FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『夢幻』

『夢幻』

『夢喰いメリー』 ―光凪 由衣 編―


「藤原さんっ!!メリー・・・エンギがっ・・・!!」
その日の夕方、光凪さんがすごい形相で橘家へ駆け込んできた。
俺たちはただ事でない事を感じると光凪さんを部屋へ通した。
「どうしたんだ?」
「エンギの声が・・・聞こえなくなったんです・・・」
光凪さんは涙を流しながらそう語った。
「茄子女がっ!?」
メリーも驚いたような声を上げた。
「説明してくれるか」
「今朝、起きた時にはまだ声が聞こえていたんですが・・・暫くしてから全く何の返事もしなくなってしまったんですっ!!」
「確か光凪さん達は器ではなく共有の関係だったよな。光凪さんの意思でエンギをこっちの世界へ出すことはできないのか?」
「試してみたけどダメでした。こんなこと初めてで・・・もしエンギに何かあったらっ・・・私・・・」
「大丈夫よ。何かあったとしてもあの茄子女が簡単にやられるわけがないでしょ」
泣いている光凪さんを宥めるようにメリーが言った。
「まぁ、例えば何かに襲われたのだとしたら・・・相手は夢魔以外の何者でもないはずだけど・・・だとしたら光凪さんもデイドリームに巻き込まれているはずだよな・・・」
「じゃあエンギは夢魔に襲われたわけではないんですねっ!!」
「いや・・・それはわからない。現にメリーはここに存在しているわけだし・・・。普通と違ったパターンで存在している夢魔がいないとは断言できないだろう。とりあえず俺たちも少し調べてみよう。光凪さんは取り合えず少し休んだ方がいい」
「でもっ・・・!!」
「大丈夫だ。俺とメリーに任せとけ」
俺たちはこう言ってとりあえず色々と気を這っていたであろう光凪さんを家まで送って行った。


―View 光凪由衣―

私は藤原さん達に連れられて家へと戻ってきた。
休んだ方がよいと言われたけど・・・そんなこと出来るわけがない。
エンギの事が心配という事もあるけど、藤原さん達が色々と手伝ってくれているのに私だけ休んでいるわけにはいかない。
でも・・・どうしたら・・・。
『お困りのようだな。エンギ・スリーピースの器よ』
「っ!?誰っ・・・!!」
突然、私の頭の中へ声が聞こえてきた。
気づくと私がいたはずの部屋とは景色が違っていた。
そして私の目の前には人影があった。
「ようこそ俺の世界へ。歓迎するぞエンギ・スリーピースの器よ」
「あなたは・・・?」
「俺か?俺はタルタロス。お前を探していた」
「私を?」
「あぁ、お前にちと協力してもらいたい事があってな」
「私に・・・?でも今はそれどころじゃあ・・・っ」
「エンギ・スリーピースの命と引き換えに・・・と言ってもか?」
「っ!?エンギ・・・あなた一体・・・」
「エンギ・スリーピースは俺が預かっている。奴の命を助けたければ俺の指示に従ってもらおう」
「エンギはっ、エンギは無事なのっ!?」
「あぁ。お前が指示に従えば・・・な?」
信ぴょう性には欠けるけど、今はこの夢魔の言うことを信じるしかない。
そう思った私は話を飲む事にした。
「わかった。私は何をすればいいの?」
「お前の生体エネルギーを提供してもらう。そのためにお前にはおとなしくしていてもらおう」
そういってタルタロスは指をパチンと鳴らした。
すると私の手足は一気に縛り上げられてしまった。
「さて、では始めさせてもらおうか」
タルタロスはそう言うと私に近づいてきて私の腋の下に手を伸ばし指を不規則に動かしてきた。
私は一瞬の出来事に驚いたが、すぐに襲ってきた腋の下へのくすぐったさに笑い出してしまった。
「あははははははははははははははははははははっ!!ちょっと、やめて~!!くすぐったいっ、きゃ~っははははははははははははははははははははははははははははははははははは~」
私が笑い声をあげると突然に体が光出し、その光がタルタロスへと吸収されていった。
すると私の体力が一気になくなったことに気付いた。
「あははははははっ!!な、なんでっ、ひゃはははははははははははははははははははは~!!た、体力がぁ、あっはっはっはっはっはっはっはっは!!やはははははははははははははっ!!」
「気がついたようだな。この光こそが存在の力、生体エネルギーだ。まぁ人間で言うところの体力と同じだ」
そう言ってタルタロスはだんだんと手を下に下げていく。
すると追ってくすぐったさも下へと下がって行った。
「ひゃははははっ!?きゃはははははははははははっ!!や、やめてぇ、お腹は、きゃはははっ!!お腹はダメぇ~っへっへっへっへっへっへっへ!!にゃっはっはっはっはっはっはっはっは~!!」
「まだまだ、こんなものではないぞ。お前の存在エネルギーの70%は頂いていく」
「あははははははははははははははははっ、くすぐったい!!くすぐったい!!ひゃはははははははははははっ、くすぐったいよぉ~!!あっはっはっはっはっは!!やはははははははははっ!!」
「これでようやく20%か。これは時間がかかりそうだ」
「きゃっはっはっはっはっはっは!!やぁ~っはっはっはっはっはっはっはっは!!ま、まだぁ~?ひゃふふふふふふふふひひひひひひひひひひひひひ~!!まだ終わらないのぉ~?」
「まだまだ全然ではないか?」
そう言って今度は私の脇腹を揉みしだき始めた。
「にゃはっ!?にゃははははははははははははははははははははははははははははは~!!それダメっ、それは禁止ぃ~!!くっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「どうやら少しずつ緩急をつけた方が良いようだな」
「きゃははははははははははははははははははっ!!も、もういいでしょ!?やははははははははははははははははははははは!!くすぐったいっ!!ダメぇ~へへへへへへへへへへへへへへへへ~!!」
そして今度は脇腹をピンポイントで突っつき始めた。
「ひゃはははははははは~っ!!くすぐったいっ!!あはははははははははっ!!あははははっ、やめて~離して~あははははは!!」
「お前、ずいぶんと体力があるなぁ。これで40%か」
「きゃ~ははははははははははははははははははははははははははははははははは~!!きゃははははははっ!あ~はっはっはっはっはっは!」
「よし、2倍速で行かせてもらおう」
そう言うとタルタロスは手の動かし方を更に速くした。
「きゃははははははははは、いやあああああははははははははは!!い、息がっ、いやああははははははははははははははは~!!息が出来ないぃ~!!ひゃはははははははははははははははははははははははははははははははっ!!」
指の動きが・・・見えないっ・・・!?
「一気に生体エネルギーの回収ができそうだな」
そして再びその指を腋の下へ動かす。
「きゃははははは!だめぇ!こちょこちょはいやぁぁはっはっはっはっ!くすぐったいぃ~!!あひゃあああははははっ、あはははははははははははははははははははははははははっ!!腋はぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっは!!腋はダメぇ~!!」
「これで50%だ。後20%分、せいぜいがんばってくれ」
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!お腹痛いぃ~!!ひゃははははははははははははははははははははははははは!!にゃはははははははははははははははははははははははは~!!」
節度なく襲ってくる刺激に私は逆らうことすらできない。
「ひひゃひゃ!!ひゃはははははは!きゃ~っははははははははははははははははははははははははははははははははははは~いやあああああははははははははは!!」
「さぁ、フィニッシュだ」
そう言うとタルタロスは私の足の裏に手を伸ばした。
「にゃははははははははははははははははははははははははははははは~!!きゃはははははははははははっ!!や、やめてぇ、足は、きゃはははっ!!いやああははははははははははははははは~!!」
「さぁ、これで契約は終了だ」
「やははははははははははははははははははははは!!くすぐったいっ!!きゃ~っはははははははははははははははははは~!!きゃははははははっ!あ~はっはっはっはっはっは!」
70%のエネルギーを吸い取り終えると私は解放された。
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・・エンギは・・・」
「わかってるさ、そこに寝かせてある」
私がタルタロスの指差すところを見るとエンギが倒れていた。
「エンギっ・・・!!」
私は急いでエンギに駆け寄ったが、次第に意識が薄れて行った。

スポンサーサイト
[PR]


  1. 2014/07/18(金) 14:08:25|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX