FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『MARsのお仕事2』

『MARsのお仕事2』

『プリティーリズム』 ―高峰 みおん 編―


「さぁ、それでは次のゲームに移りましょう!!次の挑戦者は誰ですか?」
「はいっ!!私が行きますっ!!」
司会の女性の問いに手を挙げたのは高峰みおんだった。
「では、みおんちゃんに挑戦して頂くゲームは・・・危機一髪早押しクイズ!!です」
「早押しクイズ?」
「ルールは簡単!!制限時間十秒以内にクイズに答えるだけです!!ただし、間違えるごとに少しずつお仕置きされてしまうので気をつけてね!!三回間違えたら罰ゲームですからねぇ」
「よぉ~し軽くクリアしてみせますよ♪」
みおんはお得意の商売スマイルで答えた。
「それでは水着に着替えてこちらの白い箱に入ってください」
司会の女性に言われるがままにみおんは試着室へと入って行った。


「さぁ、用意ができたところでそろそろ始めましょうか。そちらの箱へどうぞ」
みおんは白い箱に入ると首から上と両腕だけが箱から露出し、残りは全て箱に収まった。
「それでは始めますよ。まずは第1問!!日本三景は、松島、厳島と後一つは・・・?」
『ピンポーン!!』
「天橋立っ!!」
「正解です。まぁ、第1問目ですしね・・・。続いて第2問!!徳川家康の生年月日は1543年の何月何日?」
「はい!?そ、そんなのわかるわけ・・・えぇっと・・・7月15日?」
「残念っ!!1月31日、当時では12月26日でした!!というわけで第1のお仕置きスタート♪」
司会の女性が指を弾くと白い箱が透明の箱に変わり中が見えるようになった。
そして中では二本のマジックハンドがみおんの脇の下を捕らえていた。
マジックハンドは不規則にみおんの脇の下に刺激を与える。
「あはははははははははははははははははははははっ!!な、なにこれっ!?くすぐったーい!!きゃはははははははははははははははははははははははははっはははははっはっはっははっははははははははは~!!」
みおんは両手を箱の外に固定されているため両脇をガードすることができない。
「それでは第3問!!『音威子府』これは北海道にある村の名前ですが・・・はたして何と読むのでしょうか?」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!えっ、えっとぉ~っはっはっはっはっはっはっはっはっは!!お、おといこふ?」
「残念っ!!正解は『おといねっぷ』でした。それでは第2のお仕置きカモ~ン♪」
司会の女性が再び指を鳴らすと更にもう二本マジックハンドが現れみおんの足の裏を責め始めた。
「ひゃはははははははっ!!ダメっ!!くすぐったぁーい!!あはははははははははははははははははははは~!!やぁっ、きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!」
「さぁ、もう後がありませんよ?では第4問!!The early bird catches the worm.これをことわざ和訳してください」
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!早起きは三文の得!!」
「正解ですっ!!なかなかやりますね。それではラスト問題っ!!第5問目ですっ!!沖縄県の方言でアバサーという単語の意味を答えなさい」
「ひゃはははははははははははははははははははははははは~!!あ、アバター?」
「残念っ!!正解は、フグもしくはハリセンボンのことでした!!ということでみおんちゃんゲームオーバーですっ!!では罰ゲームへと移りましょうか?」
そういうと司会の女性はみおんを箱から出すと近くに置いてあるベッドへと誘導した。
「それではそのベッドに横たわってください。あいらちゃんとりずむちゃんにもお手伝いしてもらおうかなぁ」
司会の女性がそういうとあいらとりずむが舞台裏から登場した。
「罰ゲームは先ほどと同じく、30秒間こちょこちょの刑です!!ではあいらちゃんとりずむちゃんはみおんちゃんを押さえていてくださいね」
「「は~い」」
二人は楽しそうに返事をするとみおんの両手両足を押さえつけた。
「それではこちょこちょスタート♪」
司会の女性はそう言ってみおんの両脇をくすぐり始めた。
「きゃはははははははははははははははははははははははははははははは~っ!!や、やめてくださいっ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
みおんはあまりのくすぐったさに身をよじる。
「みおんちゃん、ファンサービス、ファンサービス♪」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!わ、わかってますけどぉ~、きゃはははははははははははははは!!」
「それじゃあ今度は私がみおんちゃんを押さえているから、あいらちゃんとりずむちゃんもみおんちゃんをこちょこちょしちゃって下さい♪」
今度は司会の女性が押さえ役を代わると、あいらとりずむがみおんをくすぐり始めた。
「きゃ~はははははははははははははっはははははっはっはっはっはっはっはっはっは~!!くすぐったいっ!!あいらぁ、そこダメぇ~っへっへっへっへっへっへへ~っ!!」
「みおんちゃん可愛いっ・・・」
あいらはくすぐられて悶えているみおんを眺める。
「そ、そんなこと言ってないでっ、きゃはっ!?ひゃははははっははははははっははっはっはははっははははははははっはははははははははっははははははははっはは~!!」
「ねぇねぇみおん!!どこがくすぐったい?」
りずむはりずむで目を輝かせている。
「ぜ、全部っ!!あははははははははははははははははははははははははっ!!全部くすぐったいぃ~!!」
「それでは残り10秒、思いっきりくすぐっちゃってください!!」
司会の女性の合図で二人は追い込みに入った。
りずむはみおんの足の裏を徹底的に攻め、あいらはみおんの脇腹をもみしだいた。
「きゃはははははははははははははははははははははははははははっ!!ほ、本当にダメだってぇ~っへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへ~!!あははははははははははははははははははっ、ひゃっはっはっはっはっはっははっはっはっはっはっははっは!!」
「はいっ、お疲れさまでしたっ!!」
司会の女性の合図で二人は手を離し、みおんも解放された。
「みおんちゃん。感想をどうぞ」
「はぁ、はぁ、はぁ、あぁ、はいっ、くすぐったかったですっ♪」
みおんは息を整えて営業スマイルでさわやかに答えた。
「はいっカットっ!!それじゃあ休憩入ります」
監督の一言で一旦休憩時間が設けられた。
「もう、二人とも手加減しなさすぎっ。特にりずむっ!!」
「だってぇ~。あいらをくすぐっているときにも思ったんだけど・・・くすぐるのって・・・楽しぃ~♪」
「わ、私も楽しかったかも・・・」
「まぁ、いいわ。次はりずむの番だし。今のお礼はたっぷりとさせてもらうから」
そう、まだまだ撮影は終わらない。

スポンサーサイト
[PR]


  1. 2014/07/18(金) 14:02:54|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX