FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『マスクメロン争奪戦』

『マスクメロン争奪戦』

『ティンクル☆くるせいだーす』 ―咲良 シン 編―



「ん?なんだぁコレ?」
僕は下駄箱の中に一枚の紙を見つけた。
こ、これはもしかして・・・。
「ら、ら、ら、ららららっ、ラブレターなのではっ!?」
僕は下駄箱から紙を取り出し広げて見る。
『果たし状』
そう紙に書かれていた。
「果たし状っ!?」
僕は驚きながらも続きを読み続ける。
『本日の放課後4:30に体育倉庫へ来られよ。そこにて決闘を申し込む。尚、貴方が勝利した場合、賞品としてマスクメロンを贈呈する』
「賞品は・・・マスクメロンっ!!??」
僕はそこまで読み終えると軽い足取りで教室へと向かった。

‡‡ そしてあっという間に放課後っ!! ‡‡

僕は放課後になると早速体育倉庫へと向かった。
体育倉庫前まで来ると入口には1枚の張り紙が貼ってあった。
「あっ、張り紙・・・」
僕はその貼り紙をじっくりと眺める。
『よく来たな・・・まぁ、入れよ・・・』
「友達かっ!?』
おっと、思わず張り紙にツッコミを入れてしまった。
要するに入ればいいんだろ。
体育倉庫の扉を開け中に入って行く。
体育倉庫に一歩踏み出した瞬間僕の両足はロープに捕らわれてしまった。
「な、なんだこれ~っ!?」
そしてX字に固定され動けなくなってしまったのだ。
僕が途方に暮れていると突然、『マスクメロンにつられてノコノコとやって来よったな』という聞きなれた声がした。
「お、お前は・・・ナナカ?」
「あららっ、無様な姿ねシン」
「って、ナナカの仕業でしょー?」
「あっ、そっか」
「そっか、じゃなくて!!」
「そんなことよりシン」
「そんなこととは何だっ、重要なことでしょう?」
「ここに来たってことは、あの挑戦に受けて立つってことだよね?」
「えっ?あぁ、うん。だって・・・だって賞品がマスクメロンだよっ!!!!」
僕の答えを聞くとナナカはニヤリと笑ってパチンと指を鳴らした。
「挑戦者が現れましたぁー」
ナナカの合図で体育倉庫の奥から見覚えのある影が四つ現れた。
「えぇっ!?ロロットに聖沙、それにリア先輩とアゼルまでっ!!どうしてここに・・・」
僕が目を丸くしていると四人はナナカと共にこちらに近づいてきた。
「これからシン君は私達と決闘しなければなりません」
「決闘っ!?」
リア先輩の一言に僕は絶句した。
「咲良クンが勝ったらマスクメロンを贈呈」
「負けたら会長さんには罰ゲームを受けてもらいます♪」
「ば、罰ゲーム付きっ!?」
「ちなみに勝負内容は・・・くすぐりだゾ★」
「シンが私達のくすぐりに3分間笑わずに耐えられたら勝ち。耐えられなかったら負け」
「僕・・・あまりくすぐりは得意じゃないんだけど・・・」
「知るか」
ごもっともですアゼルさん・・・。
「じゃあ早速始めようか」
ナナカは指をクネクネさせる。
それと同時に他の四人もそれぞれ配置に着いた。
ナナカは腋の下、リア先輩が脇腹でロロットが左足、聖沙が右足、アゼルは耳だ。
「ね、ねぇ、これってもしかして一斉射撃・・・?」
「もちろん」
ナナカは笑顔で返答する。
そしてみんなが一斉に指を動かし始めた。
不規則に動く10本の手、50本の指が僕の体を蝕んでいく。
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!だ、ダメだっ、やっぱりっ!!くはははははっ、あはははははははははははははははははは~」
僕は一斉射撃に耐えられるはずもなく開始わずか1秒で負けてしまった。
「咲良クン笑うの速すぎぃ」
「ちょっとシン、これじゃあただの罰ゲームで終わっちゃうじゃない」
「そう言えば罰ゲームの内容は言ってなかったね。罰ゲームは・・・」
「もちろんっ!!」
「「「「くすぐりでぇ~す♪」」」」
「それも・・・2分間だから、ね♪」
「まぁ、そういうことだ」
「あはははははははははははははははははっ!!ば、罰ゲームもくすぐりぃ!?くはっはっはっはっはっはっは、そ、そんなの無理があるよっ!!」
「大丈夫ですっ会長さんなら!!」
「それっ、へっへっへっへっへっへ~!!なんの根拠がっ!!ぎゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!あははははははっ!!」
「どうシンっ、くすぐったい?」
「あははっ!!あ、当り前だろー!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ!!くすぐったいってぇ~」
「まだまだこんなもんじゃあないわよー!!」
聖沙は一人、ペースを上げる。
「あははっ!?ちょ、いきなりっ!!あひゃっはっはっはっはっはっはっはっは~!!」
「あぁ!?聖沙だけズルい」
そう言ってみんなも次第にペースを上げていく。
「くはははははははっ、くはっはっはっはっはっはっはっは!!み、みんなぁ、もう少し加減を!!あははははははははっ、あっははははははははははははははははははははははっ~!!」
「会長さんってやっぱり可愛いですね」
「あはははははははははっ!!ろ、ロロットそれってどういうっ」
「まぁ、女っぽいしね」
「やっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!僕は、くっはっはっはっはっ、男なんだけどー」
「シン君、よそ見してちゃダメだゾ★」
リア先輩はさっきとは違い僕の脇腹を揉み始めた。
「くはっ!?せ、先輩っ!!それはぁ、あひゃはははははははははははははははははははははははは~!!そのくすぐり方はやめてくださいぃ!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「むっ」
それを見たアゼルも負けじとくすぐってくる。
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!な、なんの対抗心!?」
「なんとなくだ」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっ、な、なんとなくって!?くひゃひゃひゃひゃっ!!あはははははははははははははははははははははははははっ~!!」
「ねぇ、ちょっと場所チェンジしない?」
ナナカの提案で五人は場所を変える。
今度はナナカが左足、アゼルが右足で聖沙が脇腹、リア先輩が耳、ロロットが腋の下だ。
僕はみんなが移動しているうちに呼吸を整える。
しかしそんな暇など与えずに五人は再び指を動かした。
「くっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!み、みんなちょっと休憩を~、あ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
くすぐる場所がそれぞれ変わったせいか、今までとはまた違ったくすぐったさが僕に襲いかかる。
「ほら、あと少しだから」
「くひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃ!!」
「くすぐられている咲良クンを見てるとなんか、こう・・・グッと来るものを感じるわね」
「あはははははははははははっ、きゃっはっはっはっはっはっはっはっはは!!」
「なんて言うんだろ・・・えっと・・・」
「萌?」
「「「「それだっ!!」」」」
「ってどうでもいいから~!!ぎゃ~ははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは!!そ、そろそろやめて~!!」
「じゃあまぁ、今回はこれくらいで」
ナナカが手を離すとみんなも手を離した。
「はぁ、はぁ、はぁ・・・な、長いね2分って」
僕が呼吸を整えていると僕は解放され目の前にはマスクメロンが置かれていた。
「ま、マスクメロンっ!!どうして・・・」
僕が驚いているとナナカが笑って語った。
「本当は、ただあげるつもりだったんだけど・・・普通にあげるだけじゃつまらないじゃない?」
「ぜんっぜん!!そっちの方がいいよっ!!」
「だからまぁ、食べよ」
「うんっ!!」
こうして僕はマスクメロンを手にする事が出来た。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

  1. 2014/07/18(金) 15:02:02|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX