FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『ハニートラップ』

『ハニートラップ』

『月は東に日は西に〜Operation Sanctuary〜』 ―天ヶ崎 美琴 編―


最近俺、久住直樹は思うことがある。
それは・・・とにかく俺に妹萌成分が足りないということだ。
俺の従妹である渋垣茉理は、俺のことを『お兄ちゃん』などと呼ぼうとしない。
俺は仮にも渋垣家に居候の身だが、渋垣家の人々も俺も家族同然のように過ごしている。
故に俺と茉理の関係も兄妹同然なのだ。
にも関わらず茉理は俺のことを問答無用で『バカ直樹』と罵倒する。
そのせいで俺のお兄ちゃんとしてのプライドはズタズタだ。
いや、元からプライドなんてものはないんだけどさ。
更に言うと最近、いつもに増して茉理の当たり方が厳しい。
俺にとって、これはかなり厳しい物で・・・
そこで俺は茉理に『お兄ちゃん』と呼んでもらうべく作戦を練っていた。
天文部の部室(仮)であるカフェテリアで・・・
運良く今日は茉理が登板の日ではなかった。
これで思う存分話ができるぜ。
直樹「ということで、何とかならないものかなぁ~と」
俺はその悩みを部活に持ち込んでいたのだった。
弘司「要するに直樹が茉理ちゃんに尊敬されるようなお兄ちゃんになればいいだけだろ?」
美琴「でも・・・直樹だからね~」
結「久住くんにはとても尊敬できるようなところが有りませんしね」
三人で寄って集って俺に暴言を吐く。
直樹「お前ら・・・俺の相談に対し嫌味を返してどうするんだ」
弘司「あぁ・・・すまん」
美琴「茉理ちゃんの事が好きなんだね」
直樹「いや、なんというかお兄ちゃん魂ってヤツだな」
結「久住くんは弟って感じですよね」
弘司「ですね・・・長女が藤枝さん、次女が茉理ちゃん」
美琴「それで末っ子が直樹」
結「うんうん♪」
直樹「お前らなぁ~俺は断然兄貴って感じだろ!!」
美琴「恋人の尻に敷かれてるくせに」
直樹「うぐっ!!」
弘司「大体、藤枝さんとはどこまで進んだんだ?」
美琴「あっ!それは気になる」
結「私も聞きたいです」
美琴「さぁさぁお姉ちゃんに話してごらん♪」
直樹「いや、俺あくまで直樹だから」
弘司「天ヶ崎さんも直樹の姉なのか?」
結「まぁ、久住くんはもう一人の『先生っ!!弘司にそれはっ』・・・」
美琴「あ、あはははなんでもないよ~ねぇ直樹!!」
直樹「あ、あぁそうだなんでもないとも」
弘司「そうか?」
直樹「あぁ~」
結「ところで久住くん、藤枝さんとは」
美琴「そうそうそれそれ」
弘司「危うく忘れるところだった」
直樹「忘れろよっ!!てか今は茉理の話だろ」
美琴「そうだったね」
弘司「この件についてはあとでじっくり聞かせてもらうからな」
直樹「あぁ・・・」
結「でもなんで急に渋垣さんのことについてそんな事を思ったんですか?」
弘司「確かに、今まで直樹が茉理ちゃんに対してそんな悩みを持ったことなんてなかったもんな」
美琴「何があったの?」
直樹「実はな・・・」
3人「・・・ゴクリ」
直樹「俺は一度でいいから妹萌というのを堪能してみたいと思ったんだっ!!!!」
弘司「・・・」
美琴「・・・」
結「・・・」
弘司「さて、今日はそろそろお開きとするか」
美琴「そうだね~」
結「私もプリンの特売に行く時間ですし・・・」
直樹「お前らっ!!俺を見捨てるのか~!!」
俺がそういったときには既に3人の姿は鉛筆サイズにまで小さく見えていた。
直樹「ちっ!!逃がすかっ」
俺は3人の跡を追いかける。
作戦を考えてもらうとしたら弘司に考えてもらうのが一番だが今から追っても間に合うまい。
だからといって結先生に考えてもらうわけにはいかないし・・・
だとしたら仕方ない。
美琴を取っ捕まえるか。
~数分後~
直樹「やぁ、美琴くん」
美琴「ひどいよぉ~杏仁豆腐で釣るなんて・・・」
そう、俺は学園中の至る所に杏仁豆腐をばらまき、美琴が罠にかかっている所を捕獲した。
直樹「さて、一緒に考えようか♪ニコニコ」
美琴「やーだっ!!杏仁豆腐で少女の心を弄んだ直樹なんかに誰が協力するもんですかっ」
直樹「・・・そんな反抗的な態度をとってもいいのかな?」
美琴「な、なによぉ~」
俺は強行作戦を実行することにした。
直樹「悪く思うな・・・美琴」
俺はゆっくりと美琴の脇腹に手を伸ばし、力いっぱい脇腹を揉む。
美琴「きゃっ!!」
直樹「必殺!!擽り指3分間っっっっっっっっっっ!!」
そう言って俺は五本の指を美琴の脇腹に接着して不規則に動かす。
美琴「あはははははははははっ!!やぁっ!!やだぁ~あははははははははははっくすぐったーい!!」
直樹「それそれそれそれそれ~♪」
美琴「きゃはははははははは~っだめぇーお腹はだめだよぉ~あははははははははーくっくははっはははー」
直樹「コイツ、保奈美よりも敏感だなぁ」
美琴「あははははははははっ!!直樹のへんたっっははっははははははははーくすぐったいよぉ~はははははぁ」
直樹「今、変態って聞こえたんだが???」
美琴「直樹のエッチ~はははははははっ!!あはっ!?」
俺は少し美琴を苛めたくなってきたのでお腹から脇の下に手を食い込ませた。
案の定、美琴は変な声をあげた。
直樹「黙っていればいいものを~!!」
俺は指のギアを上げて徹底的に美琴の脇の下を支配する。
美琴「あーーーーーだめぇーーー脇は~きゃははははははははははっはははははははっはははっはははっは」
直樹「どうだ参ったか???」
美琴「くすぐったいっ!!くすぐったーーーいっ、あはははははははははははははははっ!!やめてぇ~あはははははきゃー」
直樹「直樹様すいませんでしたって言えたら止めてやろう」
美琴「な、な、なはははははははははは~おきしゃま~ははははははははははははやめっへぇぇぇぇぇえはははははははは」
直樹「なんて言ってるのかな?」
美琴「ははははははははははは~こちょこちょやめてぇ~きゃははっはははははくすぐったーいっ!!」
直樹「しょうが無いな~じゃあ残り1分だし、笑わずに絶えられたら許してやるよ」
そう言って俺は一旦手を止める。
美琴「はぁーはぁー、ほんとぉ~?」
美琴は擽られすぎて可笑しくなったのか、すごく何かをねだってくるような甘く可愛い目で俺を見つめる。
そんな美琴に対して不覚にも可愛いと思ってしまった。
それと同時にもっとくすぐってやりたいとも思ったが、美琴も限界そうなので今日は残り1分でやめてやることにした。
もちろん笑っても許してやろう。
直樹「じゃあ行くぞっ」
美琴「・・・直樹・・・ちょっと待って」
直樹「なんだ?」
美琴「ひとつ提案があるんだけど」
直樹「ん?何」
美琴「こうやって擽れば茉理ちゃんも直樹のことお兄ちゃんって呼ぶんじゃない?」
直樹「・・・」
美琴「・・・」
直樹「・・・あっ!?そっかっ!!!!」
美琴「ねっ?だから開放してぇ~」
直樹「美琴で遊んだ後でな」
美琴「えぇ~!?」
直樹「Lets GO!!」
美琴「あっんんんんんはははんんんん~」
直樹「頑張って耐えてますなぁ」
美琴「ふっ・・・・・・・・はっ・・・・ぁふっっ」
直樹「頑張れ美琴っ!!後30秒だ」
美琴「んっっふっはぁぁ」
直樹「とどめだっ!!!!!」
俺は美琴の耳に息を吹き込む。
直樹「ふぅ~」
美琴「ふにゃぁ~」
直樹「お疲れっ楽しかったぜ美琴」
美琴「私は直樹に何か色々と取られたような気がする~」
直樹「美琴~可愛かったぞ???」
美琴「・・・///」
直樹「これで茉理も屈服させられそうだ。サンキューな」
こうして美琴からのアドバイスを受け、茉理に「お兄ちゃん」と呼んでもらうべく
俺の戦いは始まった。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

  1. 2014/07/16(水) 11:42:46|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX