FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『発見!?ベッド下の伝説』

『発見!?ベッド下の伝説』

『kiss×sis』
―住之江 あこ 編―
―住之江 りこ 編―


「ねぇ、りこ・・・コレって・・・」
あこは一冊の雑誌を手に取った。
「あぁ。間違いなく圭太の物だな」
りこは表情一つ変えずに言い放つ。
「で、でも・・・コレは・・・」
「圭太だって男の子なんだし、こう言った類に興味があるのは当然だ」
冷静なりこに対し、あこは深く考え込む。
「では実際に圭太に聞いてみればいい」
「な、なんて?」
「圭太って・・・『くすぐりフェチ』?って」
「直球すぎだよっ!!」
「でも、この秘蔵のくすぐり本は圭太のベッドの下から発見されたんだぞ」
「そ、それは・・・っ」
「それにフェチだという事が確認できれば圭太攻略の鍵になるかもしれない」
「・・・。よし聞こうっ」
「単純」
かくして2人は圭太が『くすぐりフェチ』であるか否かを探るため行動に出た。

~夕方~

「ただいまーっ」
部活を終え、圭太が学校から帰ってきた。
圭太は靴を脱ぎ終えるとまっすぐにリビングへと向かった。
「よし、あこ。これより作戦を実行する」
「ら、ラジャーっ!!」
2人はリビングへと向かった圭太の後を追ってリビングへと入った。
すると2人は圭太の前に立った。
「どうしたんだ?2人して」
「圭ちゃんに聞きたい事があるん・・・だけど」
「聞きたい事?」
「あ、あのね・・・その・・「圭太はくすぐりフェチなのか?」」
あこが言いかけたところでりこがド直球に尋ねた。
「なっ・・・!?そ、そんなこと・・・」
「どうなの圭ちゃんっ!!」
「そんなの姉ちゃんたちに関係ねーだろ。大体、何でいきなりそんな話が・・・ってもしかして・・・」
「ご、ごめん・・・。圭ちゃんの部屋を掃除してたら・・・コレが」
そう言ってあこは圭太にさっきの本を渡す。
「はぁ~。そうだよ・・・俺はくすぐりフェチだ」
圭太は断念したのか素直に打ち明けた。
「だそうだ。これで攻略の糸口は見えたな」
「まぁ、そうね」
「攻略?」
圭太には何が何だかよく解らなかったのだが・・・。
この後、この時の言葉の意味を知ることとなる。

~夜中~

その夜、圭太が部屋で寝ようとしていると部屋の戸がノックされた。
「圭太・・・入ってもいい?」
「りこ姉?・・・いいけど」
「お邪魔します」
りこは圭太の承諾を得ると部屋に入り、ベッドに座っている圭太の横に座った。
「ねぇ圭太・・・圭太ってくすぐりフェチなんでしょ?」
「あ、あぁ・・・」
「なら、私の事もくすぐりたいとか思わない?」
「っ!?・・・いいのか?」
「いいよ・・・ほら」
りこはそう言ってベッドの上に大の字で寝転がった。
圭太はその上からりこの腋へと手を伸ばす。
そして優しくくすぐりはじめた。
「ひゃふっ!?くっ、ははははっ!!あはっ、ちょっとタイム!!」
りこは圭太の手を振り払った。
「我慢できない?」
圭太は少し勝ち誇り気に問う。
「す、少し我慢できなかっただけだ」
「じゃあもう一回・・・」
再び圭太は手を伸ばす。
「ひゃははははっ!!くっくっくっくっくっ!!あはははははははははははははは~」
りこは我慢できずに笑い出す。
「どう、くすぐったい?」
「ひははははははははははははははははは~くすぐったい!!きゃはははははははははははははははははははははははははははははははははははっ!!」
いつにもなく積極的な圭太に押されつつも、りこはくすぐりを受け入れる。
「もうちょっと強くしてもいい?」
「くっひっひっひっひっひっひ!!べ、別にぃひっひっひひひひひ!!あははははははははははははははははははははは~っ」
圭太はさっきよりも早く激しく指を動かし、りこの腋の下を襲う。
「にゃははははははははははははははははははははははははははは!!!!あははははははははははははっ、くすぐったーい!!ひゃははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは~、もう少し弱くぅ~!!やははははははははははははははははははははははははははははははははははははっ!!」
「こちょこちょこちょこちょこちょ♪」
「くひゃははははははははははっ!!や、やめれぇ~ひゃははははははははははははははははははは!!くっくっくっくっくっくっく、あはははははははあはは、きゃははははははははははははははははははははははははははははははは~」
圭太がりこをくすぐっていると突然部屋のドアが開いた。
『バタンっ!!』
「「っ!?」」
二人が驚いてドアの方を見るとすごく不機嫌そうな顔をしたあこが立っていた。
「あ・・・あこ姉・・・」
「あこ、どうしてここが」
二人が驚いているとあこはズカズカと部屋に入ってきた。
「私の部屋にまでりこの笑い声が聞こえてくるからまさかとは思ったけど・・・やっぱり二人で・・・」
そう言ってあこは怒りマークを浮かべる。
「ああああああ、あこ姉っ!?これには理由が」
圭太が慌てていると、あこまでもがベッドの上に転がった。
「りこだけずるい」
「はぁ!?」
圭太の思考回路は一瞬壊れかけた。
「私にも・・・して」
あこはそう言って圭太に上目づかいをする。
「あこ・・・割り込みか?」
「り、りこだって抜け駆けしてるじゃない!!」
りことあこは二人してにらみ合っている。
すると突然二人はおとなしくなった。
「じゃあ・・・二人同時にしてもらう・・・ってことで」
「そう・・・だな」
二人はそう言うとそろって横になった。
「あの・・・俺は一体どうすれば・・・」
「聞いてなかったの?」
「圭太は私達をくすぐればいい」
「い、いい・・・の?それじゃあ・・・」
圭太は願ってもいなかった言葉に押され右手であこの脇腹を左手でりこの脇腹を掴み、揉み始めた。
「あははははははははははっ!!け、圭ちゃん!!きゃはははははははははっ、くすぐったい!!」
あこは勢いよく迫ってくるくすぐったさに身をよじる。
「ひゃははははははははははははははははは~!!そ、そこはぁ、あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
りこも先程よりも大きく跳ねる。
「さすがは双子・・・苦手な場所は一緒みたいだね」
圭太はそう言いながらも一切手を休めようとしない。
「きゃはははははははははははははははははははははははははははははははははははははは~っ、お腹痛い~!!あはははははははははははははっ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ」
「あこ姉には特別サービスしてあげるよ」
圭太はその手をあこの脇腹から腋の下へと移動させた。
するとあこもより一層身をよじる。
「にゃははははははははははははははははははっ!!だ、だめ!!そこだめぇ!!あーっはっはっはっはっはっはっは!!きゃははっ、くすぐったい!!」
「くっくっくっくっくっく!!あ、あこっ、感じすぎ」
「ひゃはははははははははははははは~、だ、だってぇ」
「じゃありこ姉も腋の下責めにしようか」
圭太は更にりこの腋の下にも手をかけた。
「ひゃんっ!?きゃっ、あ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!」
りこもあこと同様に一層激しく悶える。
「ね、姉ちゃんたち・・・なんかエロい・・・」
「やっはっはっはっはっはっはっはっは!!そ、そんなこと言ったってぇ!!」
「ひゃははははははははははははははははは~!!く、くすぐったいんだもん」
すると突然あことりこは圭太の手を払いのけた。
「どうしたの?降参?」
圭太は手をムズムズさせながら言う。
「圭ちゃんにひとつ提案があります!!」
あこが手を挙げる。
「1分間のくすぐりに対してキス1回を要求する」
続いてりこも手を挙げた。
「・・・わかったよ」
圭太は頭を掻きながら承諾し、あことりこにそれぞれ2回ずつキスをした。
キスを終えると再び圭太は二人の腋腹に手を伸ばしくすぐりはじめる。
「きゃはははははははははははははははっ!!け、圭ちゃん!?きゃはははははっ、突然何~!?」
「にゃはははははははははは~!!け、圭太!!延長は、ひゃははははははははははははははっ!!延長は無し~」
「だって今、俺は2回キスをしたんだぜ?あと1分は問答無用にくすぐれるよな」
そう言うと圭太はりこを解放しあこを集中的にくすぐりはじめた。
「や~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!だ、だめぇ!!きゃははははははははっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!」
圭太はあこの脇腹から腋の下まで手を這わせては往復する。
「にゃはははははははははははははははははははははははははははははははははははははっ!!くすぐったぁーい!!くすぐったいよぉ~!!あっはっはっはっはっはっはっは、やめてぇ~っへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへ!!」
圭太は一通りあこをくすぐり終えると横にいるりこを押し倒してあこと同様にくすぐる。
「ひゃははははははははははははっ~!!やっ、やめぇ、きっひっひっひっひっひ!!あははははははははははははっ!!け、圭太ぁ、ひゃはははははははははははははははははははははははははははははははっ~!!}
こうしてこんなやり取りを何度も繰り返す。
夜はまだまだ終わらない。

スポンサーサイト
[PR]


  1. 2014/07/18(金) 14:11:25|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX