FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『ワンワン相談所』

『ワンワン相談所』

『FORTUNE ARTERIAL』 ―東儀 白 編―


「支倉先輩っ!!」
この日、俺はまたも白ちゃんへのお悩み相談室を開業することとなった。
生徒会の仕事を終えた俺は、監督生棟から寮に帰ろうと思い帰り支度をしていた。
会長と東儀先輩は委員会の役員集会に出席しそのまま寮へ帰った。
副会長と紅瀬さんは先程自分の仕事を終えて帰ってしまっていた。
そして、俺と白ちゃんのみが監督生棟に残っていたのだった。
帰り支度を終えた俺が白ちゃんに「さよなら」と一言挨拶を終え監督生棟を出ようとしたその時だった。
白ちゃんからの相談があったのは・・・。
【翌日】
『PIPIPIPIPI♪』
俺は目覚ましが鳴る音と共に重い体をベッドから起こす。
そして体を伸ばしながら休日返上とばかりにベッドから飛び出した。
今日は俺としては珍しく生徒会の仕事が休み、更に休日だったのだ。
しかし、そんな今日、俺は白ちゃんの悩みを解決するため校外の知り合いの家へ行くことにした。
白ちゃんの悩み・・・それは・・・
(昨夜)
「支倉先輩、犬嫌いを克服するのにはどうすればよいのでしょうか?」
白ちゃんの一言に俺は耳を疑った。
「えっ、白ちゃんって犬が駄目なの?うさぎは平気なのに?」
「はい・・・。ゆきまるとか子犬は平気なんですけど・・・大型犬はちょっと・・・苦手なんです」
そんな白ちゃんの姿を見て俺は名案が浮かんだのだった。
俺は身支度をし、部屋を出た。
白ちゃんとの待ち合わせ場所は、監督生棟だった。
俺が監督生棟に到着するとすでに白ちゃんは俺のことを待っていた。
「ごめん、待たせちゃったね」
俺が謝ると「いえ。私も今来たところなんです」とお約束の返事を返してくれた。
俺たちは外出許可を取り学園を出た。
今から向かうのは町の商店街にある大村さんの家だ。
大村さんとは学園祭の実行委員をやった時にいろいろと協力してくれていた。
その馴染みで今日一日出かけるという大村さんの家に留守番をしに行くのだ。
まぁ、とはいっても3日ほど前に大村さんからすでにお願いされていたのだが・・・。
それに大村さんの家には中型犬がいるので、白ちゃんの苦手克服と大村さんのお手伝い。両方一気にこなせるいい機会だったわけだ。
学園から歩いて約10分。ようやく大村さんの家へ辿り着いた。大村さんの家は床屋さん。
まぁ出かけるということなので本日は休業しているけどな。
俺たちは店の裏側に回り、家の玄関にたどり着く。そしてインターホンを鳴らした。
『ピンポーンっ♪』
鳴らしてから暫く立つと『はい、どちら様ですか~』と大村さんが出た。
俺は「支倉です。お手伝いに上がりました」と一言返す。
大村さんは俺だとわかると『ちょっと待ってて』という言葉を残してインターホンから遠ざかった。
更に2分ほど経つと大村さんが玄関から出てきた。
それもかなりの化粧をして。
「お待たせ~、今日はよろしくね。あら、そちらの方は?」
大村さんは俺のほかに想定していなかった白ちゃんの存在を認識し俺にそう尋ねた。
すると白ちゃんは一歩前に出てお辞儀をする。
「えっと、支倉先輩のお手伝いをしに参上いたしました。東儀白です」
白ちゃんは緊張しているせいか少し変だが丁寧さを忘れない挨拶を大村さんにかました。
すると大村さんは少し笑い「ご丁寧にありがとう。それじゃあ二人とも今日はよろしくね」
そう言って家の鍵を俺たちに預け駅の方向へ向かっていった。
俺たちは大村さんの影を見送り家の中へ入った。
「ところでここでは何をするんですか?」
白ちゃんが俺に問う。俺は一応お手伝いを頼まれたのだが、する事は留守番と犬の世話くらいだ。
とりあえず白ちゃんに必要なのは犬の世話かな。
「まぁ、留守番がてら犬の世話・・・かな。とりあえず犬でも見ておく?」
俺の提案にコクンと頷き庭にいる犬もとい大村さんの愛犬『タロー』を見に行くことにした。
俺たちは廊下を奥まで進み、庭に隣接している窓まで来た。
ここからなら窓越しでタローを見ることができる。しかし、白ちゃんは犬を見るどころか俺の裏に隠れたままだ。
「大丈夫?別に無理しなくてもいいよ。俺だけで面倒をみることもできるわけだし・・・。そもそも頼まれたのは俺だから」
俺がそういうと白ちゃんは首を横に振った。
「いえ、私は支倉先輩に協力していただいている身ですから。言い出しっぺの私が逃げるわけにはいきません」
そういって白ちゃんは恐る恐る俺の背中から窓の方へ進んでいく。
すると俺たちに気付いたタローが窓に近づいてきた。その時歩いて窓に近づいてきていたはずのタローがいきなり走り出した。
それも白ちゃんの方向へ。しかも俺がよく窓を見てみると鍵が開いていた。このままでは白ちゃんが危ない。
「白ちゃん!!今すぐ窓から離れてっ!!!!」
俺が叫んだときにはもう時すでに遅しだった。タローは窓を前足で開けると白ちゃんの服を噛んで庭に引きずり出してしまった。
そしてタローが一目散に白ちゃんに襲いかかった。
「きゃっ!?やっ、な、何っ!?あはははははははっ!!だ、だめぇへへへへきゃははははははははっ!!」
タローに襲われた白ちゃんはいきなり笑い声をあげた。
よく見てみるとタローは、白ちゃんを引きずり落とした後、白ちゃんの足の裏や首筋を舐めていた。
それがかなりくすぐったいのか白ちゃんは悶絶していた。
「やぁははははっは!!やめてぇ~くすぐったーい!!あはははははははははははははは」
タローは一通り舐め終わると、今度は白ちゃんのわきの下に鼻を潜り込ませてくすぐりだした。
「ひゃっ!?」
白ちゃんはいきなりの刺激に身をよじらせたがタローはお構いなしに続ける。
「あはははははっ!!そこはだめぇぇぇへへへへへへっ!!くすぐったいよぉ~、きゃっ!!あはははははははは」
俺は止めるべきか迷ったがとりあえず様子を見ることにした。
「あははははははっ!!脇はだめぇ~、あははははははははははは先輩っ!!助けて下さいぃっ!!あはははははははは~」
「ワンっ!!」
タローは一声吠えて白ちゃんのスカートの中にもぐりこんだ。
「きゃっ!!だめぇー!!きゃははははははははははっ!!そんなとこ舐めないで~!!あはははははははははっ!!」
どうやらタローは白ちゃんの内股を舐めているらしい。白ちゃんはさっきとはまた違う刺激に笑いをこらえられないようだ。
白ちゃんが激しく悶絶していると今度は白ちゃんの上着がめくれてお腹が丸出しになった。
「うわっ!?」
俺は見てはいけないと思いとっさに目をふさいだ。
すると白ちゃんの笑い声がさっきよりも激しくなった。
「あはっ!?やぁ、直接っ!?あははははははははははっ!!もっとくすぐったぁい、あははははははははやめてぇー!!」
「ワンっ!!」
心なしかタローの鼻息が荒くなった気がしたのでゆっくり目を開けてみる。
すると白ちゃんの上着がめくれて出てきた白ちゃんのおなかをタローが舐めまわしていた。
白ちゃんは我慢できずに笑い続けていた。
「あはははっははははははっ!!も、もう許してぇ~!!あはははははははははははははははっ」
白ちゃんの目に笑い過ぎてか涙がたまっていたので俺は白ちゃんを助けることにした。
俺は庭に出て白ちゃんを抱えあげるととりあえず風呂場に行った。
白ちゃんが汚れていたからだ。白ちゃんを風呂場に連れて行き、一息つくと白ちゃんに質問をした。
「俺が見た感じ、タローは白ちゃんを見てからいきなり走り出したように見えたんだけど・・・」
俺が言うと白ちゃんは頷いた。
「私の犬嫌いはそこなんです。私は犬さん達に嫌われているのか、いつもああやってくすぐられるんです」
「詳しく聞いてもいい?」
俺がきくとまたも白ちゃんは頷いた。
「昔からなんですけど、飼われている犬でも野良犬でも私が目に入るとすぐに私のところに走ってきて気の済むまで私をくすぐり続けてくるんです」
「さっきみたいに?」
「はい・・・。自分でもどうしてかよくわからなくて」
「なるほどね・・・。でもそれならどうして子犬は大丈夫なの?」
「確かに子犬も私をくすぐってくるんですけど、子犬なら抑えられるので・・・」
「つまり大型になると押さえつけられなくなると・・・」
「はい」
白ちゃんは落胆しながらそう言った。
「まぁとりあえずお風呂に入って汚れを落とした方がいいよ。大村さんには後から言えばいいし」
「はい、そうします」
白ちゃんは再び笑顔を浮かべた。
「そういえば替えの着替えなんて持ってないよね」
「いえ、体操着なら持ってきてます」
そういって白ちゃんはバッグから体操着を取り出した。
「じゃあ服も洗濯しようか」
「はい、お願いします」
そう言って俺は白ちゃんの服を洗濯機にかけ、洗面所を後にした。
そしてリビングに腰をかけテレビをつける。
大村さんがリビングなら片付いているし好きに使っていいと言ってくれたためだ。
暫くして疲れがたまっていた俺は少しウトウトし始めた。
その時だった。「きゃーーっ!!」という悲鳴が風呂場から聞こえてきた。
「白ちゃんっ!?」
俺は慌てて風呂場に駆けつける。すると浴槽の中に白ちゃんが押し付けられてタローに舐められていた。
風呂に入っていたということもあり白ちゃんはもちろん全裸。俺は手が出せまいと目をつぶった。
「あはははははははははっ!!くすぐったぁい!!お腹はやめぇ~っ!!あはははははははは」
頑張れ白ちゃん。心の中で白ちゃんを応援してみた。
「あははっ!!きゃんっ!?そんなに舐めないでぇ~、あはははははははははははははははははははははっ!!くすぐったいよぉ~」
「あははははははははっ!!も、もうダメぇ~!!あははははははは息がぁはははははは息ができないっ!!あははははははははは」
「くすぐったいっ!!誰か助けて~!!あはははははははははははははははっ!!お腹がねじれちゃうぅあははははははははははは」
「ひゃっ!!どこもくすぐったいから、あははははははははやめて~!!はははははははははは!!きゃはははははははははははは」
俺が助けようか助けまいか考えてみた結果。白ちゃんが気絶してから救出することになった。

スポンサーサイト
[PR]


  1. 2014/07/16(水) 13:20:40|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX