FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『秘密は…秘密です』

『秘密は…秘密です』

『乃木坂春香の秘密』 ―乃木坂 春香 編―


「ねぇお姉ちゃん」
「何、美夏?」
夏休みも残り半分となったこの日、春香は美夏の勉強を見ていた。
「おに~さんとはどこまでいったの?」
「へっ!?」
シャープペンを置いた美夏は唐突に春香にそう言い投げた。
春香は困惑しながらも冷静さを取り戻そうと模索する。
「い、今は勉強中でしょっ、集中しなさいっ!!」
「あれぇ~?お姉ちゃんキョどってる?」
美夏は少しからかい始める。
「別にっ、普通ですっ!!」
「本当かなぁ~」
「本当よっ、いいから続きをやりなさい」
春香も負けじと反論するがそのたびに美夏の口元は緩んでいく。
「お姉ちゃんっ」
「な、何?」
美夏は春香に近づいていく。
そして春香の前に立つと春香を押し倒し馬乗りになった。
「お姉ちゃんが教えてくれないならぁ~・・・身体に聞いちゃうからね♪」
そう言って美夏は春香の腋の下に手をかけた。
「み、美夏!?」
春香は突然のことに驚きつつも自分がこれからされることを感じ取ると少し抵抗しようとする。
「そぉ~れっ、こちょこちょこちょこちょ~♪」
そして美夏の取り調べが始まった。
美夏は不規則に指を動かし春香に刺激を与えていく。
指が腋の下に触れるたびに春香は笑い声をあげて転げる。
「きゃあっ!?ひゃははははははははっ、あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁ~!!」
「さぁ、言っちゃえ言っちゃえ~」
「あはははははははははははははっ!!や、やめて美夏っ!!ひゃはははははははははははははははっ、くすぐったいぃ!!」
「止めてほしかったら正直に教えてよぉ~」
「きゃ~ははははははははははははははははははははっ、あっはっはっはっはっはっはっはっはっ」
「お姉ちゃん?これじゃあいつまでたっても終わらないよぉ~?」
「やははははははっ、にゃぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!み、美夏にはっ、ひゃっはっはっは!!関係ありませんっ~」
「じゃあお姉ちゃんの一番の弱点を責めちゃうぞぉ~」
美夏はかたくなに口を閉じる春香の口を割らせるために最終手段にでる。
腋の下から手を離すと、美夏は次に春香の脇腹に手を伸ばし、丁寧に揉みしだいた。
「うひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!ダメぇ~そこはっ、はっはっはっはっはっはっはっはっは~!!そこはやだぁ~ひゃははははははははははははははははははははははははははははっ、きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!み、美夏ぁ~にゃはははははははははっ、やめへぇ~」
春香は一番の弱点である脇腹を攻め立てられると、先程までの笑い方とは違い、また一段と激しく悶え始めた。
「えへへっ、これならすぐに降参しちゃいそうでしょ?」
美夏はニコニコしながら春香をくすぐり続ける。
「きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!わかったよぉ~ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!は、話しますぅ~」
春香が遂に観念すると美夏は春香をくすぐるのを止めた。
「それで、おに~さんとはどこまでいったのぉ~?」
「・・・」
「ん~?」
「・・・ゆ、裕人さんとは・・・そのぉ・・・」
春香はそこまで言うと突然に黙り込んでしまった。
それを見た美夏はニヤリと笑って再び春香の脇腹をくすぐりだした。
「お姉ちゃん・・・こちょこちょこちょこちょこちょこちょぉ~♪」
「いやぁっ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!ダメぇだってぇ~っへっへっへっへっへっへっへ!!み、美夏ぁ~っはっはっはっはっはっは、許してぇ~っはっはっははっはっはは!!あははははははははっ、あぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは、っはっはっはっはっはっはっは、く、くすぐったぃ~!!」
「言わないともっとこちょこちょしちゃうからね?」
美夏は春香の服の中に手を入れて直に春香の脇腹をまさぐった。
「これはどうかなぁ?こちょこちょこちょこちょこちょ~」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはんっ!?そ、それっへっへっへっへっへっへっへっへっへぇ~!?きゃはははははははははっ、やぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「いつまで我慢できるかなぁ?」
美夏は意地悪く春香をくすぐり続ける。
春香は直のくすぐりに太刀打ちできずに跳ねまわる。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ、だめぇ、美夏ぁ、だめぇ~へへへへへへへへ!!やだぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは、あっははははははははははははははははっははははははははっはっはっはっはっはっはっははははははははははっははあっははははっははっははははっははは~っ!!」
「じゃあ教えてよぉ~」
「いっひっひっひっひっ!!わ、わかったからぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!わかったからやめへぇ~っ」
「また途中で黙ったらぁ~・・・もっとこちょこちょしちゃうからねぇ?」
「はぁ、はぁ、はぁ・・・」
春香は美夏から解放されると息を整える。
そして力なく床に転がるとそのままぐったりとしてしまった。
「あぁ~、具合がぁ~悪いですぅ~(棒読み)」
「・・・お姉ちゃん?」
「これではぁ~、美夏とお話しできないですね~(棒読み)」
「・・・」
美夏は明らかに棒読みの春香をジッと睨みつける。
「おねえちゃん♪(ニコニコ)」
美夏は猫なで声で春香を呼ぶ。
「な、なにかな?」
「あははははははっ・・・・・・・・・・こちょこちょの刑だぁ~!!!!!」
美夏は春香に飛びつくと春香の服をすべて脱がせ全身を直にくすぐり始めた。
「ひゃははははははっ!?み、美夏っ!?きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁ~ごめんなさぁ~い!!」
「許さないからねぇ~!!!!!」
こうしてこの日はくすぐり大戦争が始まったのだった。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

  1. 2014/07/18(金) 14:19:54|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX