FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『乙女な生徒会』


『乙女な生徒会』

『生徒会の一存』 ―椎名 深夏 編―



「今日はこの意見箱の内容を議題にするわよっ!!」
放課後の生徒会室で、生徒会長はちっさな胸を張ってそう言い放った。
そんな会長の様子を見て、生徒会メンバーは驚いたような顔を見せている。
「会長……まさかそんな真面目な議題を選ぶなんて……」
「ふっふっふ、杉崎っ!! 私だってやればできる子なんだからっ!!」
「てか会長さん。1ヵ月前に設置した意見箱の存在、昨日まで忘れてたよな?」
「そ、そんなことないよっ? 熟成させてただけなんだからっ!!」
「お姉ちゃん。本当のこと言ったら可愛そうだよ?」
「杉崎と深夏だけでなく真冬ちゃんまでっ!?」
「はいはいそこまでっ。これだといつもと同じじゃない? 本題に入りましょう」
いつもの空気感に戻り始めると、その流れを断ち切るように知弦が口を挟んだ。
「そ、そうね。本題に戻るわよ!!」
杉「逃げた……」
冬「逃げましたね」
夏「逃げたな」
「実はこの意見箱、紙がギッシリと入っていたのよ!!」
「「「「おぉー!!」」」」
「それで、私なりに意見をまとめてみたわ!!」
「さすが会長っ、やればできる子!!」
「杉崎に言われると、なんかムカつくわね……それでね、いくつか意見があったんだけど、今日はその内の1つを議題にするわ」
そういうと、くりむはメモ帳を取り出し、あるページを開いた。
そしてコホンっと咳払いをすると口を開いた。
「議題は『椎名深夏を乙女にしよう』に決定ね」
「ちょっと待てっ!? 何だその議題はー!!」
くりむの発表に間髪入れずに深夏が立ちあがった。
その様子を見て、くりむはため息をつく。
「はぁ、深夏。世の中"萌え"なのよ?」
「意味わかんねーよっ!?」
「確かにお姉ちゃんは乙女ってキャラじゃないよね?」
「別に求めてねーよっ!?」
「可愛さを武器に出来てない感じかしら?」
「知弦さんまでっ!?」
わいわいがやがやと声の弾む生徒会室の片隅で、何かを考え込むように黙り続けていた杉崎はポツリと呟いた。
「……ツンデレ」
「「「っ!?」」」
「鍵……お前、何言ってんだ?」
大丈夫か?コイツ……とばかりに冷たい視線を向ける深夏の後ろで、会長、書記、会計の3名は集まって何かを話し出した。「さすがはキー君……鋭いわね」
「まさか杉崎なんかに気づかされるとは……」
「そっか。お姉ちゃんって……」
「えぇ」
「ツンデレ」
「ですよね」
「主にキー君の前ではその確率が高い……」
「でもそれってもう立派な乙女なんじゃ……?」
「甘いわね真冬ちゃん。深夏にはツンデレにおいて重大な欠陥があるのよ!!」
「けっ、欠陥っ!?」
「それはね……」
「……」ゴクッ
「素直さよ」
「はぃ?」
「いい? ツンデレたるもの、いつもいつもただツンツンしていればいいというだけではないのよ!! 確かに深夏には天然素材の萌えポイントはあるわっ!! でも、乙女な自分を晒しだすのを恥ずかしがるあまり、素直になり切れないという欠陥があるのよ!!」
ピシッと人差し指を指しながら会長は会計に意見を向けた。
「つまり、お姉ちゃんを素直にすることができれば……?」
「今日の議題は解決なんだよっ♪」
「うーん、でもどうすれば……?」
会計が首をかしげていると、その横から黒い空気が流れてきた。
それに気付いた会長と会計はその空気のもとを辿ると、そこには何やら楽しそうな笑みを浮かべる書記の姿があった。
その時、会長と会計の危機察知機能が警報を鳴らした。
そして2人は思ったのだ。
これは嵐になる……と。
「素直になれるように調教、いえコホンッ、矯正? いえ、手伝えばいいのね? それならば私にいい考えがあるわよ」ニヤリ
そういうと知弦はそっと席を立ち深夏へと近づいていく。
「とりあえず、今日の議題を片付けちゃいましょう?」
「んなこと言ったって……あんなの議題にならないだろぅ?」
「安心しろ深夏っ!! 俺と深夏が結ばれればっ、全てハッピーエンドで片が付くっ!!」
「鍵は少し黙ってろーっ!!」ドッシーン
深夏は肩におかれた鍵の手を取ると、そのまま背負い投げをかました。
「痛っ!! もう、テレるなよ~深夏」
「照れてねーよっ!?」
「そうね……ちょっとキー君には刺激が強いかもしれないから……」
そう言うと知弦は杉崎に近づき、制服の中に仕込んでいたスタンガンを杉崎に向けた。
「ちょ!? ち、知弦さん!?」
「深夏の手助けが終わるまで、少し寝ててね」
「ま、待ってデデデデデデデデデデデデデデッ!!!」ビリビリビリビリ
「OK。害虫は駆除したわ」
知弦は鍵をスタンガンで気絶させると、そのまま空きロッカーへとぶち込んで、内側からは開閉できないようにガムテープでロッカーごとグルグル巻きにしてしまった。
そして片付いたとばかりに手をパンパンとたたくと、今度は深夏の方へと近づいて行った。
「な、なんだよ知弦さん?」
近づいてくる知弦に深夏は不信感や危機感を抱きながら後ずさりをする。
「逃げても無駄よ♪」
知弦は一瞬にして深夏を捕らえると、そのまま後ろから深夏を抱きしめた。
「へ? ち、知弦さん?」
想定外の出来事に深夏は戸惑い、おどおどとしている。
この出来事を見た、くりむも深夏と同じ反応を示した。
一方の真冬はその手際の良さに感動していた。
「お姉ちゃんを一瞬にして捕まえるなんて、神業ですっ♪」
「さて、深夏……ちょっと苦しいわよ……」
そう言って知弦はニヤリと笑うと、深夏を抱きしめたまま、そっと手を脇腹に這わせた。
「うひゃあっ!?」
いきなりの脇腹への刺激に、深夏は珍しくも悲鳴を上げ身を震わせた。
「ふふふ……私のテクニックを存分に味わいなさい」
知弦は脇腹に這わせたその手を小刻みにコチョコチョ動かし始めた。
「あはっ!? な、何を……うひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! ちょ、知弦さんっ!? くすぐったいってー!! あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
脇腹に伝わるくすぐったい刺激に、深夏は耐えることなく笑い悶えてしまう。
その姿を見たくりむと真冬は「おぉ……」とばかりに声を上げて興味を寄せていた。
「ちょっ!? 今の声は深夏っ!? な、何っ!? 何が起こっているんだぁーっ!!」
杉崎は深夏の声に早くも目を覚ましたらしく、テープでグルグル巻きに固定されたロッカーの中で暴れまわっている。
「あ……杉崎もう復活したんだ」
「あ、あはは……さすがは先輩ですね」
「あら、キー君にも深夏の可愛い声が聞こえてしまったようね」
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! ち、知弦さんっ、ちょ、タイム~!! ひゃははははははははー!!」
「残念。タイムは無しよ? それとも……くすぐられている時の可愛い声をキー君に聞かれるのが恥ずかしいのかしら♪」
少し意地悪そうな笑顔を浮かべながら知弦は深夏に囁いた。
「く、くすぐりっ!? 会長、真冬ちゃんっ!! 早くロッカーを開けるんだっ!!」
「嫌よ」「嫌です♪」
「くっ!? じゃ、じゃあせめてカメラをっ!! 録画して後で俺に下さい!!」
「あっはっはっはっはっはっは!! ち、ちがぅっひっひっひっひー!! ひゃっはっはっはっはっはっはっは~っ!! け、鍵の変態っ!!」
知弦の推理を否定しながらも、杉崎に突っ込みを入れる深夏を見て、知弦はまだまだ余裕そうだと判断し少しだけくすぐる強さを上げてみる。
「うひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! ち、知弦さんっ、強いぃ~!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーー!!」
「あら? 知らない間に指が勝手に♪」ニヤニヤ
そう言って知弦はくすぐる勢いを弱めようとしない。
「知弦が早くもS気全開だぁ……」
「何かイキイキとしてますね。ちょっとお姉ちゃんに同情します」
「お、俺にも見せてくれーー!!」
「ぎゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! だ、誰か助けっへっへっへ!! みゃっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! うひゃはははははははっ!!」
深夏は助けを求めるが、くりむと真冬は遠い目をしている。
「だってぇ~深夏の矯正プロジェクトじゃない」ズズッ
「ですよね~」ズズゥー
そう言って二人はお茶をすすり出した。
「ふみゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーー!! ちょ、本当っ、し、死ぬぅ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「さぁ深夏、私のテクで悶えなさい♪」ハァハァ
知弦のスイッチが入ったことで、深夏に対する責めは更に激しいものへと変貌していった。
深夏の脇腹を揉みしだくようにリズムと緩急をつけ始めたのだ。
「うひゃあっ!! いひゃはははははっ、くっひっひっひっひ!! わっふっふっふっふぅ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはーー!! ちょ、やめっへっへっ!! にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーー!!」
笑い狂う深夏の目には涙さえ浮かんでいた。
何とか必死で身体を捩じらせ、知弦から逃れようとするが、くすぐられて身体に上手く力が入らない。
そんな中、突然知弦の手が深夏の脇腹から段々と上に上ってきた。
徐々に腋の下へと手が近づいてきていることに気づいた深夏は必死で抵抗する。
「あっはっはっはっはっはっはっはっは!! 知弦さんっ!! そっちはぁっはっはっはっはっはっはっはっは、らめぇっへっへっへっへっへ!! あっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
深夏は最後の力を振り絞って身体を捩るが、結局知弦からは逃れることができず、無情にも知弦の手は腋の下へと突入した。
知弦の指が深夏の腋の下に触れた瞬間、深夏は身体をビクンと大きく跳ね上げた。
「いやぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはーーーーー!!!! ほ、ほんとにダメ~!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは、うひゃはははははっ、くひひひっ、えっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「腋の下の方がいい反応するわね♪ ますます虐めたくなっちゃう……♡」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! シャレになんないってばーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーー!! くひゃははははっ、ひぎぃ!? みゃっはっはっはっはっ!! ふひゃはははははははーー!!」
「あぁ~今日も平和だねぇ~」モグモグ
「ですねぇ~」ポカポカ
「あ、お菓子完食~♪」
「ちょっ!! マジで!! マジで俺にも深夏の姿を見せてくれーーーっ!!」
この日、抱き付かれてくすぐり悶える深夏、興奮しながらS気を発散する知弦、ほのぼのと過ごす真冬とくりむ。
そしてロッカーに閉じ込められる杉崎と言う図が生徒会室で完成していた。


深夏は一人、暗い部屋の中で目を覚ました。
ここはどこだろうか?
そんなことを考えていると、自分の手足が動かないことに気が付いた。
自身の身体をよくみてみると、ベッドに大の字に拘束され、手足がビクとも動かない。
深夏は部屋を見渡しながら、今までの出来事を振り返る。
生徒会室で知弦にくすぐられ続け……もうダメだと思ったところまでは覚えている。
むしろ、身体に残る余韻がその事実を物語っていた。
そしてそれ以降の記憶がない。
更にはこの部屋にも見覚えはない。
少なくとも、先ほどまでいた生徒会室ではない。
一体何が起こっているのだろうか?
この深夏の疑問はすぐに解決された。
部屋のドアが突然に開いた。
ギィーという音を立てながら開いた扉から姿を現したのは……。
「ち、知弦さん……?」
「あら。ようやくお目覚めみたいね?」
知弦は不敵な笑みを浮かべながら深夏に近づいていく。
知弦の顔を観た瞬間、深夏の身体に刺激が走った。
先ほどまでどうしようもないくすぐったさを身体が覚えているのだ。
だが、そんな刺激にやられている場合ではない。
今がどんな状況なのかを理解したい。
そう考えた深夏はそっと口を開いた。
「ち、知弦さん。私はどうなったんだ? てか、ここはどこだ?」
深夏の質問に知弦は笑いながら答えた。
「ここは私の秘密基地よ。深夏は生徒会室で私のテクに失神しちゃったの♪ だから、責任を取って今日のところは私が深夏を引き取ったってこと。あ、もちろん真冬ちゃんには許可をとってるわよ?」
「あ……私、気を失ってたのか」
説明にとりあえず納得すると、深夏は一番気になっていたことを尋ねてみる。
「それは解ったんだけど……なんで私は拘束されてるんだ?」
「ん? それは深夏が今夜は私の玩具になるから……よ?」ニヤリ
「っ!?」
知弦の言葉に深夏は身体を震わせた。
先ほどまでの流れからわかる。
自分はこれから知弦にくすぐられるのだろうと、深夏は瞬時に理解した。
「……その顔は、理解してくれたみたいね♪ 今夜は気絶するまで……コチョコチョしてあげる♡」ウフフ
知弦は深夏の寝ているベッドの上に飛び乗ると、深夏のマウントポジションを取った。
その時、深夏は新たなことに気が付いた。
「……って、私、服着てないっ!?」
「だってその方が……深夏が可愛い声を上げてくれるじゃない? それに……コレも使いたかったから」
そういうと、知弦はローションを取り出した。
「っ!? ち、知弦さん……そ、それは?」
「ローションよ♪ これで滑りやすくなるでしょう? きっとくすぐったさも倍増するわよ?」
知弦は説明しながら深夏の上半身にローションを垂らしていく。
「ひゃっ!?」
ローションの冷たさに思わず深夏は声を上げた。
「これからも可愛い声をあげてちょうだい♪」
知弦は適量のローションを垂らし終えると、自分の両手で深夏の腹部からローションを伸ばしていく。
摩擦0の刺激が深夏を支配するのに時間はかからなかった。
「うひゃっはっはっはっはっはっはっは!? ちょ、いやははははははっ!! も、もうやだぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーー!! 今日はもうダメですってへへへへへへへ!! くすぐったいぃー!! いひゃははははははははーーー!!!!」
腹部を滑らかに流れていく知弦の指の感触に、深夏は声をあげながら悶える。
「にゃははははははははははは!! あははははーっひっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーーー!! くすぐったいぃー!! あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! 死ぬぅっふっふっふっふっふ!!」
「そんなに簡単に死なないわよ? それにこの後には深夏の弱点もコチョコチョしてあげるから♡」ハァハァ
「やめれーっへっへっへっへっへ!! やだよっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! うぎゃはははははははーー!! コチョコチョやらぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
ローションで倍増したくすぐったさに、深夏は早くも呂律が回らないほどに悶えてしまった。
「我儘はダメよ深夏? そんな悪い子にはお仕置きが必要ね?」
「えひゃはははははははははは~っ!! お仕置きやら~っはっはっはっはっはっはっはっはっは!! も、もう許してーーっへっへっへ!! みゃっはっはっはっはっはっはっはっは!! くすぐっらいひーっひっひっひっひっひ!! うきゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーーー!!!!」
深夏は顔を真っ赤にしながら知弦に訴えるが、この状況を楽しんでいる知弦が深夏の訴えを聞くはずもない。
むしろ知弦のS気は増幅した。
「じゃあちょっと早いけど……こっちにも行っちゃいましょうか?」
そう言って知弦は深夏の脇腹から腋の下へと指を滑らせ始めた。
「やぁらははははははははははっ!! ま、まだダメにゃぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! いやぁーーーーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーーー!!」
深夏は首をブンブン振りながら抗議するが、知弦はむしろニコニコしながら口を開いた。
「い~や~♪」
すぐさま知弦はその指を深夏の腋の下に突入させた。
「ひゃぁーーーーーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーーーー!!!! うにゃははははははっ!! くしゅぐったっはっはっはっはっはっはっはっはっはいぃっひっひっひっひっひーーーー!! らめらめらめぇーーーっへっへっへっへっへっへ!!」
深夏からは普段とは全く違った甘い声が漏れてくる。
そんな深夏の姿に知弦は更に興奮した。
「深夏……可愛いわ……アカちゃんに負けないくらい最高よ♪」ハァハァ
「みゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーーー!! も、もうやめへへへへへへっ!! だりぇかぁっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! たしゅけっへっへっへっへ!! いやらぁーーーーーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
深夏の身体はすでに知弦の手に支配され、もう理性はほとんど残ってはいない。
ただ笑い悶えて、その刺激から逃れたいという防衛本能が過剰なまでの笑いを演出するだけだ。
「うにゃははははははあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! コチョコチョやらぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! おにゃかがぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! ねじれるぅ!! みゃははははははっ、いひゃははははははははっ!! くしゅぐっらくれ死ぬーーーっひっひっひっひ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはーーーー!!!!」
腋の下、脇腹へと連続してくる刺激に、早くも深夏の意識は霞み始めた。
そして気づくと深夏の意識は深い底へと落ちていった。
「にゃっはっはっはっはっは……も、やめれぇっはっは……っは……いやぁ……」ガクッ
顔を真っ赤にして、髪を乱しながら、目には涙をため、口からは少しよだれが垂れていた。
そんな深夏の姿に、さすがにやりすぎたと思った知弦はそっとその頬にキスをした。


「結論!! やろうと思えば深夏も乙女っ!!」
後日、生徒会室ではくりむがホワイトボードを指していた。
「結局、解決でいいんですか? てか、俺だけ深夏の可愛い姿観てないんですけどー」イジイジ
「お姉ちゃんにとっては一種の試練だったような……」
「全くだよ……あぁ、思い出しただけでゾクゾクする」ブルブル
「あ、そうだキー君」
知弦は自分の鞄をガサゴソと漁ると、中から一枚のDVDを取り出した。
「これ、深夏のくすぐりDVDだけど……」
「20000円でっ!! あ、分割ってOKですかっ?」ハァハァ
「死ねーーーーー鍵ーーーーーっ!!」バキッ
今日も生徒会は平和です。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

  1. 2014/07/28(月) 00:41:36|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 2

蚊を六億殺した姉さんの鬼責めェ……
キー君、DVD焼いたらヤフオクに出品よろ
笑い声かわいいです
  1. 2014/07/29(火) 00:42:17 |
  2. URL |
  3. えると
  4. [ 編集 ]

えるとさん>

姉さん鬼ですねw
ヤフオクもそうですが、一方で裏取引とかされそうですねニヤリ

相変わらず笑表現は難しいですね(・・;)
うーん……

コメありがとうございました!!
  1. 2014/07/30(水) 09:05:55 |
  2. URL |
  3. Akris
  4. [ 編集 ]

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX