FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


【のうコメ】 脳内選択肢のある生活。 ふらのEND

【のうコメ】 脳内選択肢のある生活。 ふらのEND


よし、ふらのにしよう。
一応クールだし。
謳歌ほど影響はないはずだ……多分。
「①番で」
俺はそう言うと、ふらのに手を差しだした。
「あー、えっとちょっと一緒に来てくれるか?」
「えっ!?///……な、何のようかしら?」
「いいからっ」
「あっ、ちょっと!?」
俺は強引にふらのの手を掴むと体育倉庫へと連れ出した。
そして、2人で倉庫に入り込むと、扉が開かない様に跳び箱で倉庫の入り口をふさいだ。
「こ、こんなところに連れ出して、な、何をするつもりなのかしら? ま、まさかピーとかピーじゃないでしょうね? ……入口までふさいだし///」
「しねーよっ!?/// あ、いや、実は頼みがあるんだけど……」
「違うんだ……」
「ん? 何か言った?」
「へっ!? い、いや、何でもないわ……。それで頼みって何かしら?」
「あぁ。お前のことをくすぐらせてほしいんだ」
「……甘草くん。あなた、やっぱり変態だったのね……」
「いやっ!? これは俺の趣味じゃなくて!! 何というか……義務と言うか……」
「言い訳なんて、醜い豚ね? SMでもあなたはどちらかと言えば10:0でMじゃない」
「それ完全にMじゃないかっ!?」
「……まぁ、いいわ。好きにしなさい……ライバルに差がつくかもしれないし……」
「ん? あ、あぁ、ありがとう?」
何だかよくわからないが承諾を得られた俺は、ふらのを拘束しようとするが……。
拘束できる道具を何も持ってない。
どうしようかと悩んだその時だった。
【使えよ(笑)】
天から手錠と足枷が落ちて来たのだ。
「……」
俺はあえて何も突っ込まず、謝りながらふらのの手に手錠をかけ、足に足枷をつけた。
そして体育マットの上に寝転がってもらった。
「えっと、じゃあ始めるぞ?」
「さぁ、来なさい」
俺は深く深呼吸をすると、ふらのの腋の下に手を忍び込ませた。
「ひゃんっ!?」
俺の指が腋の下に触れただけで、ふらのは普段からは考えられないような可愛い悲鳴を上げた。
「えっと……大丈夫か?」
「ちょ、ちょっと驚いただけよ? こ、興奮したかしら? 変態の豚草君」
うん。いつも通りの雪平ふらのだ。
俺は少し安心すると、そのままゆっくりと指を動かし始めた。
すると、ふらのは身体を震わせ始めた。
「ひっ!! ひゃはははっ、きゃははははははっ、くっひっひっひっひ!!」
普段あまり笑わないコイツがここまで笑うなんて、何か意外だった。
「あはははっ、ちょ、いひゃはははっ!! ちょっとタイムっ!! あはははははっ!!」
そう言って俺を見つめてくる雪平ふらのに普段のクールさは微塵にも残っていなかった。
なんというか、ありのままの雪平ふらのがここには居た。
そんな姿に少しだけ戸惑ってしまったが、俺はすぐに正気に戻る。
「あー。悪い……諸事情でタイムは使えないんだ」
「きゃはははっ!! そ、そんなっ、ひゃはははははは~っ!! で、でも、もうっふっふっふ!! だめぇー!!」
ふらのは我慢が出来なくなったようで、腋の下を閉じてガードをしてくる。
「お、おいっ、やり難いんだけど……?」
どちらにせよ俺の手はふらのの腋の下に触れているわけで……。
「あはははっ、だ、だってぇ~っへっへっへっへ!! くすぐった……いんだもん!! いひゃひゃひゃ!!」
とりあえず俺はほんの興味本位で指の動きを強く、激しい動きに変えてみる。
すると、ふらのの反応に大きな変化が起こった。
「ふひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! やっ、つ、強い~っひっひっひっひっひっひっひ!! あ、甘草くんっ、だ、ダメ~っへっへっへっへ!!」
まさに大笑いだった。
こうしてみると、やっぱり笑った方が魅力的なのは確かだと実感する。
こうなったらせっかくだし、思いっきり笑わせてやろう。
「どうだーくすぐったいかー?」
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっは!! み、みてわかってっはっはっはっは、いひひっ、っくっはっはっはっはっは!! ひぐっひっ、あっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「まぁ、後8分しかないし……そのくらいなら大丈夫だろう?」
「あっはっはっはっはっはっはっは~っ!! だ、大丈夫じゃぁ~っはっはっはっはっは、にっひっひいぃ~!! 無理だからぁ~っはっは!!」
ひたすら腋の下攻めというのもいいけど、せっかくだし、他の場所も弄ってみようかな。
「ちょっと場所変えるよ~?」
「ひゃはははははっ!! えっ!? くっはっはっはっは!! ちょっ、いひひひっ、っくっはっはっは!! ちょっとまってぃっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
俺は腋の下から指を移動させようとする。
が……。
「ごめん。手が抜けないんだけど……」
がっしりと閉じられているふらのの腋の下に挟まれた俺の手は全く抜くことができない。
「うぅ……」
「それともここまま腋の下をくすぐりまくればいいかな?」
俺の一言に観念したのか、ふらのはゆっくりと腕を上げ始めた。
今更ながら、バンザイ固定の方がやりやすかったかな……。
俺は手を抜くと、次はお腹に焦点を向ける。
というか……。
「お前、腋の下がら空きだな?」
「っ!?」
俺の言葉に、ふらのはサッと腋を閉じた。
「そこまで必死にならなくても……」
ちょっと苦笑いしつつも、俺はふらのの脇腹に手を伸ばし、がっしりとつかんだ。
「ふひゃあっ!?」
……よし、もう気にしない。
俺は構わずゆっくりと指を動かし始めた。
指の腹をふらのの脇腹に当て、拳を作るかのように指を閉ざす。
「いやっはっはっはっは!! きっひっひ、あははははっ、わっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「まだ結構やさしい方なんだけど……大丈夫か?」
「ひゃははははははっ!! だ、だいじょうぐっやはっはっはっはっはっはっはっは!! だいじょぶじゃないぃ~!!」
これはこれでいつもとのギャップが面白い。
などと考えていると、自然と指の動きが激しくなっていった。
「ふみゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! い、いっきひぃっひっひっひっひなりぃ~くぅ~っふっはっはっはっはっはっはっはっは!! 強いっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「お、ごめん。なんか無意識の内に……」
謝りながらも俺が手を緩めることはない。
「きゃっはっはっはっはっはっはっは~っ!! そ、そう思うならぁ~っはっはっはっはっはっは!! 優しくぅ~っはっはっは、ひぐっ、あっはっはっはっはっはっは~っ!! ひぃ~っはっはっはっはっはっはっはっ!!」
「まぁ、後5分だし? これくらいなら大丈夫だよ?」
「ひぃっひっひっひ!! ら、らいりょうぶひゃははははははっ、ないぃ~っひっひっひっひ!! いやはははははははは~っ!!」
「じゃあやり方変えてみようか」
俺は今度は脇腹を揉みしだくようにしてくすぐってみる。
すると、ふらのはビクンっと身体を跳ね上げて笑い転げた。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっは!? そ、それ無理ぃ~っひっひっひっひっひっひ!! ひゃぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! くっふっふ、いひゃはははははははははははははっ!!」
「どれもこれも無理だとかダメだとか……ちょっと我儘、だぞ?」
「みゃはははっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! そ、そんなぁっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! こと言ったってぇ~っへっへっへっへっへっへ!!」
「言ったって?」
「あっはっはっはっはっはっはっは!! くすぐったいしぃ~っひっひっひっひ!! ふぐっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! お願いぃ、たすけっへっへっへっへっへっへってっっへっへっへっへっへっへっへ~っ!! やっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「いやぁ……助けてと言われましても……」
「わっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! 手ぇ止めてよぉ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「あぁ……ごめん。諸事情で無理だって……」
「しひゃははははははははははははははは~っ!! そんなぁっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! んぐっ、っひっひっひっひっひっひっひっひ!! ひゃははははっ!!」
「う~ん。だったら、好きな場所選んでくれ」
俺は考え悩んだうえで、ふらのに選択を任せることにした。
「腋の下か、お腹か、足の裏か」
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! あ、足ぃ~っひっひっひっひっひ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! 足にしてぇ~っへっへっへっへっへっへっへっへっへ!! えひひひひひひひひっ!!」
「よし、足だな?」
「あ、足だったら多分……平気……だから」
ふらのの脇腹から手を放すと、俺は一本に拘束されたふらのの足を右腕で抱えた。
そして、ゆっくりと左手をふらのの両足の裏に近づけていき、こちょこちょと指を動かし始める。
指が足の裏に触れた瞬間、ふらのに先ほどまでの悲鳴が戻った。
「ひっ!? いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! た、タイムぅ~っふっふっふっふっふ!! すとっぷぅ!! ストップ~っはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
そう言ってふらのは身体をよじらせて暴れだした。
「いや、だから止められないんだってば」
「きゃぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! な、なんでっへっへっへっへっへっへなのぉっほっほっほっほっほ!! やっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「いや、色々な事情が……ね?」
「ねっへっへっへっへっへじゃないぃよっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! わはははははっ、はぁ~っひゃはははははっ!! きゃーっ!! いひひひひっ!! ふひゃははははははは~っ」
俺の攻撃が止まらないことを理解したのか、ふらのは俺から逃れようと、足を激しく揺さぶり始めた。
だが、俺の右腕でがっしりと固定されているため、抜け出すことはできない。
「いやぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! だ、だめっ!! ホントに無理ぃっひっひっひっひ!! うひゃははははははははははははっ、きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「まぁ、もうそろそろ終わるからさ? 頑張れっ」
「ふみゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! くぅ~っふっはっはっはっはっはっはっはっは!! ふぐっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! みゃはははっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! ひっひっひっひっひ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「はい。お疲れ様」
俺は手を止めてふらのを見る。
顔を真っ赤にして、目には涙を浮かべている。
結構……限界だったみたいだな。
「お、終わり? はぁ、ふぅ、はぁ、はぁ……」
「あぁ。ほら」
俺は腕時計をふらのに見せた。
「……10分07秒」
「くすぐり始めた時に押しておいたんだ」
「はぁ、はぁ、ふぅ、あ、そう、はぁ、なんだ」
「さて、本当にありがとうな」
そう言って俺は手錠と足枷を外していく。
そして外し終わると、ポケットからキーホルダーを取り出した。
「なんというか……お礼というか。受け取ってくれ」
「あ、しろぶた君だぁ~!!」
ふらのは俺からキーホルダーを受け取ると、キラキラした目でそれを見つめている。
「かぁ~いいよぅ~///」
……相変わらず。
いや、途中からだけど……。
コイツ、キャラ崩壊してるの自分で気づいてるのだろうか?
「……あの、雪平ふらのさん?」
「な、何かしら甘草きゅん、甘草くん!! あなたがどうしてもというからこれは受け取っておくわ。それと、さっきまでの私は私じゃないから忘れてくれるかししししししら?」
「あ、あぁ……」
「そう。それならいいのよ……あ、ありがとう」
……なんか違和感を感じてしまう空気だな。
そんなぎこちない雰囲気に戸惑っていると、不意にまた俺の視界が遮られた。

【選べ】
①実は俺、くすぐりフェチなんだと雪平ふらのに告白w
②実は俺、お前が好きなんだと雪平ふらのに告白w
③お風呂の排水溝になるw

嘘だろ……。
せっかく終わったのに。
俺に安堵の時はないのか!?
これは終始選択肢に翻弄される俺の生活の一部でしかない。
今までも、そしておそらく……。
これからも……。

Fin.

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

  1. 2013/07/21(日) 18:40:26|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX