FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『夢力』

『夢力』

『夢喰いメリー』 ―橘 勇魚 編―


「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ」
俺は今まで一番焦っていた。
「くそっ、メリーの奴一体どこにいるんだ」
俺は必死になってメリーを探しているが一向に見つからない。
今日の放課後、学校で妙な噂を聞いたのだ。
ここ数日で何人かの生徒が夜な夜な奇妙な笑い声をあげて倒れ意識を失うと。
意識が戻っても心が壊れてしまうらしい。
実はクラスの中にもそんな感じの変な夢を見かけたというやつがいた。
俺がいつものように指で輪を作りそいつを覗くと・・・案の定真っ黒だった。
そして俺は確信した。
「これは明らかに夢魔の仕業だ!!」
被害にあった生徒は約30人ほど。被害にあいかけた生徒は5人。
ここまでの被害が出ているとなると放っておくわけにもいかない。
ただしかし気になることがあった。
それは被害者全員が器だったかどうかだ。
もし全員が器だったなら、夢魔自身が攻撃を受けたことになる。
しかし、もし器でなかったのなら人間自身が夢魔に攻撃を受けたことになるのだ。
今回の件が後者だった場合、今までの夢魔達とはまるでやり方が違う。
俺がそんなことを考えていると目の前にドーナツ屋の袋を掲げたメリーの姿が見えた。
「あっ!?あいつこんなところに!!おーい、メリー!!大変だ」
俺がメリーを呼ぶとメリーはドーナツを咥えながらこちらを振り返った。
「いっはいあんあおお(一体、なんなのよ?)」
「また立ち食いしやがって、じゃなくて!!奇妙な夢魔がいるみたいなんだ」
メリーは口にくわえたドーナツを一気に食べると「奇妙な夢魔?」と頭に?を浮かべた。
「あぁ、それがな・・・」
俺が状況を説明すると「知らないわよ」と一括。
「というかムッツリーニに聞いた方が早いでしょ?」
「ま、まぁ確かに・・・」
という結論に至り家に帰ってきた。
「おーい、ジョンどこだー」
「出てこないわね」
「あぁ・・・一体どこに・・・」
俺たちがジョンを探していたその時、一瞬で橘家の風景が変わった。
家の構造はまるで変わらないが、壁の色や床の色が藍色になった。
「ま、まさか白昼夢かっ!?」
「みたいだけど・・・」
今この家にいないのは、ジョンと買い物に行ったおやっさん・・・。
「そういえば勇魚は?」
俺が勇魚の存在を思い出したその時。
「きゃーーーーーっ!!」
二階から勇魚の悲鳴が聞こえた。
「しまった、行くぞメリー!!」
「わかってるわよ」
俺とメリーは急いで二階へと駆け上がり勇魚の部屋へと駆け込んだ。
そこにあったのは勇魚の部屋ではなく、全く別の空間だった。
その時だった。
部屋の奥に2つの影を発見した。
「勇魚っ!!」
「夢路っ!!メリーっ!!」
片方は勇魚の物、そしてもう一つは・・・。
「どうやら、アンタの仕業みたいね?」
勇魚を捕らえているのは恐らく夢魔。
「まさか、ここで同業者に逢うとはヨオ。あんたらも灯台に誘われたんだろ?いや、そっちの人間はあんたの器か」
「残念ながらハズレよ。夢路は私の器じゃないし。そもそも私たちはエルクレス一派じゃない」
夢魔の問いにメリーは丁寧に対応する。
「それよりアンタっ!!おとなしくさなを離しなさいっ!!」
「あぁ、この人間の事か?そいつは出来ないな。こいつは俺様の生体エネルギーとして提供してもらおうか?」
「せ、生体エネルギーだとっ!?」
というか夢魔は器を得ることで存在が安定するんじゃなかったのか。
「あぁ。俺はカタギの夢魔とは一味違うのヨオ!!まぁ見てな」
そう言って夢魔は勇魚の脇腹をくすぐり始めた。
「ほぉれ、いい味出せヨオ」
「きゃはははははははははははっ!!い、いきなり何~!?」
勇魚は不意の攻撃に驚く。
「っ!?い、勇魚・・・」
俺は同時にある異変に気がついた。
勇魚が笑った瞬間に勇魚の体が発光し、その光が夢魔の体内に取り込まれていったのだった。
「メリー、気がついたか?」
「えぇ、あの光がアイツのいう『せーたいえねるぎー』らしいわね」
「シッシッシっ!!よく気がついたなぁ。発見ついでにもうひとつ教えてやる」
夢魔は余裕そうに笑いそう言った。
「人間の体内に蓄積されている生体エネルギーをすべて吸収した場合、生体エネルギーを失った人間は心を失うこととなる」
「な、何っ!?」
心を失う?ということは・・・今までの一連の事件もすべてコイツの仕業というわけか。
「さぁ、これで解っただろう?だったら邪魔しないでもらおうか」
「それこそ無理な話よ。この夢喰いメリーがアンタを問答無用で送り返してあげるわ」
「ふっ!!送り返す?無理なことだ。それに、貴様らはこの俺に指一本触れることは出来ない」
「大した自信ね」
「そりゃあこっちにはコイツがいるからなぁ」
そう言うと夢魔は再び勇魚の脇腹をくすぐった。
「あはははははははははははっ!!ちょ、ちょっと!!やめて~へへへへへへへへへへへへへっ!!」
勇魚はくすぐられるとすぐに笑い出し、先程のように体を発光させてしまった。
「チッ!!」
メリーはその状況をみると、夢魔に下手に手を出す事が出来ないということを理解し軽く舌打ちをした。
「勇魚っ!!さっき夢魔の話を聞いただろ?笑っちゃだめだ我慢してくれっ!!」
「きゃははははははははっ!!そんなぁ、ははははははははははははっ!!無理~きゃはははははははは~!!」
勇魚はやはり我慢できないようで笑ってしまった。
そして再び勇魚の体は発光し、光が夢魔に吸収されていく。
「さぁ、どうした?メリーとら。俺を送り返すのではないのか?」
そう言うと夢魔は更に強く勇魚の体をくすぐった。
「はははははははははははははっ!!!やぁ、くすぐったいっ!!きゃははははははっははははっはっはっはっは!!」
くすぐりの強さに比例して勇魚の笑いも強くなっていく。
「ひゃははははははははははは~!!め、メリー!!私に、くふふふ!!構わずやっつけへへへへへへへへへへへ!!」
「無理よ。そんなの出来るわけないじゃない」
メリーはそう言うと固く拳を握った。
「ならメリーさんヨオ、俺と取引をしないか?」
「取引?・・・」
「そうだ。確かに俺はコイツの生体エネルギーを奪うことを止める気がないが、もし俺を見逃すというのならコイツの心だけは助けてやる」
「・・・どういう意味?」
「つまりだ。もし俺を見逃すなら、コイツの生体エネルギーをほんのちょっとだけ残してやると言っているんだ。まぁ逆に、見逃す気がないというなら・・・コイツの生体エネルギーをすべて吸い取ってやる。どっちか選べ」
そう言うと夢魔はカウントダウン代わりか、メリーの考えの足しにさせるつもりか再び勇魚をくすぐりだす。
「あはははははははははは~!!本当にっ!!くすぐりはダメ~へへへへへへへっ!!きゃははははははははは~」
くすぐられてどんどんと生体エネルギーを失っていく勇魚を見ながらメリーは深く考え込んでいた。
あの夢魔が言う事には、もし奴を見逃せば、勇魚の心は助かる。だが、別の犠牲者がこれから現れるかもしれない。もしかしたら再び勇魚を狙ってくるかもしれない。
もしこのまま夢魔を倒すなら、勇魚の生体エネルギーが底をつく前に倒さなくてはならない。その代わり別の被害者が出ることはない。
確かに難しい選択だ。
「・・・どうするんだメリー」
俺がメリーに話しかけるとメリーは「決まってるでしょう」と言って一歩前に出た。
「わかったわ。アンタの言う通りにする」
そう言うとメリーは両手を上にあげて降参のポーズをとった。
すると夢魔は笑い出した。
「シッシッシッシ!!いい選択だな。ではコイツの生体エネルギーを90%吸い取るまでそこでじっくりと見ているんだなぁ」
そう言って夢魔は地面から無数の弦を出して勇魚の体を縛り上げた。
「きゃあっ!?」
縛り上げられた勇魚はわきの下をがら空きにさせられた姿になった。
「さて、ではコイツの生体エネルギーをいただくとするか」
そう言って夢魔は勇魚に近づくとわきの下を一気にくすぐった。
「きゃはははははははははは!!あははははっ!!や、やだっ、くすぐったぁーい!!きゃははははははははははは~」
勇魚は先程までとは違うわきの下への刺激に支配されひたすら笑い続ける。
「あははははははっははははははっはははははっ!!ダメ~!!きゃはははははははははは~!!腋はダメなの~!!」
勇魚は必死でわきの下を閉じようとするが、弦の力に負け、更にわきの下を開いてしまった。
「ひゃはははははははは~っ!!くすぐったいっ!!あはははははははははっ!!あははははっ、やめて~離して~あははははは!!」
「さぁ、今ので約30%は吸い取ったな。残り60%か」
「あははははははははっ!!そ、そんなっ!!やはははははっはははははっははははっ!!後今のを2回もっ!!」
「我慢しろよ?お前の仲間が望んだことだぞ」
「くふふふふふふふふふっ!!あははははははははは~!!いやぁ~くすぐったいっ!!あはははっははははははははっ!!」
「さぁて、では一気に40%を吸い取らせてもらおうか?」
そう言って夢魔は勇魚の胸に手を伸ばしわきの下に親指をかけて擦りつけながら胸を揉みしだいた。
「いやっ!!あはっ!?くふふふふふふふふ、あはははははっ!!くふっ、あぁん!?きゃははははははははっ、あははは、あはっ!?」
勇魚はくすぐったさと多少にある別の感覚に刺激されている。
「あはははははははっ!!うふっ!?やぁ、はぁん!!くふふふふふふ!!きゃははははははははははあっははははははははは!!」
「さぁーて、少しだけ腋重視に戻そうか」
「きゃはははははは!!あはっ!!あ~はっはっはっはっはっはっはっはっ!!きゃははははっ!!くすぐったいっ!!」
勇魚は腋重視に戻されると再びくすぐったさに悶え始めた。
「あはははははははっ、あはははははは!!お腹痛~いっ!!きゃはははははははははは~、ひゃははははははは~!!」
「笑い続ければ腹だっていたくなるさ?なぁメリーさんヨオ?」
「くっ!!頑張ってとしか言えないけど・・・ごめん・・・さな」
メリーは深く俯きながら勇魚に声をかけた。
「きゃははははははははははは~!!め、メリ~いひひひひひひひひひひっ!!ははははははははっ!!くっくっくっくっく!!」
「じゃあ残りの20%は足の裏からいただこう」
夢魔は勇魚の足に周り、足の裏をくすぐり始めた。
「あはははははははっ!!足の裏もくしゅぐったぁい!!きゃはははははははは、ひゃははははははははははは~っ」
「さぁ、これでコイツの役割も終わりだ」
「きゃはははははははは~!!あはははははははははっ!!うふふふふふふふふっ、きゃはははははははははははは」
夢魔は時々くすぐり方を変えては刺激を与え続ける。
「くははははははっ、あははははっ!?やははははははははは~!!きゃーーーーーはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「どうだ?どんどん意識が薄れてきただろう?」
「きゃはははははははははは~!!あはははっ、あははははははははははは~!!・・・あはあははははははっ・・・は・・・」
「トドメだ」
そう言うと夢魔は勇魚の脇腹を最後に強く一掴みした。
「ひゃっははんっ!?」
そう言って勇魚はガクッと意識を失った。
「勇魚っ!?」
俺が心配して駆け寄ると夢魔は笑って俺を見た。
「そう心配するなヨオ。ただ意識を失っているだけだ。12時間もすれば目を覚ます」
「テメエっ!!」
俺が夢魔に殴りかかろうとした時、俺はメリーに押さえつけられた。
「ダメよ夢路、まだ勇魚は解放されてない」
そう言われて俺は我に返った。
「では取引成立だ。コイツは解放する」
そう言うと夢魔は指を鳴らした。
すると勇魚を縛り上げていた弦は再び地面に戻り、勇魚を解放した。
「じゃあな。メリーとやら、それから器・・・ではなく夢路。また会おう」
そう言うと夢魔はスッと消えてしまい、周りの風景は勇魚の部屋に戻った。
白昼夢が解けたのだ。
「ごめんな勇魚」
俺はそう言って勇魚をそのままベッドに寝かせた。
メリーはまだ悔しそうに握りこぶしを作っていた。
「なあメリー。次こそアイツを送り返してやろうな」
「えぇ。もちろんよ。あんな悪夢すぐにでも終わらせてやるわ」
こうして俺たちと謎の夢魔の戦いは始まった。
次こそは絶対に倒してやる、これ以上被害者を増やさないためにも・・・。
強調文
スポンサーサイト
[PR]


  1. 2014/07/18(金) 14:06:32|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX