベッドの上に大の字で拘束します。
この時、きちんと手錠がハメられているかを確認してくださいね?
さもないと、調教が終わる前に反撃されてしまいます。
はい、出来ました。
これで文香はベッドから起きることはできませんし、俺に蹴りやパンチを喰らわすことはできません。
シメシメ(笑)
以上で下拵えは完了です。
それでは、調教に移ります。
本日の目標は、攻撃的な妹を大人しくさせる。
生意気な妹を従順な妹にする。
ウザい妹を萌える妹にする。
以上です。
では早速……。
俺の平和な日々を取り戻すために――。
俺はそっと、文香の腋の下に指を伸ばしていく。
「ちょっと待て」
「っ!?」
その時だった。
俺は突然、殺気立った視線を身体全身に浴びた。
「あんた何やってるわけ?」
ドスの効いた恐ろしい声と威圧感が俺を襲った。
俺は恐る恐る顔をあげてみる。
「あ、あれ……? お、お目覚め……ですか?」
「あんたねえ……こんなんされたら誰でも起きるっつーの!!」ジャラジャラ
「あはは……ですよねぇー」
「外して。今すぐに」
早くも俺は文香の圧力に足が震えている。
だが、こんなところでくたばる俺ではない……。
べ、別に強がってなんかないんだからねっ!?
「断るっ!!」
「はぁ!? あんたバカなの? いいから外して」
文香はいつも以上に機嫌悪いですオーラを放っている。
この異様なまでのプレッシャーに俺は打ち勝たなくてはならないのだ。
ポケモンで言えばミュウツーと、ドラゴンボールで言えば初めてフリーザ様とであった時のような……。
あの恐怖心に負けてはならない。
やばい……頭の中で火サスのテーマソングが流れ始めた。
「……さぁ、文香さん」
「な、なによ……?」
「長年の決着をつけようかっ!!」
俺の勇気が恐怖心に打ち勝った時、レベルアップのファンファーレが流れた……気がした(笑)
俺は指をこちょこちょと小刻みに動かすと、文香の腋の下へと近づけていく。
その動作に文香はこれから起こるであろう出来事を察知したかのように、焦り始めた。
「ちょ、ちょ……もしかして……」
「フッフッフ……そのもしかしてな刺激でお前を落としてやる」
「ま、ままっ、待ってっ!!」
「待ちませ~ん♪」
俺は問答無用で文香の腋の下へ指を接着させると、そのまま勢いのままに腋の下をまさぐった。
その指の刺激が伝わると、文香は身体をビクンと跳ねさせて悶え始めた。
「ふみゃああっ!? ちょ、あふふっ、やめっ!! ひははっ、へ、変態ッ!! くぅー!! や、やめなさぁははっぁあいよっ!!」
「さすがにこの程度の刺激では爆笑しないか……」
俺は指を止めると、文香の顔を覗き込んだ。
「さて、文香さん。降参の意思はありますかな?」
「降参? 何の話よ? そもそも、どうして私こうなってるわけ?」
「わからないなら教えてあげよう。この企画はな……その名も『第1回 妹のサンドバッグやあらへんで チキチキ!!これやってみたかってん、妹をくすぐり続けて屈服させたる大会!!』(ガキ使風)じゃボケっ」
「……何それキモ」
真顔でそう言う文香に俺の闘争心が燃え上がった。
「……なら、思い知らせてやるっ!!」
俺は再び、文香の腋の下へ手をつけると、先程までとは比べ物にならないほどのスピードとキレでくすぐり始める。
「ふひゃっはっはっはっはっはっは!? ちょ、なにっいっひっひっひっひっひっひっひ!! すとっぷすとっぷぅーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
強い刺激に文香は口を大きく開けて笑い始めた。
「これはなかなかの反応ですなぁ?(笑)」
「きゃっはっはっはっはっはっはっはひぃっひひひひひっ!! あ、後で殺すぅーー!! ふみゃははははははははははっ!!」
「殺す? その前に文香が笑い死にしないかお兄ちゃんは心配だよ?」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーー!! うっさぁっはっはっはっはっはっはいぃいい!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっ、ふひひひっくうっはっはっはっはっはっは!!」
いつまで強気でいれるかな?
そんな事を感じながらも久しぶりのスキンシップを楽しんでいる俺。
それに対して文香は負けじと反抗を繰り返す。
「腋の下がこんなにウィークポイントだったとは……なんでもっと早く気づかなかったんだろう?」
「みゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! い、いい加減にぃっひっひっひっひっひっひ!! しろぉーーー!!」
文香は俺に殴りかかろうと手を動かすが、拘束具がそれを防ぐようにジャラジャラと音をあげた。
「無理でゲスよ? その拘束具は密林屋のレビューで高評価の商品だからなっ!!」ドンッ
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはーー!! 意味っ、わかんないしぃっひひひっく!! ふにゃははははははははははははっ、ひぐっ、いひゃははははははははははははは!!」
段々と赤く紅潮してきた文香の顔を見て俺は確信した。
これなら行ける……と。
「そろそろヤバくなってきたんじゃないですか文香さん?」ニヤニヤ
「ひゃはははははははっ、う、っさいっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! へ、変態何かにぃっひひひひひっ、負けないっしっ!!」
「変態だなんて……お兄ちゃんっ、お兄ちゃんは……」
「きゃっはっはっはっは!! ひひゃははははーーっ!! くっ、へ、変態っ!! 変態変態変態へんたぁっはっはっはっはっはっはひぃいい!!」
「走召気持ち良いぃいい!!」
「ひゃはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! あ、あんたっ本当に変態っっきうひひひひひっ!!」
「なんも言えねぇー」(こーすけ.きたじま風)
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーーっ!! も、もう止めっ!! ふひゃははははははははっ!!」
「そうだなぁ。腋の下ばかりじゃ飽きちゃうしな(笑)」
「はぁ!?」
俺は文香の腋の下から手を離す。
「ど~こ~に~しようかなぁ~♪」
「ちょ、止めなさいっ!! い、今ならまだ許してあげるから!!」
「唯たんの言うとおり~♪」
「や、止めろバカ兄貴ーーーー!!」
俺は文香の制止を効かずに脇腹へと手を伸ばした。
「止めろと言われて止める奴なんておらんわー!!」
そのまま俺は文香の脇腹を揉みしだく。
「ひひゃっはっ!? うきゃはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! ちょっ、やみゃはははははははっ!!」
「おっ? 脇腹の方が反応が良いな?」
文香はお腹を捩るように身体をバタつかせ俺の指から逃れようとする。
「脇腹の方がくすぐったいのかー? えぇーどーなの?」ニヤニヤ
「いひゃひゃははははははっ、くっひひっ、ふみゃははははははははははは~っ!! わきゃはっはっは!! ひにゃっひっひっひっひっひゃははははっ!!」
「えーだんまりぃー?」
「きゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっはっはっはっはっはぁ!! ふっにゃひひひひひひっ!!」
「ここかぁーここがええのんかぁー?」ワシャワシャワシャ
「わひゃあああっ!?」
少しだけ力を入れて見ると、文香から変な悲鳴が飛び出した。
「なんだ? 今の可愛い悲鳴は?」
「きゃーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーーっ!! ひっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! ほんとっひっひっひっひひぃっ、お腹はやめぇっひゃっひゃひゃっはっはっはっはっはっはっは!!」
「こちょこちょこちょこちょ~♪」
「ひぎぃっひゃっはっはっはっはっはっはっはっは!! うにゃぁーーー!! ふひゃははははははははっ、にひっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! んぐぅっひっひっひっひっひ!! やみゃっはっはっはっはっへっへっへっへっへ!! むりぃっひっひっひっひっひぃいい!! もうやらっはっはっはっはっはっはっはっはぁあ!!」
俺は文香の叫びを聞きながらあることに気付いた。
先程までは『変態』『殺す』『バカ兄貴』などと罵声を浴びせてきた文香の口から罵声が聞こえなくなったのだ。
逆に『止めて』『やだ』『無理』などという言葉が出てくるようになったのだ。
もしかすると、思ったよりも限界が近いのだろうか?
「どう? もう止めて欲しい?」
「いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! や、やめっへっへっへっへっへっへーー!!」
俺は文香をより窮地に追い込むべく、脇腹をグニグニと揉み続けながら聞いた。
「なら交換条件だ。お前には従順な兄想いの妹に生まれ変わってもらおうか!!」
「みゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはーーっ!! わ、わかったぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! わかったからぁーー!! も、やらぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
お? 思ったよりもあっさりと落ちたな。
「それじゃあ、兄妹条約を結べーー!!」
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっは!! なぁっはっはっはっはっはっはっはーー!! にゃにそりぇーー!! ふみゃはははははっ、うひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「第1条 俺のことは”兄貴”ではなく”お兄ちゃん”と呼ぶこと」
「ふにゃっはっはっはっはっはっはっはっは!! わかったからぁーー!! はぁっはっはっはやぁくぅ!! やめっへへっへっへっへっへっへっへ!!」
「じゃあ呼んでみようか?」
「ひゃはははははっ!! いひゃはははははっ!! お、おにいっくっひっひっひっひっひっひっひちゃああん!!」
「え? なに? ちゃんと言ってくれる(笑)」
「わっふっふっふみゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーーっ!! おにゃあああひゃっはっはっはっはん!! 言ったぁっはっはっは!! 言ったからっ!! やめぇっひゃはっはっはっはっはっはっはてぇっへっへっへっへ!!」
「えぇーちゃんと聞き取れなかったよー」(棒読み)
「~~っ!? ふっひっひっひっひっひ!! おにゃっはっはっはんっ!! おにいひゃっはっはっはっはっはっはっはっはん!! おにっひっひっひっひーー!! にーひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはんひぃ!!」
俺は意地悪く……いや、いつもの復讐とばかりに文香をくすぐり続けた。
何度”お兄ちゃん”と呼ばれても俺はそれらすべてを不合格とし、ひたすら同じ事を繰り返し続けた。
それが何分続いたことだろう。
気がついたらベッドの上でぐったりとした文香が顔を涙と涎でぐしゃぐしゃにして気を失っていた。
「あぁーちょっと……やりすぎちゃったかな?」
俺は文香の拘束を解くとそのままそっと部屋を後にした。
それから2時間後だった。
文香が2階の自室からリビングへと降りてきた。
殺される……そう思った俺は咄嗟に逃げようとしたが、リビングに入ってきた文香と目が合ってしまった。
あ、死んだ。チーン
そう思った時だった。
目の前の少女は今までに見たことがないほど晴れやかな笑顔でこう言ったのだ。
『おはようお兄ちゃん』……と。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スポンサーサイト
[PR]


  1. 2014/09/10(水) 18:41:17|
  2. オリジナル小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 2

あくまい!! これは流行る!

走召すてきやん!
(↑さっそく使ってみた)
フミフミ、学校でどんな猫の被り方してますのん。
悪態つく妹を屈服させる展開いいですねぇ。
さすが脇腹のアクリス様。脇腹を責めながら言葉責めするお兄ちゃんのS魂に感動です。
この結末は、続きを期待してもいいんですかねっ!?
お兄ちゃん、『OH!! NO!! NO!! 妹 GO!!』、やり終えたら密林屋に中古出品しておいてくださいよー。あそこ、新品は扱ってないみたいなんで。
  1. 2014/09/11(木) 01:17:03 |
  2. URL |
  3. ert
  4. [ 編集 ]

は、はやいっ!?

ertさん>

1ヶ月ぶりの更新にも関わらず、なんていうコメントの早さなんだっ!?

というかありがとうございますm(__)m

もう、ertさんが私の活力です(笑)

……え? 私って"脇腹のアクリス"だったのか\(◎o◎)/!

うん。

それで行こうw

『OH!! NO!! NO!! 妹 GO!!』は駿河屋かコムショップあたりで売ってるといいですね(笑)

続き……だとっ!?

まぁ、その……いずれw
  1. 2014/09/11(木) 07:12:42 |
  2. URL |
  3. akris
  4. [ 編集 ]

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX