FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『(1)脳内選択肢のある生活 (2)万能洗濯機のある生活』

『(1)脳内選択肢のある生活 (2)万能洗濯機のある生活』 

『俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している』
―ショコラ 編―
―雪平 ふらの 編―
―遊王子 謳歌 編―
―ホモ 編―

※この小説は選択肢を選んで読み進めていってください。選んだ選択肢によって4つのENDが現れます。
選択できる選択肢は本文の一番下にあります。



それはいつものように突然現れた……。

【選べ】
①自分の履いているパンツを頭からかぶってスクワットをしながら「俺、実はパンツフェチなんだ」と告白w
②偶然鞄の中にあった『秘儀くすぐり四十八手』を三点倒立しながら音読w

今回もまたなんて最悪な選択肢なんだ……。
どっちを選んでもただの変態じゃないかっ!!
仕方がない。
今回もまたダメージの少ない方を選ぶしかないか。
①を選んだ場合はみんなの前で自分のパンツを脱ぐことになるのか……
ってそれは犯罪だろっ!?
じゃあ②か……
って何であんな本が鞄の中にっ!?
偶然って怖い……
くそっ!! どっちもやりたくねー!!
躊躇していると、今度は強烈な頭痛が始まる。
痛ったったったったったったったったったーっ!!
し、死ぬよりはマシか……っ
俺はすぐさま三点倒立を始めた。

俺の生活……いや、今では人生を縛り付けているこの絶対選択肢は、今日も俺を散々苦しめている。
むしろ今日は絶好調なようだ。
結局朝から俺の音読事件は学年中に広がっている。
「あれが甘草奏か……」
「前から変人だとは聞いていたけど……」
「まさかあんな本をいきなり音読するなんて……」
「狂戦士だよね……」
「俺ならいつでも待ってるZE☆」
廊下を歩いているとそんな話声が耳を掠める。
最後に変な言葉が聞こえた気がするがそんなことを気にしていられるほど俺に余裕はない。
こんな結果になってしまったが、きっと①を選ぶよりは良かったと信じている。
いや、信じないとやっていられない。
俺は落胆しながら教室に戻る。
教室の入り口でさらにクラスメイトからの冷たい視線を浴びたことは言うまでもないだろう。
自分の席に着くと、俺はすぐさま顔を伏せた。
これで周囲の空気が完全にシャットアウトできたわけではないが、何もしないよりは幾分マシだ。
「甘草くん……あなた、SMプレイに興味があったなんて、どこまで変態な豚、いえ、叉焼なのかしら?」
最悪だ……。
よりによって一番毒舌な奴が後ろの席に居やがった。
「なんで言い換えたっ!? 豚のほうがまだマシだ!!」
「あら? SMプレイ日記をつけるくらいの肉便器なのだから普通の豚ではなく、むしろ縄で縛られて熱湯に浸けられた哀れな豚の肉片だと言ったほうがあなたも喜ぶと思ったのだけど?」
「さっきより酷くなってるよなっ!?」
「満足かい? この、ブタ野郎」
「お前は、にしおかす○こ、かっ!?」
「おやっ? 奏っちも、ふらのっちもなんだか楽しそうだね?」
俺たちの白熱としたやりあいに暢気そうに入ってきたのは謳歌だった。
「どうしてそう見えるっ?」
「んー? なんとなくー?」
俺がどんな変態発言してもバカみたいにいつも通りに接してくれるのは少しだけ嬉しく感じることもある。
と、ここまでは良かった。

【選べ】
①10分後に○○と体育倉庫で変態プレイw そして何かに目覚める……かも?w
②10分後に権藤大子さん(仮名)的な?wと共に公開合体プレイw そして何かに目覚める……かも?w

そう、こんな地獄のような選択肢さえ現れなければね。
てか「何かに目覚める……かも?w」ってなんだよっ!?
少なくとも②だけは避けたい。
いや、絶対に避けるべきだが……。
①は①で怖い。
○○が一番怖い。
【早く選べよ(笑)】
「うるせーよっ!!ったたたたたたたぁ~!!」
「わ、奏っち大丈夫?」
「甘草くん。変態の発作かしら?」
こうなったらもうヤケだ。
「①番っ!!」
「へっ? 1番?」
「あ、いや。こっちの話だ」
俺は不思議そうに見つめてくる謳歌を何とか誤魔化しながら一息ついた。
はぁ……10分後が怖い。

【選べ】
①教室にとどまる
②廊下に出る

「連続かよっ!?」
って待てよ。
何気に普通の選択肢じゃないか?
いや、この選択肢が後に重要な役割を果たすという可能性も……。
ダメだ。
深く考えれば考えるほどドツボにはまる気がする。
ここはスパッと決めるしかないか。
君だったらどっちを選ぶ?


【選べ】
①教室にとどまる
②廊下に出る


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]


  1. 2014/07/21(月) 19:03:40|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX