FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『探り合いのパジャマパーティー』

『探り合いのパジャマパーティー』

『FORTUNE ARTERIAL』 ―悠木 かなで 編―


「ひなちゃーんっ!!早く早く~!!」
「はーい」
お姉ちゃんの呼びかけに私はお茶の準備を終えリビングに戻る。
今日は女の子だけのパジャマパーティーです。
「というわけで第1回女子だけのパジャマパーティーINひなちゃんの部屋っ☆を開始しまーすっ!!」
『パチパチパチパチっ』
お姉ちゃんの司会みたいな進行役でパジャマパーティーが始まりました。
今日は私の部屋に千堂さんと白ちゃん、それにお姉ちゃんと私の四人。
本当は紅瀬さんともお話してみたかったんだけど忙しいみたい。
「じゃあ早速・・・お腹がすいたー!!ということでお茶にしよー!!」
お姉ちゃんはそう言って用意したお菓子の袋を開けた。
四時間後・・・。
「よーし、そろそろ良い時間だしご飯食べに行こーっ!!」
確かに時間は午後七時にさしかかっていた。
私たちは部屋を出て食堂へと向かった。
一時間後・・・。
「お腹一杯になった後はお風呂ーーーー!!」
こうして大浴場へと行き・・・。
更に一時間後。
「それじゃあパジャマパーティーの本番だよーっ!!」
大浴場から戻ってきた私たちはベッドと布団に転がり込み雑談を始めた。
そして二時間と三十分後・・・。
お喋りをしすぎて千堂さんと白ちゃんはかなりお疲れ気味。
わたしも少し疲れてきちゃったけど・・・。
「さぁー夜はまだまだだぁーーーーー!!」
ご覧のようにお姉ちゃんはまだまだ元気。
只今の時間は午後十一時三十分。
お風呂から戻ってきて雑談を始めてからすでに二時間と三十分。
もうそろそろ寝てもいい時間だよね・・・。
「かなで先輩、そろそろ寝ませんか?」
千堂さんが当り前の提案をする。
「えりりん体力なさすぎーー」
お姉ちゃんは頬を膨らませながら言う。
というよりも体力の問題じゃないような気がするよ・・・。
「白ちゃんも眠たそうだね?」
私は目を擦っていた白ちゃんに気がついた。
「は、はい・・・。いつもなら寝ている時間なので」
「むぅーーー。じゃあ最後っ!!十分だけだから~」
私たちは仕方ないなと最後の十分だけ付き合ってあげることにした。
「最後のガールズトークは・・・ズバリっ!!今気になっている男子は誰!?ということで・・・」
みんなが一瞬ビクリと反応する。
その後お姉ちゃんはニコニコしながら私の方を見た。
「もちろんひなちゃんはぁ~こーへーだよねぇ~?」
「っ!?」
お姉ちゃんの発言に私は一気に顔が赤くなったのがわかった。
「お、お、お、お、お姉ちゃんっ!?」
「あれ?何か違ってた?」
「くぅ~~っ!!」
お姉ちゃんの反撃に私は思わずうめき声を上げる。
「じゃ、じゃあそういうお姉ちゃんはどうなの?」
私はすかさず反撃に出る。
「ふへぃ!?」
私の唐突な仕返しに次第にお姉ちゃんも焦り始めた。
「お姉ちゃん?」
「い、いないよ~、絶対に!!天地がひっくり返っても絶~対にいないよっ!!」
お姉ちゃんは両手をブンブン回しながら否定する。
仕方ないなぁこうなったら・・・。
「じゃあ体に聞いちゃおうかな?」
そう言って私はお姉ちゃんに近づいた。
「ひ、ひなちゃん!?・・・もしかして」
お姉ちゃんは私がこれから正にしようとしていることに気がついたみたい。
でも・・・時すでに遅し・・・だよっ♪
「え~いっ、こちょこちょこちょこちょ~」
私はお姉ちゃんのお腹を一気にくすぐった。
「きゃははは、あはははははははははは~!!ひ、ひなちゃん、それ禁止~」
パジャマ姿のせいか、お姉ちゃんは相当くすぐったそう。
「禁止も何もないじゃない♪」
「あははははははははははははっ!!くすぐったいよ~、あはははははははは!!」
「もぅお姉ちゃん、さっさと言っちゃってよ」
「あはははははははっ!!だ、だからぁ~、きゃははははははっ!!いないよぉ~あははははははっ!!」
お姉ちゃんは身をよじらせながらも必死で否定する。
「かなで先輩の好きな人かぁ~確かに私も気になるわね」
その時、千堂さんもお姉ちゃんに好奇心旺盛なまなざしを向けた。
「あははははっ!!え、えりりん??」
「・・・悠木さん、私も加勢するわ」
そう言って千堂さんはお姉ちゃんの足を持ちくすぐり始めた。
「こちょこちょこちょこちょこちょ~」
「あははははははっ~!!ちょっと!!二人とも~きゃははははははっははははははははは!!」
「さぁさぁ~言っちゃえ言っちゃえ」
「そうだよお姉ちゃん♪」
私と千堂さんのダブル攻撃にお姉ちゃんは悶絶している。
「あはははははっ!!ほんとにくすぐったいから~あははははっあはははははははっ!!」
「そりゃあくすぐってるもんね?」
「そうだよね~」
「あはははははははっ!!こーゆーところで息ピッタリなんだからぁ~!!あははははははっははははははは」
お姉ちゃんの息がだんだん荒くなってきたところでわたしたちは手を止めた。
「はぁぁはぁぁはぁはぁはぁ・・・も、もう・・・本当にいないってばぁ」
お姉ちゃんは息を整えながら横になる。
「どう思う千堂さん?」
私が千堂さんに目を向けると千堂さんは考え込んで何かがひらめいたかのように手をポンっと叩いた。
「じゃあ一つずつ質問していくから先輩はその質問に答えてください。もし、先輩に何らかの反応があった場合・・・」
ここまで言いかけて千堂さんはお姉ちゃんに目を向ける。
「ゴクっ・・・」
お姉ちゃんは息をのみこむ。
「わかってますよね♪」
な、なんか千堂さんの目がすごく輝いてる・・・。
「じゃあ第1問、先輩とその人の関係は・・・ただの友達?よれとも親密な関係?はたまた無関係?」
「・・・えっとぉ・・・それなりに親密かと・・・」
お姉ちゃんが言った瞬間、千堂さんはお姉ちゃんに飛びかかった。
「やっぱいるんじゃないですかぁ~こちょこちょこちょこちょこちょ~」
「あははははははっ!!ご、ごめんなさーーい!!きゃははっははははははははははは~!!」
このまま千堂さんが聞きだしてくれそうな雰囲気だったので私は後を千堂さんに任せることにした。
「じゃあ次、その人との付き合いは長いか短いか」
「あはは、あははははははははっ!!きっと長いです~!!きゃはははは、あはははははははは!!」
「じゃあ第3問、その人は年上ですか?同級生ですか?もしや下級生?」
「あはははははははっ!!か、下級生です~!!あはははははっ!!も、もういーでしょー?」
「付き合いの長い下級生・・・ってもしかして・・・支倉くん?」
「あははははははっ!!言えないよ~!!あははははははははは、きゃははははははっ」
「さぁ~白状してください」
「きゃはははははは、ひ、ひなちゃん助けて~」
お姉ちゃんは私に助けを求めてくるけど・・・。
「さっき私の事をからかったのは誰だっけぇ♪」
「あはははははははっ!!ご、ごめん!!あはははははは~!!謝るから~!!きゃはははははは」
まぁ大体お姉ちゃんの意中の相手はわかったし、仕方ないなぁ。
「千堂さん、これくらいにしてあげようよ」
「そうね、おおよその見当は付いたし、白はもう寝ちゃってるし・・・。これくらいにしておきましょうか」
こうして私と千堂さんの拷問は幕を閉じたけど・・・。
その後真夜中にお姉ちゃんから復讐を受けたことは言うまでもありません。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


  1. 2014/07/16(水) 12:04:15|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX