FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『迷い猫、騒いだ』

『迷い猫、騒いだ』

『迷い猫オーバーラン!』
―芹沢 文乃 編―
―霧谷 希 編―
―梅ノ森 千世 編―


「ま、まさかここまで雨が降るなんてな・・・」
「本当、天気予報なんて当てにするもんじゃないわね」
俺と文乃は学校帰り、土砂降りの雨に襲われた。
今朝の天気予報ではすこぶる快晴と予報されていたが、全くの逆になってしまった。
おかげで俺たちはずぶ濡れになってしまった。
「文乃、このままじゃあ風邪ひくしシャワー浴びてこいよ」
俺はそう言って文乃にタオルを投げ渡した。
文乃はタオルをキャッチすると風呂場へと向かっていった。
『カランカランっ♪』
文乃が風呂場へ向かうとすぐに店に誰かが入ってきた。
「はぁ~もぅ最悪よ!!何が快晴よ!!土砂降りの大雨じゃない!!」
「にゃあ、びしょ濡れ・・・」
希と千世だ。
二人とも俺たちと同じようにびしょ濡れだ。
「大丈夫二人とも?」
俺は二人にもタオルを渡す。
すると希が俺にタオルを返す。
「巧も濡れてる」
「あ、あぁ、大丈夫。俺の分もタオル取ってくるから。今、文乃がシャワー浴びてるから二人も入ってきなよ」
そう言って俺は希にタオルを返した。
「ちょっと巧っ!!」
俺がタオルを取りに行こうとすると、びしょ濡れのままの文乃が現れた。
「シャワー壊れてるわよ」
「へっ!?」


「んで、結局銭湯へやってきました」
「誰に説明してるのよ?」
文乃からの冷たいツッコミを受けつつも俺は男湯へ入って行った。


―View.第三者―

一方の文乃達はというと・・・。
「にゃあ大きい」
「それってどこの事?お風呂?それとも文乃の胸?」
「大体千世は胸の大きさにこだわり過ぎなのよ」
そんな話を交えながら客入りの少ない銭湯を堪能する。
文乃が体を洗っていると、千世がこっそりと背後から忍び寄る。
そして文乃の胸を後ろから揉みしだく。
「ひゃはんっ!?ちょっ、な、なはっ!!何すんのよ」
文乃は一瞬の出来事に対処できずに思わず声をあげてしまった。
「何コレっ!?文乃、こんな武器を持っていたのね!!許すまじ!!」
「ちょっと千世!!きゃはははははははははっ!!や、やめなさいっ、くすぐったいでしょ!!」
「こんなの卑怯よ!!反則よ!!笑いを持って償いなさい!!」
千世はそう言うと胸から腋の下へ手を動かし文乃をくすぐり始める。
「あはははははははははははははははははははははははっ!!ち、千世、やめてぇ!!くすぐったいぃ!!やっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~」
体に泡が張り付いている分、通常よりもよりくすぐったく感じている文乃。
しかし千世は一向に手を緩める気配はない。
「ほれほれほれほれほれほれほれほれほれっ~!!」
「ひゃはははははっ!!あはははははははははははははははははははははははははははははははははははははは~!!だ、だめっ!?そこはぁ、本当にぃ~きゃははははははははははははははははははははははははははははははははは~っ!!」
「こんなデカい胸して、ってゆーか何カップよあんた?」
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!し、知らないわよそんなの!!」
「にゃあ・・・楽しそう」
そんなところに希が現れた。
「ちょうどいい所に来たわ!!希も手伝いなさい!!」
「何をすればいいの?」
「見りゃわかるでしょ、文乃をくすぐればいいの!!」
「了解・・・」
「了解ってちょっと希っ!!ひゃんっ!?」
希も千世と同じように文乃の脇腹をくすぐりだす。
「文乃、こちょこちょこちょこちょこちょこちょ」
「あはははははははははははははははははははっ!!希までっ、きゃっ!!やめぇ、やはははははははははははははははははははっ!!」
四本の手二十本の指による刺激に耐えきれずに文乃は笑い狂う。
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!きゃははははははははっははははははっははっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!あはははははははははははははははははははははは~!!や、やめなさいって!!」
文乃は何とか力を振り絞って二人の手を押し退けた。
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・・二人とも・・・覚悟は出来てるんでしょうね?」
文乃はそう言うと千世に歩み寄って行く。
「な、な、何よ!?デカ乳!!なんか文句あんの!?」
千世は内心ビビっているのか少しずつ間合いを取ろうと後ろへ下がる。
「希・・・手伝って」
「わ、わかった・・・」
希も文乃の威圧感に圧倒され言われるがままに文乃の背後に着く。
「千世・・・さよなら」
文乃は千世の腋の下に手をかける。
「ごめん千世」
希も千世の両足を取った。
「ま、待ってっ!!話せばわかるはずよ!!」
「問答無用!!こちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょ~!!!」
千世の制止を振り切り文乃は腋の下を、希は足の裏をくすぐり始めた。
「にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!や、やめなさい!!きゃはははははははははははははははははははは~くすぐったいぃ~!!ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ!!」
千世は何とか二人を振りほどこうとするがまるで力が入らない。
「さぁ~て、どう仕返しさせてもらおうかしら」
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!わ、私が悪かったわ!!ひっひっひっひっひっひ!!許してぇ~!!きゃははははははははははっ!!」
「大体あんたは胸の大きさにこだわり過ぎなのよ」
「ひゃははははははははははははははははははっ!!そ、それさっきも聞いたしぃ、にゃはははははははははははははははははははははははは~!!こ、降参っ降参!!」
「次、私の胸を揉みしだいたらくすぐり続けて地獄に落とすからね」
「くひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっ!!わ、わかったぁ!!わかったからぁ!!あはははははははははははははっ!!」
「本当でしょうね?」
「にゃはははははははっあはははははははははははははははははははははははははははははっ!!ほ、本当だからぁ!!やめてぇ~!!きゃははははははははははははははははははははははははははあはははははははははははは!!」
文乃は千世を解放すると希を見つめる。
「そう言えばまだ希だけくすぐられてなかったわよね?」
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、そういえばそうね・・・」
千世も息を整えながら口をそろえる。
「不公平だと思わない?」
そう言って文乃は希を取り押さえた。
「希も一度くすぐられなさい!!」
千世は動けなくなった希の脇腹を揉み始めた。
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ!!千世ぇ、やめてっ!!あははははははははははははははははははははははっ、きゃはははははははははははははは!!」
「希がこんなに笑うの始めてみたかも・・・」
千世は希をくすぐりながらそうこぼす。
「確かにそうね。でも手加減は無しよ」
文乃は押さえつけていた手を離すと希の腋の下を責めた。
「ひゃははははははははははははははっ~!!ふ、文乃!!そこはぁ、ダメっ!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「そういえばあんたも胸デカいわね・・・」
千世は希の胸を見るとより力を入れてくすぐった。
「あはははははははははははははっ!!ご、ごめん~!!ひゃははははははははははははははははははははははははははははははははははははは~!!」
「別に謝る必要なんてないわよ。千世は僻んでるだけよ」
「別に僻んでなんかないわよっ!!」
「きゃははははははははははははははははははははははははははははははっ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!ち、千世っ許してぇ~!!ひゃははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは!!」
こうして三人のくすぐり合いは三人の友情を更に深めた。


一方の巧はというと・・・
「女子の方はにぎやかだなぁ・・・」
ひとりむなしく銭湯を堪能していた。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]


  1. 2014/07/18(金) 14:14:19|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX