FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


不良たちの調教教室

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「おい、あの子なんかどうだ?」
「おぉ、いいんじゃね?」
「確かに顔はいいけどロリ体型じゃないか」
いきなりで悪いが俺たちは街の不良3人組である。
そして今はナンパ相手を探しているのだ。
俺たちがたむろっているこの道を通った女の子たちを見てナンパ相手を決めるのだ。
そして今、見事にターゲットが決まった。
見た目は童顔でツインテール。髪の色はちょっと茶髪がかっている。
体型は先ほど通りロリ体型ではあるが顔は百点満点だ。
制服を着ているところをみると多分女子高生だな。
俺たちはターゲットを彼女に決めると、ばれないように尾行を始める。
しばらくすると彼女は一軒の家の中へとはいって行った。
表札には『福田』と書かれていた。
どうやら彼女は福田さんというらしい。
今日の情報収集はここまでだ。
後はあすの朝、彼女をまた尾行して学校を突き止める。
そして更に彼女の情報を集めてからナンパを始めるのだ。
普通のチャラ男なら見かけてすぐにナンパをするだろうが、俺たちは違う。
相手を確実に仕留めるためにまずは情報を集めるのだ。
そうすることで多少は成功率も上がることだろう。
次の日の朝、俺たちは彼女が家を出るのを見計らい、彼女の尾行を始めた。
すると彼女は学校へ入って行った。公立の共学高校だ。
この日、彼女が学校から出てくるまでに更に情報を集めた。
名前は福田祥子。16歳の高校2年生でO型。3人家族の長女。成績優秀だがスポーツ面は苦手。
その顔立ちから結構モテているらしい。
そして……。
「彼氏ありか……」
「で、でもキスはまだみたいだぞ」
「彼氏と別れさせないとな」
「お、おい、出てきたぞ」
そんなこんなで放課後、彼女はひとりで学校から出てきた。
そして朝来た道を戻っていく。
俺たちがナンパを始めるのは彼女の登校通路の途中にある人目に付かない道だ。
俺たちは開始地点に彼女が到達すると作戦を開始した。
「なぁ君、かわいいねぇ」
まずは仲間の一人が前から彼女に向かっていく。
すると彼女は危険を感じたのか後ろを向いて立ち去ろうとする。
「あれぇ~どこ行くの?」
もう一人の仲間が裏から現れ彼女の逃走を防ぐ。
「ねぇ、俺たちと楽しいことしない?」
そして俺は横から登場する。
これで彼女を三方向から囲むことに成功した。
すると彼女は少しおびえつつも「結構です」と言い放った。
「そんなこと言わないでよ祥子ちゃん♪」
「っ!? な、なんで私の名前を……」
仲間の一人が口にした彼女の名前。
これに彼女はひどく驚く。
「いろいろ君のことを調べさせてもらったんだよ」
そう言ってもう一人の仲間が彼女に睡眠薬を含ませた布を当てる。
すると彼女は次第に意識を失っていった。
彼女の意識を奪うと俺たちは横道にかくしておいた車に彼女を乗せて俺の家へと向かった。
俺の家は長い間両親が海外へ赴任しているため、俺の一人暮らしだ。
そのため俺たち3人のアジトと化していた。
俺たちはアジトへ着くと彼女を車から降ろし、2階の空き部屋に連れて行った。
そして空き部屋に設置されているベッドの上に彼女を寝かせ拘束具で彼女を万歳の形で拘束した。
なぜこんなことをしたのか?
簡単な話だ。手に入れた彼女の情報の中に彼女の弱点があったからだ。
彼女の一番の弱点……それはくすぐりだ。
彼女はしょっちゅう彼氏にくすぐられては気絶しているらしい。
このことからも彼女を調教するにはくすぐりはうってつけの道具になるとこう思ったのだ。
そうこう話しているうちに彼女が目を覚ました。
彼女は目を覚ますと現在、自分が置かれている状況を把握したらしく、騒ぎ出した。
「ねぇちょっと!! ここはどこ? 離してよ!!」
「やぁ祥子ちゃん、お目覚めかな」
「あなたたち、私をどうするつもり……」
「う~んそうだなぁ……ペットにでもしようかな」
「ふざけないでっ!! さっさと家に帰してよ!!」
祥子は錯乱しているのか、はたまた俺たちが怖くてパニック状態なのかどうも落ち着きがない。
「仕方ない。やれ」
俺は仲間の一人に指示した。
すると彼は祥子が拘束されているベッドに近づく。
「な、何するつもり!?」
祥子は何をされるのかという恐怖からか再び暴れだす。
「ちょっと落ち着こうぜ、こちょこちょこちょこちょこちょ~」
そう、俺は彼に祥子をくすぐって黙らせることを命じたのだ。
「きゃははははははははははははははっ!?や、やだ、くすぐったいっ!!あはははははははははははは~!!」
すると案の定、祥子はくすぐりに耐えきれずに笑い出してしまう。
「祥子ちゃんはこちょこちょがダメだってお友達に聞いてねぇ」
「ひゃはははははははっ!!やめてっ!!あははははははははははははっ!!いやぁ~っはっはっはっはっはっ」
祥子は脇の下への刺激に悶えている。
そして俺は彼にいったん手を止めさせた。
「はぁ、はぁ、はぁ」
祥子は息を整えてこっちを見つめる。
「さて、祥子ちゃん。君にはまず俺たちの遊びの誘いを断ったことへのお仕置きをしなければならないのだが・・・その前にだ。どうやら君は男の子と交際をしているようだね?」
俺が聞くとまたも祥子は驚いた表情を見せる。
「そんなことまで・・・」
「君、彼とはどこまで行ったの?」
「か、関係ないでしょ!?そんなこと言う必要ないよ」
祥子は照れ隠しなのか、強気な発言をした。
仕方がない。なら体に聞くとするか。
「やれ」
俺はまたも仲間に命令をし、祥子をくすぐらせる。
「ひゃはははははははははははっ!!くすぐったーいっ!!ひひひひひはははははははははははははははははは!!やめてぇ~!!」
「やめてほしかったら教えてよ」
「あはははははははははっ!!言うっ、言うからぁ!!きゃはははははははははははははははははははははは~」
「じゃあどこまで進んだの?」
「にゃははははははははははははは~!!キスもしてないっ!!何もないの~!!あはははははははははははははははははっ!!」
「本当かなぁ?」
「ひゃはははははははははははははははははははっ!!ほんとっ、ほんとだよ~!!きゃははははははははははははははははは!!」
一通り祥子に質問をし終えると、再び手を止めさせた。
「じゃあ次に聞きたいんだけど・・・祥子ちゃん彼と別れてくれない?」
俺がそう言うと祥子は「いや」と一点張り。
「仕方がない。やれ」
俺は祥子に息つく暇も与えずに再びくすぐらせる。
「ひひひひひひひひひひひひひひひひっ!!ひゃうっ!!やははははははははははははははははっ!!」
「ねぇ、別れてよ」
「きゃははははははははははははははっ、いやーーー!!にゃはははははははははははははははははははははっはっははっはっはっははっ」
「次はお腹辺りをくすぐって」
俺が指示すると彼は祥子のお腹をくすぐり始めた。
「きゃはっ!?やぁ、お腹はダメっ!!きゃはははははははははははははははは~っ、あっはっはっはっはっはっはっはっは~」
「祥子ちゃんは彼の事好きなの?」
「あははははははははははっ、好きっ、っはっはっはっはっはっはっはっは!!大好きっ!!」
「でも、別れてほしいなぁ。それでもって俺たちと付き合おうぜ」
「にっひっひっひっひっひっひっひっひっひ!!絶対にいやーーー!!にゃははははははははははははははははははは!!」
「絶対にいや?調子に乗るなよ。お前もくすぐれ」
俺は少しむかついたのでもう一人の仲間にも祥子をくすぐらせることにした。
俺の指示を受けもう一人の仲間は祥子の両足を持ち、祥子の足の裏をくすぐりはじめた。
「ひはははははははははははははっははははっははっはっはは!!だ、だめぇっへっへっへっへっへへ!!やめてぇ~!!」
祥子はくすぐったさから逃れようと必死で暴れまわるが無駄な抵抗に終わってしまう。
「今ならまだ許してやるよ。さっさと別れますと言え」
「あはははははははははははっ!!いひひひひひひっ、わ、別れっ、っへっへっへっへっへ!!別れないっ!!」
祥子はまだ別れないと言い続ける。
今度ばかりは仕方がないので俺も立ちあがって祥子の耳を舐めはじめる。
「あはぁん!?きゃははははははっ、ダメっ、そこダメっ!!くすぐったぁい!!やめて~!!ひゃはははははははははははははははははははははっ」
「さぁ、別れろっ!!今すぐ別れると言えっ!!」
「あはははははははははははははははははっ!!わかりましたぁ!!にゃはははははははははははははははっ!!別れますぅ!!きゃははははははは!!」
祥子はくすぐり耐えきれずに仕方なく別れますと言ってしまった。
「じゃあ、俺たちと付き合うんだな」
「ひゃはははははははははは~!!はっ、はいぃ!!にゃははははははははっ!!あはははははっ、あっはっはっはっはっはっはっはっはっは~」
「よし、なら止めてやる」
そう言って俺はくすぐるのを止め、二人の仲間にもくすぐりを止めさせた。
「じゃあ今日からここがお前の家だ。いいな?」
「・・・はい」
くすぐりがよほど聞いたのか祥子はもう俺たちの言いなりになった。
まぁちょろいもんだな。
「じゃあ次はお仕置きの時間だ。さぁどこをこちょこちょしてほしいんだ?」
「いやぁ!!こちょこちょはいやぁ!!」
祥子はくすぐられることを必死で拒む。
だが、そこであきらめてやるほど俺は大人ではないのだ。
「そうか、腋が良いのか。よしよしすぐにくすぐってやる」
俺はそう言って祥子の腋の下に手を忍び込ませた。
「ち、違っ、やめて!!」
「それっ、こちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょ~」
俺はそれでもお構いなしに祥子のわきの下をくすぐる。
「きゃははははは、だめぇ、そこだめぇ、きゃはははは、だめぇ、やめてぇ、きゃはははははは!!」
「何?もっとやってください?いいよぉ♪」
「きゃははははは、やめて、もうやめて、きゃははははははは、くすぐったい、きゃははははは~!!いやはははははははははははははははは~」
祥子は腋の下に来るくすぐったさに溺れ、完全にくすぐりの虜と化した。
「ひゃはははははあはあは!!もうだめもうだめだったらー!!いやーはははははははははは、お願いもうやめてー!!きゃーーーーー!!」
「そうかそんなにうれしいか」
「きゃーーーーー!!きゃははははははははは!!きゃはははきゃはきゃはははははははは!!うれしくないよ~!!ひゃははははははははははっ!!!」
「祥子は可愛いなぁ」
そう言いつつ俺はくすぐる場所を足の裏へと移動させた。
「きゃーははははははははははは!!そこだけは触らないで、きゃーーーーーーはははははははははは!!くすぐったーーーい!!!」
「ほんとう食べちゃいたいくらい可愛いね」
「あははははははははははは!!あははははは、くすぐった~い!!やめて~!!」
「もう気絶させてやるよ」
俺は祥子を気絶させるようにわざと本気でくすぐりだす。
「きゃはは、くぅん、いやぁ、はははははははははははぁ!!も、もう限界っ!!にゃははははははははははははははははははははははは~!!だめぇぇへへへへへへ!!んひゃっ!?きゃははははははははははは!!もうやめてお願い!!うひゃはははははは~くすぐったぁい!!くすぐったいよ~!!ひひひはははははははっはははっはっはっはっはっはっはっはっはは!!た、助け・・・て」
祥子は暫く笑い続けると疲れ切ったように倒れてしまった。
「とりあえず今回のナンパは成功だな」
「あぁ、くすぐりってのも結構楽しいな」
「これから毎日くすぐって遊ぼうぜ」
俺たちは新たな野望を語り合いつつこれからの夢を膨らませる。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【あとがき】
今回は不良に責められる女子高生の図をテーマにしています。
うん、どうでもいいかw
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


  1. 2014/02/06(木) 19:05:39|
  2. オリジナル小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX