FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『無敵艦隊佐古先輩』

『無敵艦隊佐古先輩』

『パパのいうことを聞きなさい!』
―小鳥遊 美羽 編―
―小鳥遊 ひな 編―



「お兄ちゃん・・・」
「兄ちゃんっ!!」
「おぉ~!!!!!美羽様にひな様がっ・・・私の事を・・・お、お、お兄ちゃんとぉおおおおおおおおおおお!!!!!?????」
不肖:佐古俊太郎・・・もう我が人生に一片の悔いなしっ!!
「ねぇ、お兄ちゃん?」
「なななっ、何でございましょうか美羽様!!」
美羽様の呼びかけに0.1秒で返事を返す。
「あのぉ・・・ね、その・・・たまにはぁ、こちょこちょしてほしいなぁ~・・・なんて」
「・・・こ、こ、こ、こ、こ、こっ!?こちょこちょぉーーーーーーーーーーっ!?」
「ダメ・・・かなぁ?」
これは一生に一度のチャンス・・・神が私に与えし奇跡なのかぁ!!
このチャンス・・・逃すまいっ。
「い、いえっ!!是非やらせて下さいっ!!・・・ハァ、ハァ、ハァ、ハァ」
「ありがとぉ~お兄ちゃん」
そう言って美羽様は私に抱きついてきた。
おぉ~!!美羽様の香りだぁ~。
「じゃあ、じゃあ・・・早速・・・」
そう言うと美羽様は近くにあったベッドの上に仰向けになって転がった。
私は速く鳴り響く鼓動を押えながら美羽様の上に覆いかぶさる。
「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ」
「だ、大丈夫お兄ちゃん?息が荒いみたいだけど・・・」
「だ、大丈夫でございますっ!!」
「あははっ、変なお兄ちゃん」
そう言って美羽様はお笑いになった。
て、天使だぁ~。
「で、では早速、この不肖:佐古俊太郎っ!!僭越ながら美羽様のくすぐり役をやらせていただきますっ!!」
「早くぅ~♪」
私は美羽様の腋の下に手を伸ばす。
まさか美羽様をくすぐる事が出来るなんて~っ!!生きてて良かったぁ~!!!!
早速美羽様をくすぐろうとした時、服の袖を何かに引っ張られた。
振り返るとそこには頬を膨らませたひな様がいらっしゃった。
「ひ、ひな様っ!?」
「ずるいお~!!ひなもこちょこちょしてぇ~!!」
「うぉぉぉぉおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!?????ひ、ひな様までぇえええええええええええええ!!!!!?????」
こ、これは夢なのかっ!!
いや・・・奇跡だっ!!!!!
「で、ではひな様は美羽様の次と言うことでもう少しお待ちください」
「うんっ、早くしてね♪」
私はなんてツいてるんだっ・・・もう死んでもいいっ!!
「で、では美羽様・・・改めて・・・ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ」
私は再び美羽様の腋の下に手を入れると、とりあえず腋の下を触ってみた。
「ひゃははっ!?」
美羽様はくすぐったさを感じられ、笑いだされる。
私は一瞬驚いて手を引っ込めてしまうがこの押えきれない衝動を爆発させて無我夢中で美羽様の腋の下をまさぐりまくる。
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!お兄ちゃんっ!!くすぐったいよぉ~きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
美羽様は私のくすぐりに満足されたのか大笑いしている。
私はもっともっと笑わせようとより大きな動きを加えていく。
「きゃぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!あはははははははっ、くすぐったぁーい!!た、タイムぅ~!!」
「は、はい!!」
私は美羽様の合図で手を止める。
「はぁ、はぁ、はぁ、あぁ~くすぐったいっ・・・おかしくなっちゃうよぉ~」
美羽様は目に涙を浮かべながらおっしゃる。
「次はひなをこちょこちょしてあげて」
「は、はいっ!!」
私は勢いよく返事をする。
すると美羽様はベッドから降りられた。
そして美羽様と変わる形で今度はひな様がベッドの上に横になられた。
「兄ちゃんっ!!こちょこちょ~」
「は、はいっ!!」
私は美羽様とはまた違った天使に興奮しながらも腋の下に手を入れてくすぐり始める。
「きゃ~っ!!くすぐったいお~ひゃははははははははははははははははははははははははははははははっ!!やっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ」
ひな様は美羽様とはまた違い元気に笑われた。
私はまたも抑えきれない興奮を爆発させる。
「ひな様~こちょこちょこちょこちょこちょ~♪」
「にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!あはははははははっ、やめてぇ~きゃははははははははははははははははははははははっ!!」
「は、はい!!」
私はひな様から手を離した。
するとひな様はまた元気よく笑うと「もう一回やってぇ」と腋の下を開いた。
「かしこまりましたぁ~!!!!!」
私は今度はひな様の脇腹をくすぐることにした。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!こちょこちょだめだお~!!にゃははははははははっ、あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「で、ではモミモミして差し上げます」
私はひな様にそう申し上げるとひな様の脇腹を勢いよくモミモミして差し上げる。
「きゃぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!くすぐったいぃ~、やっぱモミモミもだめぇへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへ!!」
「は、はい!!」
私はすぐさまひな様から手を離す。
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・・くすぐったいお」
な、なんて可愛らしいんだっ!!!!!
「じゃあ次はまた私ねぇ~♪」
そう言うと美羽様はひな様の横に仰向けになられた。
「次は好きなとこ・・・こちょこちょしていいよ」
「ほ、本当ですかぁ~!!!!!」
「うんっ♪」
私は心を更に高鳴らせながら美羽様の足を掴む。
「えぇ~足ぃ~!?・・・苦手なんだけどなぁ~♪」
美羽様はそう言って私を誘ってくる。
私は更に興奮してしまい、無我夢中で美羽様の足の裏をくすぐりまくった。
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっ~!?や、やっぱ足はダメぇ~!!きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!くすぐったいぃ~やはははははははっ、あはははははははははははははははははははははっ!!」
「美羽様の足っ!!美羽様の足っ!!美羽様の足っ!!!!!」
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!くすぐったいよぉ~!!あっはっはっはっは!!や、やめてぇ~っへっへっへっへっへっへ!!ギブアップっ!!」
「美羽様の足っ!!美羽様の足っ!!美羽様の足っ!!!!!」
「あははははっ、あっはっはっはっはっはっはっはっ!!くひゃっ!?や、やめへぇ~!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっは!!ギブだってぇ~!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!お兄ちゃんだめぇ~!!」
「はっ!?し、失礼いたしました!!」
私は我に返ると美羽様の足を離した。
「も、もぅ~お兄ちゃんたらぁ~・・・くすぐったかったんだよ?」
「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ」
「わかってるの?」
「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ」
「はぁ~・・・ねぇお兄ちゃんっ!!じゃあこれが最後ねっ。お兄ちゃんの好きなタイミングで私とひなを好きにこちょこちょしちゃってもいいよ?」
「よ、よろしいのですかぁ!!!!!?????」
「うんっ、いいよねひな?」
「うんっ!!いいお」
二人はそうおっしゃって無防備にも大の字に寝転ばれた。
いいんだよな・・・
私はこの天使達を襲ってもいいんだよな・・・。
あぁ・・・いいんだっ!!
私は両手を使って二人同時にくすぐることにした。
右手でひな様の、左手で美羽様の腋の下を狙う。
「さて、始めはどちらからこちょこちょさせていただこうかなぁ~」
「ドキドキするなぁ~♪」
「ドッキドキだおっ♪」
私はひな様からくすぐり始めた。
「にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!くすぐったいお~!!きゃはははははははははははははははは~っ!!」
ひな様は不意の刺激に大笑いされる。
「最初はひなかぁ~」
そう言って気を抜かれた隙をついて美羽様にもくすぐったさを与える。
「きゃはっ!?わ、私もっ!?ひゃははははははっ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!くすぐったいぃ~!!きゃっはっはっはっはっはっは!!」
美羽様も不意の刺激に悶えなさる。
私はあふれる興奮を抑えながらひな様のくすぐりを休ませ、美羽様に全神経を集中する。
「きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!い、一気にくすぐったくなったぁ!?ひゃはははははははははははははははははははははっ!!だ、ダメぇ~くすぐったぁーい!!」
次に美羽様の手を休ませひな様に集中する。
「にゃっはっはっはっはっはっ!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~、あははっ、やっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
そして最後に二人同時にくすぐる。
「「きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっは!!くすぐったぁーい(お)!!」」
そして二人を離した。
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、お、お兄ちゃんの・・・すごいね」
「あははははっ、くすぐったかったお・・・・」
二人は息を整えなさる。
「ねぇ、どうせだったらもう、こちょこちょだけじゃなくて・・・好きにしていいよ」
「えっ!?」
「いいおっ!!」
「よ、よろしいのですかぁ~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
そう言った瞬間私の目の前は真っ黒になった。
あれ、なんだこれは・・・。
美羽様とひな様は?
あれ・・・!?


「という夢を見たんだ」
「佐古先輩・・・蹴り倒してもいいですか?」

スポンサーサイト
[PR]


  1. 2014/07/18(金) 14:24:54|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX