FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『MARsのお仕事』

『MARsのお仕事』

『プリティーリズム』 ―春音 あいら 編―


「みなさんこんにちは~。本日の『答えていいかも』のゲストは何と今話題のあのグループ、MARsの3人ですっ」
「「「よろしくおねがいしまーす」」」
MARsの3人は今日、国民的人気番組のコーナーにゲスト出演していた。
「さて、MARsのみなさんには、本日はゲームに参加して頂きます。ゲームは3種類、1人ずつ挑戦して頂きますっ!!では、トップバッターは?」
司会の女性が聞くと、一番左に座っている少女が手を挙げた。
「私が行きますっ!!」
手を挙げたのは春音あいらだった。
「ではトップバッターあいらちゃんに挑戦して頂くのは・・・お腹に書かれた文字を当てろっ!!です」
「あのぉ・・・それってどんなゲームなんですか?」
「まずはこちらの水着に着替えていただきまして、こちらの台に寝ていただくだけで結構です。後は私がこの筆を使ってあいらちゃんのお腹に文字を書きますのでそれを制限時間内に当てていただきます」
「はーいっ!!なんとなくですけどわかりました」
「では早速着替えてきてくださいっ!!」


あいらは着替え終えると、用意された台の上に寝た。
「それではあいらちゃん、準備はいいですか?」
「はいっ」
「それでは今回の文字は・・・これです『憂鬱』、それでは・・・スタート」
そう言うと司会の女性は筆を持ってあいらのお腹に文字を書き始める。
「くははははっ!!」
お腹に筆が当たるとあいらは笑い出してしまった。
「どうかしましたか?あいらちゃん」
司会の女性はわざとらしく聞いた。
「ちょっとくすぐったくて・・・」
「ちなみに3問中1問でも当てないと罰ゲームですからね?」
「えぇっ!?そんなの聞いてないでっ、きゃははははははははっ!!くすぐったいっ!!」
あいらが何かを言いかけたとき、司会の女性は再び筆を動かし始めた。
その刺激に耐えられなかったあいらはまたも笑ってしまった。
「あはははははっ!!ま、まだですか?きゃははははははは~、ひゃはははははははは!!」
「まだですよ~」
「くふふふふふふふっ!!あーっははははははははははははははっ!!きゃーーーやははははははははははは!!」
「さぁ、これは熟語ですからね?あとひと文字書き加えます」
「きゃははははははっ、か、画数多くないですか?」
「多いですね。ちょっと難しい漢字かな」
「くははははははっ、あはははははははっ!!ダメ、くすぐったぁい!!」
「さて、終わりました。今の文字は熟語です。さて何という熟語でしょうか?」
司会の女性の問いにあいらは深く考え込むがわかるはずもなかった。
「・・・タイムアーップ!!今の答えは・・・憂鬱でした」
「うぅー、難しいですよ~」
あいらは頬を膨らませて唸った。
「では次です・・・『図鑑』ではスタート」
女性は再び筆を握るとあいらのお腹に文字を書いていく。
「あははははっ、くふふふふっ、きゃはははははははははは!!あははははははははは~!!」
「さて、あとひと文字です」
「ひゃはははは!!あはははははははははは~くすぐったいですっ!!ひゃはははははははははははははっ」
「はい終了。さて、今の熟語は何でしょう?」
あいらは再び考え込むが、わかるはずもない。
なぜなら先程からあいらの頭にはくすぐったさしか残ってないからだ。
「・・・タイムアーップ!!今の答えは図鑑です。あいらちゃん後一問ですが、大丈夫ですか?」
司会の女性はニヤニヤしながらあいらをみる。
「最後くらいは頑張って当てますっ!!」
「それではラストチャレンジ!!最後は・・・『弱肉強食』。それではスタート」
「あははは、くふふふふっ!!きゃはははははははははははは~!!だ、ダメっ!!ひゃはははははははははははははは~」
「今回は四字熟語ですからね」
「きゃははははははは!!出来るだけ速く書いて下さいねっ、あははははははははははははは!!」
「どうしてですか?」
「ひゃははははははははははっ、私、こちょこちょダメなんですっ!!きゃはははははははははははっ、あはははははははははは」
「はい終わりました。では今の四字熟語は何でしょうか?」
「・・・え、えっとぉ、絶体絶命っ???」
「・・・残念っ!!今の答えは弱肉強食です。ということであいらちゃんには罰ゲーム!!30秒間こちょこちょの刑です。みおんちゃんとりずむちゃんはあいらちゃんを押えていてくださいね」
「「はーい」」
そう言われるとみおんとりずむは返事をしてあいらを押さえつけた。
「それでは罰ゲーム、スタート」
司会の女性は押さえつけられてがら空きになっているあいらのわきの下を素手でくすぐり始めた。
「あはははははははははっ!!そ、そこはダメですぅ~!!あははははははははっあははははははははははははは~!!」
あいらは先程までとは全く違うくすぐったさに身をよじった。
「こちょこちょこちょこちょこちょ~♪」
「ひゃはははははははははははははははは~っ!!ダメっ、くすぐったぁーいっ!!あははははははははははははははははっ!!」
「うわぁ、あいらくすぐったそぅ」
右腕を押えているりずむがポロリと零す。
「そりゃ、くすぐったいんじゃない?」
今度は左手を押えているみおんが言う。
「あははははははははっ!!わかってるなら離してよ~!!ひゃはははははははははははははははっ!!」
「それは出来ませんよ。罰ゲームですから。ね?みおんちゃん、りずむちゃん」
司会の女性は二人に問う。
「当り前じゃないですかぁ♪ファンサービスですよね」
みおんはそう言うとあいらの腕を更に上に持ち上げて固定した。
「きゃはははははははははははははははははっ!!だ、ダメっ!!もっと腋が開いちゃっ、きゃははははははははははははは~!!」
「じゃあ次はりずむちゃんとみおんちゃんもあいらちゃんをくすぐって下さい」
司会の女性はそう言うと二人に代わってあいらを押さえつけた。
「ど、どうするのみおん?」
りずむはみおんに決断を委ねた。
するとみおんは「やるに決まってるじゃない。ファンサービスって言ったでしょう?」と言って先陣を切ってあいらをくすぐり始めた。
「さぁ、あいら、もっと笑っちゃいなさいっ!!こちょこちょこちょこちょ~」
「ひゃはははっ!!ちょ、みおんちゃんっ!!くすぐったいっ!!あははははははははははははははははははははっ!!」
「りずむはお腹をお願いっ」
「わ、私っ?えぇっと・・・わかった!!」
みおんの指示を受け、りずむはあいらのお腹に手を這わせる。
「きゃはははははははははっ!?ど、同時は無理ぃ~きゃはははははははははっ、あはははははははははははははははははは~」
「い、意外と楽しいかも・・・」
「り、りずむちゃんっ、ひゃははははははははっ!!た、楽しいって、きゃははははははははははっ!!」
「確かに何かグッと来るものがあるわね」
「あはははははははっ!!みおんちゃんまで、きゃははははははっ、くふふふふっ!!きゃははははははははははは!!」
「りずむちゃんもみおんちゃんも意外とノってますね?」
司会の女性はそう言いながら二人に笑いかけた。
「えぇ、くすぐられてるあいらが可愛いので何か調子が出てきました♪」
みおんはまたもお得意の笑顔で答えた。
「では残り20秒、テレビの前のファンの皆さんに、あいらちゃんの可愛さを精一杯伝えてくださいっ」
「「は~い」」
ふたりは返事をするとそれぞれくすぐり方に緩急をつけてあいらに刺激を与え始めた。
「くはははははははははっ!!はひっ!?やはははははははっ!!ひゃははははははははははっ!!くすぐったいよ~」
そのくすぐり方に更にはまってしまったあいらは更に笑い続ける。
「さぁ~て、どこがくすぐったいの?」
みおんはあいらの様々な部位に手をかけながら問う。
「あははははははっ!!腋っ、腋は我慢できないぃ~!!きゃはははははははははははは!!」
正直なあいらはわざわざそんな事を零してしまった。
「りずむ!!腋の下を徹底的にくすぐるよ」
「あいあいさー!!」
ふたりは息を合わせてあいらのわきの下を徹底的に責め始めた。
「ひゃはははははははははははははっ!!本当にダメぇへへへへへへへへへへへへっ!!あひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!」
「あいらは可愛いなぁ~こちょこちょこちょこちょこちょ♪」
「あははははははっ!!り、りずむちゃんっ!!そこはダメ~きゃははははははははははははははは!!くすぐったいから!!」
「あらっ、私よりもりずむの方がくすぐったいの?」
そう言うとみおんは更に強めにくすぐる。
「あーはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!みおんちゃんもくすぐったぁーいっ!!あはははははははははははははっ~」
「あれれ、なんか負けてきちゃったなぁ」
そういうとりずむもくすぐり方を強くする。
「くっはっはっはっはっはっはっはっはっはー!!きゃーーーっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!ふたりともぉ!!変なところで競わないでよぉ~!!ひゃははははははははははは~!!」
一方のあいらは両側から来るくすぐったさに耐えきれずに遂に涙を流し始めた。
「これが俗に言う笑い泣きね」
みおんは感心しながら言う。
「にゃははははははははははははっ!!感心してないで助けてぇへっへっへっへっへっへっへっへ!!」
「ねぇねぇあいらっ、どのくらいくすぐったい?」
りずむは妙に目を光らせながらあいらに尋ねる。
「あはははははははっ!!十分くすぐったいよ~、ひゃはははははははははははははははは!!」
「そっかぁ・・・でも、よくわからないや」
「ひゃはははははははははははははっ!!あははははははははっ、やははははははははっはっはっはっはっはっはっはっは~っ」
「はい終了っ!!三人ともお疲れさまでした」
司会の女性はそう言ってあいらを解放した。
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、くすぐったかったぁ」
あいらは息を整えると台から起き上がった。
「おつかれあいらっ」
「もぅひどいよ二人とも」
そう言ってりずむがあいらに駆け寄るとあいらはそう言って頬を膨らませた。
「言ったじゃない。ファンサービスだって」
「またそれー?」
みおんの言葉にまたもあいらは不服そうな顔をした。
「さて、それではみなさん。次のゲームに行きましょうか」
そう言って司会の女性は三人に笑いかけた。
まだまだゲームは続くのだ。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

  1. 2014/07/18(金) 14:00:55|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX