FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『学習する生徒会』

『学習する生徒会』

『生徒会の一存』 ―桜野くりむ 編―



「ねぇ、知弦ぅ~そろそろ休憩に・・・」
「ダメよアカちゃんっ。さっさと終わらせなさい」
この日、生徒会では来るべき中間試験に向けて勉強会が開かれていた。


『中間試験という名の魔物に打ち勝つのよっ!!』
事の始まりは生徒会長である桜野くりむの一言からだった。
本日の生徒会はみな各々の私情のためくりむと知弦のみの活動である。
たった二人の生徒会は暫く物静かに進んでいたのだが、くりむの提言によってその静寂は脆くも崩れ去ったのだ。
そう、先ほどの発言によって・・・。
「何が言いたいのかしら?」
「いい知弦。私たち生徒会役員としては、中間試験などの定期テストなどに負けることは大変不本意なことなのよ」
「・・・それで?」
「だからっ!!明後日に訪れる中間テストに打ち勝つためにも、今からそれ相応の対策をしようと思うのよっ!!」
「・・・だから?」
「・・・っ!!だからっ・・・勉強しよっ?」
「はぁ~」
知弦はくりむの発言に耳を傾けながらも深くため息をつく。
それを見たくりむは熱心さをアピールするかのごとく手をブンブン振り回した。
そして暫くシーンとした空気が続いたのだが・・・。
「いいアカちゃん・・・」
知弦が話を切り出した。
「普通はね、テスト2週間前から対策は始めるものよ?」
「えっ、そーなの?」
くりむは目を丸くする。
「第一、生徒会メンバーはみんな成績良いじゃない。みんな学年でも上位に名を連ねるほどの実力の持ち主よ?」
「そ、それは・・・」
「それに引き換え、アカちゃんの名前は一度も見たことがないんだけど?」
「むむっ・・・」
「アカちゃんの実力って・・・どうなの?」
「・・・」
この瞬間、勝者と敗者の明暗がはっきりと目に見えたのだった。


「じゃあ始めましょうか」
「はーいっ」
最終的には知弦が折れて勉強会は開始された。
「それじゃあまずは数学から。試しに2年生Lvの問題を解いてもらうから。そうね・・・じゃあベクトルの演算辺りから・・・っ!?」
知弦が教科書を開いた瞬間、知弦はくりむの持っていた問題集を見て酷く驚いた。
「あ、アカちゃん・・・それって?」
「えっ?これ?これはねぇ~、先生がお前はこれ位から始めたほうがいいぞってくれたのよ。まぁ、これ位ハイレベルなほうが私としては本望ね」
そういってくりむは一冊の問題集を見せつけた。
表紙には・・・。
「アカちゃん・・・それ私の見間違いでなければ『よくわかる算数ドリル小学3年生』って書いてない?」
「えっ?表向きはそうだけど、内容は本当に難しいわよ?知弦でも解けないと思うけど」
「・・・ちょっと見せて」
知弦はくりむから問題集を受け取るとパラパラと中身に目を通して行く。
「・・・ねぇ、これってハイレベル?」
「そうよっ、全然わからないでしょう?」
「・・・め・・・さい」
「ん?」
「あ・・・め・・・さい」
「何よ?」
「あきらめなさいっ!!」
知弦はそういうと問題集を机に叩き付けた。
「なっ・・・どうしたのよいきなり」
「よく高校合格できたわね」
「そんなの当然でしょ♪私の実力さえあればっ「勉強しなおしたほうがいいわよ」たんよっ・・・えっ?」
「だから、勉強しなおしたほうがいいって言ってるの。・・・まさかだけど・・・アカちゃん、This is a pen.って日本語訳するとどういう意味だかわかる?」
「そんなの簡単じゃない」
「はぁ、よかった。まさかこれくらいも解らないのかと思っ「盛るぜぇ~超盛るぜぇ~って意味でしょ?」」
「・・・じゃあ、日本が全部でいくつの都道府県に分かれてるかわかる?」
「それって鬼ヶ島や天空の城、グレタガルドや閉鎖空間、それにホウエン地方とかも含めるのかしら?」
「・・・っ!?・・・じゃあ・・・蛙の幼生を何ていうか知ってる?」
「そんなのっ、ケロロ軍曹以外にいないじゃないっ」
「じゃ、じゃあ・・・『絶望』この漢字は読める?」
「ん?『いとうまこと』でしょ?」
「・・・まぁ、ある意味正解なんだけど・・・」
「違うわよ知弦、そこは『ある意味世界』でしょ?」
「もうそのくだり要らないからっ。・・・それにしてもここまでとは・・・」
「どう?私の実力を理解していただけたかしら」
「えぇ、とてつもなく『いとうまこと』だってことがね」
っと、このような長い下りを経て勉強会は進んでいった。


「さて、それじゃあそろそろ真面目に勉強しましょう。いいアカちゃん、アカちゃんは頭で覚えるよりも身体で覚える感覚で居て」
知弦はくりむを拘束しながら言う。
「か、身体でって・・・何する気っ!?」
くりむは身に危険を感じたのかおびえ始める。
知弦はくりむを拘束し終えると教科書を開いてくりむの後ろ側に立った。
「まずは数学、テスト範囲だけを叩きこむから。でもその前に・・・」
「ち、知弦?」
知弦は大きく息を吸い込むとくりむのわきの下をそっとなで始めた。
「ひゃあぁぁっ!?な、何っ!?」
くりむは自身を襲う突然の刺激に悲鳴を上げる。
「勉強の前に、アカちゃんには権力的な学習をしてもらうわ♪私のテクニックでアカちゃんは私の玩具に・・・」
「ちょ、知弦っ!?」
知弦は妄想にふけりながらも一層激しくくりむのわきの下をくすぐりだす。
「こちょこちょこちょこちょこちょ~」
「いひゃははははははははははははははっ!!ち、ちづっ、きゃはははははははははっ、知弦ダメぇ~っへっへっへっへ!!」
くりむはあっという間に知弦のテクニックに落とされた。
「アカちゃんって思いのほか敏感肌なのね♪」
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!くすぐったいよ~っ、あはははははははははははははははははっ!!」
「どう?くすぐったいでしょう?私の指は生まれながらにしてどんな人でも笑いの渦に引きづり込むほどの能力が備わっているの」
「ひゃはははははははははははははははははっ、わかったぁ~わかったからぁ~っ!!」
くりむは必死になって逃れようとするが自身にまとわりついた拘束具がそれを邪魔する。
「さぁアカちゃんっ、私の指の上で悶えなさい♪こちょこちょこちょこちょ~っ!!」
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!ヤダぁ~っはっはっはっはっはっはっは!!あははっ、くひっひっひっひ、いやははははははははははははははははははは!!」
「さて、わきの下ばかりというのもなんだし、おなかのほうもくすぐろうかしら」
知弦は指をくりむのわきの下からゆっくりと脇腹へ移動させていく。
「ひゃははっ、おなかはダメぇ~!!」
くりむの制止も虚しく知弦の指は不規則に細かく動きながらくりむの脇腹を這い始めた。
「きゃあ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!やめへっへっへっへっへっへっへ~っ!!ひゃははははっ、くすぐったい~!!」
「さぁ~てアカちゃん。今から私の言うことをよく聞きなさい。アカちゃんは私に絶対服従するの。わかった?」
「あっはっはっはっはっはっはっはっは!!な、なんでっ、ひゃはははははははははは~っ!!あははっ、か、会長は私なんだけどっ、きゃっはっはっは!!」
「わかった?」
知弦はそういうとくすぐる手を強めた。
「あ~っはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!わ、あっはっはっはっはっはっ、わかったぁ~いひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!」
くりむは知弦の猛攻には逆らえず、首を縦に振った。
「じゃあまずは、私の事はお姉さまと呼びなさい」
「きゃははははははははははははははっ!!な、何で~?わはははははははははははは~!!ひゃははははははははははははははははははははははははははははははははははは」
「何で?・・・ですって」
知弦はくすぐり続ける手を一旦止め、一呼吸置くとくりむの脇腹を揉みしだく。
「ひゃっは!?や~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!きゃ~はははははははははははははははっ!!ち、ちづっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「理由なんてどうでもいいの。アカちゃんはただ私に従えばそれでいいのよ?」
「いやっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!はいっ、きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!わかりましたぁ~!!くひゃひゃひゃひゃひゃっ、だからやめへぇ~っへっへっへっへっへっへっへ!!」
「実際に呼んでみてよ?」
「にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!お、おねっ!?くひゃあ!?」
くりむが『お姉さま』と呼ぼうとした正にその時、知弦は脇腹から再びくりむのわきの下へ手を移動させた。
「あははははっ!!おねっ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!くすぐったいぃ!!きゃはははははははははははははははははははっ!!」
「さぁ、早く言ってよ?こちょこちょこちょこちょこちょ~♪」
「ひゃはははははははははははははははっ!!お、おねぇ!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!さまぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「何?聞こえないんだけど?」
「わはははははははははははは~!!あっはっはっはっはっはっはっはっは!!お姉さまぁ~!!やめえっ!?きゃっはっはっはっはっはっはっはっは!!にゃはははははっ、いひゃははっ!?」
「よくできました♪」
知弦は満足したのか、くりむへの攻撃を止めるとにっこりと笑った。
「はぁ、はぁ、はぁ~」
くりむは息苦しそうに呼吸を繰り返す。
「さて、アカちゃん。勉強はこれからよ!!各教科、くすぐりながら教えてあげるからっ♪」
「そ、そんなぁ~!!」
「じゃあ予定通り数学から・・・」
知弦はそう言うと再びくりむのわきの下に手をかけた。
「まっ、まってぇ!!」
「ダメっ♪こちょこちょこちょこちょこちょ~っ」
こうして二人の勉強は始まった。
「あ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!もうやだぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」


「9、90点っ!?・・・嘘、やっぱり私って天才っ!?」
その後、くりむは見事に学年5位以内に名を連ねたという。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


  1. 2014/07/18(金) 14:30:53|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX