FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


バスケ部日誌3

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「で?」
「いや、だからねっ、それ以来先輩との進展はないし私達の関係って何なのかなって」
「うん、とりあえず知らない」
私は今、親友から相談を受けている。
私の親友はバカでドジでちょっと……ううん、ものすごくアホの子です。
でも持ち前の明るさとルックスで学年内ではそれなりの人気者でもある。
そしてそんな親友は今、恋をしているのだ。
相手は1つ上の先輩でバスケ部のエース、その上頭もよくてイケメンという完璧超人とかいう人なのだ。
まったくすごい人を恋愛対象にしたなと思ってしまいます。
「で、海月はどう思ってるの? 付き合ってると自分で思うわけ?」
「いやぁ、それがわかれば苦労しないよっ!! で、でも……」
「でも?」
「そのぉ、先輩が私のこと好きだって」
「言ったの!?」
私は海月の話に驚愕する。
まさか先輩の方から告白するなんて……。
「言ってくれたような違うような……よくわかんないっ」
「はぁ~」
どうせそんな事だろうと思ったよ。
私はそう思ってため息を吐いた。
そしてふと腕時計に目を向けた。
「あっ、ヤバっ!! 私のこの後バイトだ」
「えっ? 愛梨ちゃんバイトなんかしてたっけ?」
「あぁ~言ってなかったっけ? 先週から」
「ねぇどこでバイトしてるの?」
「えっ!?」
言えるわけがない。
「あ、あぁ~隣町のコンビニだよ……じゃあ私、急ぐからっ!!」
それだけ言うと私は颯爽と教室を去った。


「愛梨ちゃん!! オーダー入ったよ!!」
「はーい!!」
店長から要請を受けて私は1つの個室に入った。
そしてバイト仲間の人に仕事の準備を手伝ってもらう。
まずはアイマスクをつけ、そして両手両足には拘束具がつけられた。
「準備できました」
バイト仲間の合図で客人1名が個室に入ってくる。
アイマスクをつけている私からすると相手が誰なのかはわからない。
だけどこれからされることはわかっている。
「君、新人さんなんだってね。じゃあちょっとキツイかもだけど苦しかったら言ってくれていいから」
客人はそう私に声をかけてくれた。
「あ、ありがとうございます。お客さん、この店に慣れてるみたいですね?」
私は珍しくも優しいお客さんにそう返した。
「そんなこともないよ。今日が初めて」
「えっ? でも通ってるような口調でしたよ?」
「あぁ~。慣れてるのは店の方じゃあないからね」
「?」
「行為の方さっ♪」
客人はそれだけ言うと私に近づいてきた。
そして次の瞬間、私の脇腹に衝撃が走った。
「あははっ!? い、いきなり、そこぉ……あははっ、あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
私は脇腹に来たその衝撃に耐えきれず笑い出してしまう。
「君も結構弱い方なんだ」
客人は少しずつ刺激を強くしてくる。
それに従って私の体も大きく反応していく。
「いやぁ~!! きゃはははははっ!! く、くすぐったぁい!! あっはっはっはっはっは~っ!! ひゃはははははははははははははははははははははは!!」
そう、私は今、見ず知らずの人にくすぐられているのです。
それが私の仕事、くすぐり喫茶という意味不明な店のアルバイトです。
仕事はいたって簡単、くすぐられるだけ以上。
「あはははははははははははははは!! やだぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
何、この人上手すぎるっ……。
今までとは違ったくすぐり方だ。
「どう? くすぐったいでしょ? この方法を編み出すのに結構研究したんだぜ」
そう自慢しつつ客人は段々と指を上に動かしていく。
「ひゃはははははははははははははははっ!! だ、だめぇ!! 腋は~っはっはっはっはっはっはっはっは!! 腋は弱いのぉ~!!」
「そう言われるとくすぐりたくなってくるなぁ」
そして問答無用で私の腋の下へと侵入してしまった。
「いやっは!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! くすぐったぁーい!! にゃぁ~!! あははははははははははははははははははっ!!」
ダメだよっ、くすぐったすぎて死んじゃう……。
そう思いながらも私の心は少しずつ傾いていく。
もっと責めてほしいっ……。
私がこのバイトを選んだわけ、それはくすぐられるのが好きだったからなのです。
あの逃げたくても逃げられない衝動とゾクゾクする感じがたまらなく好き。
「っ!! ……なるほど。愛梨ちゃんってもしかしてドM?」
「えへっ!?」
客人は手を止めると不意に私にそう尋ねてきた。
「……な、何でですか?」
「だって、少しも抵抗しないし、むしろ自分からグイグイくる感じがした……から?」
いや、疑問を疑問で返さないでください。
「……困ったなぁ。それ、秘密なんですけど……」
「他にはないの? 秘密とか」
「……ありません!!」
私がそう言うと客人は笑ったように息を吐いた。
「だったら、吐かせてやるっ!!」
そう言うと再び私の腋の下に刺激が訪れた。
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! そこばっかぁ~っはっはっはっはっは!! 反則ぅ~!!」
「だって、弱点っぽいんだもん」
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!! やぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! くすぐったいですよぅ」
「でもうれしいんでしょ?」
「ひ、否定しませんけどぉ~!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! にゃははははははははははははははははははははははは~っ!!」
もうダメだ。
私完璧に虜になったかも……。
それに、アイマスクをしているせいかくすぐったさがいつもの倍に感じてしまう。
「他に弱点はない?」
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!! あ、足の裏も苦手ぇ~っはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「本当にドMなんだな」
客人はそう言って私の靴下を脱がせていく。
「はぁ、はぁ、こう言えばくすぐってくれると思いました♪」
「ならお望み通り、こちょこちょこちょこちょこちょ~っ!!」
そして私の足の裏には恐ろしいほどのくすぐったさが攻め寄せてきた。
「きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! くすぐったぁ!! ひゃははははははははははっ!! あっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「どう? 気持ちいい?」
「にゃっはっはっはっはっはっはっは!! き、気持ちいいとは~っはっはっはっは!! ちょっ、くひゃっ!! ちょっと違うかも」
「へぇ~」
こうして私は20分ほどくすぐられ続けた。


「あの、アイマスクはずしてもらってもいいですか?」
「ん? いいよ」
私は客人にアイマスクを外してもらう。
客人の顔を見てみたくなったからだ。
私は目を開けて客人を見る。
「……っ!? え、えぇ……えぇ~っ!?」
そんな、まさか……。
「……葛坂……先輩?」
「ん? ……あの……俺の事……知って……る?」
私と同じく客人もフリーズする。
「……あ、あはは……え、本物の葛坂先輩? 葛坂悠斗本人……ですか?」
「あちゃー……マジか。え、学校の人……だよね? それに先輩って事は君は……」
「はい、1年の瀬川結梨です。えっと……海月がお世話になってます……?」
「あ、あぁ……よろしく? というか、綿井の知り合い?」
「えぇ、一応親友ですけど……」
「……それは話がまとまりやすそうだ。じゃあお互い暴露しちゃおっか」
「へっ?」
「だから……そのぉ……俺は実はくすぐりフェチだ……ったりする」
「……」
本当ですか……。
とか、私が言えた立場ではない。
でも海月が知ったらショックだろうなぁ。
「えっと……じゃあ、私はくすぐられるのが好き……だったりします」
ってめっちゃ恥ずかしいっ!!
「じゃあとりあえず、お互いこの事は内緒ってことで」
「そうですね……あのぉ」
「何?」
「……気とか使わないでくださいね? 私全部忘れますからっ」
「あぁ。じゃあ俺も全部忘れたっ」
「それと……もう1つ。海月は知ってるんですか? 先輩が……そのぉ」
私が言いにくそうにしていると先輩は少し口元を緩めた。
「知ってるよ。というか、君の方の事情は知られてるの?」
「いえ……全く……」
「そっか。じゃあ俺も何も言わないからな。じゃあ」
それだけ言うと先輩は部屋を後にしようとする。
「あっ、そうだ」
「?」
先輩は部屋を出る前に振りかえる。
「瀬川っ、可愛かったよ、ありがとな」
「~っ!?」
そういって先輩は部屋を後にした。


「ねぇ、どう思う結梨ちゃんっ!! やっぱり先輩は……」
次の日、私はまたも親友の相談を受けていました。
「知らないよ!! 全くもぅ……でも」
「ん?」
「海月の事は大切にしてくれると思うよ」
私は親友の恋に対する心配がなくなったような気がします。
それにしても……本当に黙っててくれるのかなぁ?

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【あとがき】
この作品は、よし、愛梨はMだといきなり設定して構成しました。
本当に散らかしただけでした(笑)

Yahoo2012/12/19 編集済
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

  1. 2014/01/26(日) 04:49:56|
  2. オリジナル小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX