FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『這い寄られたニャル子さん』

『這い寄られたニャル子さん』

『這いよれ! ニャル子さん』 ―ニャル子 編―


「なっ!?何するんですかクー子っ」
「スキンシップ」
「私には真尋さんという心に決めたお方がぁ~!!」
「少年は私の嫁。ニャル子は・・・ウフフフフッ」
この日、ニャル子はクー子に襲われていた。
そう、誰もいない一軒家の一室で・・・。



††



時は遡ること1時間前・・・。
「じゃあ、僕は出かけるからな。後は頼んだぞ」
この日、真尋は親友である余市健彦との約束で出かけることになっていた。
「はいわかりましたぁ!!この私に全てっ!!お任せ下さい♪」
ニャル子はそう言うと胸を叩いて見せた。
「(大丈夫かな・・・不安だ)じゃあ、行ってくる」
真尋は不安をあらわにしながらも家を後にした。
「さて、真尋さんも出かけたことですし~・・・私は例の作戦でも始めますかぁニッシッシ・・・」
「ニャル子・・・」
「おわぁ!?」
ニャル子はいきなり背後から出てきたクー子に驚いて尻もちをついた。
「な、なんだクー子ですか・・・いいですかクー子、私はこれから色々と忙しいんですっ!!だからくれぐれも大人しくしているように!!いいですね?」
「ニャル子、これ」
「な、なんですか?コレ」
ニャル子はクー子から差し出された一枚のメモ用紙を受け取った。
「少年から・・・」
「えっ、真尋さんからっ!?」
ニャル子はメモ用紙を瞬時に開くとメモ用紙を凝視する。



『ニャル子へ    
僕が帰るまでにしておいて欲しい事がある。
一つは風呂場においてあるスプレーをリビングに移動させておいてほしい事だ。
もう一つはそのスプレーは普段僕が使用しているものだ・・・絶対にいじるなよ・・・。』               



「な、な、な、なななななななななななっ!!!真尋さん愛用のスプレー・・・どぉおおおおおおおりゃあああああああああああああああ!!」
ニャル子は神をも超えた神速で風呂場へと駆け込んだ。
そして視界に入ったスプレー缶を手に取る。
「これが・・・真尋さんの・・・」
ニャル子は周囲を見渡すと誰もいない事を確認しそっと噴射した。
すると噴射されたスプレーガスはみるみるうちに風呂場を覆った。
「ぬはっ!?な、なんですかぁーっ!!こ、これは・・・」
ニャル子はガスを吸い込むとすぐさま意識を失ってしまった。
そして・・・現在に至る。


ニャル子が目を覚ますとそこはベッドの上だった。
「あ、あれ・・・私は一体・・・っ!?ってどうなってんですかぁあああああコレえええええ!?」
辺りを見回して見ると自身の両手両足が拘束されている事に気付いたニャル子は思わず大声を上げた。
「起きたようね・・・」
ニャル子が呆気にとられていると後方から声がした。
「くっ!!・・・クー子っ!?」
「ウフフフ・・・ニャル子・・・」
(クー子の目は逝ってる・・・これは・・・まずいっ!!)
ニャル子はそう思って回避を試みるが両手両足にかけられた拘束具はビクともしない。
そしてクー子はニャル子に覆いかぶさるようにベッドへと飛び乗った。
次の瞬間、クー子はニャル子の身体を触り始めた。
「なっ!?何するんですかクー子っ」
驚いたニャル子は身を捩る。
「スキンシップ」
「私には真尋さんという心に決めたお方がぁ~!!」
ニャル子自身も自分が何をされるのかは大体予想が出来た。
「少年は私の嫁。ニャル子は・・・ウフフフフッ」
このクー子の逝った目を見れば・・・。
「クー子っ!!今なら謝れば許してやってもいいですよっ!?」
しかしニャル子の言葉などクー子には聞こえていない。
暴走したクー子はそのままニャル子の脇腹をくすぐり始めた。
「あっは!?ちょ、クー子っ、いひゃははははははははははははははははははははははっ!!」
腹部に来たくすぐったさにニャル子は笑い出す。
「ニャル子・・・ニャル子ぉ・・・♡」
「くっ!!くっくっくっ、くっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!や、やめぇっへっへっへっへっへっへっへっへ~っ!!」
「ニャル子が悶えている・・・私の・・・私のテクで・・・」
「て、てっはっはっはっはっは!!テクってなんですかぁ~っはははははははははははは~っ、くすぐったいぃ!!」
「ウフフフフフフフフフフフフ☠」
壊れたクー子の執拗なくすぐりは次第にニャル子を飲みこんでいく。
「にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!も、もういいじゃないですかぁー!!きゃはははははははははははははははっ!!」
「ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子・・・」
「あっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!クー子っ、聞いてるんですかぁー!?ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~」
クー子は脇腹から腋の下へと指を移動させる。
「なっはっはっはっはっはっはっは!?そ、そっちはだめっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへ!!も、もうやめてくださいぃ~っひっひっひっひっひっひっひっひっひっひ!!」
「ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子・・・♡」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!くすぐったい!!きゃははははははっ!!も、もうだめぇっへっへっへっへっへっへ~っ」
「ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子ニャル子!!」
クー子の暴走は一向に収まらない。
「きゃっはっはっはっはっはっは~!!いやぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっは!!お、お腹がぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは」
「ウフフフフフフフフフ・・・ニャル子~☠」
クー子はニャル子の腋の下から脇腹にかけて指を往復させていく。
「あぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!そ、そろそろいい加減にしないとぉ、くひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!って、なにっ、うひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ~!!へ、変な感触がぁっ、あっはっはっはっはっはっはっは~っ!!移動してくるっ!?いやぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
それに合わせてニャル子も反応を変えていく。
「ウフフフフ・・・ニャル子が落ちるのも時間の問題♡」
「にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!わ、私がぁ、落ちるわけないですよぉ~っほっほっほっほっほっほっほ!!」
ニャル子は強がって見せるが、自身も自分にそこまでの余裕がない事は十分承知していた。
「なら、これで・・・」
クー子は両手でニャル子の上半身をくすぐりながらニャル子の首筋に舌を這わせた。
「ひゃんっ!?きゃっはっはっはっはっはっはっはっは!!く、クー子ぉ!!あぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!そ、それはダメぇ~っはっはっはっはっはっはっは、いひゃははははははははっ!!わ、わかりましたぁー!!きゃはははははっ、あははははははははははっ!!わ、私の負けぇー!!」
「負けは認めない・・・ウフフフフフフフっ・・・」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!そ、そんなぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!も、もう許ひへ~っへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへ~ッ!!」
結局クー子が飽きるわけもなく、ニャル子は長時間クー子に遊ばれることとなった。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

  1. 2014/07/18(金) 14:23:26|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX