FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『モーニングパンチ』

『モーニングパンチ』

『夜明け前より瑠璃色な』 ―穂積 さやか 編―


「むぅ~・・・」
「ん~・・・」
朝7:30、俺と麻衣は悩んでいた。
目の前で『ぽけぇ~』っとしている姉さんを見ながら・・・。
いつものように目覚ましで起きてきた姉さんはそのまま椅子に座りながらも寝ぼけているのだ。
こんな時、いつもならば麻衣が用意した特濃緑茶で姉さんの目を覚まさせる事が出来るのだが。
あいにく材料を切らせてしまっているのだ。
「まさか、紅茶しか残っていないとは・・・」
俺は深く考え込む。
「紅茶じゃ起きないよね・・・」
麻衣もため息をつく。
今日は日曜日と言うこともあって俺も麻衣も休みなのだが姉さんは仕事だ。
最近、博物館の仕事が忙しくなったみたいでなかなか休みが取れないらしい。
なのでもうそろそろ起こさないといけないのだが・・・。
その時、俺の脳裏に一つの提案が浮かんだ。
「そうだっ、コーヒーで試してみようっ!!」
「あ~、それ無理だったよ」
俺のアイデアは麻衣が以前に試していたらしい。
俺が再び考え込むと麻衣は「仕方ない」と一言言って俺に耳打ちをしてきた。
「・・・これから最終手段をとります」
「さ、最終手段!?」
「お兄ちゃんは、お姉ちゃんを羽交い絞めにして」
「何だかよくわからないけど、わかった」
俺は麻衣の指示に従い、椅子に座りながら眠りこけている姉さんを裏から羽交い絞めにした。
「じゃあそのままね・・・」
麻衣は姉さんに近づくとそのまま姉さんをくすぐりだした。
「起きろーっ、こちょこちょこちょこちょこちょ~」
「んんっ、ひゃんっ!?あはははははははははははは~!!な、何事ですか!?きゃははははははははははははははははははははははははっ!!くすぐったいっ、やはははははははははははははははははははははは~」
姉さんはいきなりの刺激に驚きながらもしっかりと目を覚ました。
「お、起きたぁっ!?」
俺は思わず驚いた。
いつもはほっぺた引っ張っても布団をはぎ取ってもきちんと目を覚まさない姉さんがまさかくすぐりだけで起きるとは・・・。
「特濃緑茶よりも効果絶大かも・・・」
麻衣も麻衣で驚いている。
「はぁ、はぁ、はぁ、あ~くすぐったかったぁ」
姉さんも姉さんで、少しは状況が分かっているみたいだ。
「お姉ちゃん、こっちの方がよく目が覚めるんじゃない?」
「う~ん。確かに目覚めがいいような・・・」
麻衣の質問に姉さんは真剣に考え始める。
「だってぇ・・・お姉ちゃん、こんなにくすぐったがりなんだもんっ」
そう言って麻衣は再び姉さんをくすぐりだす。
「きゃっ、ちょっ、あはははははははははははははははははははははっ、や、やめて!!きゃはははははははははははははははは~!!あははっ、あははははっ、くっふっふっふっふ、ひゃはははははははははははははっ!!」
「あははっ、お姉ちゃん可愛ぃ~こちょこちょこちょこちょ♪」
「ひゃははははははははははははははははは~、ま、麻衣ちゃ、ははははははははははは、ダメぇ~!!あははははははははははははははははっ、くすぐった、くすぐったーいっ!!あはははははははははっはははははっははははははははっはっはっはっは!!」
「はぁ、楽しかった♪」
そう言うと麻衣は姉さんへの攻撃を止めた。
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、もぅ~ひどいじゃないっ」
姉さんは頬を膨らませて怒った素振りを見せる。
「ごめん、ごめん」
麻衣は笑いながら謝る。
こうして何とか姉さんを起こすことに成功した。


そして、その日の晩。
「というわけでね、お仕事がうまくいったのよ♪ありがと麻衣ちゃん」
「えへへっ」
姉さんはそう言って麻衣の頭を撫でた。
昨日の夜からフィーナとミアが月の王国に帰省しているため今日の夕飯は俺と麻衣と姉さんの三人でとっている。
なんかこう言うのも久しぶりのような気がする反面、少し物足りない気もしなくはない。
「というか、それって本当にあの起こし方のおかげなのか?」
俺はふと思っていた疑問を投げかけてみる。
「じゃあお兄ちゃんも試してみる?」
麻衣は手をわきわきさせながらにこやかに俺を見る。
「え、遠慮しておくよ・・・」
俺は丁寧にお断りをした。
「じゃあ明日も試してみようかお姉ちゃん♪」
「・・・あんまりくすぐったくしないでよ?」
「わかってるって」
不安そうな姉さんとは対照的に楽しそうな麻衣。
もしかして麻衣・・・ハマった!?
そんな事が脳裏に浮かぶ夕食時だった。


そして翌朝。
姉さんを起こす予定の時間が訪れた。
「よしっ、じゃあいくよお兄ちゃん。今日は目覚ましの代わりもやらなきゃいけなんだから」
そう言われ、麻衣と一緒に姉さんの部屋に向かった。
そして姉さんの部屋に入ると、姉さんは枕に足を乗っけて眠っていた。
多分寝ているうちに上下が逆さになったのだろう。
どんだけ寝相が悪いんだよ・・・。
「お兄ちゃん、何してるの?始めるよっ!!じゃあ昨日みたいによろしく」
「へーい」
俺はふぬけた返事をすると姉さんの体を起して押えた。
「さて、始めますか♪こちょこちょこちょこちょこちょ~」
麻衣は姉さんの脇腹に手を置くとそのまま揉み始めた。
「んっ、はぁあんっ!?ひゃははははははははははははははははははっ、くすぐ、ったい、きゃはははははははっ、きゃははは、ははは、くすぐったい!!あはははははははははははは~」
やはり昨日同様、姉さんはきちんと目を覚ました。
「おはよっお姉ちゃん、こちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょ~」
「ひゃははははははははははっ!!あはははははははははははは、お、お腹はやめっ、きゃははははははははははははは~、あははははははははははっははははっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!ダメ~!!」
「今日はちょっと早く起こしちゃった。おかげで後3分もお姉ちゃんのことくすぐれるよ?」
「きゃははははははははっ、ちょ、ちょっっとぉ、あはははははははははっ、待ってよ~、くふふふふふふふふっ!!起きたぁ、起きたってばぁ!!ひゃはははははははははははっ~」
姉さんはくすぐられたくない一心でか、自分が目を覚ましている事を必死に訴えている。
しかし、麻衣の手は恐らく後3分間動き続けることだろう・・・。
頑張れ姉さん。
「あはははははははははっはははははははっはっはっはっはっはっは!!くすぐったいってば、きゃはははははははっ、ひゃははははははははははははっははははははははっはっはっはっは~」
「もっと笑って笑って」
「ひゃはははははははははははははっ、そ、そろそろ、ははははっ、止めてよ~!!きゃはははははははははっ!!くすぐったくて死んじゃうぅ~、あはははははははははは!!」
「ダメだよっ、これでまたお姉ちゃんの仕事がうまく行くかもしれないんだから」
「あはははははははっ!!じゅ、十分くすぐったでしょぉ!?きゃはははははははははっ、ひゃははははははははははは~!!ふひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃはははははははははははっ、あっはっは!!」
姉さんは麻衣の徹底的な脇腹攻めに悶えつつ、バタバタと暴れまわっている。
おかげで押えている俺はすでに何発か殴られてしまった。
「痛たたっ。ね、姉さんっ、暴れないで!!」
「ふははははははははははははははっ、だ、だってぇ!!ひゃははははははははははははははははははははっ!!くすぐったいんだもん!!あははっ、あははははははははははははは~!!」
俺の願いは叶うはずもなく一向に姉さんの動きはおさまらない。
「な、なぁ、麻衣。もうそろそろ、痛っ!?止めてあげたら?」
俺は姉さんにこれ以上殴られないように麻衣に提案をする。
「もう少しだけ!!」
麻衣はそう言って手を止めることなく動かし続ける。
「ひゃははははははははははははっ!!あははっ、あはははははははははははははははははは~!!お、お願いっ!!ははははっ、また後でくすぐらせてあげるから~!!」
姉さんがそう言うと麻衣の手はピタリと止まった。
「じゃあ約束だよ♪」
そう言って機嫌を良くした麻衣はキッチンへと戻って行った。
俺は横で息を切らせている姉さんを起こすと背中をさすった。
「大丈夫?」
「う、うん・・・何とか・・・」
「それにしても麻衣の奴・・・何かに憑かれたみたいだったね」


そしてその日の晩。
姉さんはいつもよりも早く帰ってきた。
「今日は早かったんだね」
俺は姉さんを迎えながら言う。
「うん。多分朝のアレのおかげかも・・・。昨日も仕事がうまく行ったし・・・」
「んなバカなっ。きっと偶然だよ」
こうしてあと数日。このような出来事が起こったのである。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

  1. 2014/07/16(水) 11:50:56|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX