FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


不良たちの調教教室2

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

祥子を捕らえてから39時間後・・・。
「よし、行け!!」
俺はそう言って祥子を送り出した。
これは俺たちの新たな野望の始まりを意味する。
その内容を知りたいか?
いいだろう教えてやる。
俺たちの野望・・・それは奴隷の増加だ。
そこで俺たちは祥子のクラス集合写真から宮永汐美に目を付けた。
汐美は祥子の友人で顔良しスタイル良しという黒髪ロングの素材だ。
まぁ顔は祥子、身体は汐美というところか・・・。
もちろん汐美はクラスの人気者、というか第2のマドンナ的存在だ。
その汐美をも俺たちの奴隷にしてしまおうと考えているのだ。
まぁ、今回の計画のキーマンは祥子だがな。
というのも汐美を手に入れるためには身近な存在である祥子を接触させるのが望ましいと考えたからだ。
そこで俺たちは祥子に盗聴器と発信機、マイクと特殊な機械を取り付け、学校へ潜入させた。
潜入させたと言えど、祥子は現在、行方不明者扱いのままだ。
よって汐美以外の人間に見つかるのは望ましくない。
ということで放課後に学校の裏庭に来るように汐美へのメールを打たせたのだ。
ちなみに特殊な機械とは、俺の持つリモコンのボタンを押すと機械に接している身体の部分へ特殊な電流が流れるという仕組みだ。
その電流の刺激は無論、祥子にとってはとてもくすぐったいものだ。
それを祥子の腹部にセットさせた。
これで祥子が反逆した時には黙らせることができる。
まぁそんなことはないと思うが・・・。
なぜかって?簡単な話だ。
祥子を捕らえてから36時間もの間、教育をし続けたからな。
もちろんくすぐりつづけたのだ。
おかげで祥子は見事に俺たちにマインドコントロールされている。
今回の祥子の仕事は、汐美をうまく誘導し、俺たちのアジトへ連れてくることだ。
うまくいけば汐美にも教育を施すことができる。
そう夢を胸に秘めて放課後になるのを待つと、俺たちはスピーカに耳を傾ける。
すると祥子と汐美の会話が聞こえてきた。
『祥子・・・いったい今までどこに・・・』
汐美の声だ。結構かわいい声ではないか。
『あ、うん。彼氏のとこにいるの・・・。それでね、昨日彼氏に汐美の話をしたの。そしたら彼が汐美に会いたいっていうんだけど・・・。今日、一緒に彼の家まで来てくれないかな?』
祥子は作戦通りに汐美を誘い出そうとしている。
よし、いい感じだ。
『ごめんね。今日は用事があるの・・・』
汐美はこの申し出を断ろうとする。
「祥子、何とかしろ」
俺は祥子に無線で伝える。
すると祥子は必死に交渉をし始めた。
『お願いっ!!今日じゃなきゃダメなの!!来てくれないと・・・私・・・』
『どうしたの祥子?なんか切羽詰まってる感じだけど・・・』
『だってこれが私の役割だかっ、ひゃふんっ!?』
俺は思わず役割という言葉を出してしまった祥子にこれ以上余計な言葉を吹かせぬために軽くスイッチを押した。
「余計なことは言うな。次言ったらお仕置きだからな」
俺はまたも無線で祥子に伝える。
すると無線の先で進展があった。
『なんだかよくわからないけど・・・いいよ行っても。そんなに慌ててるんだもん。何か理由があるんでしょ?』
『あ、ありがと!!』
よし、何とかうまくいったようだ。
後はここで二人が来るのを待つだけだな。
そして10分後、祥子が汐美を連れてアジトへ戻ってきた。
「やぁ、いらっしゃい。君が汐美ちゃんか・・・やっぱり可愛いねぇ」
俺はそう言って汐美の背後に回った。
そして祥子の時と同じように汐美に睡眠薬をかがせる。
「!?・・・」
汐美はあっさりと眠りこけてしまった。
俺は二人の仲間に汐美をベッドに拘束するよう指示した。
そして祥子にも睡眠薬をかがせて眠らせ、汐美を寝かせたベッドの横に設置したベッドに拘束した。
5分後2人は目を覚ました。
「な、何これ?どうなってるの?」
自分の状況を見て汐美は驚きを隠せないようだ。
一方の祥子はこちらをじっと見ている。
「やぁ、お目覚めだね汐美ちゃん」
「あなたは祥子の・・・彼氏・・・さん?」
「いいや、俺は祥子のご主人様だ。そうだよな祥子?」
俺は自信ありげに祥子に訊ねる。
「はい。そうです。ご主人様」
祥子はそう言って表情一つ変えない。
「というわけだ。君もこれから俺の奴隷になってもらう」
「何言ってるんですか!!祥子も一体どうしちゃったの?」
汐美はそう言って祥子に語りかけるが祥子は一言も言葉を出さない。
「いいか汐美ちゃん。これから祥子に授業を行う。まぁそこで見学していたまえ。なぁに、3分で終わるから」
俺は仲間二人に指示して、一人を祥子の右側に、もう一人を左側に配置させ、半身ずつくすぐらせる。
「あはははははははははははははっ!!や、やめてくださいご主人様!!あはははははははははははは~」
祥子は両側から襲いかかるくすぐったさに身をよじる。
「やめてください?違うだろ、もう忘れたのか?」
俺はそう言ってリモコンのスイッチを押した。
するとたちまち祥子の腹部にもくすぐったさが伝達する。
「きゃはははははははははははははははははは~!!くすぐったいですぅ~!!あははははははははははははははははっ!!」
「さて、では問題だ。君はこの計画の中でミスをおかしそうになってしまったね?」
「ひゃははははははははははははははっ、ご、ごめっ、ひゃふふふっ!!ごめんなさ~い!!あはははははははあははははははっ」
「反省の色が見えないようだが・・・どう責任をとるつもりだ?」
「にゃははっ、あははははっ!!あはははははははははは~!!もっとぉ、ひゃははっ、もっとこちょこちょしてください!!きゃはははははははははははははっ、こちょこちょで責任をっ!!いひひひひひひひひっ!!こちょこちょされますから、はっはっはっは!!許して~!!」
「ほう、少しは学習したみたいだね?これなら汐美ちゃんのちゃんとした先輩になれそうだ」
そう言って俺は汐美をニヤニヤとみつめる。
「待ってください!!祥子をくすぐるのはやめて!!私たちを解放してください!!」
汐美はそう言って俺を睨みつける。
「おや、では君が祥子の代わりに授業を受けるというわけだな」
「えっ!?違っ、そういう意味じゃ!!」
「いいだろう。なら君も1から教育してやろう。おい、軽くくすぐってやれ」
俺は二人に汐美をくすぐるように指示し、祥子を解放する。
初めから祥子は囮だったのだ。
あくまで今回のメインは汐美だ。
祥子などもう今となってはいつでも好きなだけくすぐれる。
「ちょっ!?・・・くっく・・・きゃっはっはっはっはっはっはーー!!」
汐美は脇の下にくる軽い刺激に身をよじる。
「あはっ!?ちょっと・・・やめて、はははははっ、くすぐったぁぁい!!ひゃははははははははははははははは~!!」
「さぁでは教育を始めようか。簡単な質問に答えてくれ。君は俺たちの奴隷になりたいと思っているか?」
「きゃはははっ!!そ、そんなの、ひゃはっ!!思わない!!」
「予想通りの答えだ・・・やれ」
俺は仲間に更にくすぐりを強くすることを指示する。
すると二人は先程よりも格段に増した指のキレとスピードで汐美を翻弄する。
「きゃっ、いやぁっ!!うひゃははははははははははは!!あはっ、あはははははっ!!きゃーーーーーーーー!!」
「さぁもう一度聞こう。俺たちの奴隷になるだろ?」
「ひゃははははははははははは!!そ、そんなの、ははっ!!何度言われたって、きゃはははははははっ、なるもんですか」
「あっそ。じゃあその気にさせてやるよ」
俺はそう言って汐美に近づいていく。
そして二人に手を止めさせると俺自ら汐美の脇腹を揉みしだく。
「ひゃん!?やぁ、止めてっ!!にゃはははははははははははははははははははははははははははははははは~!!やだぁ!!くすぐったいよ~!!ひっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!いやぁ~!!ひゃはははははははははははははははははははは!!」
汐美はくすぐったさからか涙を流し始めた。
「限界も近そうだな?ささ、降参しなさい」
「あははははははははははははははははっ!!し、しない!!くっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!私も祥子もっ、あはははっ!!解放してもらうから」
「だから・・・。いや、もういい。このままくすぐり続けてやる。おいっ、俺はこのままわき腹をやる。お前たちは下半身を仲良く分け合え」
そう言って俺は汐美の脇腹をひたすら揉みまくり、残りの二人はそれぞれ、足の裏や太腿をくすぐりはじめた。
「きゃーははははははははは!!!いやあぁーはははははははは!!く、くすぐったーい!あははは!きゃはははははは!!」
「君は頭のいい子だと思っていたのだが残念だ」
「きゃははははははははははは!!!おなか痛いよ~!はあーっははははははははははは!!!きゃははははははは!!くすぐったいぃー!あははは!あははははははははっ!!」
「もう止めてほしいんだろ?」
「ひゃははははははははははははは!!あーっはははははははははは!!や、やめてー!!きゃははははははははははは!!」
「なら最後のチャンスをやろう。俺たちの奴隷になれ」
「きゃあああああーっはははははははははははははははは!!!いやぁぁーっはははははははは!!!」
「嫌だ。という答えでいいのか?」
「あはははははははははははは!!くすぐったいよぉー!ひゃはははははははははははは!!も、もう!!きゃ~はははははははは!いひひひひひ!!もうやめてー!!にゃははははははははは!!」
「答えになっていないぞ?」
「きゃーーっはははははははははははは!!おなかだめぇー!!あーははははははははははははー!!わかったっ!!ひゃははははははっ、わかりましたぁ!!」
「奴隷になるんだな?」
「きゃっ!!はははははははははははは!!あははははははははははー!!はいぃ!!ひゃはは!!あーっははははははははは!!奴隷になりますぅ!!にゃははははははは~」
「では許してやろう。だが面倒なのでこのまま気絶してもらう」
「そ、そんなぁ!!ひゃはははははははははは!!らめぇ!はははははははは!!やめてー!!きゃーっはははははははははは!!!く、くすぐったいってばーははははははははははは!!」
俺たちは奴隷になった汐美を一旦気絶させるために体中をくすぐりまわす。
「きゃはははははは!!く、苦しいー!!あははははははははははは!!死んじゃう!あーっははははははははは!!誰かぁ!!ひゃははははははっ!!誰か助けてぇー!!いやはははははははは!!あはははははははははは!!!!きゃはははははははははははは!!い、いやぁ~はははははははははははー!!きゃっ!!やはは・・・ははははははは・・・もうダメぇ~!!!!」
こうして汐美は気絶してしまった。
さて次は・・・。
「汐美の涙とか涎は目を覚ました時にでもきれいに舐め取りながらくすぐってやれ。今回の結果で大抵の女はくすぐりで落ちることは実証できたしな。後は・・・祥子のお仕置きと作戦成功のご褒美を兼ねて祥子を気絶するまでくすぐってやろうか」
俺はそう言って祥子に近づくと祥子は自ら服を脱ぎだし全裸の状態で拘束具を俺に差し出してきた。
さすがはマインドコントロールだ。
俺は祥子を全裸の状態で拘束し、体中を舐めまくってくすぐっていく。
「きゃはははははははっ!!くすぐったいですっ、ご主人様!!あはははははははははは!!もっとっ、もっとやってくらさいっ!!ひゃはははははははははははははっ!!くすぐったぁい!!にゃははははははははははははははははははは~!!」
「どうだ、耐えられるか?」
「くっくっくっ、ご主人様のお仕置きなら耐えますっ!!」
「なら耐えられないほどの刺激を与えてやるよ」
俺は先程の機械を再び祥子の脇腹、腋の下、内股、膝、足の裏にセットして最大出力でスイッチをONにし、さらに祥子の耳から首筋を舐めまわしていく。
「いやっははははははははははは!きゃ~っはははははははははははははは!!やめて!!やめて下さい!!あ~っははははははははははは!!」
祥子は耐えると言いながらもさすがに耐えきれずに暴れまわる。
「きゃああっはははははははははははは!だめ、そこだめ、あははははははははははははははは!!あ~っはははははははははははっ!!あははははははははは!や、やっぱり耐えられません!!ひゃはははははははは!!も、もう止めて下さい!!」
「もっとくすぐってほしいんだろ」
そう言って今度は舐め方に緩急をつけてみる。
「いやっはははははははははははははは!!だ、だめ、あはははははははははははははは!!そ、それだめぇ~きゃははははははははははは!やめ、やめ、やはははははははははははははは!た、たすけ、きゃはははははははははは!!」
「祥子もこれからは汐美の先輩になるんだ。これくらい耐えなきゃなぁ」
「あっははははははははは、ひゃあっははははははははははは!!あはははははははははははは、やはははははははははははは!くすぐったいですぅ!!きゃははははははははははははは!!やめてください!!」
「まぁいいだろう。お前は今夜も俺のくすぐり枕になる予定だからなぁ。今のうちにせいぜい体力の回復をしておけよ」
俺はそう言って祥子を牢屋に閉じ込めた。
こうして祥子と新たな奴隷の汐美の調教に成功したのだった。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【あとがき】
さて、2人目の被害者の登場でした。
ますますヒートアップする不良たちの遊びw
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


  1. 2014/02/06(木) 19:08:55|
  2. オリジナル小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX