FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『オチないアイツの恋愛相談』

『オチないアイツの恋愛相談』

『D.CⅡ』 ―月島 小恋 編― 


「おっはよーっ小恋!!」
「わぁ!?な、ななか?もぅ何よいきなり」
日曜日の朝、いつも通り部活へ向かおうとしていた小恋を見つけたななかは元気よく小恋に飛びかかる。
小恋は驚きながらも相手がななかだとわかるとしょうがないなぁとばかりに息をもらす。
「今日は練習遅くなりそう?」
ななかは小恋の顔を覗き込む。
「ううん。そこまでかからないと思うよ」
「そっか、じゃあ部活が終わったらちょっとだけ付き合って」
「うん、別にかまわないけど」
「やったぁ♪約束だからね」
小恋は少し戸惑いながらもななかの笑顔を見ると少しだけ笑みをこぼした。


そして部活が終わり時刻が午後3時を迎えた音楽室では・・・。
「で、どうするの?」
小恋はななかに問う。
「実はね、小恋に聞きたいことがあるの」
「聞きたい事?」
「うんっ」
ななかは疑問符を浮かべる小恋をニヤニヤと見つめる。
「な、何?」
「ぶっちゃけ、義之くんとはどうなのかなぁ~って思って♪」
「ほえっ!?な、何でそんなことっ」
ななかの唐突な質問に小恋は戸惑いを隠せない。
「その反応・・・また進展なしかぁ~つまんない」
ななかはがっかりといった態度を見せるがすぐにいつもの笑顔に戻る。
「ねぇねぇっ!!じゃあ私が義之くんを確実に仕留める良い方法を教えてあげる」
「良い方法?」
「うんっ」
ななかは小恋の言葉に頷くと小恋に「万歳して」と指示する。
小恋は不思議に思いながらも両手を上げる。
「いい、これから小恋は格段と可愛くなりますっ!!」
「何言ってるのよ~」
「良いからそう思ってっ!!じゃあ行っくよ~」
ななかはガラ空きになった小恋の腋の下付近に手を移動させると小恋が感づく前に小恋の腋の下をくすぐりだした。
「こちょこちょ~っ♪」
「きゃははははははははははははっ!?な、何っ、やめへっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
小恋はななかの意表を突くくすぐり攻撃に吹き出した。
「えへへ~、どう小恋くすぐったい?」
「あははははははははははは~!!くすぐったいよぉ~いやはははははははははははっ、やめてぇ~っへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへ!!」
小恋はどうにか身をよじりななかの攻撃から逃れようとする。
すると小恋を逃がすまいと、ななかは倒れこむ小恋の足を取り、上履きと靴下をはぎ取った。
「きゃっ!!な、ななかぁ?」
ななかは何かを必死で訴える小恋をよそ目に足の裏に手を這わせる。
「小恋~♪こちょこちょこちょこちょこちょ~っ♪」
「ひゃ~ははははははははははははははっ!!いやぁ~ははははははははっ、ななかぁ、だめへっへっへっへっへっへっへっへっへ!!」
小恋は自身の足裏に来るくすぐったさに悶え、足をバタバタさせる。
ななかはそれを力で抑え込みながらジワジワと小恋にくすぐったさを与えていく。
「さあ小恋っ、もっと笑っちゃえ~」
「きゃははははははははははははははははははははははははは!!くすぐったぁーいっ!!ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!いやぁ~っはははははははははっ!!あははははははははははははははっ!!」
「ほれほれほれほれほれほれぇ~♪」
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!だめだってばぁっ、きっひっひ、ちょぉっ、やめぇ~っはっはっはっはっは!!えへへへへへへへへへへへへへへへへへへへ~っ!!あははっ、も、もう怒ったぁ、やはははははははははははははっ!!えいっ!!」
小恋は悶えながらも必死に身を起こすと仕返しをするべくななかの脇腹に手を潜り込ませる。
そして、ななかの脇腹を勢いよく揉みしだく。
「ひゃあっ!?あははははははははははははははは~っ!?こ、小恋~!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!ま、負けるかぁ」
ななかも負けじと小恋の脇腹に飛びつく。
「きゃっはっはっはっはっは!?なっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!わ、脇腹はぁ、ひゃはははははははははははははははは~っ!!」
小恋はななかの脇腹攻めに呆気なく落ちる。
するとななかの形勢再逆転。
小恋は力なくななかの脇腹から手を離し、自身の脇腹を防御しようとする。
「無駄無駄~こちょこちょこちょこちょ~っ!!」
ななかは小恋の防御を掻い潜り脇腹の上で指を躍らせた。
「いやぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!助けてぇ~きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!ふひゃ~っはははははははははははははっ!!」
「また腋の下に戻ろっかなぁ~♪」
「あははっ、ちょっ!!ダメぇ~!!」
小恋は何とかななかを止めようとするがななかの手は無惨にも小恋の腋の下に吸い込まれていく。
「こちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょ!!!!!」
「いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!くすぐったぁ、きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!あははははははっ、ひゃはははははははははははははははははははははは~っ!!くすぐったいよぉ~あははははははははっ!!ななかぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!ストップ~!!」
「だぁ~め♪」
「にゃははははははっ!!そ、そんなぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!きゃははははははははっ!!ふにゃはははははははははははははははははははははははははははははははははははははは~っ!!」
一通りくすぐると、ななかは一旦手を止める。
「あ~楽しかったぁ!!ごちそうさまでした」
「はぁ、はぁ・・・もぅ、ななかってばぁ・・・」
「ねぇ小恋、こちょこちょ~♪」
ななかはそう言ってまた小恋に手を向けた。
「きゃ~っ!!」
すると小恋は勢いよく跳び上がる。
「あははっ!!冗談だよっ」
「も、もぅ~!!」
「義之くんの前でも今みたいに笑ってれば絶対義之くんも落ちるとおもうんだけどなぁ~」
「はぁ~。そんな簡単にはいかないよぉ~」
そして最終的に何も進展はありませんでしたとさ。

スポンサーサイト
[PR]


  1. 2014/07/16(水) 11:31:13|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX