FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『調査せよ!!体を張った性癖調査』

『調査せよ!!体を張った性癖調査』

『D.C.Ⅱ』 ―雪村 杏 編―
 

「・・・」
雪村杏は考えていた。
「・・・」
というのも、どうすれば桜内義之の性癖がわかるのか・・・。
「・・・」
雪村杏は考え込んでいたのである。
「ナレーション」
は、はい何でしょう?
「・・・うるさい」
す、すみません・・・。


時は遡ること三時間前。
いつもと変わらぬ昼休み・・・。
雪月花の三人はいつも通り学食で過ごしていた。
「小恋ちゃん、それで義之くんとはぁ~どこまで言ったのぉ~?」
「ほぇ!?な、何よいきなり」
茜は小恋を問いただす。
実は先週の金曜日、遂に小恋は義之へ告白をしたのだ。
そして見事に小恋は恋を実らせた。
協力していた杏と茜からしてみれば嬉しいことこの上ないのだが・・・。
何せこのカップルはお互いに初過ぎて見ていられないのだ。
付き合うことになったと言えど、今までどおりに過ごしてしまっている。
「・・・実は」
小恋は茜の質問に渋々答える。
「まだキスもしてないのぉ!?」
茜の声が食堂内に響く。
「だ、だってぇ~」


この出来事から察するにいくら小恋が頑張ったとしても義之自身のことがわからなければ意味がない。
そこで義之の性癖について考えてみたのだが、杏には答えになりそうなものが何一つ浮かばなかったのだ。
そして放課後、杏は行動に出た。
杏が向かった先は・・・。
「ねぇ、渉」
「ん?どした」
「義之の性癖って・・・何?」
「はいっ!?い、いきなり何言ってんだよ?ってゆーか、お前も義之を狙ってたわけ?」
「小恋のためよ。あの二人、付き合ってもう一週間なのにまだキスもしてないって言うから」
「あぁ、そういうことか・・・確か義之はチャ・・・」
この時少年は考えた。
もし仮に本当の情報を教えたとしよう。
そうしたらきっと彼女はそれを小恋に伝えるはずだ。
だったら、ここで義之に変態疑惑をかけてみてはどうだろうか?と。
「実はな、ここだけの話・・・義之は・・・義之はぁ!!」


「もしもし義之?今からウチに来られるかしら?」
ここから雪村杏の体をはった義之変態疑惑の実証を開始するのだった。


『ピンポーン♪』
雪村家のチャイムが鳴り響く。
「よう、来たぞ」
そう、義之が現れたのだ。
「っていうかその格好・・・パジャマか?」
「そうよ。まぁ、中に入って」
杏に誘導されて義之は屋敷の一番奥の部屋へと入った。
義之は用意された座布団の上に座ると杏に尋ねる。
「で、どうしたんだ?急に呼び出して」
「ねぇ、義之。義之は女の子を見るたびにヤりたくなる事があるんじゃない?」
「はぁ!?」
「ねぇ。どうなの?」
杏に問われて義之は考え込む。
ヤリたくなること?
それってやっぱり性欲のこと・・・だよな。
「あぁ、いや・・・そりゃあ・・・男なら・・・あるかもだけど」
「きっと小恋は今の話を聞いたらショックを受けると思うの」
「ショック?何で?」
「だってそんな特殊な性癖、小恋が受け入れられるはずがない」
杏は思った。
くすぐりという行為を小恋が受け入れるはずがないと。
「特殊!?」
義之は更に考え込む。
性欲って誰にでもあるものだと思っていたけど・・・特殊だったのか?
もしかしたら俺だけなのか!?
性欲があるのはっ!!
「多分、このままの状態で小恋と付き合っていたら、かならず自分を抑えられなくなる・・・。だから私で欲求を解消しなさい」
そうすれば小恋をくすぐりたいという気持ちもなくなるはずだと杏は考えた。
「なっ!?何言ってるんだよ!!出来るわけないだろう・・・」
小恋がいるのに杏となんて・・・と義之は杏の提案を拒否する。
「いいからっ、早く私を・・・くすぐりなさい」
そう言って杏はベッドの上に横になると義之を引っ張った。
「はぁ!?くすぐれって・・・お前・・・。なんでそうなった」
「そんなの簡単よ。義之の欲求を解消するにはこれしかないと思ったからよ」
「いや、でもなんでくすぐりなんだ?」
「自分でそれを言う?いいからさっさとくすぐりなさい。これは小恋のためでもあるのよ」
「小恋の・・・ため」
「そうよ。さっきも言ったけれど、義之の性癖は特殊なの。誰もが受け入れられるものじゃない」
「特殊・・・なのかな?」
「えぇ、特殊よ。義之は小恋が嫌がっているのに自分の欲求を解消するつもり?」
「それは・・・」
「だから義之が暴走する前に私で欲求を解消しなさい。わかったら早く」
「本当に・・・やるのか?」
「早く」
「わかった。だけど・・・杏をくすぐって俺の欲求は満たされるのか?」
「私じゃ不足?」
「いや、そう言う事じゃなくて・・・行為の方・・・なんだけど」
義之は自分の性欲をくすぐりによって解消できるのかと考えた。
「いいから」
義之は疑問に思いながらも杏の腋の下に手をかけた。
「きゃはっ!?くっくっくっく・・・」
杏は腋の下の刺激を感じるとすぐさま笑いを起こした。
杏が笑いかけているのを見た義之はその光景に見入っていた。
「案外解消されるかもな・・・」
そう一言もらすと再び手を動かし始めた。
「あはははははははははははっ、く、くすぐったい・・・きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!」
それに合わせて杏も笑い出す。
「杏って笑うと結構可愛いな」
「やっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!きゃははははっ!!」
「普段から笑ってればいいのに・・・」
「あはははははっ、わ、私は、くっふっふ、あまり笑いなれてないのよ」
「まぁ、あまり見ないなお前の笑うところ」
「きゃっはっはっはっはっは~!!あははははっ、よ、義之っ、もっと弱くっ」
「こういう杏を見るのもレアだし、ちょっと本気でくすぐらせてもらうぞ」
そういうと義之は指の動きを更に細かくしていく。
「ひゃはははははははははははははははははははっ、あははははははっ!!だ、だめっ、くすぐったいっ、きゃははははははははははははははははははははははははははははっ!!」
義之は杏をくすぐりながら思った。
いつもクールな杏をここまで笑わせることができるなんて・・・くすぐりって凄い・・・。
「あっはっはっはっはっはっはっはっは~!!きゃ~はははははははははははははははははっ!!」
杏は笑いながら感じていた。
普段はこんなに笑うことはないけれど、無理矢理でも思いっきり笑うのは案外気持ちいい・・・。
「なぁ、杏。どうだ?今どんな気分だ」
「やはははははははははははははっ、あ、案外っ、くっはっはっはっはっはっは!!案外悪くないかも・・・ひゃはははははははははは~っ!!」
「なんかこころなしか楽しくなってきたんだけど・・・」
「いやぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!や、やっぱり性癖なのねっ、あははははははははははははは!!」
「今度小恋にもやってみようかな」
「あはははははははははっ!!だ、だから絶対引くわよっ、きゃははははははははははははははははははははははははは~」
「そうか?まぁ、確かに俺もSEXまでは考えすぎだったかもしれないけど・・・」
「やっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!よ、義之っ、何言ってるの?」
「いや、確かに杏の言う通り、俺のSEXしたいという性欲は特殊だったのかなぁ~って」
「ひゃははははははははははははははははははははははっ、な、何言っているの?きゃはははっ!!私が言ったのはっ、くっはっは、義之のくすぐりに対する、あはははっ、性癖よ」
「はぁ!?いや、そもそもそんな性癖持ち合わせてないぞ」
「へっ?」
この瞬間二人の時は止まった。


「渉の奴~、勝手に人を変態にすんなっつーの!!」
「ごめんなさい。私も少し変だとは思ったんだけど・・・」
「まぁ、いいよ。それに・・・なんか新鮮だったし。ありがとな杏。俺と小恋のこと気遣ってくれて」
「気にしないでちょうだい。じゃあまた」
こうしてこの日の騒動は終わったわけだが・・・。
義之は人をくすぐることに、杏はくすぐられることに少し興味を持ったという。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

  1. 2014/07/16(水) 11:35:55|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX