FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『ななかのダイエット宣言』

『ななかのダイエット宣言』

『D.CⅡ』 ―白河 ななか 編―


「義之くんっ!!私、ダイエットをしようと思うの」
「・・・はぁ?」
ななかの突然のダイエット宣言に俺は目を丸くした。
「ダイエットって、別にななかは太ってないぞ?むしろスタイル良いじゃないか」
俺がそういうと、ななかは身体計測の結果表を俺に差し出した。
多分見てみろという事なんだろうが、なんとなく見るのは悪い気がする。
何というか・・・デリカシーがないみたいで。
でも大切な彼女の頼みとあらば見ないわけにもいかない。
そこで俺は確認をとることにした。
「ななか、これ・・・見ても良いのか?」
俺が聞くとななかはコクンと頷いた。
それを合図に俺が結果表を開くと・・・
別に大した結果でもなかった。
むしろ軽過ぎて心配になるくらいだ。
「別に心配することもないんじゃないのか?」
「でもっ!!3ヵ月前より2kgも増えたんだよ!?」
「たった2kgだろ?ダイエットとか言うほどでも・・・」
俺がそう言うとななかは首を振って溜息をつく。
「もぅ~義之くんは乙女心がわかってないなぁ」
ななかはそう言いながら自分のお腹を撫でている。
その時俺はふと疑問に思った。
「でもダイエットするとして、どうして俺にダイエット宣言なんかしたんだ?」
「それはもちろんっ!!義之くんにも協力してもらうためだよ♪」
そう言ってななかはガッツポーズを作って見せる。
「協力???」
「うんっ♪この雑誌を読んでみて」
そう言うと、ななかは俺に1冊の雑誌を手渡した。
表紙には『痩せたい女子高生必見っ!!彼氏と出来る♪笑ってダイエット』と大きな見出し。
中をめくってみると、そこにはダイエット方法とその効果が書いてあった。
「えぇ~と・・・なになに・・・」
俺はその方法を黙読していく。
『ダイエット方法=今回のダイエットは、未知の可能性を秘めたくすぐりダイエットです。』
『彼氏持ちの方なら、彼氏といちゃつきながらダイエットが出来ます。』
『約1回5分のダイエットで-100g、これは1日1回を目標に行うものでありダイエットと同時に体力強化にも有効です。』
俺はここまで読んで早くも言葉を失う。
そんな俺を見てななかは「どうしたの?」と一言。
「これってダイエットというよりセクハラだろ?」
俺が言うとななかは頬をぷくっと膨らませた。
「セクハラじゃないもんっ!!ダイエットだよっ!!」
「・・・というか、ななかは良いのか?」
「うん。確かにくすぐったいのは苦手だけど、綺麗な彼女になるためだから頑張るっ」
このダイエットはどうやら俺のためでもあるらしい。
ここまで言われたら協力しないわけにもいかない。
「わかったよ。俺も協力する」
俺がそう言うとななかはパーッと笑って俺に抱きついてくる。
「ありがとう義之くん♪」
「あ、あぁ・・・///じゃあさっそく始めるか」
そう言って俺は先を読み進める。
【①ダイエット目標を決めます。】
「ななか、目標は?」
俺が聞くとななかはVサインをだして「-2kg♪」と答えた。
「OKっ。ここに書けばいいんだな」
俺はその雑誌にあるダイエットノートに目標-2kgと書き込んだ。
【②ウィークポイントをさらけ出せ】
つまり苦手な場所・弱点を教えろって事だ。
「ななかの弱点は?」
「えっと・・・脇の下とお腹と足の裏、あとは太股とか首もダメそう」
「多っ!?そんなにか?」
俺が聞くと「だってぇ」とななかは塞ぎこんだ。
俺はノートに弱点を書き込む。
【③では実際にくすぐってみましょう】
「よしっ、じゃあななか。さっそく始めるぞ」
俺が指をワキワキ動かせて見せるとななかは早くもくすぐったそうにする。
「あ、あのさ・・・義之くんの部屋でしない?」
「あぁ・・・別にいいけど」
ななかの提案に従い、俺たちはリビングから2階にある俺の部屋へと向かった。
部屋に入るとななかはベッドの上に仰向けに横たわった。
そして万歳をした状態で目をつむった。
「はい・・・どうぞ」
そういってななかは準備を終えた。
「じゃあ・・・行くぞ?最初はお腹からだ」
「うん」
そういって俺はななかのお腹に手を当てる。
「あはっ!?」
すると、早速ななかは悲鳴を上げた。
そして俺は指をゴニョゴニョと動かした。
一瞬のうちにななかの顔は笑い顔へと変わった。
「あはははははははは~っ!!あはっ、くすぐったぁ~いっ」
俺の指は早くも、ななかの腹部を支配した。
「ははははは、うふっ!?あははははははは~」
俺の指の動きは次第に激しくなっていく。
「あはははははははっ!!も、もぅダメ~、あはははははは」
くすぐっているうちに俺も楽しくなってくる。
「やっぱ笑ってるななかは可愛いよなぁ」
「あはははははははは~、く、くすぐりながら辱めないでよぉぉ~」
ななかは笑いながら照れている。
俺はそれがまた可愛くてついつい苛めてしまいたくなる。
「いや、本当だって。ななかの笑顔があればご飯3杯はいけるね」
「きゃははははははっ、も、もう、義之くん?ふひゃ!?ははははははははは」
ななかは少し拗ねたようにするが、またすぐに笑い出した。
「あははは、あははははははははは、くすぐったいよぉ~あはははははは」
そろそろ1分が経つころだ。
「じゃあななか、脇の下いってみるか?」
「あはははははは~、やぁ~やだやだやだぁ~あはははははははははは~」
俺が言うとななかはブンブン首を振って否定する。
それでも俺は容赦なく脇の下をくすぐった。
「ひゃっ!?あひっ、あははっ!?あはははははははは~や~め~て~あははははっ!!」
次第にななかの顔が赤面していく。
「あはははははははっ!!ははははっ、あはっ、ひゃははっ、あはははっ!」
「そんなにくすぐったいのか?」
「ひゃっ、ひゃあっ、あははははははは!きゃはははははははは、はははは、うふふふはははははっ!」
ななかは俺の問いに笑いながらも首を縦に振る。
時計を見ると更に1分進んでいた。
残りは3分だ。
「ななか、残り3分だけど休憩入れとくか?」
「あはははははははは~、だ、だいじょーぶ~!!あははははははは、ははははは」
俺が聞くとななかは休憩を断った。
俺はななかの脇の下に親指を接着させ擦りつけてみる。
「きゃっ、ひゃあっ!あははははっ!義之くんっそれダメ~!!あはははははは」
ななかは一瞬ビクッと跳ね上がりくすぐったがる。
ダメと言われると余計にやりたくなるのが冒険心のある男の子の性分だ。
「はははは、あはっ、あははっ、あはははっ!はっ、やっ、やぁっ、やめてっ、だめっ…あはははははっ!」
ななかはさっきよりもさらに笑い出す。
ベッドの上でくすぐっているだけで、拘束はしていないのだからガードすることは簡単にできる。
しかし、ななかはガードどころか更に脇の下を開いて見せる。
俺はダイエット女子の精神はすごいんだなと思わず感心してしまった。
だからこそ俺も手加減は一切しない。
手加減なんてしたらななかに申し訳ないからな。
俺はそう思いより一層速く指を動かす。
「いや~っははははははははははは!あ~っはははははははははは!!」
それに比例するかのようにななかも更に笑う。
「きゃはははははは!あはははははは!!くすぐったぁ~い!!ははははははははは」
俺はここでまた脇腹に手を戻す。
そして一気にくすぐり上げた。
「きゃああっはははははははははははは!だめ、そこだめ、あははははははははははははははは!!」
「頑張れななかっ!!あと2分くらいだぞ?」
「あ~っはははははははははははっ!!やっぱり我慢出来ないっ!!!!」
そう言ってななかは遂に手を下げ始めた。
「ななか、限界なら止めてもいいぞ?」
「いやはははははははははははは!きゃははははははははは!我慢するもんっ!!」
「わかった・・・でも無理はするなよ?」
最初のころは楽しいとも感じたが、ななかの苦しそうな顔を見ているともう止めようと言う気になってしまう。
でもななかは一向に止めようとしない。
俺のためにと思ってくれるのは嬉しいけど、心配なものは心配だ。
そして遂に残り1分となった。
「ななかっ!!残り1分だ。頑張れ」
「いやっははははははははっはははははは!あっははははははっははきゃぁああっっあはははあははははははははは!!!」
必死にくすぐったさに耐えているななか。
しかし本当に限界も近そうだ。
俺は残りの1分を楽にするために足の裏をくすぐることにした。
「ななか、残りの40秒は足の裏だ」
俺はななかの足を持つと足の裏に手を躍らせた。
「あはっ・・・あははははは!あ~っっははははははあはははっはははははははは!!」
ななかは足をバタつかせながら笑い叫ぶ。
「やはっ、やはははははははははは!だめっぇ、くすぐったぁい~~ひゃぁ~っっははははははははは!」
容赦ないくすぐったさがななかを襲う。
「きゃははははははは!あっ、あっ、あ~っはははははっははははははははは!」
気のせいか、足の裏が一番効いているように思えてしまう。
それほどななかは笑っている。
「よしっラストスパート10秒」
俺はななかの体のあらゆる所をくすぐった。
「やはははははははははははははははは!あ~っっはははははははははははっっっ!!」
強烈なくすぐったさがななかの全身を襲った。
「ダメダメダメダメッ~~~~っっへははははははっははははははは!!」
「よしっクリアだっ!!」
そしてようやく長い5分間が過ぎた。
「はぁ、はぁ、はぁ・・・お疲れ様~義之くんっ♪」
息を整えてななかが言う。
「お疲れって、俺の言葉だろ?大丈夫か」
俺はななかの肩を抱き体を起こす。
「あぁ~くすぐったかったぁ~。義之くんってテクニシャンだね?」
ななかはそう言って笑った。
「というか、辛かっただろ?」
「うん。まぁそれなりに?でもくすぐられるのって面白いかもっ」
「・・・面白い?」
俺はななかの発言に思わず困惑した。
「そうだよ♪義之くんは楽しくなかった?」
「正直言うと、ななかが可哀想で仕方なかったよ」
俺が言うとななかは「義之くんらしいね」といって俺に抱きついてきた。
「でもね・・・」
そう言いかけてななかは俺にキスをした。
「!?」
俺が驚くとななかは少し恥ずかしがってこう言った。
「義之くんにくすぐられるのは・・・ちょっと嬉しいし、その・・・楽しいかも///」
これからも続くであろうくすぐりダイエットはこうして幕を開けた。
それからしばらくしてななかは見事にダイエットに成功したのだ。
ダイエット終了後、俺たちは今でもたまにくすぐり合いをすることがある。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

  1. 2014/07/16(水) 11:33:03|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX