FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


【のうコメ】 脳内選択肢のある生活。 謳歌END

【のうコメ】 脳内選択肢のある生活。 謳歌END


よし、謳歌にしよう。
子供っぽいし、変に意識しなくても済むかもしれない。
それにふらのに頼んだら激しく罵倒されそうだし……。
「②番で」
俺はそう言うと、謳歌に手を差し出した。
「あー、えっとちょっと一緒に来てくれるか?」
「うん。いいよー」
俺はさりげなく謳歌を体育倉庫へと連れ出した。
何の警戒もなくついてくるところが謳歌らしい。
そして、2人で倉庫に入り込むと、扉が開かない様に跳び箱で倉庫の入り口をふさいだ。
「ん? どうしてふさぐの?」
「あ、いや……この方が都合が良いんだ」
「そうなんだ」
「あ、でな、実は謳歌に頼みがあるんだ」
「んー? なになにっ?」
「実は訳あって、謳歌を10分間拘束してくすぐらないといけないんだ」
「……それって奏っちの」
「趣味じゃないよー!? いや、むしろ義務と言うか」
「どっちにしろ、真顔でそんなこと言える甘草さん、マジぱねーっす」
そう言って謳歌は親指を立てて見せる。
「それでな、頼みってのは、謳歌をくすぐらせてくれないか?ってことなんだけど……」
「うん。別にいいよ」
「だよな……そりゃ普通……って、はいっ!?」
「だからいいよって。奏っちにも訳があるんだよね? だった別にいいよ? 面白そうだし」
「……あ、ありがとうな」
俺は唖然としながらも謳歌を拘束しようとするが……。
拘束できる道具を何も持っていない。
どうしようかと悩んだその時だった。
【使えよ(笑)】
天から手錠と足枷が落ちて来たのだ。
「……」
俺はあえて何も突っ込まず、謝りながら謳歌の手に手錠をかけ、足に足枷をつけた。
そして体育マットの上に寝転がってもらった。
「じゃあ、始めるぞ?」
「さぁ来い奏っち!! わくわくっ」
「……」
俺は色んな意味で言葉を失いながら、謳歌の腋の下に手をもぐりこませた。
「きゃっはっは!?」
俺の指が腋の下に触れただけで、謳歌は早くも悲鳴を上げた。
「えっと、大丈夫か?」
「う、うん。意外とくすぐったくて……」
「いや、そりゃくすぐってるからな」
少しためらいながらも、俺は指を小刻みに動かしていく。
最初は軽く肌をひっかくようにくすぐっていく。
「きゃっは、くひゃっ、いひっ、あっはっは、くっ、な、なんか、やだっ、きゃっはっは!!」
ひっかく度に反応するのがなんとなく面白くて笑ってしまう。
「あっは、くひっひひ、くひゃはは、えっへっへ、はぁっふっ、じ、じれったいっ~」
「え? あ、じゃあ……」
「きゃはははははははっ!! や、それは強すぎるよっ!! あ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
指の動きを細かく激しくしてみると、さすがに刺激が強すぎたのか、謳歌は先程よりも大きな反応をみせた。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! ちょ、ちょっとタイムっ!! あはははははははははははははっ!!」
「あぁ……訳あってタイムは無理なんだ。少し弱めるからそれで勘弁してくれ」
俺はそう言うと、ひっかくようなくすぐり方に戻した。
「ひゃっはっは、きっひっひ、あふぅ、い、いじわるっ、きゃっはっは、いひひひっ、くひゃあ、やはははっ!!」
「弱めたじゃん?」
「あっはっは、そ、そうだけっへっへどぉっはっはっは、ひゃっふっふっ、け、結局、くすぐっ、ったひぃしっ、くっく、きゃっふっ!!」
想像以上の反応の可愛さに、俺は少し意地の悪いことをしてみたくなった。
「人の優しさを素直に受け取れないのは良くないことだな?」
そう言って、少しだけひっかくスピードを上げて見る。
「いひゃはははははっ、ちょ、まってぇ、きゃっはっはっ、ご、ごめんっ、あっはっはっはっはっ、あ、謝るからぁ、いやはははっ、や、やだぁ」
「今更あせって謝っても許しません。反省しろ」
俺は思いっきりワシャワシャと謳歌の腋の下をくすぐる。
「いやぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! だ、だめっ!! ホントに無理ぃっひっひっひっひ!! うひゃははははははははははははっ、きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
よっぽど効果があったようだ。
謳歌は腋の下を閉じてガードをしてきた。
だが、俺の手はすでに謳歌の腋の下を捕らえている。
指が少しでも動く時点で謳歌に逃げ道はない。
「うーん。やっぱバンザイにして固定するべきだったかな?」
「みゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! こ、これでもっ、っはっはっはっはっはっはっはっは!! 十分辛いってばぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! バンザイなんて無理ぃ~っひっひっひっひっひっひ!!」
「それもそうか。まぁ、でも後8分だぞ?」
「あははははははっ、し、死んじゃうぅ~!! あっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! か、奏っちぃ、やっぱやめよ~っほっはっはっはっはっはっはっは!! くすぐったぁーっい!! あひゃはははははははは~っふっはっはっはっは、はぁっ、くっひっ、きゃっはっはっはっはっは~っ!!」
「いや、本当に申し訳ないんだけど、止めたら俺、多分死ぬと思う」
「私だって死んじゃうよぉ~っはっはっはっはっはっはっは!!」
「ん、それもそうだな。なら、腋以外の所に変えて見ようか」
俺は謳歌の腋の下から手を離そうとする。
が、謳歌が腋の下をがっちりと閉めているため、手を抜く事が出来ない。
「あの、バンザイしてくれないと、手が抜けないんだけど?」
「……だって……くすぐらない?」
不安そうな顔をする謳歌。
そんな顔をされたら、したくなってきちゃうんだけど?
「大丈夫だよ。さすがに俺も鬼じゃないし」
「じゃ、じゃあ信じるよ?」
そう言うと、謳歌は恐る恐るバンザイをした。
「なぁ謳歌」
「どうしたの奏っち?」
「腋、がら空きだな」
「へっ?」
俺は悪戯半分にがら空きになった謳歌の腋の下を思いっきりくすぐった。
「きゃぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! 奏っちのウソつきぃ~っひっひっひっひっひっひっひ!! ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
俺の不意打ちに謳歌は反応しきれずに思いっきり笑い転げた。
俺はすぐに手を止める。
「ごめんごめん。あまりに可愛かったもんだから……」
「バカっ!! 奏っちのバカーっ!!」
「悪かったって……もうしないから。本当に手を離すから、もう一回バンザイして」
「……やだ」
「じゃないと、このまま腋の下をくすぐり続けることになるんだけど?」
「次やったら怒るからねっ?」
謳歌は俺に釘をさすと、もう一度バンザイをする。
俺は今度こそ手を離すと、謳歌はすぐさま腋をガシッとガードした。
「そんなに急いで閉じなくても」
「だって……」
「さて、残り6分あるし、今度はどこにしようかな~」
「うぅ~」
俺は謳歌の全身を眺めて見る。
手錠、足枷……。
よし、足の裏かな?
俺は謳歌の足の横にしゃがんで、謳歌の繋がれた両足を右腕でホールドした。
「へっ? 今度は、足?」
「まぁ、さっきよりは苦しくないと思うよ?」
「う、うん……」
左手を小刻みに動かすと謳歌の足の裏に這わせていく。
「きゃっはっはっはっは!!」
軽くくすぐっただけでも謳歌からは笑い声がもれた。
「靴下の上からなのに、スゴイ反応だな」
「だ、だってぇっへっへっへっへ~っ!!」
きっと、足が蒸れていることも影響があるのだろう。
面白そうなので一度思いっきりくすぐってみる。
「あっはっはっはっはっはっはっはっは!! つ、強いってぇーっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっは!! ひゃあ~っはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
謳歌は身を捩り、足をバタつかせて暴れた。
だが、足枷のせいで俺の右腕から足を外すことはできないようだ。
「にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! くすぐったいっ!! くすぐったいってばぁ~っはっはっはっはっはっは!! くすぐったいよーっ!!」
「腋ほどではないけど、ここも敏感だな」
「いやははははははははっ、恥ずかしいからっ、っひっひっひっひ!! 敏感とか言わないでよーっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! うひゃはははははははっ、あっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「いつもながら、謳歌って恥ずかしがるとこズレてるよな……」
「ひゃはははははははっ!! そんなことっぉっっはっはっはっはっはっは~っ!! ないぃ~!! わはははははっ、はぁ~っひゃはははははっ!! きゃーっ!! いひひひひっ!! ふひゃははははははは~っ」
「残り4分ずっと足にするか」
「いやーっ!! きゃははははははははははははっ!! それはやだぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! 息出来ないっ!! 死んじゃうぅ~っふっふっふっふっふっふふ!!」
「なら、また場所変えようか」
俺は謳歌の真っ赤な顔と、涙を見ながらそう決断すると、少しでも負担の少ない場所を探してみる。
「じゃあお腹にしようか」
「ふぅー、ふぅー、はぁーはぁー、お、お腹?」
「今度こそ優しくするから」
「うん。わかった」
俺は謳歌の膝辺りを跨いで膝をついて座りこみ、前屈みになる。
肘を床に着けて、謳歌の脇腹に指をあてる。
「じゃあ始めるぞ」
最初は優しく、一本の指で謳歌の脇腹を突っ突く。
「ひゃんっ!! あっはっは!! きゃっふっふっふ!! やぁっ、ひゃっは!! やぁ~っはっはっ!! きゃんっ、くっふ、ひゃ~ッ!! くっひっひ、きゃはははっ!!」
「どうだ? これなら大丈夫だろ?」
「ぜ、ぜんぜんっっふっふっふ!! 大丈夫じゃないぃ~っひっひ!! きゃっは!! いっひっひっひ!! きゃー!! きゃーっはっは!! いひゃあっ!! うっふ!! えひひひっ!!」
「これでも加減してる方だぞ?」
試しにおもいっきり脇腹を揉みしだいてみせる。
「あひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! わ、わかったぁ~っはっはっはっはっはっはっはっは!! わかったからぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! くすぐったいっ!! やめてぇ~っへっへっ!! いやははははあははははあははあっははははははっはっはっはっはっは!!」
俺は手を弱めて、軽く揉みしだく。
「ね? いったでしょ?」
「あははははっ、い、いったけど、あはははははっ、きゃっはっはっは!! みゃはははははははあっはっはっはっは!!」
「それにほらっ。もう10分経ったし」
俺は腕時計を謳歌に確認させた。
「くすぐり始めた時にタイマーを設定したんだ」
「10分23秒……。じゃ、じゃあ終わり?」
「あぁ。お疲れ。ごめんな巻き込んじゃって」
謳歌の手錠と足枷を外してやる。
「うぅ~身体がムズムズするっ」
「ごめんって。お詫び今度、何でも言うこと聞いてやるから」
「ほ、本当っ!? 何でも……聞いてくれる?」
「あぁ。何でもだ」
徐々にいつもと同じ空気に戻ってきた矢先だった。

【選べ】
①実は俺、くすぐりフェチなんだと遊王子謳歌に告白w
②実は俺、お前が好きなんだと遊王子謳歌に告白w
③お風呂の排水溝になるw

嘘だろ……。
せっかく終わったのに。
俺に安堵の時はないのか!?
これは終始選択肢に翻弄される俺の生活の一部でしかない。
今までも、そしておそらく……。
これからも……。

Fin.

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


  1. 2013/07/21(日) 18:47:28|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX