FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『成長期かぁ…』

『成長期かぁ…』

『乃木坂春香の秘密』 ―乃木坂 美夏 編―


「う~ん・・・これも入らなくなっちゃった」
乃木坂美夏はお気に入りの洋服を恨めしそうに眺めていた。
「それは美夏様が成長されたからですよ♪」
その横で美夏専属メイドである那波はにこやかに笑う。
「成長・・・ねぇ・・・」
美夏はそう言ってはため息をつく。
それを見た那波は美夏を後ろから抱きしめた。
「美夏様はここの成長を望んでおられるのですねぇ~」
そういって後ろから美夏の発育しきっていない胸を揉みしだく。
「きゃははっ!!ちょ、やめっ!?あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~」
美夏はくすぐったさに勝てずに笑い出す。
「いいですかぁ~美夏様」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
那波は手を休めずに美夏に語りだす。
「胸を揉みしだかれた時にくすぐったいと感じるならそれはまだ成長しきっていない証拠なのです☆」
「きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ!!くすぐったいっ!!」
那波はそう言うとくすぐったがっている美夏を解放する。
「まだ美夏様は十分成長されますよ」
那波の一言に美夏は自分の胸をもう一度見る。
「ねぇ・・・お姉ちゃんの事、抜かせるかな?」
「・・・期待してます」
「う~ん・・・何かいい方法はないかなぁ。こう、胸を大きくする・・・」
美夏が考えにふけこんでいると那波が何かを思いついたかのようにポンと手を叩いた。
「美夏様っ!!そう言えば昔・・・」
那波は美夏に自分が昔に聞いた事のある方法を美夏に伝授した。
「ほ、本当にそれで大きくなるの?」
「はいっ!!私が試した時は三日で2cm増しましたから」
美夏の不審的な眼差しを那波は笑顔で跳ね返した。
「じゃあやってみようかな・・・手伝ってくれる?」
「もちろんっ!!美夏様のためですから♪」
こうして美夏のバストアップ大作戦は幕を開けた。


「では美夏様、準備はよろしいですね?」
那波は美夏を膝の上に乗せると美夏に問う。
「うん、いつでもいーよ」
美夏もOKの合図を出す。
すると合図を受けた那波はタイマーを一分にセットしスタートボタンを押すと同時に美夏の胸を揉みしだいた。
胸を揉みしだかれ始めた美夏は昨日と同じように笑いこける。
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!くすぐったいっ!!きゃ~はははははははははははははははははは!!」
「さぁ、頑張ってください美夏様♪」
那波は適度に力の入れ方を変えながら美夏を責めていく。
「ひゃはははっ、あはははははははははははははははははは~っ!!やっ、やっぱ無理ぃ~!!あははははははははっ~」
美夏は那波を振り切ろうとするが那波はそれを阻止する。
「ダメですよ~逃しませんっ」
那波はそう言うと胸から脇腹へと手の位置を変える。
「きゃーっ!?あははっ、そこ関係ないじゃんっ!!いやっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
美夏は先程よりも大きく暴れまわる。
「きゃ~っ、美夏様可愛いぃ~♪」
一方の那波は本来の趣旨を忘れ美夏をくすぐる事を純粋に楽しんでいた。
「にゃははははっ、にゃはははははははははははははははははははははは~っ!!ダメだよぉ~!!助けてぇ~」
「ふっふっふ。今この部屋には私と美夏様しかいないのですよ?助けが来ると思いますかぁ?」
「あっはっはっはっはっはっはっはっは!!や、やっぱりぃ、趣旨変わってるじゃないっ」
「そこまでご理解いただけたならもう少しだけ私の欲求を解消させてください」
「きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
美夏はなんとか脇腹をガードしようとするが那波のテクニックの前では何の意味もなかった。
「ふっはっはっはっはっはっはっは!!が、ガードできなっ、きゃはははっ、きゃはははははははははははははははははははははっ!!」
「その程度でガード出来ると思わないで下さいよっ」
那波は脇腹から腋の下へ手を動かす。
「いひっ!?だ、ダメぇ~!!」
美夏は那波の手が自身の腋の下に近づいている事がわかると必死で腋の下を閉じようとする。
「無駄ですよ美夏様~♪」
そう言うと那波は後ろから美夏の耳に息を吹きかける。
「ふぅ~」
「ちょっ、ひゃんっ!?」
美夏は突然耳に感じた刺激に驚き身を縮める。
その一瞬の隙を突いて那波は美夏の腋の下に手を突っ込んだ。
「ひゃははははっ!?」
「腋の下に触っただけでこの反応・・・これは面白そうですねぇ~☆」
那波はニコニコしながら美夏の腋の下をゆっくりとくすぐり始めた。
「あははははははははははっ!?くすぐったいよぉ~っ!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっは!!やぁ~はははははははははっ!!ダメぇ、ホントに腋はいやぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
那波が美夏の腋の下をくすぐりだすと丁度一分を知らせるタイマーが鳴り響いた。
『ピピピピピピピピピッ♪』
「にゃははははははははははははっ!!鳴ったよぉ、くひゃひゃひゃひゃひゃひゃ~一分経ったってぇ!!」
「えぇ~もうですかぁ?せっかくですしもう少しだけ♪」
那波はそう言って手を止めようとはしない。
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!ダメぇ~」
まだまだ二人の時間は終わりそうになかった。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

  1. 2014/07/18(金) 14:21:49|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX