FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『休日の自宅は修羅場』

『休日の自宅は修羅場』

『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』
―夏川 真涼 編―
―春咲 千和 編―



「あらあら、毎日熱心ですねサウザンドジャパンさん。そんなことをしたって無駄ですよ。鋭太くんは私にメロメロなんですから」
「うるさいわねっ!!サマーリバーのくせにっ!!」
9月某休日、季堂家1階のリビングは修羅場と化していた。
事の発端は1時間ほど前のことだった。

――PM2:00

休日を利用し、鋭太は自室で黙々と勉強をしていた。
「ふぅ、そろそろ一息入れるか……」
勉強を一時止め、お茶でも飲もうと考えた鋭太は自室から1階のリビングへと移動した。
リビングに入ると鋭太の視界にはソファーの上で雑誌を読んでいる一人の少女が映った。
「えーくん勉強終わったの?」
鋭太がリビングに戻ってきたことに気付いた少女は何事もないように鋭太に声をかける。
「何でお前がいるんだ? 千和」
ソファーに腰をかけていたのは鋭太のよく知る人物だった。
鋭太の幼馴染の春咲千和だ。
「なんでって、暇だったから?」
「何で疑問形なんだよ……」
「ねぇ、そんなことよりこれ見てよ!!」
鋭太の言葉を遮って千和は鋭太に近づくと自身が読んでいた雑誌を差し出した。
それを受け取ると鋭太は雑誌に目をやる。
「これって……『パチレモン』か。男の俺が読むような項目は掲載されていないだろ」
「いいからっ、これっ、この項目を読んでみて!!」
鋭太は千和が指をさした項目を読み始める。
「えーっと何々、『モテカワの極意3カ条』……胡散臭っ!! 『極意その1――常に笑顔でいること、極意その2……』」
と、鋭太は最後の項目まで目を通すと『パチレモン』を千和に手渡した。
「ねぇ、これどう思う?」
「どう思うったって……やっぱ、胡散臭いとしか」
「そんなことないと思うんだけどなー。この極意さえ手に入れれば、きっとモテカワな女の子に――」
千和がそう言いかけた途端だった。
「休日の昼間から、何ふざけたことをぬかしてるんですかチワワさん」
2人に聞き覚えのある声が聞こえてきた。
声のする方向を向くといつの間にかリビングの中央に一人の少女が立っていたのだ。
「ゲッ!? なんでお前がここに……」
「彼女に対して”ゲッ!?”とは失礼ですね」
鋭太の発言を受けて少女は不機嫌とも取れるような表情を浮かべる。
この少女こそ、鋭太の彼女である夏川真涼である。
「そうよ、なんで夏川が居るわけ!!」
鋭太の横にいる千和は真涼に威嚇のような眼差しをむけた。
「あなたこそ、どうして鋭太くんの家に?」
「私はいいのっ!!」
「鋭太、これは浮気かしら?」
「浮気って……お前なぁ」
こうして修羅場は開戦したのだった。

――PM3:02

「はぁ、はぁ、はぁ」
「はぁ、はぁ、はぁ、ふー」
2人の言い合いは何十分と続いたが、互いに息が切れて一旦止んだ。
「お前らも、よくやるな……」
2人の言い合いを間近で聞いていた鋭太は呆れながらお茶を飲み干すとソファーから立ちあがった。
「俺は部屋に戻って勉強してるから、何かあったら呼んでくれ」
それだけ言い残すと鋭太は巻き込まれる前にさっさと自室へと退散していった。
残された2人は息を整え終えると再び言葉を交わし合う。
「これでは時間の無駄のようですね。ならば、ここで1つ勝敗をつけませんか?」
真涼は挑発的な目で千和を見る。
「いいわ。何でもやってやろうじゃないの!!」
千和も受けて立つと言わんばかりに声を張った。
「良い返事です。ではあなたの読んでいた『パチレモン』のモテカワ極意で勝負しましょう」
「へぇ~。夏川にしては良い提案ね」
真涼は軽く笑うと、テーブルの上に置いてあったメモ帳から紙を三枚抜き取ると、近くにあったボールペンで文字を書いていく。
三枚とも書き終えるとそれを幅の狭い長方形になるまで折り込むと三枚を重ねて手に取った。
「さぁ、ここから1枚紙を引いて下さい。引いた紙に書かれているものが今回の勝負内容です」
「わかったわ」
千和は真涼の手から一枚紙を選ぶと真涼は選ばれた紙を開いて見せる。
「では、サウザンドジャパンさんが選んだ今回の種目は……『くすぐり耐久1分間』ですね」
「はぁー!? 極意とその勝負に何の共通性があるのよ!!」
千和は不満そうに声を上げる。
「モテカワ極意その1――常に笑顔でいること」
「うぅ……確かにそれは……」
「モテカワ極意その2――常に我慢強くいること」
「うぅ……」
「モテカワ極意その3――常に余裕を見せること。以上3カ条ですが?」
「……当てはまってる」
「では異議なしと言うことで。対戦内容は言葉まんまです。1分間手を上げ続けるだけ。笑うのはOKですが、手を下げるのはOUTです。ちなみに、引き分けでしたら再戦を行います」
真涼の説明を受けつつ、千和には1つの疑問が生まれた。
「ねぇ、夏川。他の2枚には何が書いてあったの?」
「他ですか……。1つは往復ビンタ30秒。もう1つは全裸で鋭太くんの前に2分間立つ。この2つですけど?」
「……じゃあ、私が引いたのは一番マシだったって事?」
千和は軽く落胆する。
「それでは先攻を決めましょうか。ジャンケンでいいですね?」
真涼が手を出すと千和も続いて手を出した。
「「じゃーんけーん」」「「ポンっ!!」」
真涼の手は開かれ、逆に千和の手は閉じられていた。
「それでは私が先攻と言うことで」

――先攻:夏川真涼

「ではチワワさん。ソファーの上に横なって手を頭の方向にあげてください」
「こ、こう?」
真涼の指示を受けて千和は手をあげた。
これで腋の下、脇腹はくすぐり放題となる。
「OKです。時間はこのストップウォッチで測りますから。準備は良いですか?」
「いいわよ。いつでも来なさい (とは言ったものの……不安でしょうがないんだけど)」
「あら、早速強気ですね。その余裕が続くのかしら?」
真涼はそう言って笑うとストップウォッチを押した。
『ピッ!!』
という音を上げると共に、真涼の指が千和の脇腹を這う。
「ひゃっは!!」
真涼の指が触れた瞬間、千和の口からは悲鳴がこぼれた。
「あらチワワさん、結構敏感なんですねー」
「くっふっふっふっふ……う、るっさい!!」
千和は若干笑いながらもまだ耐えられるような余裕を見せた。
「まだ手加減してあげているのですから、これくらいは耐えてくださいよ?」
そう言うと真涼は少しだけ指の速度を上げた。
「んっは……くっ、あっはっはっは……うひっひ……くひゃっはっは」
少しだけ身を捩るようになった千和の姿を見て真涼は意味深な笑みを浮かべた。
「1分間って、意外と短そうですよね?」
「あっはっは――、そ、そうよね。くっひ、意外とぉ、うっきっきっき……短いんじゃない?」
千和の返事に真涼はニヤニヤとし始めた。
「チワワさん……。そろそろ終わらせますよ♪」
そういうと真涼は少しずつ指の動きを速く、強いものにしていく。
「いひゃはははははははっ!? やぁ、ちょっお、きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
先程までとは比べ物にならないくすぐったさに千和は盛大に吹き出した。
「やっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! くすぐったぁーいっ!! ひゃははははははははははっ!!」
「あら、段々と腕が下がって来ましたね?」
「きっひっひっひっひっひ……っ!! あっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! ま、まだ余裕ですけどぉ~?」
ニヤニヤとしている真涼に負けじと千和も応戦する。
「なら、今度こそ終わらせてあげるわ」
真涼の目付きが変わったことに気づいた千和は嫌な予感しかしていなかった。
次の瞬間、真涼の指が千和の腋の下へと移動したのだった。
「わきゃんっ!?」
真涼の指が千和の腋の下に振れた瞬間に千和の身体はビクンと跳ねた。
その瞬間、千和は自らも気づかぬうちに腕を下げてしまっていた。
「あっ……」
「身体は正直ですね♪」
ニヤニヤとした真涼の顔を見て千和はしまったとばかりに表情を曇らせた。
「記録は意外にも17秒ですか……。でもまぁ、私の勝ちはほぼ確実ですね」
「そんなの解らないわよっ!! 夏川なんか5秒で落としてやるんだからぁ!!」

――後攻:春咲千和

「悪いけど手加減はしないから」
「どうぞご自由に? まぁ、チワワさんの本気なんてたかが知れてますけど」
「むっかぁ~!!」
真涼の挑発に腹を立てながら、千和は勢いよくストップウォッチを押した。
『ピッ!!』
「こちょこちょこちょこちょこちょこちょー!!!」
千和は最初から真涼を倒しにかかる。
腋の下に手をかけると容赦なく思いっきりくすぐり始めた。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
強気でいた真涼もさすがに笑いをこらえ切れはしなかった。
「さっきまでの威勢の良さはどうしたの?」
千和は少しばかり挑発寄りに真涼を見つめた。
「くひゃははははははっ!! あぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっは!! くすぐったい!!」
「さすがの夏川も私の奥義には敵いはしないわよ!!こちょこちょこちょこちょー!!」
千和は指を腋の下から脇腹まで何度も往復させる。
「あっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! いやっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! きゃはははははははははっ!!」
「そろそろ大人しく腕を降ろしなさい!!」
「ひゃはははははははははははは~っ!! あっはっは、それはぁっはっはは!! 無理な相談ですねぇっへっへっへっへ!!」
降参しそうにない真涼を見ながら、千和は視線をストップウォッチに移した。
「もう、10秒!?」
「きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっは!! チワワさんもさすがに焦って来ましたね?」
「うっさい!! こちょこちょこちょ~!!!!」
千和は更に勢いよくくすぐるが、真涼は逆に笑わなくなっていく。
「なぁ!? なんでよ……」
更に焦って千和は指を動かすが、真涼は平然とした顔をしている。
そして無情にも時間は17秒を過ぎた。
「あら、私の勝ちのようですね」
真涼は腕を降ろすと勝ち誇ったように笑いを浮かべた。
「なんで……。なんで効かなくなったの!?」
千和は納得がいかないのか、真涼に問いかける。
その様子を見て、真涼は更に笑い出した。
「負け犬の遠吠えなんて、チワワらしいですね」
「うっさい!! 答えて!!」
「私のツボは上半身じゃないんですよ」
「なぁ!?」
真涼の答えに千和は放心状態に陥る。
「じゃあ……最初の笑いは?」
「演技ですけど?」
「……」

――1分後

「落ち着きましたかチワワさん?」
「これが落ち着いていられますかぁ!! 夏川は卑怯だと思わないわけ?」
「いいえ、別に」
真涼は真顔で千和の問いを返す。
「なら、もう一度チャンスを差し上げます」
「チャンス!?」
「えぇ、とりあえず鋭太くんの部屋に移動しましょうか」
2人は鋭太の部屋へと移動すると『乙女の決着』という名目で鋭太の部屋を占拠した。
鋭太は仕方なしとリビングへと退散していった。

――先攻:春咲千和

「では再戦といきましょうか? 今度はチワワさんが先攻。ちなみに両手両足は手錠でベッドの上に拘束されます。今度は『ごめんなさい』と降参するまでの時間を競い合いましょう」
「わかったわ」
真涼の提案に千和は頷く。
「せっかくですし、お互いの弱点でも暴露し合います?」
「そうね」
「ちなみに私のツボは足の裏です」
「本当……でしょうね?」
「なら、試します?」
千和は真涼の右足のうらを思いっきりくすぐった。
「こちょこちょこちょ~」
すると真涼は顔を真っ赤にして笑い出した。
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
その姿を見て演技でないと確信した千和は次いで自分の弱点を明かそうとする。
「わたしは――」
「言わなくても解りますよ? 腋の下……ですよね?」
「うぅっ!!」
真涼の核心を突く答えに千和はただ唸るしかなかった。
「では始めましょうか?」
「えぇ、そうね」
千和は早速ストップウォッチを押した。
『ピッ!!』
カウント開始の音が鳴ると同時に千和の指は真涼の足の裏を這う。
「最初から全力で行くわよ!!」
千和は指を細かく動かすと真涼の両足の裏をくすぐり始めた。
「こちょこちょこちょこちょ~!!」
「いひゃははははははははははははははははっ!! きゃぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
真涼は足の裏にくるくすぐったさに悶えながら首をブンブン横に振った。
「ツボさえわかればこっちのもんなんだから!!」
「やっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! くすぐったーい!! いやはははははははは~っ!!」
「ほれほれほれほれ~!! こちょこちょこちょこちょこちょ~!!」
「あっはっはっはっはっはっはっはっは!! やぁ、やめぇ~っへっへ!! ふぎゃぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「限界も近いんじゃないの? 顔真っ赤だけどぉ?」
「いひゃははははははははっ!! だ、誰が限界ですかぁ~っはっはっはっはっはっはっはっは!! 無理ぃ~っひっひっひっひっひっひ!! あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「さっさと降参しなさいっ!! こちょこちょこちょ~!!」
「うひゃはははははははははははははっ!! やぁ~めぇ~!! きゃぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっは!! やぁ~っはっはっはっはっはっは!!」
真涼は先程までとは違い、明らかにくすぐったさを感じていた。
「夏川がここまで悶えるなんて……想像できなかった」
「みゃははははははははははははっ!! やぁははははははははっ、も、もうだめぇ~っへっへっへっへっへ~っ!! みぎゃははははははははははは!! ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! くすぐったいぃ~っひっひっひっひ!! えっへっへっへっへっへっへ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「こちょこちょ~!!」
「ひゃはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! ご、ごめんなさーい!! いっひっひっひ~っ!! ゆるひへ~っへっへっへっへっへっへ!!」
遂に真涼は32秒を回ったところで降参した。
「はぁ……はぁ……、よくもやってくれたわね残念チワワ」
真涼が悔しそうにつぶやくと千和は真涼の足の裏を軽くくすぐった。
「ひゃははははははんっ!? ごめんなさーい!!」
真涼は悲鳴を上げて謝った。
「まだ拘束が解かれていないことを理解しなさい。サマーリバーさん♪」
千和は勝ち誇ったように笑った。

――後攻:夏川真涼

「さて、この糞チワワをどうやって料理してやろうかしら」
真涼は先程の屈辱をかみしめながらどう仕返しをしてやろうかと作戦を練る。
「やれるもんならやってみなさい!! 私はアンタなんかに『ごめんなさーい』なんていうつもりはないけどね?」
「……っ」
真涼は勢いよくストップウォッチを押すと千和に負けないほど全力で千和の腋の下をくすぐり始めた。
「きゃぁぁぁぁぁあああああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! ダメぇ~っへっへっへっへっへっへ!! ごめんなさーぃいいいい!!!」
千和は真涼が腋の下をくすぐり始めた瞬間に降参してしまった。
「あら、降参がお早いんですね?」
「はぁ……わかったわ、今回は負けを認める」
千和はしょんぼりとしながら負けを認めた。
だが、真涼の気がこれで収まるはずはなかった。
「では復讐、じゃなくて罰ゲームでもしましょうか」
「えっ? 勝負はついたじゃ!? ひやはははははははははははははははは!! きゃぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! やだぁ~っはっはっはっはっはっは!! くすぐったぁいぃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
突然の真涼の攻撃に千和は思い切り笑い出す。
「先程の恨み――いえ、借りを返さないと♪」
「ひゃははははははははははははっ~っ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっは!! 許してぇ~!!」
「許す? 別に私は怒ってませんけどぉ♪」
「にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! やぁ、やめぇっ!! いひゃはははははっ、きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!」
この後、鋭太が部屋に戻ってくるまで真涼の復讐は続いた。

スポンサーサイト
[PR]


  1. 2014/07/18(金) 15:06:03|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 1

色付きの文字色付きの文字太字の文
  1. 2016/03/25(金) 14:51:32 |
  2. URL |
  3. name
  4. [ 編集 ]

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX