FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『心の近いところ』


『心の近いところ』

『D.C.Ⅲ』 ―森園 立夏 編―



「き、清隆っ!! わ、わたしをくすぐりなさいっ!!」
立夏さんが俺に衝撃的な命令を出したのは、昼休みの屋上での一コマだった。
訳のわからない事を言われた俺は、とりあえず聞き間違いということもあるかも知れないと考え、立夏さんに聞き返す。
「えっと……。すみません、もう一度お願いします」
「だ、だから、わたしをくすぐりなさいっ!! って……こんな恥ずかしいこと何度も言わせないでよっ!!」
「ご、ごめんなさいっ!!」
顔を赤らめて抗議する立夏さんの迫力に、俺は思わず全力で謝った。
ここは大人しく立夏さんに従ったほうがいいのかもしれない。
そう思ったのだが、一方でどうしてそんな事を言ってくるのかについても疑問が湧いた。
そこで俺は恐る恐る立夏さんにたずねてみる。
「あ、あの立夏さん? どうしていきなりそんな事を?」
「これ、この雑誌を読んだの」
そう言って立夏さんは俺に一冊の雑誌を投げ渡した。
俺はそれを受け取ると、付箋の貼られたページを開いて見る。
非常に細かい文字で書かれているページの中に、マーキングがなされている項目が目に入る。
『愛するあの人との気になる相性は……』などと、まったくもってお決まりの文句が記されている占いの記事だ。
目線をページの上から下へと進ませていくと、相性チェックの欄に俺と立夏さんの名前、生年月日、血液型が書き込まれていた。
そして、その下には相性の計測方法が記入されていた。
それを見ていくと、俺と立夏さんの相性が友達以上恋人未満だと示されていた。
「別にいい関係じゃないですか? それに、これとさっきの発言に一体どんな関係が……」
俺の発言を受け、立夏さんは迫力満点の大声で俺の意見に抗議し始める。
「だって、友達以上恋人未満よっ!? ”未満”よっ!?」
「……」
「”未満”よっ!? ……大事なことだから3回言いましたっ!!」
「……え、ダメなんですか?」
「ダメに決まってるじゃない!! 清隆はこんな屈辱的な判定に不満じゃないのっ!?」
「いや……全然?」
「うぅ~……」
俺の返事になぜか機嫌が悪くなっていく立夏さんを見て、これ以上機嫌を悪くさせないほうがいいと判断した俺は、とりあえず話を聞くことにする。
「と、とりあえず……話を戻しましょう。とにかく相性の話は分かりました。でも、これがさっきの発言とどう結びつくんですか?」
「なんかウヤムヤにされたような……まぁいいわ。次のページに、『そんなアナタとあの人の相性をUPさせるには……』って項目があるでしょ? そこにスキンシップって書いてあるの」
俺は立夏さんの説明に合わせて目線を移動させていく。
すると、確かにスキンシップが吉と書かれてはいるが、正直気が進まない。
「あの、それでくすぐりなんですか?」
「イチャイチャできるスキンシップが良いと思って♪」
満点の笑顔で答える立夏さんの思いを不意にはしたくないが。
でもこれって……
「絶対、なんか怪しいプレイじゃないですか!!」
「いい? 世のカップルたちはこの儀式を乗り越えて結ばれるの!! わかった!?」
「や……でも」
「わかったっ!?」
俺は思わず迫力負けをし、頷いてしまった。


時は過ぎて放課後の部室。
俺の提案で場所は部室に変更された。
さすがに屋上では声が漏れるし、誰かがこないとも限らない。
そこで、もともと新聞部の部活自体、本日は休みとされていたので、俺は一応、部員全員が帰宅したのを確認してから部室へと向かった。
そして今に至る。
俺は椅子に腰掛け、その上から立夏さんが俺に後ろから抱きしめられるような体制で俺の膝に座っている。
立夏さんの香りが鼻腔をくすぐり、なんだかとても恥ずかしい。
「あ、あのぅ立夏さん? 本当にやるんですか?」
恐る恐る質問してみると立夏さんは勢いよく頷いた。
「当たり前じゃないっ!! 私に二言はないわよ?」
はっきりと答える立夏さんを見て、俺は断りきれないことを悟った。
これは……覚悟を決めるしかなさそうだ。
「じゃ、じゃあ……その、始めますよ?」
「ど、どうぞ……///」
立夏さんは若干テレ気味なのだが……それは俺も同じことだ。
俺はヤケとばかりに立夏さんの脇腹に手を密着させる。
「ひゃあっ!?」
「うわぁ!?」
脇腹への刺激に驚いた立夏さんの声。
それに合わせて立夏さんの声に驚いた俺の声がこだまする。
「えっと、大丈夫……ですか?」
「も、問題ないわ」
立夏さんの答えを受けた俺は立夏さんの脇腹に沿って手を動かし始める。
本人は大丈夫だと言ってはいるが、さっきの反応を見ると、とても大丈夫そうには見えない。
それゆえに軽くゆっくりと指を動かしていく。
俺の指が立夏さんの肌にかすれる度に、立夏さんは身体を震わせている。
「ふぁっ!? ひひっ……くっひ……ひゃっはっは!!」
立夏さんは身体に力を入れて、必死に我慢しようとしている。
何故そうするのかはまったくもって不明ではあるが……。
俺は我慢しきれずにもれてくる立夏さんの声を聞きながら、もう少し経てば立夏さんも飽きるだろうと様子を見ることにした。
「ふひぃっ……きゃっ……やっは!? ……ふふふっ」
俺は、よく見てみると立夏さんの顔が少しずつ赤く染まってきているのに気づいた。
「あ、あの……大丈夫ですか?」
立夏さんに尋ねると立夏さんは明らかに無理にすました顔をした。
「全然っ弱いくらいだわ!! 清隆もっと強くしてもいいわよ?」
「えー」
「いいからっ!!」
俺はまたも立夏さんの気迫に負け、従うことにした。
半分は仕方ないなと思いながら。
そしてその一方では、僅かばかりの好奇心があった。
立夏さんが負けず嫌いであるのは知っている。
それゆえに、立夏さんが我慢できなくなる瞬間を見てみたいと思ったのだ。
そんな気持ちが俺の中で釣り合っている。
だが、少しづつではあるが、好奇心の方が勝り始めたいた。
そのため、俺は立夏さんをくすぐる手を無意識に強くしていた。
「ひゃっはっはっはっは!? きゃっはっはっはっはっは~っ!! や、急にぃっ!? いやっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
立夏さんが落ちるのは想像以上に早かった。
俺の指の動きが激しくなると、立夏さんはそれから逃れようと思いっきり身体を捩ったのだ。
だが、俺はあえて立夏さんの体から手を離さない。
「いやっはっはっはっはっはっはっは!! き、清隆ぁ~っはっはっはっはっはっはっは!! ちょ、タイムぅ~っふっふっふっふっふっふっふ!!」
立夏さんは先ほどとは比較にならないほど顔を赤く染め、必死になって訴える。
だが、俺の好奇心はすでに俺の手には負えなくなっていていた。
「タイムは無しですよ? 笑っててください」
「きゃ~っはっはっはっはっはっはっは!! だ、ダメっ!! いひゃはははははははっ、くすぐったぁっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
俺は意地悪く立夏さんの耳元で囁いた。
「立夏さんが可愛いから……止めませんよ?」
「キャッわっ!? ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! きよたかっはっぁの意地悪ぅ~っふっふっふっふ!! みゃははははははははははっ!!」
立夏さんは完全に我慢することを忘れ、ただひたすらに開放を求める。
そんな立夏さんの姿に少し好奇心がおさまった……気がした。
それなのに、俺の指の動きはどんどん強くなっていく。
本能的に立夏さんをくすぐっていたいという欲望が生まれたのだ。
いつも基本的には強気で我慢強い立夏さんだが、その立夏さんを虐めてみたいとも思ったのかもしれない。
「なら、ゲームをしましょうか?」
「ふひゃはははははははっ!! げ、げへぇむぅ? っふっふっふっふっふっふ!!」
「そうです♪」
俺は一度、立夏さんをくすぐる手を止めて説明をする。
「はぁ、はぁ、はぁ……で、げーむって?」
「今から立夏さんには万歳の格好をしてもらいます」
「へっ? そ、それって……」
「俺は立夏さんの腋の下をくすぐりますので、立夏さんは絶対に手を下ろしてはいけません。もし下ろしたら……」
「お、下ろしたら……?」
「罰ゲームが待ってます」
「ぐ、具体的にはっ!?」
「まだ内緒です」
「うぅ」
「さて、では立夏さん。ばんざーい?」
「えぇ~……や、やらなきゃ……ダメ?」
「可愛いけどダメです。第一、イチャイチャするって言いだしたのは立夏さんですよ?」
「そ、それは……そうだけど……」
「ジーッ」
「わ、わかったわよ!!」
立夏さんは覚悟を決めると、ゆっくりと両手を上に上げた。
そして、モジモジと身体を動かしながら深呼吸をしている。
「ど、どーぞ……」
「どうも……?」
俺はガラ空きになった立夏さんの両腋の下に人差し指だけを当てて、ゆっくりと引っ掻くようにしてくすぐっていく。
「ひゃんっ!? や、やはっ!! ひぃん!! ふぇっへっへ!! あっはっは、そ、それやだぁ」
「まだ軽くですからね?」
「わ、わかってるぅっふ!! ひゃあっ……ふひぃっ!! やぁっ!? ひゃっはっはっ……」
立夏さんの反応を見ながら、俺はもう1本ずつ指を増やしていく。
今度は2本の指を使って歩くように腋の下を引っ掻く。
「いっひゃっはっは!? やぁ~っは!! くひひひひっ……やぁっ!!」
「大体レベル2くらいですかね?」
俺は立夏さんを煽るような口調で囁いた。
「あったりまっへっへっへ!! よっほっほっほ!! い、一気に最大レベルでもいいわっ!! っはっははっ!!」
「なら、遠慮なくっ♪」
俺は立夏さんから無理やり許可を得ると、指の本数を一気に最大に増やした。
5本の指でコチョコチョと立夏さんの腋の下を走り回る。
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! やぁ~!! くすぐったいっ、やだぁ~っはっはっはっはっはっはっは!! やぁ、ダメェ~っへっへっへ!!」
「まだ始まったばかりですよ~?」
「あはははっ、わ、わかってるけど~っはっはっはっはっはっはっはっは!!」
少しずつ俺はくすぐるポイントをズラしていく。
腋のくぼみから胸の横辺りまでを行き来しながら指の動きにも緩急を加える。
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! やぁっはっはっはっはっはっは!! やぁ、そんなとこっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「どこが苦手なんですか?」
俺は少し意地の悪い質問を立夏さんにぶつけてみる。
「あっはっはっはっはっは~っ!! そ、そんなのぉっはっはっはっはっはっは!! 言えないっひっひっひっひ!!」
立夏さんは必死で首を横に振っている。
まぁ、聞かなくても今責めているところが一番弱いと感じる。
それほどに立夏さんは必死で耐えようとしているのだ。
「それじゃあ、反応で確かめるしかないですね?」
俺は立夏さんの腋から指を再び脇腹へと移動させた。
「うひゃああんっ!? いやぁっはっはっはっはっはっは!! ちょっとぉ~!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「う~ん……やっぱりこっちの方が弱いんですね♪」
俺は立夏さんの反応を確かめると、やはり腋の下の方が効果があると判断し、再び腋の下へと指を戻した。
「うひゃははははははははっ!! き、清隆ぁ~っはっはっはっはっはっはっは!! 腋だけっへっへっへっていっちゃのにひひひひっ!!」
「え? なんて言ってるかわかりませんっ♪」
「みゃはははははははははっ!! 清隆のいじわるぅ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「まだまだ余裕そうですね?」
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! バカーっ!! 無理ぃ~!!」
そう言うと耐えきれずに立夏さんは腕を降ろしてしまった。
どうやらゲームは俺の勝ちのようだ。
「はぁ……はぁ……はぁ……もう少し清隆は……加減を知るべきよっ」
立夏さんはせっせと酸素を集めると、悔しそうに俺を睨む。
その姿がいつもの立夏さんとは違ったように見えるのは、俺の心境の変化だろうか?
「とりあえず立夏さん。そんなに睨まないでください」
俺は手をこしょこしょと動かして立夏さんに見せる。
「いひゃあっ!? わ、わかった!! わかったわよっ!!」
それをみた立夏さんは慌てて俺の手を抑えた。
こう言った表情やしぐさもいつもと違って見える。
それが何だか心地よかったりもする。
「それで、罰ゲームですけど?」
「うぅ~な、何よっ?」
立夏さんは不安そうな目で俺を見つめてくる。
一体俺が何を言うと思っているのだろうか?
「俺の話を聞いてもらえますか?」
「へっ?」
俺の言葉に立夏さんは間の抜けた声を上げた。
「そ、それだけ?」
「はい♪」
立夏さんは俺の返事を聞くと、安心したような、がっかりしたような表情を浮かべた。
「あの……ですね」
「……?」
「俺、立夏さんのことが……好きです」
きっとこの時の俺は、すごく赤い顔をしていただろう。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

  1. 2014/07/18(金) 15:11:45|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX