FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『特訓は誰のためなの?』

『特訓は誰のためなの?』

『魔法少女リリカルなのは』 ―ユーノ・スクライア 編―



「これからユーノくんを鍛えますっ」
「えっ?僕を・・・?」
とある日、高町家のなのはの部屋で、なのはは突然ユーノにそう言い放った。
ユーノは終始ポカーンとしているが、すぐに正気を取り戻す。
「そう、ユーノくんには気迫が足りないのっ!!だから我慢強くなるためにも修行してもらいますっ」
「あのぉ・・・気迫と我慢強さに何の関係が・・・」
「今日は特別に助っ人を頼みましたぁ♪」
「僕の話聞いてるっ!?」
ユーノの言葉を受け流し、なのはが差した先にはフェイトが立っていた。
「じゃーんフェイトちゃんでぇーす!!」
「よろしく」
「あっ、うん・・・よろしく?」
ユーノは多少圧倒されながらもまぁいいかと話を進めさせる。
「じゃあ早速ですが、ユーノくん。えいっ」
「おわわっ!!」
なのははユーノをベッドへと押し倒した。
続いてフェイトが魔法をかける。
するとユーノは見事にベッドの上で拘束されてしまった。
「ちょっ、一体何をっ!?」
ユーノは突然の事にとまどいを隠せない。
「言ったでしょ?特訓ですっ」
それだけ言うとなのははユーノの右側へ、フェイトは左側へと配置した。
「いや、ホント何をするつもり・・・ひゃあっ!?」
ユーノは自身の身に押し寄せてきた感覚に反応すると、自身の身体を見渡す。
「っ・・・もしかして・・・」
「あったりぃ~♪」
「ユーノ覚悟して」
「えぇ~っ!?うん、いや、ぼ、僕はやっぱり遠慮しておこうかなぁ・・・」
「「却下っ」」
そう言って二人はユーノの脇腹や腋の下に手を這わせ始めた。
「あっはっ!?」
「こちょこちょこちょこちょこちょ~っ!!」
なのははユーノの脇腹を細かくくすぐっていく。
「あっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!ちょぉ、なのは~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「こっちも負けてられないわね。こちょこちょこちょ~」
フェイトも続いてユーノのわきの下を勢いよくくすぐる。
「きゃっはっはっは!!わ、腋はぁ~!!ひゃっははははははははははははははははははははは~っ!!や、やめてよぉ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
ユーノは襲ってくるわきの下と脇腹への刺激に悶絶する。
「さぁ~てユーノくんっ、これからユーノくんは『やめてー』とか『無理』とか消極的な言葉を言う事を禁止にしますっ」
「あはははっ、な、なんでぇ~っへっへっへっへっへっへっへ!!」
「それしないと、ユーノの根性は治らない」
フェイトはそう言って更に激しくわきの下をまさぐる。
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!や、やめっ!!(そうだった。やめては言っちゃいけなかった)」
「じぃ~い」
なのははユーノの顔を覗き込む。
「あっはっはっはっはっはっは!!くすぐったーい!!あははははははははははははははははははははははっ!!」
ユーノはギリギリで気づく。
「ユーノくんてやっぱり可愛いね」
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!今それをいう?ひゃはははははははははははははははははははははは~っ!!」
「余所見は禁止、こちょこちょこちょ~」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!ぼ、僕はぁっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!余所見なんてぇっへっへっへっへっへっへっへ!!」
「私もフェイトちゃんには負けてられないよね♪それっ、こちょこちょこちょこちょこちょ~っ!!」
なのははいつの間にか趣旨を忘れフェイトとの競争に移ってしまった。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!な、なのは~それっへっへっへ!!趣旨違ってるってぇ~っへっへっへっへ!!ひゃはははははははははははははははははははははは~っ!!」
「む、私も負けない」
そう言うとフェイトもスピードを上げていく。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっは~!!ちょぉ、フェイトまでぇ~っへっへっへっへっへ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「よしっ、じゃあこちょこちょ競争だよフェイトちゃん!!」
「望むところっ」
「えぇ~っへっへっへっへっへっへっへ!?だからぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「ねぇユーノくんっ!!どっちのほうがくすぐったい?」
「えへっへっへっへっへっへ!!な、なんでそうなるのぉ~!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっは、あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「どっち?」
「ひゃはははははははははははははははははははははは~っ、フェイトまで~っへっへっへっへっへっへっへっへ!!」
「ねぇ」
「どっち?」
「あ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!どっちもくすぐったぁいってぇ~!!」
ユーノは何とか答えるがそれで二人が満足するわけもなく。
「じゃあ勝負が決まるまでだね」
「うん」
「えぇ~!?きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!どっちもくすぐったいんだからぁ~!!引分でいいよねぇ!!ひゃはははははははははははははははははははははは~っ!!」
「「却下っ」」
「だれかぁ~っはっはっはっはっは!!助けてぇ~っへっへっへっへっへっへっへっへっへ!!」
こうしてこの日は特訓ではなく、ただのくすぐり競争になってしまった。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]


  1. 2014/07/18(金) 15:03:28|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX