FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『桃色のハプニング』

『桃色のハプニング』

『あかね色に染まる坂』 ―椎名 観月 編―


「兄さん。というわけですから、帰ってくるのは明後日になりそうです」
「おう、頑張ってこいよ」
「優姫さんも実家に戻ってて、私まで合宿で家には誰にもいないからってだらけてちゃダメですからね」
「わかってるって」
夏休み真っ只中の今朝、湊はテニスの遠征試合のため合宿へと向かった。
帰ってくるのは明後日の夕方。
それまでは久しぶりの一人暮らしだ。
とは言えど、昔と何も変わりはしないのだが・・・。
まぁまずは・・・寝るか。
そう思い立った俺はまだ午前9時だというのにも関わらず再び布団をかぶった。


「んんっ」
どのくらい経ったのだろうか。
俺は突然目を覚ました。
俺は布団から起き上がると枕もとにあった携帯を開き時間を確認する。
「・・・あれっ、もう5時か」
どうやらかなりの時間眠っていたようだ。
『ピンポーン♪』
「っと、はいはい今出ますよ~」
俺は唐突に鳴らされたチャイムを聴くと玄関へと向かった。
「ハロ~じゅんくんっ♪」
扉を開けるとそこには観月先輩が立っていた。
「み、観月先輩っ!?どうしてここに・・・。じゃなくて、どうぞ中へ」
俺はテンパリながらも観月先輩をリビングへと通した。
先輩に紅茶を差し出すと俺も腰を降ろす。
「それで、先輩。今日はどうして・・・しかも夕方に」
「ちょっとした風の便りでね、じゅんくんが一人ぼっちだって聞いたからぁ、観月先輩が自らそんなじゅんくんに至福の時間を与えに来たのですっ」
先輩はそういうと立ちあがった。
「ということでじゅんくん、今日泊めて♪」
「・・・えぇーーーーーーーーーっ!?み、み、みみみみみ、観月先輩がウチに泊まるぅーーーーっ!?」
俺は思わず近所迷惑も考えずに大声で叫んでしまった。
「ダメ・・・かなぁ?」
「い、いえっ!!喜んでっ!!」
「ありがとっ、じゅんくん♪じゃあ夕食は私が作るねっ!!そうと決まったら早速着替えなきゃ。ちょっと部屋借りるね」
観月先輩はそう言うと立ちあがり別の部屋へと向かった。
さっきは了承したのだが・・・実は内心少しだけ迷っていたのだ。
あの観月先輩がウチに泊まるという夢のような出来事や、身内以外の女の子と二人きりで過ごすこと・・・。
この事に対する思いからちょっとした戸惑いが生まれたのだが・・・。
「あの上目遣いは反則だろ・・・」


暫くすると観月先輩は思いもしない格好で俺の目の前に現れた。
「み、観月先輩・・・そ、その格好は・・・」
「ん?あぁ、これが男の子の夢だって聞いたから・・・でもちょっと恥ずかしいなぁ」
「先輩は男の夢がわかっていらっしゃるっ!!まさかの裸エプロンだなんてっ!!」
「あれれっ?じゅんくん・・・なんだか様子が・・・」
「はっ!?危ない危ないっ、もう少しで理性が飛ぶところだった・・・」
今のは少し危なかったぞ・・・。
先輩の裸エプロン姿についつい見入ってしまった。
「もしかしてじゅんくん・・・発情してた?」
「あ・・・す、すみません!!あまりに観月先輩が魅力的だったからっ!!」
「へっ!?・・・じゅんくん?・・・それって・・・」
「え、えぇっと・・・つまりですね・・・そのままの意味で・・・」
「・・・」
俺が思わず言ってしまったことに観月先輩は硬直している。
「あの、気を悪くされたのなら謝ります」
「ううん、違うの。その・・・触る?」
「・・・はっ?」
「だから・・・その・・・お礼だから・・・少しだけなら、触っても・・・いいよ?」
う、嘘だろっ!?
そんなことを心で思いながら俺は硬直した。
と言いながら先輩は何かを企んでいるのか?
いや、むしろからかわれているとか・・・。
もうそんなことどうでもいいっ!!
ていうか恥じらいを持った先輩が可愛すぎるっ!!
「い、いいんですか?・・・俺、遠慮はしませんよ?」
「いいよ。泊めてもらうお礼だから・・・」
「というか世話してもらう俺がお礼を言うべきなのでは?」
「そんなことないよっ、私は・・・その・・・いいからっ!!」
そう言うと先輩は俺の手を引いた。
「先輩・・・」
「ちなみに、触り過ぎはダメだからねっ」
「は、はいっ」
俺は恐る恐る先輩の太腿を触った。
「ひゃんっ!?」
「うわっ!?」
俺は先輩の悲鳴に驚いてさっと手を離す。
「いいよ、続けて・・・」
「で、でも・・・」
「今のは・・・その・・・ちょっと・・・くすぐったかった・・・だけだよ」
「じゃ、じゃあ、お言葉に甘えて・・・」
俺は再び観月先輩の太腿を撫で始める。
「きゃ、んっ!・・・くっく・・・きゃはっ!?・・・」
くすぐったいのか、必死で何かに耐えている先輩。
それを見て俺は更に興奮してしまう。
俺は太腿からお腹に手を動かす。
そしてエプロン越しに先輩のお腹を触る。
「ひゃはんっ!?じゅ、じゅんくんっ、そこは・・・はぁ、あははははっ、きゃははっ・・・」
先輩はギリギリ耐えきっているようだ。
というか・・・それがたまらなく可愛くてしょうがない。
俺は遂に先輩を笑わせにかかった。
「先輩。お遊びはここまでです。俺もう理性が飛びました。覚悟してくださいよ」
「じゅ、じゅんくん!?」
俺は先輩の脇腹を撫でるのではなく揉み始めた。
「きゃはははははははっ、じゅんくんっ、ダメぇ~っ!!あははっ、きゃはははははははははははははっ!!」
先輩はくすぐったさに身を捩った。
今、先輩の脇腹と俺の手の間には薄いエプロンが一枚だけ。
背中の方に関しては直接触れてしまっている。
「ひゃははっ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!やだぁ、くすぐったい~!!」
俺は指を脇腹から少しずつ上へと移動させていく。
「あはははははっ、そ、それ以上、きゃははははははっ!!上行っちゃダメぇ~っへっへっへっへ!!」
先輩は腋の下を狙われていると悟ると必死に腋の下を閉じようと力を込める。
「先輩、そんな小細工が俺に通用すると思いますか?」
そう言って先輩の脇腹をランダムに突っ突きまわす。
「ひゃっ、きゃははははっ、きゃんっ!?にゃはははっ!!くひっひっひ、ひゃはははははははは~」
こうすることによって次にどこにくすぐったさが襲ってくるのか、先輩はわからなくなり力を込めることを忘れる。
「よし、今だっ!!」
俺は一瞬の隙を突いて先輩の腋の下に手を滑り込ませた。
「きゃはははははははははっ!?じゅんくんっ、そこはぁ、ひゃんっ!?本当にダメだよぉ~!!」
「俺、言いましたよね理性が飛んだって」
そう言うと容赦なしに先輩のわきの下に手を這わせた。
「にゃはははっはははははははははっははははっははっはっはっはっはっはっは~っ!!やだぁ~くすぐったいぃ!!きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
先輩は脇腹の時とは断然、くすぐったさを感じているようで足をじたばたさせ始めた。
考えてみれば俺は今、先輩の腋の下を直に触っている。
これはくすぐったいに違いないな。
「あはははははっ、ひゃはははははははははははは~っ、じゅん、じゅんくんっ、きゃっはっはっ、も、もういいでしょ?」
先輩は必死で俺に止めるように乞う。
だが、今の俺は無敵だった。
「お礼だって言ったのは先輩じゃないですか?」
「やははははははははははははははははっ、そ、そうだけどぉ、きゃ~っはっはっはっは!!くすぐったいんだもんっ、ひゃははっはははははははは、ははははははははっ~」
先輩が暴れまくった所為か、エプロンが半分以上めくれてしまっている。
しかし、先輩は気づいていないようだ。
ならば!!
俺は再び先輩の脇腹に手を伸ばした。
「ひゃはははははははっ!!う、ウソっ!?エプロンがっ、きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
そう、ちょうどいい感じに脇腹の部分のエプロンがめくれていたのだ。
先輩は直に脇腹をくすぐられ先程よりもくすぐったさを感じているだろう。
「あははははははははははっ、も、もうダメだよ~にゃはははっ、っはっはっはっはっはっはっは~っ!!ゆるひて~っへっへっへっへへっへへへ!!」
先輩は思いっきり身を捩った。
すると先輩は俺の手の中から見事に抜け出した。
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、ひどいよじゅんくん!!」
「すみません。なんか理性が飛んじゃって・・・」
「むぅ~、先輩は怒ってるよ~」
「ご、ごめんなさいっ!!」
俺は精一杯頭を下げる。
「・・・なぁ~んてね?結構楽しかったよ♪まぁ・・・くすぐったかったけど」
「先輩・・・つまり、またくすぐってもいいってことですよね?」
「優しくだったら別に・・・きゃんっ!?」
俺は先輩の返事を聞くと同時に再び先輩に襲いかかった。
この夜六時くらいまで笑い声が聞こえていたという。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


  1. 2014/07/18(金) 14:17:47|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX