FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『トラップランド』

『トラップランド』

『ToLoveる』 ―結城 美柑 編―



「ん?あれは・・・美柑さん?」
学校帰りであるモモは偶然にも同じく学校帰りの美柑を街中で目撃した。
よく見ると、美柑の他に2人友達もいた。
それを見たモモはとっさに近くの物陰に隠れ、美柑たちの様子を探り始めた。
(最近の美柑さんは感が鋭くなってきているし・・・これを機に美柑さんの弱点を1つは掴んでおかないと・・・)
「ねぇ美柑っ、今度私にも料理とか教えてよ」
「私もーっ」
「うんっ、別にかまわないけど」
美柑たちはいつものように談笑をしながら通学路を下校していく。
その会話を一切聞き洩らすことのないようにモモも後を追っていく。
「美柑ってさぁ本当に何でもできるよね~♪頭もいいし料理もできるし可愛いし・・・」
「私も美柑ちゃんみたいになりた~い」
「べ、別に普通だよ」
「本当、あの弱点さえなければ完璧なのにねぇ」
(弱点っ!?キターっ!!)
モモは友達の『弱点』という単語を聞き、思わずガッツポーズを取った。
その時、何かを感じたのか。
美柑はモモの隠れている方向に目を向けた。
(やばっ!?)
モモはとっさにガッツポーズを封じ込め、体制を戻してきれいに隠れる。
だがしかし、美柑はその一瞬を見逃さなかった。
(あの尻尾は・・・もしかしてモモさん?・・・頭隠して尻尾隠さず・・・)
美柑はモモが隠れている電柱を凝視する。
「美柑っ♪どこ向いてるのっ?」
その時だった。
友達の一人がよそ見をしている美柑の脇腹をツンとつついたのだ。
「ひゃんっ!?」
美柑は声を上げながら身を縮めた。
「い、いきなり何するのよっ!?」
「いやぁ~美柑がよそ見なんかしちゃってるもんだからぁ♪」
「それにしても美柑ちゃんって本当に弱いよねっ、くすぐり」
(くすぐり・・・なるほど美柑さんのあの反応・・・あれは相当よね)
モモは物陰から見た今の瞬間を鮮明に思い出す。
「別に私だけに限ったことじゃないよ。みんな苦手でしょ?」
「美柑は人より苦手でしょ?」
「それは・・・っ、そ、そんなことより早く帰ろっ」
(今のモモさんに見られたかな・・・)
そんなことを気にしながら美柑は友達を引き連れてそそくさとその場を去った。
一方のモモはと言うと、欲していた情報を掴み天にも昇る気持だった。
(これで美柑さんの弱点は掴めたわ。後は私の天敵である美柑さんをこちら側に引き込むだけ・・・)
「さぁ~て、早速帰って準備準備っ♪」
モモも上機嫌で家へと急いだ。


その晩、夕食後。
「じゃあリト、私お風呂入ってくるから」
「あぁ」
美柑が風呂に向かい、リトが1人になったところを見計らいモモはリトに近づいて行く。
「リトさんっ♪」
「ん、どうしたモモ?」
「あのですねぇ~、明日って日曜日じゃないですか?リトさんはご予定とかありますか?」
「予定?・・・特にはないけど」
「でしたらっ、これを差し上げますっ」
そういうとモモはリトに2枚のチケットを渡した。
「これって?」
「えぇ、最近この辺りにできた遊園地のチケットを頂いたのですが・・・あいにく都合が合わなくて。よろしければリトさんにと」
「いいよ俺は。どうせ一緒に行く相手とかいないし」
「では美柑さんでも誘って久しぶりに兄妹水入らずで休日を過ごされてはいかがでしょう?」
「でも・・・家の事とか」
「大丈夫ですよっ、私が全部やりますからっ」
「あれっ?モモも用事があるんじゃ?」
「えぇ、でもそれは家に居れば出来る事ですので・・・」
「う~ん・・・わかった。じゃあありがたくそうさせてもらうよ。ありがとなモモ」
「いえいえっ」
(これで後は美柑さんがリトさんの誘いに乗るだけ・・・)


「それでは、おやすみなさい」
「リト、美柑おやすみ~」
「じゃあな二人とも」
そしてララ、ナナ、モモの3人は自分たちの住居スペースへと帰って行った。
それを見送ったリトは美柑に先程の話を持ち出した。
「美柑は明日、予定とかあるか?」
「ううん特には」
「だったらさ、久しぶりに2人で出かけないか?」
「へっ?出かけるってどこに?」
美柑はリトからの思いもしなかった提案に目を丸くした。
「これ、なんだけど・・・」
リトはモモから受け取ったチケットを2枚取り出した。
「これって遊園地のチケットだよね?・・・こんな遊園地あったかな・・・」
「何か最近出来たばかりらしいから、あまりよくわからないんだけど・・・せっかくだし、行ってみない?」
「1つ聞きたいんだけど・・・このチケット、どうしたの?」
「え?あぁ、モモにもらったんだ」
(あの女っ!?・・・モモさん一体どういうつもり?)
モモの名前を聞くとすぐに美柑は眉をしかめた。
「どうかな?」
「えっ、えぇ・・・いいんじゃないっ」
『ガタっ!!』
(っ!?・・・何今の物音・・・)
美柑は廊下側から聞こえた物音に耳を傾け目を向ける。
「じゃあ決まりだな。明日は9:00ぐらいに出発すればいいよな」
「そ、そうだねっ」
(気のせい・・・かな)
「そんじゃ、おやすみ」
「うん・・・おやすみ・・・」
リトはチケットを美柑にわたすと部屋へと向かった。
取り残された美柑はチケットを睨みつけながら1人考え込んだ。
(今日、街中で見たのは間違いなくモモさんだったよね・・・。それに・・・)
「このチケット・・・。一体何をしようとしてるの・・・モモさん」


一方そのころ、リトと美柑の会話を聞いていたモモは・・・。
『何か最近出来たばかりらしいから、あまりよくわからないんだけど・・・せっかくだし、行ってみない?』
(そうですリトさん・・・上出来ですよっ♪・・・まぁ、始めから問題は美柑さんなんですけど・・・)
『1つ聞きたいんだけど・・・このチケット、どうしたの?』
(なっ!?美柑さん・・・やっぱり鋭い・・・リトさんっ、本当の事言っちゃう・・・よね)
『え?あぁ、モモにもらったんだ』
(やっぱり・・・ですよね。リトさんだし・・・)
モモは仕方ないと思いつつ美柑の様子を確認する。
(み、美柑さんが・・・しかめっ面だぁ~・・・。この顔、絶対危険視してるぅ~)
『どうかな?』
(リトさん・・・もういいんですっ、美柑さんがこの様子では・・・もう失敗ですよ)
『えっ、えぇ・・・いいんじゃないっ』
(う、うそっ!?キターっ!!さすがリトさんっ!!天才ですよっ♪)
モモは喜びのあまり思わず飛び跳ねてしまった。
『ガタっ!!』
(しまったぁ~!?)
モモは咄嗟に2階へと駆け上がった。
(でもこれで作戦開始ですっ!!覚悟しててくださいね美柑さんっ♪)


そして翌朝。
「それじゃあ後よろしくな」
「はいっ!!ごゆっくり~」
出かけていくリトたちを見送ったモモは大急ぎで洗濯物を干し、掃除機をかけた。
「皿洗いは美柑さんがやってくれたし植物の水やりはリトさんがやってくれたし、後は・・・」
モモは時計を見る。
リトたちが出かける前から作業をしていたこともありリトたちが家を後にしたからほんの20分ですべてを終わらせた。
「よし、これなら間に合う」
モモは大急ぎで鞄を持つと家を飛び出した。


「えっと・・・この辺だよな?」
リトはチケット片手に今朝モモにわたされた地図を見ながら遊園地を探していた。
遊園地の場所は思ったよりも近い場所に指定されていた。
家を出て普通に歩けば25分ほどで到着する場所だった。
そしてリトたちはその近辺へと到着したのだ。
しかし、辺りを見渡してもそれらしき建物は見つからない。
「ねぇ・・・リト」
その時美柑はリトの肩を叩き、右の方向に指をさした。
リトが振り向くとそこには地下へと続く坂とその前に大きなゲートが設置されていた。
そして上には『彩南地下パークアイランド』と書かれている。
「ここ・・・みたいだな」
「地下にあるんだね」
2人はゲートをくぐると地下へと向かっていった。


一方その頃、リトたちを追いかけたはずのモモは何故かリトたちよりも先に遊園地へと到着していた。
「はぁ、はぁ、はぁ、よかった・・・まだ来ていないようね。じゃあ早速準備っ♪まずはこの立体映像投影装置で・・・」
モモは球体の機械を取りだすとボタンを押した。
するとその球体から光が伸び、辺りに人々の立体映像を映し出した。
「お次はこの幻像実体化衛星をつかって・・・」
次にモモは空へ1つの衛星を飛ばした。
「範囲は距離1.2km圏内、高さが3.0mっと」
モモは範囲を設定するとボタンを押す。
すると先ほどまで明らかに立体映像であった人々が実体と化したのだ。
「よしっ、上手くいったわね。これだけやれば、美柑さんだって少しは油断・・・じゃなくて、安心するはずっ♪後は来るのを待つだけね」


「地下遊園地なんて面白いよな」
「えっ、そ、そうねぇ・・・」
(きっとモモさんが空間歪曲の応用とかいうやつで作り出したに違いない・・・)
2人がゲートを進んで2分、ようやく入口へと到着した。
「おっ、意外と人がいるなぁ」
リトはあたりを見まわす。
「・・・」
(きっと立体映像かなんか何だろうなぁ)
一方の美柑は未だに気を抜かずにいた。
「チケットお預かりします」
「はい」
入口の係員にチケットを渡すと半切されたチケットの残りを受け取った。
その一連の流れを目の当たりにした美柑は何か嫌な気配を感じ取りながらも少しだけ気を抜いた。
(係員の人は一応本物っぽいけど・・・もしかしたら全部私の思い違いだったのかな)
「行くぞ美柑っ」
「う、うん」


その頃、その現場を見ていたモモは作戦の成功を確信しながら次の一手を打った。
「ここまで来れば後はお化け屋敷もとい、『くすぐり屋敷』に誘いこめば作戦は成功っ♪」
(覚悟してくださいね美柑さんっ)


「さてと、どこから行くか・・・」
「そうだね」
リトと美柑は辺りを見渡しながら適当なアトラクションを探す。
「どこも並んでるね」
「なぁ、あれはどうだ?」
辺りを見渡して考えている美柑にリトは1つの建物を指差した。
「えっ、お化け屋敷?」
「あぁ。あれなら混んでないみたいだし、手始めってことで」
「う、うん。そうだね」
(・・・あそこだけ人が並んでいないなんて・・・もしかして何かあるのかな?)
「おーい、何やってるんだ?置いてくぞ」
「あっ!?待って~」
美柑はリトを追いかけるとお化け屋敷の中へ入って行った。


「へぇ~よく出来てるなぁ~」
リトは数々のギミックに感心しながら奥へと進んでいく。
(やっぱり、怪しい・・・)
一方美柑は、何かを感じていた。
ある程度まで奥に進んでいくと道が二つに分かれていた。
「なんか迷路みたいだな。美柑はどっちに行く?」
「えっ?あ、えっと・・・左?」
「何で疑問形なんだ?じゃあ俺は右な」
そう言うとリトはさっさと右の道へ進んでいった。


「リトさんが右に進んで、美柑さんが左へ進みましたかぁ・・・じゃあ左側のボタンを押せばぁ」
モモは状況を逐一確認しながら段取りを決めていた。
そして、美柑が左の道に進んだのを確認すると、手に持っているリモコンの左側のボタンを押した。
(さぁ~勝負ですよ美柑さん♪)


「意外とよく出来てるなぁ~」
美柑は感心しつつも警戒を忘れない。
(でもやっぱり、何かおかしいのよね・・・壁がこんにゃくみたいに柔らかいんだけど・・・)
「それに・・・なんか森の匂いがするっていうか・・・」
美柑がそんなことを考えていると突然壁から何か音がした。
『ガサガサっ!!』
「な、何っ!?」
美柑が身構えると、壁からたくさんの弦が伸びてくる。
「つ、ツルっ!?なんで壁から・・・」
弦は一斉に美柑の方向を向くと襲いかかってくる。
そしてあっという間に美柑を拘束した。
「きゃっ!!・・・な、何コレっ!?」


「うふふ。成功ですねぇ♪後は美柑さんの弱点であるくすぐりのデータを採取するのみ・・・」
モモはあらかじめ用意したモニターに顔をのぞかせる。
そして手に持った先ほどとは別のリモコンのボタンを見る。
「まずは・・・やっぱり弱点の王道・・・腋の下っ♪」
モモはリモコンにある『腋の下』と書かれたボタンを押した。


「このツル・・・これってシバリ杉って奴に似ているような・・・っ!?ひゃあっ!!」
美柑がシバリ杉だと気づくと同時にツルは美柑の腋の下に触れた。
こうしてモモの作戦は開始を告げた。
ツルは先端の形を変え、人の手のような形に変形した。
「えっ!?形が変わった・・・?」
そして形を変えたツルはまるで人の指のように器用に細かく動き出し、美柑の腋の下を刺激していく。
「きゃははははははっ!!くすぐったいっ!!あ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
(な、何よコレっ・・・強すぎるっ)
「あははははははははははははははははははははっ!!やめっ、やめてよっ!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!くすぐったいってばぁ~」
美柑の声にはもちろん一切も反応することない植物はモモの意のままにツルを這わせる。


「どうですかぁ?実はこのツル・・・私の手や指と同化させているのですよ♪つまり、私が美柑さんをくすぐっているのと状況は同じっ・・・たっぷりと笑ってもらいますからね?美柑さん♪」
モモは別室でモニターを見ながらひたすら手を動かし続ける。


「いや~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!ダメっダメっダメ~っへっへっへっへっへっへっへっへ!!くすぐったいよぉ~!!」
(コレ・・・絶対にモモさんの仕業だよね・・・)
美柑はくすぐられ悶えながらも冷静に事を探る。
(でもどうしてこんなことを・・・もしかしてっ、昨日のアレを見られてたっ!?)


「あらっ、やっぱりさすがは美柑さん。くすぐられながらもきちんと考えごとをしているみたいね・・・。でも、これからは考えごとなんてさせてあげられるほど責めてあげる♪」
そう言うとモモはリモコンのスイッチを更に押した。
そして、再びモニターに目線を戻す。
すると画面上には美柑の周りに更にツルが増えていることが確認された。
そして新たに出たツルは美柑のわき腹や足の裏にも伸びて行った。
『なっ!?ふ、増えたっ!?』
画面上では驚きながらも笑い顔の美柑の顔が映る。
それを見たモモも笑みを浮かべ再び手を動かした。


(そ、そんなぁ・・・わきの下だけでも我慢できないのに足の裏と脇腹まで狙われてる・・・っ)
「・・・ヤバい・・・かも・・・っ!?ひゃんっ!!」
美柑が構えようとした正にその時、無数のツルたちは再び動き始め、美柑のわきの下、脇腹、足の裏を執拗なまでにくすぐりだした。
「きゃっはっはっは!?だめぇ!!みゃはははははははははははははははははははははははははははは~っ!!足の裏はやだぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!足はダメなのぉ~!!ひゃははははははははははははははははは!!こちょこちょしちゃだめぇ~っへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへ!!」
(こんなの耐えられないよぉ・・・足の裏がくすぐったくておかしくなっちゃうぅ)
「えっへっへっへっへっへっへっへっへ!!お腹もやだぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!許してぇ~っ!!」
美柑が笑い叫ぶと、ツルは更に動きを変えた。
わきの下や足の裏への攻撃を止めて、脇腹を突っ突きまわし始めたのだ。
「ひゃんっ!!きゃはっ!!いやはははっ!!くすぐったっ!!ひゃはっ!?きっひっひ!!にゃっはっはっ!!いやはっ!!みゃんっ!?きゃははははははっ!?いやぁっ!!だめぇっへっへ!!」
(こんなくすぐり方反則ぅ~っ!!)
美柑が脇腹への刺激に気を取られていると、再びわきの下や足の裏、更には耳への攻撃が始まった。
「にゃはっ!!ひゃははははっ!!くひっ!?ま、またぁ!?きゃはははははははははははははははは~!!ひゃっはっはっはっはっはっは!!くひゃっ!?くっひっひっひっひっひっひ!!みゃはははははははははははははははははははははははははは~っ!!くすぐったぁーい!!」
(モモさん・・・私をどうしたいの・・・)


一方そのころ、全自動擽りモードに切り替えたモモはくすぐり刺激計で美柑の体感指数を計測していた。
「素晴らしいほど敏感さんさんですねっ♪わきの下が2.5割、足の裏が1割弱・・・わき腹が4割・・・脇腹が一番弱いみたいですね♪」
(データはとれたし、せっかくだから屈服させてみようかしら?)


「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!だめぇ~っへっへっへっへっへ!!そ、そんなとこぉ~ひゃああああっ!!きゃっはっはっはっは!!にゃははははははははははは~っ!!」
(だめだ、力が抜けていく・・・)
美柑は笑いすぎから体力を消耗していく。
そのときだった。突然植物から合成された音声が聞こえてきたのだ。
『美柑ちゃん。どう?くすぐったい?』
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!くすぐったいよぉ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
『やめてほしかったら許してくださいお姉さまっ!!って言って?』
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!な、なんでぇっへっへっへっへっへっへっへっへ!!何でそんなことっ!!ひゃっはっは!!あはははっ!!くひゃはははははははははははははははは!!」
『言ってくれなきゃやめてあげないし・・・もっとくすぐっちゃうぞぉ?』
植物はそういうと更にツルを増やして美柑に襲いかかった。
「いひゃあっ!?また増えたぁ!?いやぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!も、もういいでしょぉ!?みゃはははははははははははははははは!!くすぐったくて死んじゃうよぉ~!!にゃはははははははははははははは~っ!!とめてぇモモさん~!!」


「やっぱり気付かれてたかぁ・・・仕方ないわね」
モモはリモコンの強ボタンを5回連打した。
(美柑さんには申し訳ないけど・・・気絶して忘れていただきましょう♪)


『ごめんなさい美柑さん』
植物もといモモはそれだけ言うと音声を止めた。
「あっはっはっはっはっは!!ごめんなさいって!!なんでツル増やしてるのぉ!!いやぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!くしゅぐったぁ!!きひひひひひひっ!!あはははははははははははははははははは!!もうやだぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
更にツルを増やした植物はひたすら美柑を追い詰めていく。
「にゃっはっはっはっはっはっはっは!!息がぁっはっはっは!!息ができなぁ!!きゃははははははははははははははははははは~っ!!も、もうだめぇ~!!」
美柑は遂に気絶してしまった。


「やっぱり相当弱いみたいね美柑さんっ♪さて、データも取り終えたし・・・後は・・・どうしましょう」
その後、モモは美柑に壮絶な復讐をされたそうな。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

  1. 2014/07/18(金) 14:39:46|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX