FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『トランプパーティー』

『トランプパーティー』

『ToLoveる』
―西連寺 春菜 編―
―籾岡 里紗 編―
―沢田 未央 編―



「それじゃあ、負けた人は罰ゲームということで」
「ねぇ里紗、罰ゲームはアレが良いと思うなぁ」
「あぁ、アレねぇ~♪未央もなかなか良い事を考えるねぇ」
「何・・・アレって・・・」
この日、籾岡家では春菜・里紗・未央の三人でトランプ大会が行われようとしていた。
協議の結果競技はババ抜き。
罰ゲームはアレというルールでおおむね合意した。
そして、午後2時第1回戦が始まった。

―1回戦―

それぞれ良いテンポでゲームは流れて行った。
そして数分後・・・。
「よっしゃあ上がりぃ~」
1番に上がったのは里紗だった。
そして残り手札は春菜が2枚、未央が1枚。
「むむむ・・・よしっ、こっちだぁ~!!」
未央が引いたカードは・・・。
「やったぁ上がっりぃ!!」
ババではない。
こうして1回戦は幕を閉じた。
「じゃあ春菜が罰ゲームということで・・・」
里紗がうれしそうに笑みを浮かべる。
「罰ゲームって何なの?」
春菜が不安そうに聞く。
「罰ゲームはねぇ・・・くっすぐりぃ♪」
そう言って未央が春菜に飛びかかる。
「あっ、未央ズルいっ!!私もぉ♪」
そう言うと未央に続いて里紗も春菜に飛びかかった。
「や、ちょっと待って~」
春菜は突然の事にタイムをかけようとするが容認されるわけもなく。
未央に腋の下を里紗に足の裏をくすぐられる。
「きゃっはっはっはっはっはっは!!あはははははっ、いやぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
春菜は容赦ないくすぐり攻撃に大笑いする。
「へぇ~やっぱ敏感ねぇ」
里紗はそういって足の裏をくすぐり続ける。
「やっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!ちょぉ、やめっへっへっへっへっへ!!くすぐったーい!!」
「こっちはくすぐったくないのぉ?」
未央は里紗に負けじと腋の下をくすぐる。
「きゃはははははははっ、きゃはははははははははははははははははっ!!どっちもダメぇ~っへっへへ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
春菜は何とか抵抗をするも、腋の下を防ごうとすると足の裏を集中的にくすぐられ、足の裏を防ごうとすると腋の下を集中的にくすぐられるというリサミオのコンビネーションに対抗できない。
「無駄無駄ぁ♪」
「きゃっはっはっはっは!!やっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!も、もう終わりでしょう!?きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!」
「まだ始まったばかりじゃん」
「そ、そんなぁ~っはっはっはっはっはっはっは!!きゃっはっは!!くすぐったいぃ~っはっはっは!!ひゃははははははははははっ、あははははっ、きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「こことかはどう?」
未央は腋の下から脇腹へと手を移動させた。
「ひゃはっ!?だぁ~っはっはっはっはっはっはっはっは!!それだめぇ~はっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「おぉ!?脇腹が弱点?」
里紗は負けじと足の裏への刺激を強くしていく。
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!り、里紗ぁ~っはっはっはっはっは!!や、やめぇ~っへっへっへっへっへっへ!!」
「そろそろ時間?」
「あっ、そうだね」
罰ゲーム終了時間が来ると、二人は春菜を解放した。
「はぁ、はぁ、はぁ・・・これが罰ゲームって・・・」
「さ、次いこー」

―2回戦―

第2戦はみなスローテンポで進んでいった。
そして数分後・・・。
「や、やったぁ~」
春菜が先に上がった。
「げっ、マジ」
「あぁ~あ・・・」
里紗と未央は残念そうに肩を落とす。
「まぁ、勝てばいいか」
「ふふふ。そう簡単には・・・いかないんだなぁ~」
そして決着は3分後についた。
「・・・やりぃ♪」
未央が2番手で上がり、罰ゲームは里紗となった。
「ちぇっ、まぁ、いっか」
「さぁ~て、いくわよ里紗ぁ♪」
「私もさっきの仕返ししなくちゃ」
二人は里紗を押し倒すと春菜は腋の下を、未央は脇腹をくすぐった。
「あははっ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!くすぐったぁー!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
里紗は腋の下とわき腹に来るくすぐったさに耐えきれず笑い出してしまう。
「何?里紗も弱いじゃん」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっは!!し、仕方ないじゃん!!きゃっはっはっはっは!!あははははははははははっ、ひゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「里紗ぁ~私の気持ちがわかるでしょお?」
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!た、確かにぃ~っひっひっひっひ!!これはぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「さぁ~て春菜競争しよっか?里紗にくすぐったいって言わせた方が勝ちね」
「いいけど」
「きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!か、勝手に話を進めてるぅ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~」
こうして罰ゲームは春菜と未央の勝負へと変わった。
「さぁ~て里紗・・・こちょこちょこちょこちょ~」
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!ちょぉ、あっはっはっはっはっは!!強すぎぃ~っひっひっひっひっひっひっひ!!」
「里紗、さっさとくすぐったいって言ってね」
「ひゃあ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ、きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!あはははははっ、きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
里紗は更に強くなっていく二人の攻撃にただ笑うしかない。
「あっはっはっはっはっはっはっは
!!くすぐったぁーい!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!やははははははははははははっ」
「ん?どっちがくすぐったいの?」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!み、未央のはダメぇ~っへっへっへっへっへ~っ!!」
「じゃあ私の勝ちだねぇ♪」
未央は満足すると手を離す。
「負けちゃったぁ」
春菜も里紗を解放する。
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・・よっし、次で復讐してやるっ」

―3回戦―

3回戦は最初から白熱した展開で進んだ。
「やりぃ!!」
最初に抜けたのはまたも里紗だ。
「ふふふ。どちらが負けるか楽しみだなぁ♪」
それを聞いて春菜も未央も焦り始めた。
そして数分後、1回戦と同じ春菜2枚、未央1枚という状況になった。
「ここでさっきはこっちを引いたから・・・こっちだぁ!!」
未央は勢いよくカードを引いた。
「・・・げっ!!」
未央はババを引いてしまった。
これで春菜1枚、未央2枚となった。
「じゃあ私は・・・こっち!!と見せかけてこっち!!・・・からのこっち!!」
「どんだけ盛るのよぉ・・・って・・・嘘!?」
「・・・やった・・・やったぁ~♪」
3回戦は未央が負けとなった。
「さぁ~て未央・・・」
「仕返しだぁ・・・」
二人は1、2回戦の
復讐とばかりに未央に飛びかかった。
「さぁ~て、確か未央の弱点はぁ・・・首筋と足の裏だったかなぁ?」
「そうなんだぁ」
「じゃあ春菜は足の裏、私は首筋ってことで」
そういうと二人はそれぞれの定位置に着いた。
「じゃあいくよぉ~」
里紗は身を乗り出すと指を動かして見せる。
「ちょおっ!?見せないでよ!!」
未央はその仕草を見まいと目を閉じる。
「こちょこちょこちょ~っ」
その時、不意に春菜がスタートを切った。
「あははははっ!?い、いきなりすぎぃ~!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
未央は春菜の不意打ちにひたすら足をバタつかせる。
「私も春菜に負けてられないわね」
負けじと里紗も未央の首筋を指でなぞり始めた。
「きゃっふ!?あっはっは、そ、そこダメぇ~!!あっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!いやぁ~きゃっはっはっはっはっはっはっは!!」
「未央もなかなか弱いねぇ♪」
里紗はニヤリと笑みを浮かべる。
「ひゃはははははっ!!だ、だってぇっへっへっへっへっへ!!あぁ~っはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!あっはっはっは!!や、やめてぇ~くすぐったーい!!」
「足の裏ばかりっていうのも何かつまらないかも?」
春菜は思いついたようにつぶやくと未央の太腿付近をくすぐりだした。
「ひゃん!?ちょお、春菜ぁ!?あっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!な、なにやってぇ~っへっへっへっへっへっへ~っ!!」
未央は足の裏から移動した刺激に大きく反応する。
「えっ?足の裏だけじゃつまらないじゃない♪」
「ひゃはははははっ!!十分だってぇ~!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!くすぐったいぃ!!」
「よそ見してちゃダメよ?」
里紗も春菜に真似て首筋から腋の下に手を移動させていた。
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!?り、里紗までぇ!!きゃははははははっ!!い、いつの間にぃ~っひっひっひっひっひっひっひっひっひ~」
「「こちょこちょこちょこちょ~♪」」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ、いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!だめぇ~もうだめぇ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
二人の攻撃に耐えきれなくなったころに未央は解放された。
「はぁ~はぁ~はぁ~はぁ~っ・・・これ、キツいね・・・」
未央は呼吸を整えながら起き上った。
「でも意外と楽しかったような・・・」
この日、このわけのわからない大会は、午後5時まで続けられたという。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

  1. 2014/07/18(金) 14:41:03|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX