FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『特訓!!秘伝のかなでスペシャル』

『特訓!!秘伝のかなでスペシャル』

『FORTUNE ARTERIAL』 ―悠木 陽菜 編―


「支倉先輩っ!!ご相談がありますっ」
その日、生徒会の仕事を終えた俺は最後まで監督生棟に残っていた副会長と白ちゃんに挨拶を終え白鳳寮に帰ろうとしていた。
正にその時、後ろから俺を追いかけてきた白ちゃんが俺に相談を持ちかけてきた。
ここから俺の三日間の苦悩が始まった。
「支倉先輩っ!!瑛里華先輩を笑わせましょう!!」
両手でガッツポーズをとりながら白ちゃんは必死に訴えてくる。
俺は趣旨がいまいちよくわからなかったためとりあえず話を聞くことにした。
「白ちゃん、いきなりどうしたの?」
「最近、生徒会の仕事が忙しいせいか、瑛里華先輩がすごく苦しそうに見えませんか?」
「まぁ確かに。最近の副会長はちょっと頑張りすぎだと思うかな」
「ですっ!!だからきっとストレスもたまっているはずですっ!!」
「うん・・・言われてみれば・・・」
「だから、私にも何かお手伝いできないかなと思ったのですが・・・なかなかいい案が浮かばなくて・・・」
白ちゃんはさっきの弁論モードからいきなりしょぼくれだしてしまった。
きっと白ちゃんも結構悩んだんだな。
「よしっ!!じゃあ一緒に何か考えよう。とりあえずはまた明日、ともに考えた案を出すということで」
「はいっ♪ありがとうございますっ」
俺の提案に途端に元気になった白ちゃんは俺に一礼をしてすぐさま駈け出してしまった。
俺も何か考えないとな・・・。
とりあえずは寮に帰ろう。
俺は寮に戻り部屋に入るとすぐさま何かの異変に気がついた。
「あれっ?俺・・・電気つけっぱなしだったっけ?」
最後の部屋を出たのは午前中。
どう考えても電気をつける時間ではない。
よくよく部屋を見渡すと、ベッドが妙に膨らんでいる。
それも、ちょうど人が二人入っているような形で・・・ねっ!!
俺はベッドに近づくとすぐさま布団を引っぺがした。
予想通り、中からはちょうど二人が隠れていた。
一人は寮長、悠木かなでさん。
もう一人は・・・
「お前もか陽菜・・・」
「あはは・・・お邪魔してます」
「っていうか、どこから侵入してきたんですかっ!?」
俺は呆れ気味に聞く。
「窓開けっぱなしだったよぉ?こーへーが悪い」
あっさり答えた上に責任転換かよっ。
「ごめんね孝平くん。いつもみたいにお茶会をしようと思ってきたんだけど・・・」
陽菜はかなでさんと違って申し訳なさそうに答える。
「いや、陽菜はいいんだ。問題は・・・」
「あーーっ!!こーへー、ひいきしたー」
かなでさんはその後、三分間ほど駄々をこねた。


「へぇ~白ちゃんがね~」
俺が先程のことを話すとかなでさんはクッキーを頬張りながら感心した。
「それにしてもおいしーね、このクッキー」
「この間町のお菓子屋さんで買ってきたんだよ」
かなでさんの満点の笑みに陽菜は嬉しそうにクッキーの解説をはじめる。
「ん?満点の笑み・・・これだっ!!」
~翌日~
「白ちゃんっ!!これなら絶対いけるって!!」
俺は昨日の夜に思いついた『おいしいお菓子で笑顔満点大作戦』の内容を白ちゃんに話した。
「実は私も、お菓子ならいいんじゃないかと思っていたんですっ♪」
そう言って白ちゃんは『きんつば』を差し出した。
「用意早いね」
「前からお茶菓子にって用意していたんです」
そういって白ちゃんはお茶ときんつばを乗せたおぼんを持って副会長に接近した。
「瑛里華先輩、お茶が入りましたよ~」
「ありがとう白、でも残念。私いまダイエット中だからお茶だけもらうわね♪」
「・・・はい」
こうして作戦は失敗に終わった。
その後俺と白ちゃんは副会長の前で漫才をしてみたのだが副会長は全く笑わず、逆に仕事をしろと怒られてしまった。
「わからねぇ~副会長の笑点がさっぱりわからん」
「そうですね~。とりあえずまた明日までに何か考えましょう」
「うん。そうだね」
こうして苦悩の二日目も幕を閉じた。
「「おかえりなさーい」」
「よう、邪魔してるぞ孝平」
俺が部屋に帰るとまたもやかなでさんと陽菜、そして司がいた。
「ここって俺の部屋だよな」
俺がこぼすと司はニヤリと笑った。
「頑張れよ孝平」
「お前が言うなっ!!」


「これはもう、無理やり笑わすしかないよっ!!」
かなでさんは意気揚々に発言する。
「でも無理やりってどうするんすか?」
司はやはり他人事のように言う。
「今日はこーへーに秘儀を伝授するのだ☆」
「おぉ!?」
かなでさんのテンションに俺も少し乗っかってみる。
「ひなちゃんっ、ちょっとバンザイしてみて」
「こ、こう?」
陽菜がバンザイの格好をとるとかなでさんは陽菜のわきの下をくすぐった。
「ひなちゃん。こちょこちょこちょこちょこちょこちょ~」
「きゃ!?あははははははははははははははは~」
陽菜は突然のことに驚きつつもくすぐったさに耐えられず笑いだす。
「こちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょ~」
「あはははははははははは!あ~っはははははははははははは!!」
かなでさんの指の動きが激しくなって行くたびに陽菜の笑いも激しくなる。
「ひなちゃんお腹とかも弱かったよね?」
そういってかなでさんの手はわきの下からお腹に移動した。
「あっあ~!!!きゃ~っはははははははははははははは!!やめてやめて!あ~っははははははははははは!!」
陽菜は必死でかなでさんの魔の手から逃れようとするが力が抜けたようで全く逃げられない。
「私からは逃げられないよぉ~」
「あははははは、そ、そんな、きゃはははははははははは」
「ひなちゃん可愛い~」
そう言って今度はわき腹をもみほぐし始めた。
「きゃあ~~っはっははっははははははははははははは!!いやっはははははははははははははは!!だ、だめ、あはははははははははははははは!そ、それだめ、きゃははははははははははは!やめ、やめ、やはははははははははははははは!た、たす、きゃはははははははははは!!」
陽菜は本当に弱いのか悶え始めた。
「先輩テクニシャンだな」
そんななか司は呑気にお茶を飲みながら感心していた。
「お前は本当にマイペースだな」
そんな中五分ほど陽菜の笑い声が部屋に響き渡った。
「陽菜お疲れ様」
俺がお茶を差し出すとのどが渇いていたのか、陽菜はそれを飲みほした。
「もうくすぐったかった~」
陽菜は自分のわき腹を撫で始める。
「まだだよひなちゃん。今度はこーへーにくすぐられなきゃ」
「「へっ!?」」
かなでさんの一言に俺と陽菜は思わず口をそろえて驚いた。
「さぁ、まずはひなちゃんのわきの下を人差し指で引っ掻いてみて」
「で、できるわけないでしょ!?」
かなでさんの提案に気恥ずかしくなった俺は提案を拒否した。
「だいたい陽菜が了承するわけ・・・」
「いいよ・・・その・・・千堂さんのためだもん」
了承しちゃったよ。
それもあっさりと。
「さぁ早くこーへー」
仕方がない、陽菜が覚悟を決めたのなら俺も覚悟を決めなくては。
「わかりました。やります」
「よく言ったっ!!それでこそ男の子っ」
俺はベッドの上に陽菜を寝かせた。
陽菜はかなでさんからの指示通りバンザイの格好をとる。
「いくぞ?」
「うん・・・」
俺は覚悟を決めて陽菜のわきの下を引っ掻いた。
「あはっ!?」
俺は陽菜の反応が気になって思わず手を止めた。
「こーへー。くすぐりの道は相手を快楽へと導くための技なんだよ?ひなちゃんをもっと喜ばせなきゃ」
思いがけないかなでさんからの指導。
そうだ、かなでさんも陽菜も俺のために協力してくれているんだ。
それなのに俺が消極的になってどうする。
その時俺の中に神が生まれた。
「どりゃーーーーーーーーーーー!!」
俺はあと降りかまわず陽菜の体に襲いかかった。
「ああっ、そこっ!あははははは、だ、だめぇ!いや~っははははははははっ!」
陽菜は首をぶんぶん振りながら笑い転げる。
それでも俺は心に決めた。
「手は・・・止めぬ」
「もうだめ、もうだめっ!、くふふふふふふふふ、きゃはははははははははは!!」
「こーへー今度は胸だぁ~鎖骨や~今日だけはひなちゃんを襲うことを許すっ!!」
俺はかなでさんの言葉に合わせて手の配置を変える。
「あはははははははは!きゃ~っはははははははははは!あはっ!あはっ!あはははは、ちょ、ちょっと、くふふふふふふぅっ、ちょっと待って!!っはははははははっ!」
陽菜はより一層動きを激しくした。
「うんっ!くははははははははあは、はぁん!ひゃははははははははははは!あっあっあははははっはははははは・・・・・・・・・」
陽菜の笑い声が止まりかけてきたとき俺はようやく我に返り手を止めた。
「わ、悪い!!つい夢中になってて」
俺は陽菜を抱き起こすと背中をさすった。
陽菜は汗と涙でくしゃくしゃなのに大丈夫だとアピールする。
「こーへー、これがくすぐり道だよ」
「はぁ・・・」
確かに相手が笑顔になるのは間違いないが、本人がこんなに苦しむのであれば根本的に何かが違う気がする。
「孝平くん、確かにくすぐったくて苦しかったけど・・・最後のほうは・・・その・・・」
「ひなちゃん・・・もしかして気持ちよかったとか?」
かなでさんの囁きに陽菜は顔を真っ赤にする。
「っ!?お、お姉ちゃんっ!?」
「図星か・・・、孝平・悠木先輩に続いて第三の変態の誕生だな」
「俺は変態じゃないぞっ!!」
司の毒舌に俺は反発したが自分でも変態のような気がした。
「とりあえず、苦しいことだけじゃないから、千堂さんにも遠慮することはないと思うよ」
陽菜の言葉に俺は一応相槌を打っておいたが・・・実行したら殺されそうなので少し考えようと思った。

スポンサーサイト
[PR]


  1. 2014/07/16(水) 11:59:23|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX