FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『和菓子クイズ大会』

『和菓子クイズ大会』

『FORTUNE ARTERIAL』 ―千堂 瑛里華 編―


「く、クイズ対決?」
「あぁ、たまには息抜きにどうかな~なんて・・・」
俺たちは今、男子寮の一角にある俺の部屋でクイズ大会を始めようとしている。
今部屋にいるのは、俺こと、支倉孝平と副会長それから白ちゃんの3人だ。
以前、白ちゃんに相談された件を今まさに、実行に移そうとしているのである。
(※ちなみに以前~以下略がわからない方は、悠木陽菜編を読めばいいぞw)
そして行き着いた場所が・・・。
「それでは、白ちゃんプレゼンツっ、和菓子にちなんだクイズ大会をはじめま~すっ♪いえーい!!」
「・・・」
「い、いえーい・・・」
と俺一人ハイテンションな下りで物語は進行していくのだ。
「それでは、第1問です。和菓子である羊羹の語源は一体何でしょうか?」
白ちゃんはあらかじめ二人で用意した問題を読み上げる。
ちなみに俺はすでに出題される全て問題の解答を暗記済みだ。
「そんなの・・・よ、よく噛んで食べるように、とかでしょ?」
副会長・・・それはダジャレだ。
「残念ながら不正解です。支倉先輩はいかがでしょうか?」
「羊羹とは読んで字のごとく、古代中国ではヒツジの肉の羹、いわゆるお吸い物だったわけだ。中国における日本で言う羊羹的な食べ物には、ヒツジの肝に似せた小豆と砂糖で・・・」
俺はその後2分かけて坦々と説明を続けた。
「さすが支倉先輩っ!!お見事ですっ♪」
「・・・支倉君?」
白ちゃんは拍手しての絶賛、一方の副会長は俺に不審そうな眼を向ける。
「さ、さぁ、次だ!!次っ」
こうして俺は妙なテンションのまま突っ走った。


「・・・う、嘘・・・っ」
副会長は信じられないといった表情で俺を見る。
それも当り前か。
白ちゃんの出題を俺がことごとく完全回答してしまったのだから。
まぁ、暗記したから当然なんだけど・・・。
「そ、それじゃあ支倉先輩っ、ここから一枚札をひいてください」
白ちゃんから渡された箱の中から俺は一枚紙を引いた。
「何なのその箱?」
副会長は箱を覗き込む。
「あ、これは罰ゲーム用ですっ♪」
白ちゃんはそういうと俺から紙を受け取り開いた。
「えっ、罰ゲームだなんて私、聞いてないけど」
「まぁ、まぁ、ゲームに罰ゲームは付きものだろ?」
「・・・ま、それもそうね」
副会長はしぶしぶ了承する。
「で、罰ゲームは何?」
「えっと・・・くすぐり3分です」
「っ!?」
白ちゃんの返答を聞くとすぐに副会長がビクンと震えた。
「ど、どうしたんだ?」
「・・・よ」
「はい?」
「・・・りだわ」
あまりにも小さな声で聞き取れない。
「何だって?」
「無理だって言ってるのよっ!!」
「・・・なんで?」
俺が真顔で聞くと副会長は拳を俺の目の前に出した。
「なんでって・・・っ!!だって・・・」
「だって?」
「弱いんだもん」
「・・・」
副会長はさっきまでの強気の表情とは一変して不安そうな表情を見せる。
「ま、まぁほら・・・でも3分だし」
「・・・」
「3分なんてすぐだって」
「・・・」
副会長は俺の言葉に耳を貸そうとしない。
「弱いって・・・」
俺は副会長の腋の下に手を突っ込んだ。
「ひゃあっ!?」
副会長は一気に身を縮め俺の手を振り払った。
「い、いきなり何するのよっ!!」
副会長は真っ赤になって怒る。
「いや、弱いと言っても限度がわからなかったので・・・」
「だ、だからっていきなり」
「悪かったって」
「とにかく!!私はもう抜けるからね」
そういうと副会長はその場を去ろうとする。
「は、支倉先輩っ!!」
白ちゃんは目で俺に何かを訴える。
というか、ここは何とかしないと・・・か。
「へぇ~らしくないな副会長」
「・・・ん?」
俺はここ一番の熱弁をはじめる。
「突撃副会長なんて呼ばれてるくせに逃げるのか?」
「・・・」
「まぁ、所詮副会長もただの女の子だったわけだ」
「・・・」
まぁ、こんなもんだろ。
「逃げる?馬鹿言わないで!!3分でしょうが何分でしょうが耐えて見せるわよ!!」
「よし、言ったな副会長♪」
「っ!?ま、まさか支倉君・・・」
副会長は啖呵をきってから俺に上手く乗せられたことに気づいたようだ。
最終的にはあきらめたようで白ちゃんに指示されるままに俺のベッドの上に横たわった。
「では、制限時間は3分ということで」
そういうと白ちゃんはストップウォッチをかまえた。
「・・・あ、あのさ副会長」
「何よ」
「・・・なんで腋の下ふさいでるの?」
「っ!!こ、これはその・・・ほらっ、あれよ」
「瑛里華先輩・・・その、ガードはなしで・・・」
「・・・わ、わかったわよ」
そう言うと副会長は両手を広げ大の字になった。
「そんじゃ、期待してるぞ副会長」
「それでは、よーいっスタート!!」
白ちゃんの開始の合図で俺は副会長をくすぐり始める。
まずは・・・うん、無難に首筋から。
俺は人差し指を駆使して副会長の首筋を撫でまわしていく。
「~っ!?んんっ!!・・・・へ、へーきよ・・・くっ・・・っん!!」
副会長は平気と言いつつも顔を真っ赤にする。
「でないと張り合いがないな、まだ軽くやってるだけだし」
そんなことを言って副会長を挑発する。
「んっ!!・・・くふっ・・・だ、だったら・・・本気でやっ・・・っはんっ、やってみなさいよ」
負けず嫌いの副会長は俺の挑発に見事にのってきた。
そもそも俺が挑発をかけた事には理由がある。
本気を出したらきっと大人げないとか人でなしとか何かしら俺に言ってくるはずだ。
でも副会長が俺に本気を出させたとなれば副会長も文句をつけられないはずだ。
そう考えて俺はあえて挑発をしたのだ。
これで心置きなく副会長を笑いの渦に閉じ込める事が出来る。
「ならっ、遠慮なくっ♪」
俺は首筋から副会長の腋の下に手を移動させて5本の指をフルに活用してくすぐりだした。
「いやあっ!!ちょっ、ひゃはははははははははははははははっ!!は、支倉くんっ!!きゃはははははははははははははは~!!」
副会長は腋の下に俺の指が触れただけでビクンと跳ねて大笑いしだした。
「どうした?ギブアップか?」
「あはははははっ、そ、そんなわけっ、くひゃっ!!あはははははははははっ!!あははっ、いやっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「良い根性だな。ならっ」
俺は更に指を早く動かした。
「みゃはっ!!きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!ちょっ、それやぁ~っはっはっはっはっはっは!!ひゃははははははははははははははははははははははははははっ!!」
副会長は次第に腋の下を閉じ始めた。
「だんだん腋の下が閉まってきてるぞ?」
「あははははははっ!!き、気のせいでしょ、きゃんっ!!ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「降参するなら俺は別にかまわないぞ」
「きゃははははははははははははははははは~っ!!こ、降参なんてっ!!んんっ!!・・・・くっふ・・・しないわよ」
副会長はそう言うと少し耐えて見せた。
さすがは副会長といったものか。
「だったら、これはどうだっ!!」
俺はそう言うと指を段々と下に降ろしていく。
「くひっ!?そ、そっちはぁ!!」
「そっちは?」
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!だめぇ~っへっへっへ!!にゃはははははっ!!も、もう限界っ!!」
そう言うと副会長は俺の手を払ってベッドの上で丸まってしまった。
「・・・ふ、副会長?」
「あっ!?・・・」
副会長は自分の行動に驚愕したようだ。
「今、逃げた?」
「逃げてないわよ・・・ほら」
そう言って再び大の字になってみせる。
「じゃあ今のはノーカウントな」
俺は副会長のわき腹付近を再び責めていく。
「ひゃんっ!!くふっ・・・にゃあ!!・・・くひゃ・・・あははっ、あはっ、あはははははっ!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
副会長は少しだけは耐えたもののまたすぐに笑い出してしまった。
「どうした?まだ残り1分30秒だぞ」
「あっはっはっはっはっはっはっはっは!!わ、わかってるぅ~!!わよぉ、あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「にしても、いつもからは想像できない表情だぞ?」
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!ひゃっはっはっ、恥ずかしいからそう言うこと言わないのっ!!ひゃはははははははははははははははははははははは~っ!!くっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!あははっ、んんっ!!」
副会長はまた少しずつ耐えて見せてくる。
なので俺はくすぐり方を変えていく。
今度は脇腹を揉み始める。
「にゃっはっはっはっはっはっは!!くすぐり方がぁっはっはっは!!変わったぁ!?ひゃははははははははははははははははははははははっ!!きゃぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「くすぐったいって認めるんだったら止めてもいいぞ」
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!ま、全くくすぐったくなんかぁ~っはっはっはっはっはっはっはっは!!ないんだからぁ~っはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
俺は少しずつ緩急をつけて脇腹をくすぐって行く。
「ひゃはははははははっ!!にゃはっ、あははっ、くひゃあ!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!くはははっ、きゃっはっは!!ひゃははっ!!」
副会長は予測できないくすぐったさに支配されていく。
「さて、そろそろ屈服させてやる」
俺は本気のスピードで副会長の腋の下から脇腹までを往復してくすぐって行く。
「きゃあ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!ひ、ひきょう者ぉ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!脇腹あ!?きゃははははははははははははははははははっ!!こ、今度は~っはっはっは!!腋はやだぁ~!!ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「さぁ~てどこまで耐えきれるかな?」
「いやぁ~っはっはっはっはっはっはっはっは!!くすぐったっ!!きゃっはっはっはっはっはっは!!くすぐったぁーい!!ひゃっはっはっはっはっはっはっは!!くすぐったくないぃ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!にゃはははははははははははははははははは~っ!!」
「あれ?今・・・」
「きゃははははっ!!気のせいぃ~!!あははははははははははははははははははっ!!きゃはははっ!!ひゃはんっ!!」
「無理しなくていいんだぞ?」
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!無理なんかぁ~っはっはっはっはっはっはっはっは!!だ、ダメぇ~っへっへっへっへっへっへ~っ!!くすぐったぁーい!!くすぐったいよぉ~!!認めるからぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
副会長は遂に降参を認めた。


「はぁ、はぁ、はぁ、支倉君!!」
「副会長っ、怒るなって・・・これはその罰ゲームなんだからさぁ」
副会長は降参をしたものの負けは認めないようだ。
「あの・・・瑛里華先輩、実は今回のゲームは・・・」
白ちゃんは副会長に今回の経緯を説明する。
すると副会長は驚きながらも最後は笑って白ちゃんの頭を撫でた。
そして、白ちゃんが部屋に戻った後、俺と副会長は談笑にふけっていた。
「それにしても、白があんなことを考えていただなんて・・・ちょっと驚いたわ」
「副会長の事をちゃんと考えてくれているんだよ。今回は白ちゃんに感謝だな」
「そうね、でもね・・・」
副会長は俺の胸ぐらをつかんだ。
「えっ!?副会・・・長?」
「物には限度があるのよ支倉君・・・ものすごっくくすぐったかったんだから!!」
「え、あ、あぁ・・・それは・・・ごめん」
「それと、あの勝負、支倉君の不正だったわよね?」
「あ~・・・そう・・・だな」
「じゃあ支倉君も罰ゲーム♪」
そう言うと副会長は俺に飛びかかってきた。
この日は最終的に延々と罰ゲーム合戦が繰り広げられた。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


  1. 2014/07/16(水) 11:54:36|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX