FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『トレーナー適性試験』

『トレーナー適性試験』

『ポケットモンスター』
―レッド 編―
―グリーン 編―
―ブルー 編―



この日、オーキド博士に召集をかけられレッド、グリーン、ブルーの3人はトキワシティのとある遊園地にいた。
「おぉ!!みんな良く集まってくれた」
オーキドは3人を迎えると一人一人と握手を交わした。
「今回君らを集めたのには訳があってな。君たちも立派なトレーナーに成長したんじゃ。ちょいとトレーナーとしての適性試験を受けてもらいたいんじゃ」
「「「適性試験?」」」
3人は目を丸くした。
「そうじゃ。名の知れた君たちのデータを取りたくてのぅ。ぜひ協力してもらいたいというわけじゃ」
「そういうことなら・・・」
「多少興味はあるな」
「そうね・・・私も」
3人が承諾するとオーキドは図鑑に新たなデータチップを組み込んだ。
レッド、グリーン、ブルーは図鑑を受け取ると新たに組み込まれたデータを開いた。
そこには『ポケモントレーナー適性試験Ver.1』と表示されていた。
「まずは第1試験じゃ。ポケモンバトルの実践から行ってもらう。」
††
20分後。
「さて、続いては知識についてじゃ」
††
15分後。
「ではいよいよ最後の試験じゃ。この試験はポケモンバトルに必要な忍耐力を検査させてもらう。なぜ君たちが遊園地に集まられたと思う?答えは簡単じゃ。まぁ、着いてきなさい」
3人はオーキドに連れられるとジェットコースターの前まで移動した。
「まずは、これじゃ」
「これってジェットコースターですよね・・・」
「その通りじゃ。このジェットコースターを使って試験を行う。この試験ではジェットコースターに設置された棒に掴まり続けてもらうぞ。棒は頭の上の方に設置されておるから、掴まってみるとバンザイの格好になる。そのまま手を離さずにコースを1周してもらう」
「なんだ、簡単じゃないかっ」
「ただしじゃ。ただ掴まっているだけでは簡単すぎる。そこでトレーナーとしての耐久性を測るために君らの邪魔をする。協力してくれるのはカントージムリーダーの中から、カスミ、エリカ、ナツメ、アンズの4人じゃ」
「邪魔って・・・具体的には何を?」
「それは始まってからのお楽しみじゃ。それに、モチベーションを上げるためにも罰ゲームや賞品でもつけてみるか。さて、話がまとまったところでまずは誰から・・・」
オーキドが問うとまずはレッドが手を挙げた。
「じゃあ僕から」
そう言うとレッドはジェットコースターの入り口をくぐり一番前の席に座った。
そしてシートベルトを着けると両手を上にあげて棒を掴む。
「準備はいいかね?」
「はいっ」
レッドが返事をするとジェットコースターは動き始めた。
するとレッドの後ろの席から二つの影がレッドを覆った。
「な、なんだ・・・?」
レッドが後ろを振り返るとカスミとエリカがレッドの腋の下に手をかける正にその時だった。
「ふっふっふ♪さぁ~て邪魔してあげるわよ~」
「手加減は致しませんっ♪」
二人は笑みを浮かべてレッドの腋の下を襲い始める。
「こちょこちょこちょこちょこちょこちょ~!!」
するとレッドは不意打ちの攻撃に意表を突かれた。
「あっはっ!?じゃ、邪魔ってこの事っ、くっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!」
レッドは邪魔の意味をようやく理解するとともに思わず笑い出してしまう。
「どう?さっさと手をさげたくなるでしょう?」
「あはははははっ、そ、それは・・・あっはっ!?」
「いかがですが?このまますぐに負けを認めさせてあげます」
「いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!く、くすぐったい!!」
レッドの腕は少しずつ折れていく。
「おや、少し腕が下がって来ましたね♪」
「くっはっはっはっはっはっは!!あははっ、こ、この程度で・・・くはっ!?あっはっはっは、あ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
レッドは耐えようと力を込めるが全てが無駄に終わってしまう。
「どうしたの~こちょこちょこちょ~♪」
「ぎゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!や、やめっ!!やっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
レッドは早くも手を離しそうになってしまう。
「っ!?・・・んっ・・・」
ギリギリのところで持ち直すともう一度力を入れなおす。
「おやおや、無駄なご抵抗を」
「決めちゃいましょっ」
「「せーのっ!!こちょこちょこちょこちょこちょ~~~っ!!!!」」
カスミとエリカは一気にラストスパートをかける。
「んん~っ!!」
レッドも負けじと力を込めるが・・・。
「くはははっ!!あぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!も、もうダメだぁ!!」
レッドは1周をクリアする前に手を離してしまった。
「し、しまったっ!?」
レッドは我に返ると試験の失敗に気づいて肩を落とした。
††
「レッドは失格みたいだな」
「でもあれ、ずいぶんくすぐったそうなんですけど・・・」
グリーンとブルーはレッドの様子を見ながらそれぞれ違った思いを抱いていた。
レッドの脱落を見届けたオーキドは次の挑戦者を問う。
「では次じゃ。グリーンかブルー。どちらが先じゃ?」
「じゃあ次はアタシでっ」
先に手を挙げたのはブルーだった。
「そうか。ではブルー準備を」
ブルーはジェットコースターに乗り込むとレッドと同じように両手を上にあげて棒に掴まった。
「それでは行くぞ」
オーキドの合図でブルーを乗せたジェットコースターも動きだした。
すると、早速ブルーの身体にもくすぐったさが走った。
「きゃはっ!?く、っくっく・・・・」
ブルーが耐えながら後ろを振り向くとそこにはナツメとアンズが見えた。
「私の相手はあなた達みたいね・・・」
「・・・」
「・・・」
「って何か話しなさいよっ!!」
ナツメとアンズはブルーの言葉を無視すると手加減なしにブルーを攻め落としていく。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!?なっ、やははははははははっ!!」
ブルーは容赦ないくすぐりに身を悶える。
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!や、やめてぇ~っへっへっへ!!いや~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!くすぐったぁーい!!」
笑い狂うブルーを見ながら二人は更にペースを上げていく。
「ひゃははははははははははっ!!こ、これ以上は無理ー!!きゃはははははははは~っ、ふっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「・・・」
「・・・」
相変わらず無表情無言でくすぐり続けるナツメとアンズは腋の下から脇腹へと手を動かして刺激を変える。
「いやっ!?そ、そっちはぁ、っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!だめぇ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
脇腹に襲いかかったくすぐったさはあっという間にブルーに浸透していく。
「きゃ~っはっはっはっはっはっはっは!!だ、ダメかも・・・あっはっはっはっはっは!!ひゃはははははははははははははははは~っ、あはっ!?」
ブルーも一瞬手を離しそうになるがギリギリで持ち直す。
「・・・トドメ」
「終わりよ」
二人はようやく言葉を発したかと思うと目に見えないほどの細かい指の動きでブルーの腹部を支配した。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!いやっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!もうダメぇ~っへっへっへっへっへっへっへっへっへ!!」
ブルーは二人のラストスパートに耐えきれず手を離してしまった。
††
「では最後はグリーン、健闘を祈るぞ」
「任せてくださいおじいちゃん」
そう言うとグリーンはジェットコースタに颯爽と乗り込み両手を上にあげた。
「準備はいいか?」
「はい、いつでも」
グリーンが堂々と答えるとジェットコースターは動き出した。
すると今までと同様に後ろから4本の腕が伸びてくる。
グリーンが振り向くと今度はエリカとナツメだった。
「あなたも降参させてみせますから」
「・・・ここで終わりです」
「それはどうかな・・・くっははははっ!?」
自信満々のグリーンだったが、いざ刺激が来ると思わず吹き出してしまう。
「どうですか?見ているだけと実際に受けるのでは全く違うのですよ♪」
エリカは容赦なく手を動かす。
一方のナツメは先程同様徐々にペースアップしていく。
「ぎゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!む、無茶だこんなのっ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
グリーンは何とか耐えようと試みたものの無力に終わってしまう。
「そうです。素直に笑っちゃってください」
エリカはコチョコチョと囁きながらグリーンを境地へ追いやる。
「いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!くははははははははははははははっ!!こ、これは・・・ダメだっ!!」
グリーンはレッドやブルーよりも先に手を離してしまった。
††
「さて、3人ともよく頑張ったな。と言いたいところじゃが、残念ながら最終試験だけは誰ひとりクリアできなかったのう・・・。まぁ、当初の予定通り、平均データは取る事が出来た。感謝いておるぞ!!さて、それでは一番成績の低かったグリーンには罰ゲームじゃ。ジムリーダー陣による2分間のくすぐりを受けてもらうぞ」
オーキドがそう言うとグリーンは2体のウツボットに拘束されてしまった。
「そ、そんなぁ・・・」
グリーンはこれから始まる罰ゲームに抵抗を感じるもののこの状況からは逃れられずにいる。
「さぁ・・・観念なさい。たっぷりとお仕置きしてあげるから♪」
「覚悟して下さいよ」
「・・・」
「おとなしくくすぐられてください」
4人はグリーンを囲むと一斉にグリーンの身体をくすぐっていく。
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!や、やめてくれーっ、くっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
グリーンは両手両足に感じるくすぐったさに身を悶える。
「まだまだよ~こちょこちょこちょこちょこちょ~っ!!」
「あっはっはっはっはっ、だ、ダメだって!!ぎゃはははははははっ、あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「さぁ~時間はたっぷりありますよ~」
「うっはっはっはっはっはっ、くひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!く、くすぐったいて!!ぎゃははははははははははははははははははははははははははははは~っ!!」
「・・・コチョコチョ」
「ひゃあああはっはっはっはっはははははは!やめてくれーっ!!はははははははははははは!!やっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「これぐらいで参らないで下さいよ」
「んなこといったって!!うひゃははははははははははははははははははははははは!!ぎゃあははははははははははははははははは~っ!!」
グリーンは残り1分になったことを確認するとまだ1分もあるのかと気力を失った。
「ふふふ、さぁ~て残りの1分は本気出しちゃうわよ~こちょこちょ~っ!!」
「私もですわ。こちょこちょこちょこちょこちょ~っ!!」
「・・・こちょこちょ」
「残りで決めましょう・・・こちょこちょこちょ~!!」
4人は残り1分間に全てをかけて長めのスパートをかけた。
「ひはははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは~!!く、苦しいっ、ぎゃ~はははははははははははははははははははははははははははははは!!くすぐったい!!」
「さぁ~もっと笑っちゃいなさい♪」
「ぎゃ~~っははははははははははははははははははははははははははははははっ、やめてくれ~っははははははははははははははははははははははははは~っ!!」
「無理なさらずに・・・」
「ぎゃあ~っはははははははははははははははははははははははははははははははははははは~!!いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!くははははははははははははははっ!!」
「くすぐったい?」
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!く、くすぐったいって!!」
「そこまでじゃっ、4人とも御苦労さま。グリーンもお疲れ様」
「はぁ、はぁ、はぁ・・・」
グリーンは解放されるとその場に倒れ込んだ。
「これで一応罰ゲームを含めて試験は終わったのう。この結果をもとに全国のポケモントレーナーの成長を促す事が出来ればいいのだが・・・それでは解散じゃ。みんなご苦労だったのう」
そう言うとオーキドは車に乗って研究所に帰って行った。
††
後日、試験結果を元に全国に配信されたトレーナー適性試験は好評を得たという。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


  1. 2014/07/18(金) 15:00:32|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX