FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


【のうコメ】 脳内選択肢のある生活。 ショコラEND

【のうコメ】 脳内選択肢のある生活。 ショコラEND


……ダメだ。
俺には②番を選ぶ勇気はない。
特に『穴掘り』って本番じゃないか。
それこそショコラの望む方向性なんだろうけど……。
無理、絶対に嫌だ。
そうすると、ショコラには悪いが①番しかないんだよな。
それに、絶対選択肢で選んだんだし、ショコラも協力してくれるはずだ。
「よしっ、①番だっ!!」
俺はそう叫ぶと、ショコラの手を取った。
「か、かなでさん?」
「ショコラ!! 頼む、協力してくれ!!」
「あ、かなでさーん!!」
俺はそのまま強引にショコラを体育倉庫へと連れ出した。
そして、2人で倉庫に入り込むと、扉が開かない様に跳び箱で倉庫の入り口をふさいだ。
「はむはむっ、どうしたんですか?」
ショコラは相変わらずお菓子を食べながら飛び出した頭の毛をくるくると回していた。
「あのな、実は絶対選択肢で選択したお題をクリアするのにショコラに協力してもらいたいんだ」
「はいっ、私に、はむはむ、出来ることなら」
「よし、ありがとう。お題なんだけどな、10分間ショコラを拘束してくすぐらないといけないんだ」
「へ? わたしが受けなんですかっ? はむはむ」
「う、受け? あ、うん……多分、受け?でいいのかな」
それってBL用語にしか聞こえない。
「わかりましたー頑張って受けまふっはむはむ」
俺は受けという言葉に呆然としながらもショコラを拘束しようとするが……。
拘束できる道具を何も持っていない。
どうしようかと悩んだその時だった。
【使えよ(笑)】
天から手錠と足枷が落ちて来たのだ。
「……」
俺はあえて何も突っ込まず、感謝しながらショコラの手に手錠をかけ、足に足枷をつけた。
そして体育マットの上に寝転がってもらった。
「な、なんかこう言うのも恥ずかしいですねっ……///」
「変に緊張させるようなこと言うなよっ!?」
俺は自分に平常心平常心と言い聞かせると、ショコラの腋の下に手を這わせた。
「きゃっはっ!?」
「ッ!? お、おい……大丈夫か?」
「えへへ。思ったよりくすぐったくて」
「あ、いや……いいんだけど」
……なんとなく気恥ずかしくてしようがない。
だけど、気にしないようにしないと俺がもたないし……。
よし、気を取り直して……。
俺は戸惑いながらも指を動かし始める。
初めはゆっくりと、ひっかくようにしながら腋の下を刺激していく。
「あひゃはははははははっ!! きっひっひっひ、くっふっふっふ、あっはっはっはっは!! か、奏さんっ、くすぐったいですよ~っはっはっはっは!!」
「いや、まだ結構弱めなんだけど……」
「にゃっはっは、くひゃはは、くっひっひっひ!! ひゃははははっ、で、でもですねぇっへっへっへへ!!」
もしかして、ショコラって結構敏感なんだろうか?
「あ、手は下ろしちゃだめだぞ? やり難くなっちゃうから」
「が、がんばりまっふっふっふっふっふ!! わははははっ、わっふっふっふっふ!! いひひひっ、くひゃはははっ!!」
大丈夫だろうか?
まぁ、可愛いから飽きないのは確かなんだけど。
「きゃっはっはっは!! あっふっふっふっふ、きひひひっ!! あっはっはっはは!! んひゃはははっ!!」
うん、なんか楽しくなってきてしまった。
まさにこの間の仕返しではあるんだけど……。
「少し強くするな?」
「あっはっはっは、ふっはっはは!! ちょ、待ってくださいぃ~っひ!!」
俺はショコラの言葉を遮って、指をフルに使って少し強めにこちょこちょとくすぐってみる。
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! だ、ダメですっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! くすぐったすぎますぅ~!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「お、結構効いてるな~」
「うひゃはははは~っ!! だみゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! 奏ひゃんっ!? うひゃはははははははっ、ひぐっ、きゃははははははっ!!」
かなり笑い転げながらも、ショコラは腋を閉じないように腕をプルプルさせながら耐えていた。
何気に頑張るな……。
こうなったら、腋を閉じさせる事を目標にしてみるか。
「あ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! 奏さんっ、強いでふっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! きゃっひっひっひっひっひ!! だ、だめでっふはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
ショコラは笑い悶えながら、さすがに刺激が強かったのか、一瞬腋の下を閉じようとしたが……。
「た、耐えた……だとっ!?」
「くひゃははははっ、あっはっはっはっはっはっはっは!! もう少しぃっひっひっひっひっひっひ、弱くしてくだひゃっはっはっはっはっはっはっはいぃ~っひっひっひっひっひ!!」
「う~ん。楽しいからこのままで」
「か、奏ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはんっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! ひ、酷いでっふっふっふっふふ!! みゃはははははははははははっ!!」
一向に手を下げずに堪えるショコラ。
そこで俺は、危険な賭けをすることを決意した。
結構触ることに抵抗があるんだが……。
「ココならどうだっ!!」
俺はショコラの胸の横をこちょこちょと擽ってみた。
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! そ、そこはダメですぅ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! えっひっひっひっひっひっひっひ!!」
「おっ? まさか、ここは当たりなのか!?」
「あっはっはっはっはっはっはっは!! ふひゃははははははっ、ひぐっ、にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! も、もうダメでふっふっふっふっふっふ~っ!!」
偶然弱点を引き当てた俺の攻撃にショコラはついに耐え切れなくなったようで、腋の下を閉じるように、そして胸の横をガードするように、腕を下げた。
「よしっ、勝った!!」
っと勝利をかみしめた瞬間に俺は我に返った。
……目的を見失っていた自分に気が付いて、少し落ち込む。
まぁ、楽しいし、達成感あったからよしとして……。
次はお腹あたりを攻めてみようかな。
そう考え至った俺は胸の横から手を離し、ショコラのお腹の上で指を動かしてみる。
「ひゃっはっはっはっはっはっは!? 今度はぁっはっはっはっはっはっはっはっは!! そっちでっふっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「お、こっちも反応いいな?」
「きゃははははははははっ!! そ、そこもいやっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! ダメですぅっはっはっはっはっはっは!! みゃははははっ、いひゃははははははははははっ!!」
「……結構くすぐったがりなんだな?」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! くすぐったいですぅっふっふっふっふっふっふっふ!! きゃぁ~っはっはっはっはっはっはっはっは!! うひひひひっ、うぎゅっ、くひっひっひっひっはっはっはっはっはっはっは!!」
「じゃあこっちは?」
俺は興味本位でショコラの脇腹を揉んでみる。
「くっひゃははははははははっ、みゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! 奏ひゃんそれらっめっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへ~っ!!」
「って、ここも当たりかよっ!?」
これはショコラの暴走を止めるときに役立つかも……。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! だめっ、くすぐったくてっへっへっへっへっへ!! 死んじゃいまっふっふっふっふっふっふ!!」
「……確かに顔真っ赤だぞ?」
「ひゃっはっはっはっはっはっは!! そ、そりぇっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! 別の意味でっへっへっへっへっへっへ、真っ赤なんでふっふっふっふっふっふっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「別の意味って?」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっは~っ!! 乙女の秘密でっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「いや、そんなこと言われると聞きづらいんだけど……」
まぁ、いいか。
これについてはあきらめておこう。
空気的にその方がよさそうだし。
「くひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ~っ!! うひゃはははははっ、い、息がぁっはっはっはっはっはっはっはは!! 出来ないでっふっふっふっふっふ、ひぎぃっはっはっはっはっはっは!! にゃはははははははははっ!!」
「あぁ、んじゃあ軽いとこに変えようか」
そういうと、俺はくすぐる手を脇腹から移動させる。
ここは無難に足裏かな?
俺は右腕で一本に縛られたショコラの足を抱え込み、左手でショコラの足の裏を擽っていく。
5本の指をゆっくりと動かすと、すぐさまショコラの反応が変わった。
「いひゃははははははっ!? あっはっはっはっはっはっは!! くしゅぐったいでふっふふふふふふっ!! ふみゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
何気に足も効果は抜群だったようで、ショコラは足をばたつかせながら、笑い悶えている。
「お、おいっ、ショコラ!! 暴れすぎだってっ!!」
「だってっへっへっへっへっへっへ!! くすぐったくてっへっへっへっへっへ!! うひゃははははははっ、くひひひ、うひゃははははははは~っ!! にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「まぁ、後2分だから我慢してくれよ」
「うにゃぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! あ、あとっほほほほっ、ひゃひひひひひっ!! 2分ですかぁっはっはっはっはっはっは、んぐっ、いひっひひっ、っはっはっはっはっはっはっはっは!!」
ちょっと強めてみようかな。
俺は指の動きを少しずつ激しくしていく。
「ひゃっはっは!? ちょ、ダメですってっへっへっへっへっへっへっへっへ~っ!! それ以上わっはっはっはっはっはっは!! 無理でっふっふっふっふっふっふ!! きゃ~あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
ショコラは限界とばかりに身体をよじっている。
「くひゃっはははははははっ!! いやっはっはっはっはっはっは~っ!! わはははははっ、はぁ~っひゃはははははっ!! きゃーっ!! いひひひひっ!! ふひゃははははははは~っ、ひゃっはっはっはっはっはっはっは~っひっひっひっひっひ!!」
「あぁ~あれだ。これ終わったら、チョコでも何でも好きものやるから、頑張ってくれ」
「うひゃははははははっ、ほ、ほんりょうでしゅきゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは? にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! うひゃははははっ!!」
「おうマジだ!! 頼むぜショコラ!!」
「わっはっはっはっはっはきゃっはっはりましちゃっはっはっはっは!! が、んっばっはっはっはっはっはりひひひぃまっすっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
正直、何言ってるかは解らないけど……。
まぁ、気にしない。
「あっはっは!! きゃっふっふっふ!! やぁっ、ひゃっは!! やぁ~っはっはっ!! きゃんっ、くっふ、ひゃ~ッ!! くっひっひ、きゃはははっ!! きゃぁ~っはっはっはっはっはっはっはっは!! うひひひひっ、うぎゅっ、くひっひっひっひっはっはっはっはっはっはっは!!」
「よし、10分経ったな。ありがとうショコラ、助かったよ」
俺はショコラに労いの言葉をかけると、手錠と足枷を外してやる。
ショコラは笑いすぎたのか、顔を真っ赤にしながら目には涙を浮かべていた。
少しやりすぎたかもしれない……。
許してくれショコラ。
俺には②番は選べなかったんだ。
「はぁ、ひぃ、ふぅー、へー、ほぉー。や、やっと終わりましたぁ……」
「随分と独特な呼吸法だったな……」
「ところで奏さんっ、さっきの約束!! 何でも……いいんですよね?」
「ん。お、おぅ」
そう言って念を押されると、何か恐ろしいものを要求されそうな雰囲気が……。
そんな時だった。

【選べ】
①実は俺、くすぐりフェチなんだとショコラに告白w
②実は俺、お前が好きなんだとショコラに告白w
③お風呂の排水溝になるw

嘘だろ……。
せっかく終わったのに。
俺に安堵の時はないのか!?
これは終始選択肢に翻弄される俺の生活の一部でしかない。
今までも、そしておそらく……。
これからも……。

Fin.

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

  1. 2013/07/21(日) 18:48:48|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX