FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


不良たちの調教教室4

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「おい、イギリスのある科学者の研究データがあったんだが……」
そういうと、仲間のひとりが俺に紙の束を差し出した。
俺は仲間からその資料を受け取り目を通す。
「これは・・・」
そこにはくすぐりの快楽とマインドコントロール継続時間の関係と書かれていた。
なるほど・・・これを基にすれば実験はうまくいきそうだ。
俺は早速この資料を活かして静希の調教を始めることにした。

‡‡

「それでは始めさせてもらおうか」
「・・・どうぞ」
俺が宣言するとやはり静希は余裕な表情で承諾した。
そんな顔をしていられるのも今のうちだ。
今回は資料まであるからな。
俺はそう思いながら静希の後ろに立つ。
「安心していいぞ。今日は俺一人だけだからなぁ、昨日ほどキツくはない」
そう言うと俺は脇腹を揉みしだく。
「あっはっはっはっはっ!!いやはははははははははははははははははははははははは~っ!!」
静希は体をよじらせて笑い出す。
「さて、これからお前に俺たちの掟を教えてやる」
「きゃはは、あははははははははっ!!は、はいぃ~」
「まず一つ目は、俺たちの言う事には絶対服従だ」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!きゃ~あはははははははははははははははははは!!」
「わかったら返事をしてもらおうか」
「あはははははははははは~っ!!は、はい!!」
「よし、では二つ目。作戦に失敗した者や反逆者には罰が待っている。静希、俺はお前には期待しているんだ・・・」
俺は脇腹から腋の下へ手を動かす。
「お前は裏切らないよな?」
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっは!!だ、ダメぇ~くすぐったぁーい!!やはははははははははははははははははははははははははははははは~!!」
「答えろ」
「あ~っはっはっはっははっはっは!!裏切りません~!!ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
俺は資料を確認してみる。
『苦しみが快楽に変わるまでくすぐり続けることで真の奴隷は完成する』
つまり、その時がくるまでくすぐり続ければいいというわけか。
「さぁ、では最後だ。成功した際には褒美をやろう。お前が欲しいものを何でもやろう」
「あははははっ、ひゃはははははははっ!!な、何でも?」
「あぁ、欲しいものなら自由でも金でもなんでもだ」
まぁ、この調教が成功すれば欲しいものなど絞られてくるがな。
「さて、これで調教は終わった」
「きゃははははははははははははははははははははははは~っ!!だ、だったらぁ、あはははははっ!!解放してよ~!!」
「解放・・・してよ?」
俺は更にくすぐる手を強める。
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!ご、ごめんなさぁーい!!間違えましたっ!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!解放してください!!」
「さっきのタメ口は反逆とみなしていいんだな?」
「えっへっへっへっへっへっへ!!ち、違いますよ~!!あはははははははっ、くすぐったいぃ!!きゃははっ、やぁ~っはっははははははははははははははははははは!!」
「では罰だ」
俺は手を止めると静希に薬を差し出す。
「はぁ、はぁ、はぁ、なんですかぁ・・・コレ」
「安心してくれ。これは毒物ではない」
そう言って俺は静希に薬を飲ませた。
「ちなみにこの薬は服用すると人体に面白い作用をもたらすんだ」
「さ、作用?」
「そうだ。まぁ、試してみればわかる」
俺は敢えて作用は教えずに静希を再びくすぐり始めた。
それもソフトに腋の下を撫でるだけだ。
「きゃははっ!!くっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!な、何でぇ~っへっへっへっへっへっへ!!撫でられてるだけなのにぃ~きゃははははははははははははははは~!!」
「どうだ?思ったよりもくすぐったく感じているはずだ」
「にゃはははははははっ、ひゃはははははははははははははははははは~!!も、もしかして、きゃっはっはっ!!さっきの薬・・・」
「その通り。さっきお前に飲ませた薬は、神経に受ける刺激を2倍にして伝える作用があるものだ。まぁ、刺激と言ってもくすぐったさだけに作用があるんだが」
「きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっは!!やめてくださいぃ~!!あはははっ、くすぐったいです~!!ひゃはははははははっ、あはっははははははははっははははははははははっ!!」
「まだくすぐってるわけじゃないのだがな・・・」
「あははははははははははははっ~!!そ、それでもくすぐったいんです~!!やははははははははははははははははははははははははははははっ!!」
「本番はこれからだ」
俺は撫でるのを止め本格的に指を動かしくすぐり始めた。
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!!!だめぇ~!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!し、死んじゃうぅ~!!あっはっはっはっはっはっはっはっ!!」
「静希、お前はきっとこう思っているはずだ。一時的にマインドコントロールされたとしても正気に戻る事はある。なら、今この時点でマインドコントロールされたとしても大丈夫なはずだと・・・」
「きゃははははははははははははははははっ!!にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!そ、その通りですぅ~!!あははははははははははははは~っ!!」
「だが、残念だったな。俺たちは新たなマインドコントロール方法を知る事が出来た」
「やぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!あ、新しい!?きゃはははははははははははははははははははは~!!」
「あぁ、俺が今お前に行っているのがまさにそれだ。これからお前はくすぐりが快楽に思えるまでくすぐりを受けてもらう。またくすぐられたいとそう思うようになるまでな。まぁ、ここまで言えば頭のいいお前ならすべて理解できるだろう」
「にゃはははははははははははははっ!!も、もしかしてっ、へっへっへっへっへっへっへっへ!!またくすぐってもらうためにっ、きゃははっ!!服従する?」
「その通り。さすがだな。そこまでわかってもらえたのなら後はひたすらくすぐられろ」
「や、やめてっ!!もう限界なっ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!もうダメ~おかしくなっちゃう~!!やぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「もうそろそろ限界だな。ゆっくり眠ってろ」
俺はもう一粒薬を飲ませると最大限の力で脇腹を揉みしだいた。
「きゃはははははははっ!!何これっ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!くすぐったぁい!!あっはっはっは!!もう何も考えられないぃ~きゃはははははははははははははははっ!!死ぬ~いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!誰かぁ助け・・・て」
静希は計4倍のくすぐったさに耐えきれずに気絶してしまった。
「実はな・・・この薬にはもう一つ効果があるんだよ。この薬を服用するとくすぐったさが倍増するだけではなく、身体が自然にくすぐったいという感情を欲するようになる。一種のくすぐり依存症になってしまう薬だったんだよ」
俺はそう言い残して部屋を出た。
これで静希の調教は成功だ。
奴はくすぐりという褒美欲しさに忠実な奴隷になるはずだ。
さて、これで実験は成功とすると・・・後は由姫と汐美にも行うだけか・・・。
俺は再び資料を見る。
すると興味深い部分を二つ見つけた。
『奴隷化されている状態ならば薬を服用させるだけで調教と同じ効果をもたらす』
『また、身体が成長しきっていない12歳以下の子供でも薬の服用のみでくすぐりを欲するようになる』
この二つの見出しを見る限り薬の服用のみで調教できるというわけか。
これで仕事はだいぶ減ったな。
ならこの作業は仲間に任せて、俺は次の狩場の下見にでも行くか。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【あとがき】
この話から少し改良を加えました。
多分、この先の話はYahoo掲載版と異なるところが増えると思いますがご了承ください。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

  1. 2014/02/08(土) 06:30:00|
  2. オリジナル小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX