FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

不良たちの調教教室3

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「まさか次の標的があの子になるなんてね・・・」
「確かに・・・。あの子ってあまり目立たないしね」
時は昼休み、祥子と汐美は不良たちの次なる標的である香坂静希の誘導機会をうかがっていた。
『グズグズ言ってないでちゃんと見張ってろ。失敗したら・・・わかってるよな』
二人に取り付けられた無線機へと俺は指示を出す。
そもそも静希を標的しようと思ったきっかけはまたも集合写真だった。
集合写真の中で一番端にいた静希に俺たちは目を付けたのだ。
二人に話を聞くところ、奴はクラスの中では特に目立つような存在ではないらしい。
まぁ、クラス写真を見ればそんな気もするが・・・。
そんな静希を標的にしたのには理由があった。
一つは、あまり笑顔を見せないということ。
特に笑いもしなければ怒りもしない。
感情をあまり表に出さないらしいのだ。
それに特に親しい友人もいないという。
そんな奴ほど笑わせて屈服させてみたくなるものだ。
もう一つの理由は、一つ目と似ているがあまり目立たないということ。
というのも、今まで俺たちが標的にしたのはクラスでも華のあるトップ2である存在の二人だ。
そんな二人が家にも帰らず外泊しているという噂が学校内に広まっているらしい。
実際、二人とも家には帰らせてないし、それ故保護者からの問い合わせが学校に来ているらしいのだ。
おかげで二人を調達に向かわせた今朝、二人は学校関係者に呼び出されてしまい、計画に大きな支障をきたした。
話によると静希はアパートで妹と二人暮らしらしいし、目立たない存在なら外泊の噂も広まらないだろう。
しかし、保護者の問題はどうにかしないといけないな・・・。
今のところは祥子を拉致してから2日ちょっとしか経過していないし、二人を学校にも向かわせている。
そのため特に大きく問題視はされていないようだが・・・。
とりあえずこの学校での調達は今回までだな。
なぁに、他にも学校はごまんとある。
次の学校調査もしておかなくてはな・・・。
「ね、ねぇ、香坂さん。今日・・・一緒に遊びに行かない?」
おっと、祥子が行動に出たか・・・。
慣れない相手にずいぶんと苦戦しているな。
「ごめんなさい。それに私なんかよりも他の人を誘った方がいいですよ」
「えっ!?・・・あぁ・・・はい・・・」
失敗か。祥子はまるで使い物にならなかったな。
後できちんとお仕置きしなければな。
「ねぇねぇ静希ちゃんっ!!今日の放課後って暇っ?」
一方の汐美は持ち前の明るさでフレンドリーな演出だ。
コイツは色々と使えそうだ。
「・・・福田さんと一緒に私をからかってるんですか?申し訳ないけど今日は図書館へ用事があるの」
「別に、からかってるわけじゃないよ?私はだた、静希ちゃんと話してみたいなぁって思っただけで」
「私は話すつもりはありません。私なんかと話しても何も面白くないですよ」
「あぁっ!!待って静希ちゃん!!」
どうやら一筋縄ではいかないようだな。
思ったより強敵だ。
『仕方がない。コイツはもう強制拉致だ。例のブツを使え』
俺は二人にそう言うと放課後になるのを待った。
そして放課後。
俺は二人に静希を尾行させた。
本人の言う通り、静希は帰り際に図書館へと立ち寄った。
そして彼女のアパートの前で作戦に移る。
「こんばんは香坂さん」
「福田さん!?もしかしてつけて来たの?」
「祥子だけじゃないわよ。こんばんは静希ちゃん」
「宮永さんまでっ!?一体どういうつもりですか?」
「静希ちゃんがあまりにも冷たいから無理やり遊ばせてもらおうかなって」
「ごめんね香坂さん」
祥子は静希の背後から俺が開発した特殊スタンガンを静希の腋の下に当てた。
「ひゃっ!?くっく!!・・・な、何?コレ・・・」
静希は突然の刺激に驚きを隠せない。
「これはね・・・最終手段」
汐美がそう答える前に静希は気を失ってしまった。

‡‡

「どうやら上手く成功したみたいだな」
仲間の一人が笑いながら言う。
「にしてもリーダーもなかなか物好きだなぁ。まぁ俺もツインテール萌だけど」
もう一人の仲間は俺を笑いながら見る。
「物好き?それはお前たちも一緒だろ。さて、新入りの歓迎会を開く必要がありそうだな」
俺はアジトの奥の部屋にあるベッドに静希を寝かせた。
「汐美、よくやったな。お前はなかなか使えそうだ」
「ありがとうございますご主人様」
俺は無事帰還した汐美を褒め称えた。
「だが、祥子・・・。お前は少し出来が悪いようだ。次、失敗するような事があればお仕置きをする必要がありそうだ」
「お仕置きって・・・どういう意味ですか?」
祥子は少し不安そうに問う。
「再教育といったところだな。だが心配は要らん。再教育に失敗しても廃棄処分になるだけだ」
「は、廃棄処分!?」
「あぁ、用無しということで作戦には参加させないし褒美も与えない。かといって俺たちの情報を知るお前を外部に放出することもできないからな。一生監禁かもしくは喋ることのできないようにするか……どちらかだな。さぁ、余談はここまでだ。俺たちはこれから仕事で忙しい。部屋に戻ってろ」
俺の指示で祥子と汐美は部屋へと戻って行った。
さて、そろそろ始めるか・・・楽しい楽しいゲームを・・・。
午後8時。
静希を拉致してから2時間後。
「・・・っ!?・・・な、何これ?」
ベッドで眠っていた静希が目を覚ました。
「ようこそ香坂静希さん」
「・・・あなた達はもしかして、福田さんと宮永さんの関係者の?」
静希はいったん間を取ってからそう言った。
「おや、思ったよりも頭が回るようだ。その通り、俺たちは二人の主人だ」
「主人?」
「あぁ、それでもって二人は俺たちの奴隷というわけだ。そして君は三人目の奴隷に選ばれたわけだ。この意味がわかるか静希?」
「・・・もう主人面ですか?残念ですけど私は・・・いいえ、何を言っても無駄・・・ですよね」
「話が速くて助かるな。では奴隷になってもらえると?」
「・・・」
静希は俺の問いには答えず黙り込んだ。
「黙秘・・・のつもりか?事前調査では君はクラスの中でも目立たない存在で、オドオドと学校生活を送っている。そんな人間のはずなんだが・・・。もしかして、俺たちの事が怖いのか?」
「っ!?」
「それでわざと強がったセリフを吐いている・・・違うか?」
「・・・」
「まぁいい。喋りたくないなら黙っていればいいさ。ここに連れてこられた時点で君が俺たちの奴隷になる事は決まったようなものだ。さぁ、ゆっくりと語ろう」
俺がそう言うと仲間の二人は静希の腋の下をくすぐりだした。
「くっ!?・・・あはははっ!!・・・や、やめてくださいぃ・・・ひゃん!?」
静希はくすぐったさを必死で我慢しようとしている。
「これが俺たちのやり方だ。さて、その強がりも一体いつまで続くかな?」
「あはっ!!・・・くっくっくっく・・・くはっ!?・・・も、もしかして二人もこれで・・・」
「やっぱ頭がいいんだな。お察しの通りだ」
「ひ、卑怯ですよっ!!・・・きゃっはっはっ!!・・・くっ!!・・・」
「卑怯?卑怯なのはどっちだ?」
俺はそう言って静希に近づき制服のポケットから携帯を取り出した。
「くっはっはっ!!そ、それはっ!?」
俺が取りだした携帯を見ると静希の顔が真っ青になりかけた。
「きっと気を失う直前にでも起動したんだろう?携帯の録音機能を・・・なぁ?おい、もう手を抜く必要はないぞ」
俺が仲間の二人にそう言うと二人は本気で静希をくすぐり始めた。
「きゃっ!?い、今までと強さがっ!?きゃはははははははははははははははっ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!」
静希は先程までとは比べ物にならないくらいのくすぐりに耐えきれずに大笑いしてしまう。
「ここまでの強さは我慢できないようだな?」
「ひゃはははははははははははははははははははははははははははは~っ!!わ、笑いたくないのにぃ、きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ!!な、なんでぇ~!?やははははははははははははははははははははははははははははははは~!!」
「なんだ、笑えば結構可愛いじゃないか?」
「きゃ~あはははははははははははははははははははははははははははははっ、くすぐったいっ!!やだぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「さて、では聞こうか。俺たちの奴隷にならないか?」
「あははははははははははははははははは~っ!!な、なりませんっ!!あ~あははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははっ!!」
「なら方法を変えよう。おい、祥子、汐美、例の物を持ってこい」
俺が無線で部屋にいる二人に指示すると二人は一人の眠っている少女を連れてきた。
「ゆ、由姫!?」
その少女を見て静希は真っ先に反応した。
「そうだ。静希、お前の妹の由姫ちゃんだ」
「・・・脅してるの?」
「いや、別に」
俺は由姫に近づくと腋の下を刺激して目を覚まさせた。
「きゃはははははっ!!」
由姫は突然のくすぐったさに飛び起きた。
「由姫っ!!」
「お姉ちゃん!?」
静希の呼びかけに由姫は静希の元へ向かおうとするが祥子と汐美が阻止する。
「お姉ちゃんの聞きわけが悪いからな。由姫ちゃんにも協力してもらおうか」
俺は祥子と汐美から由姫を受け取ると静希の目の前まで近づき由姫をくすぐった。
「きゃははははははははははははははははははははははははははははははははははははははっ!!くすぐったーいっ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!くすぐったいよ~!!」
「由姫っ!!」
「静希は人の心配をしている場合か?」
俺がそう言うと仲間の二人も静希へのくすぐりを再開する。
「ひゃはははははははははははははははははははっ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!」
「君だってよく解るはずだ。まだ小学生の由姫ちゃんにはくすぐりは身体への負担が大きい。速く判断しなければ・・・大変なことになるよ?」
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!や、やめてぇ~!!くすぐったぁい!!助けてぇお姉ちゃ~ん!!やはははははははははははははははははははははははははははははははははは~!!」
「きゃははははははははははははははははははははっ!!わ、わかったぁ!!わかったから由姫を解放して!!あ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ!!」
無理やり笑わされている由姫を見た静希は仕方なしにと奴隷になる事を了承した。
だが、俺はこれで由姫を解放する気はない。
「いいや、俺からすれば君自身の意思で奴隷になりたいと思ってもらいたいものだ」
「ひゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ!!そ、そんなの思うわけっ!!」
「思うわけないだろうね。でも思ってもらわないと・・・」
俺はそう言うと由姫をもっと強くくすぐりだす。
「やははははははははははははははははははははははははははははっ!!やだぁ!!くすぐったいー!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!あっはっはっ、ひゃははははははははははははははははははははははははははは~!!」
「やめてあげて下さいっ!!これ以上は由姫ちゃんが可愛そうですっ!!」
俺が由姫をくすぐっているとふとそんな声が聞こえた。
後ろを振り返ると声の主は祥子だった。
「祥子・・・お前自分が何を言っているのかわかってんのか?」
俺は祥子を睨みつける。
「あなた達がやってる事は絶対おかしいっ!!」
「ちょっと祥子っ、ご主人様に向かって!!」
暴走する祥子を汐美はなだめようとする。
「汐美もおかしいよ、目を覚ましてっ!!私達はあの人たちにっ!!・・・」
祥子が汐美に気を取られているうちに俺は祥子の服に仕込んでおいた機械の電源を入れた。
実は祥子と汐美の服には特殊な針を仕込んでおいたのだ。
針と言ってもかなり細く、刺さっても傷は出来ないし痛みも感じない。
その針先に睡眠薬を仕込んでおいたのだ。
そのおかげで祥子は眠り始めてしまった。
「汐美、コイツを連れて行け」
「はい」
俺は汐美に命じて祥子を部屋連れて行かせた。
どうやらマインドコントロールが切れたようだ。
定期的に限界までくすぐる必要がありそうだな。
そんなことを考えながら再び静希に向き合う。
「すまなかったな。でどうだ、俺たちの奴隷にならないか?」
「わかりました。奴隷になります」
静希は今度は一切のためらいもなく答えた。
きっと静希はこう思ったのだろう。
奴隷としてマインドコントロールされてもいずれはマインドコントロールが解けるはずだと・・・。
しかし、いくつか問題が出てきたな。
まぁ、やることは決まっているがな。
まずは静希の調教からだ。
何せ静希は頭がよい。
きっと今後の活動の戦力になる・・・。
なら徹底的にくすぐってマインドコントロールしなければ。
次に由姫だ。
由姫にも色々と利用価値がある。
コイツも徹底的にくすぐるか・・・。
後は汐美の調教実験。
実際、限界までくすぐってマインドコントロールし始めてから二日で祥子のマインドコントロールは切れてしまった。
つまりそれまでにもう一度限界までくすぐればコントロールできる時間帯も増えるというわけだ。
その確認も含めてコントロール時間の延長について実験する必要がありそうだ。
今回のことではっきりとわかったこともある。
祥子は奴隷調達には戦力にはならないがルックスが良い分俺たちのストレス発散にはもってこいだ。
だから祥子を手放すのは惜しい・・・。
後は・・・新しい狩場の調達だな・・・。
さて、これからが忙しくなりそうだ。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【あとがき】
この話は4への導入としての話となります。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

  1. 2014/02/08(土) 06:20:10|
  2. オリジナル小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。