FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『MARsのお仕事3』

『MARsのお仕事3』

『プリティーリズム』 ―天宮 りずむ 編―


「では、最後ののゲームは・・・舌触りで当てろっ!!どんな生き物?ですっ!!挑戦者はもちろん・・・」
「はいっ!!私ですっ!!」
司会の女性のフリにりずむは元気に答えて見せる。
「それではりずむちゃん、まずはこれに着替えてください」
女性がりずむに渡したものはまたも水着だった。
りずむは水着を受け取ると更衣室へと入った。


「それでは準備ができたようですのでルール説明へと移らせていただきます。ルールは簡単、まずはこの箱の中に足を入れていただきます。この箱の中にはある動物が入っているのですが・・・。果たしてその動物は何なのか?四択クイズ方式で答えていただきます」
司会の女性は舞台の端から①と書かれた箱を持ってくる。
「それでは、足を入れてください」
女性に言われるがままにりずむは箱に足を入れた。
「きゃっはっはっはっはっは!?」
箱に足を入れた瞬間りずむは突然笑い出し箱から足を出してしまった。
「どうしました?」
「な、何かに足の裏を舐められて・・・」
「このように足の裏に来た刺激から動物を答えていただくゲームですので出来るだけ足は箱から出さないでくださいねっ♪それでは始めましょう。問題は全部で4問。3問正解でゲームクリアですっ!!ただし、失敗してしまったら・・・恒例のあの罰ゲームですからねぇ~?それでは始めましょうっ!!第1問」
りずむは司会の女性の合図が出ると、箱の中に再び足を入れた。
「ひゃはははははははははははははっ!!な、何コレぇ~わっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!く、くすぐったぁい!!」
「足は20秒間入れっぱなしでお願いしますね」
「きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!ダメっ!!舐めないでぇ~やはははははははははははっ、あ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「それでは足を出して下さい・・・。では選択肢をあげます。1.イヌ、2.ネコ、3.ヤギ、4.カメレオン、さぁ~どれでしょうか?」
「はぁ、はぁ、はぁ・・・結構舌がザラザラしてたような・・・じゃあ4番でっ!!」
「果たしてっ、正解は~4番ですっ!!」
「やったぁ!!」
りずむは何とか1問目をクリアした。
「それでは次の箱です」
司会の女性がそう言うと①と書かれた箱は回収され、代わりに②と書かれた箱が出てきた。
「それでは足を入れてください・・・第2問スタート!!」
りずむは箱の中に足を入れる。
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!こ、これもくすぐったぁい!!きゃはははははははははははははははははははは~っ」
りずむは足を入れるとすぐにまた笑い転げる。
「感触はどうですか?」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっは~っ!!な、なんかフサフサしてるぅ~!!や~ははははははっ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「それでは、足を出して下さい。選択肢は、1.ウサギ、2.ヒツジ、3.キツネ、4.ネコ、さぁ~でれでしょうか?」
「う~ん・・・あれだけくすぐったいってことは・・・2番!!」
「さて・・・正解は~残念っ!!4番でしたぁ~。只今のはネコのしっぽの感触でした!!」
「えぇ~、ネコってこんなにくすぐったいんだぁ~」
りずむは箱から登場したネコのしっぽを見ながら感心する。
「もう間違えられませんよ?それでは次の箱です」
司会の女性の合図に合わせ、またも新たな③の箱が現れる。
「では第3問・・・行ってみましょー!!」
「・・・水っ!?きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!つ、ツンツンしてくるぅ~!!わっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ」
「今回は水生物ですよ~」
りずむは不規則に押し寄せるツンツン攻撃に悶える。
「ひゃあ~っはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!そこ禁止ぃ~あっはっはっはっはっはっ、ひゃははははははははははははははははははははははははははははははははは!!」
「それでは足を出して下さい。今回の選択肢は・・・1.ドクターフィッシュ、2.ドジョウ、3.キンギョ、4.オタマジャクシ・・・さてどれでしょうか?」
「この感じは・・・1番・・・かなぁ?」
「・・・正解は~1番ですっ!!お見事っ・・・それでは運命のラストquestion!!間違えれば罰ゲームっ!!正解ならゲームクリア・・・新たな箱っ、カモーンっ!!」
遂に最後の箱④が引きずられてくる。
「それではラストは超難問ですっ・・・スタート」
りずむはドキドキしながら箱に足を入れた。
すると今までにないほどの大きなくすぐったさがりずむの足を刺激する。
「あはっ!?こ、これって・・・うっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!!!!コレ手だよぉ~!?きゃはははははっ、きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「さぁ~てこの難問を果たして正解できるのでしょうか!?」
「やぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!くすぐったすぎぃ~!!こちょこちょダメぇ~あっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!くすぐったいよぉ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ」
「それでは足を出して下さい・・・。最後の問題の選択肢は・・・1.男性(成人)、2.女性(成人)、3.男子(小学生)、4.女子(小学生)・・・さぁ~どれでしょう?」
「えぇ~っ!?そ、そんなのわかるわけ・・・う~ん・・・とてつもなくくすぐったかったけど・・・結構手が大きかったような・・・じゃ、じゃあ・・・1番っ!!」
「では・・・運命の正解は~・・・残念っ!!2番でしたっ!!というわけで2問正解のりずむちゃんには・・・罰ゲームのこちょこちょ30秒を受けてもらいますっ!!さぁ~て、あいらちゃん、そしてみおんちゃん・・・逆襲の用意は良いですか?」
司会の女性は舞台の袖に座っていたあいらとみおんに振る。
「はいっ!!楽しみですっ♪」
「さぁ~てりずむ・・・さっきの仕返し・・・させてもらうわよ~」
あいらはニコやかに、みおんは手をワキワキさせながらりずむに近づいていく。
「それでは今回は私がりずむちゃんを押えていますから、二人で好きなようにこちょこちょしちゃってくださいっ!!」
「「はぁ~い♪」」
二人は元気よく返事をすると、司会の女性に押さえつけられてがら空きになったりずむの腋の下から脇腹にかけてを左右バランスよくくすぐって行く。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!わ、腋やだぁ~あはははははははははははっ!!だ、ダメだってぇ~!!」
りずむは両腋の下をくすぐられ大笑いしてしまう。
「りずむちゃんも可愛いなぁ~」
あいらはまたも見とれながらくすぐっている。
「さっきの恨み、さっきの恨み・・・」
一方のみおんは先程の仕返しをするべく最初から飛ばしてくすぐって行く。
「ひゃははははっ!!きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!み、みおんっ!!ごめんねぇ~あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!くすぐったくて死んじゃうよ~!!わっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「今更謝られても・・・みおん困っちゃうぅ~♪」
みおんはそう言ってりずむの言葉を流し、脇腹へと手を進ませる。
それをみてあいらも脇腹へと手を移した。
「きゃあっ!?そ、そっちはダメぇ~きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!ははははははっ、あはははははははははははははははははははははははははははっ!!」
りずむは自身の脇腹に来るくすぐったさと格闘するが早くも負けてしまった。
「りずむも案外敏感ねぇ~」
「どうりずむちゃん、くすぐったい?こちょこちょこちょこちょこちょ~っ♪」
「あぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!ほ、ほんとっ、くすぐったいよぉ~!!きゃははははっ、あははははははははははははははははははははははははははははは~っ!!」
「さぁ~て、残り十秒ですよ~!!みなさん頑張ってくださ~い」
司会の女性からの合図が入ると二人は一斉にラストスパートに入った。
「ひゃははははっ!!ダメぇ~っへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへ!!くすぐったいくすぐったいくすぐったぁーいぃ!!やぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
りずむは二人の責めに跳ねるように身悶える。
「はい、そこまでです!!」
りずむは二人に解放されるとその場でぐったりと伏せる。
「それでは本日の結果発表に移りますっ!!MARsのみなさんは誰一人ゲームを成功できませんでしたので・・・告知はできませんっ!!」
「「「えぇ~!?」」」
「これに懲りずにまた挑戦してくださいねぇ~それでは今日はここまでっ!!本日のゲストはMARsのみなさんでしたぁ~」
司会の女性の締めの言葉で番組は無事終了した。
そして、この放送が大反響を浴び視聴率は29.7%を記録した。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

  1. 2014/07/18(金) 14:04:21|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX