FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


家庭教師は信じらんないっ!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

家庭教師。
そんな言葉が流行り出したのはいつ頃の事か。
最近では某アルプスの少女がCMで宣伝に狩り出されているが、たしかアイツは低燃費が売りだったはずでは?
そんな事を思いながら私は新しく来る家庭教師の先生を自室で待っていた。
「はぁ、これで何人目だろう・・・」
指折り数えるわけでもないが、私のところに送られてくる家庭教師にはろくな先生がいない。
最初の家庭教師はただのロリコンの大学生・・・。
何時間も幼女の素晴らしさを引くくらいに熱弁していた。
もちろん3日で契約解除。
二人目の先生はアニメオタクだった。
フィギュアを持ってきて自慢、観賞しているだけで何の役にも立たなかった。
1時間後には解約。
三人目の先生は・・・思い出したくもない・・・。
その先生は強烈なオネエだった。
私は別にグレーゾーンについて聞いた覚えは無いのに・・・。
まぁ、あげていてはキリがないのでこの辺にしとくけど。
今回もどうせ、ろくな先生じゃないんだろうな。
「紗和~。先生がお見えになったわよ」
「はーい、今行くから・・・はぁ」
私は小さくため息をついて腰掛けていた椅子から立ち上がると部屋を後にした。
玄関にたどり着いた私の前に立っていたのはすごく綺麗な美人さんだった。
「うわぁ・・・」
私は思わず感動してしまった。
今までも女性の先生が来た事はあったけど、1人は腹黒厚化粧女、1人はジャラメガネのザマスおばさん、1人は・・・ニューハーフ・・・。
「こんにちは紗和ちゃん。今日から一緒に頑張ろうね」
「えっ、あっ、は、はいっ!!」
思わず見とれていたので急な挨拶に返事が遅れてしまう。
「では、花見先生。どうかよろしくお願いします」
「はい。お任せ下さい」
こうして先生と私の家庭教師と生徒の関係は始まった。


「紗和っ、また順位上げて学年5位だったんですって?すごいじゃないっ」
「えへへっ、全部奈々さんのおかげだよ」
家庭教師の先生こと、奈々さんが家庭教師になってから早くも3カ月が経過した頃、学年中位だった私は一気に学年トップクラスの学力まで成長していた。
「私も家庭教師として鼻が高いわ。じゃあ今度は学年1位を目指そっか♪」
「ねぇ、奈々さん・・・そのぉ・・・私、ご褒美が欲しいなぁ♡」
私は奈々さんに甘えて見せる。
「そうね。じゃあ紗和の願いを一つだけかなえてあげる」
「ほ、ホントっ!?じゃ、じゃあ・・・いつものアレ・・・して欲しいな。今日はお母さんも出かけてるから大丈夫だよ?」
「もう、紗和は甘えん坊ね♪」
「やったぁ!!」
私は席を立つとベッドの上に横になった。
すると奈々さんは私に抱きつくようにベッドに転がった。
そして抱きついたその手を私の腋の下に回してくる。
私は奈々さんの指が腋の下に掠っただけで少しだけ笑みをこぼしてしまう。
「じゃあ行くわよ~」
「きゃぁー」
『来る』そう思うと無性に身体がムズムズするのが自分でも解った。
そして次の瞬間、私の腋の下で奈々さんの指が動きだした。
「こちょこちょこちょこちょ~♪」
耳元で奈々さんが囁くだけで身体がゾクゾクしてくる。
「あはははははははははははっ!!やっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!くすぐったぁーい!!」
私は腋の下に迫るくすぐったさに悶える。
「いつやっても敏感な肌よね?」
「ひゃっはっはっはっは!!ふぁ、いひゃっはっはっはっはっはっはっはっは!!あはははははははははははっ!!」
私はあまりのくすぐったさから腋の下を閉じようと抵抗する。
「あら、どうしたのかしら紗和ちゃん?こちょこちょして欲しかったんでしょぉ?」
「にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!な、奈々さんのイジワルぅ~!!きゃはははははははははははははははははは~っ!!くすぐったいよぉ」
奈々さんの指の不規則な動きがドンドン私の感覚を麻痺させていく。
私はこの感覚を味わうために勉強をしているようなものなのだ。
テストの度に成績が上がるとご褒美としてくすぐってもらえる。
私はそのシステムをフルに活用していたのだ。
その結果が学年上位入りという大躍進。
「まだ軽くやってるだけなんだけどな~?」
そういって奈々さんはいじわるな笑みを浮かべる。
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっは!?あ、あれっ!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっは~!!奈々さん今日、Sモードっ!?」
「えっ?Sモード?何それ?」
奈々さんはキョトンとした目でこちらを見ている。
もしかして・・・気づいてない?
「ひゃはははははっ、た、たまに奈々さんっ!!あ~っはっはっはっはっはっはっはっは!!加減してくれないじゃないですかぁ~!!」
「えぇ~?これでも加減してるよぉ?」
「でっへっへ、でもぉ~!!きゃはははははははははははははははっ!!くすぐったいんだもん!!」
「わがままばっか言ってると・・・こうだゾ~こちょこちょこちょこちょこちょ~っ」
「きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!奈々さんっ!!強すぎぃ~はははははははははははははははっ!!」
奈々さんの容赦ない腋責めに私はただ笑い続ける。
「腋ばかりもつまらないよね?じゃあどこに行こうかなぁ?・・・決ぃ~めた!!」
そう言って奈々さんは私の脇腹に手を伸ばした。
「ひゃあっ!?そ、そこはぁ!!やぁ~!!」
「だぁ~め♪」
私の制止も目にくれず奈々さんの手は非情にも私の脇腹へと伸びた。
そして私に待つ時間も与えず私の脇腹の上で指が踊る。
「いやぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!だめぇっへっへっへっへっへ~!!やぁ~ははははははははははっ、きゃっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
私はくすぐったさから逃れようとジタバタして回避を試みるが擽られていて上手く力を込められない。
「あれっ?もしかして逃げようとしてる?」
そう言って奈々さんは更に強くくすぐってきた。
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!ご、ごめんなさーい!!きゃはははははははははははははは~」
「ねぇ、ゲームしよっか?」
「ひゃっはっはっはっはっは!!げ、ゲーム?」
奈々さんはいきなり『ゲーム』を提案してくる。
「そう。紗和が私のくすぐりに1分間耐えられたら紗和の勝ち。その代わり耐えられなかったら私の気の済むまで紗和をこちょこちょする」
「えっへっへっへ!!それぇ、私が得しないじゃん!!きゃっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「じゃあ紗和が勝ったら特別に私をくすぐってもいいよ?」
「ほ、ほんとっ!?じゃあやるっ!!」
そういえば奈々さんをくすぐった事なかったなぁ。
そんな事を思っていると、奈々さんをくすぐってみたくなったのだ。
気づいたら私は奈々さんの誘いに乗ってしまっていた。
「私の挑戦を受けるなんて・・・紗和は余程自信があるのね♪」
そう言うと奈々さんはベッドの上に私を寝かせて両手を上にあげさせた。
これで私の腋の下から脇腹まではがら空きである。
ただ、拘束されているわけではないので自由に手を降ろす事は出来る。
「じゃあ、手を降ろしたら負けだからね?」
「いいよ♪1分なんて楽勝だね」
私がそう言うと奈々さんは一瞬「むっ」とした顔になった。
「それじゃあ、今からね・・・よーいスタートっ」
1分間のスタートが切られた瞬間、私の腋の下には先程よりも優しいくすぐったさが襲った。
「ひゃあっ!!うふふふっ・・・・きゃんっ、くすぐったいぃ」
まだ少し我慢できるくすぐったさだ。
「どんどん強くしていくからねぇ♪耐えられるといいねぇ?」
またも奈々さんはSモードに入った。
ひょっとして負けず嫌い?
「ひゃあっ!?ひゃっはっ、きゃあっ、ちょ、陰険っ!!やっはっはっ!!」
奈々さんは続いて私の脇腹を突っ突いてくる。
少しずつ襲ってくるくすぐったさに私は悲鳴を上げる。
「これが強くなると~?」
そういって奈々さんはいきなり脇腹を揉んできた。
「きゃあ~っ!?いやぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!卑怯者ぉ~!!」
私は先程までとは比べ物にならないくすぐったさに一瞬手を降ろしそうになるが何とかシーツに掴まってそれを阻止する。
「頑張るね♪でも我慢しないで降ろしちゃえよぉ」
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!やだぁ~!!ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「次は・・・ここかなぁ?」
そう言って私の胸をくすぐってくる。
私はいきなり胸に移ったくすぐったさに反応できない。
「ひゃんっ!?変態ぃ、いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!にゃははははははははははははははははははははっ!!そこっ、やぁ!!」
「もう、早く降参してよぉ~」
奈々さんはニヤニヤして私の顔を覗き込む。
「いやぁ!!みゃっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「もう少しで半分だし・・・そろそろ降参させちゃうからね?」
次の瞬間奈々さんの手は私の予想を大きく超えた場所に移動した。
「えっ!?・・・」
奈々さんの手はゆっくりと下へ下がって行く。
「まさか・・・足!?」
そして奈々さんは容赦なく私の足の裏を思いっきりくすぐってきた。
「あぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっは!!いやっ、足はダメぇ~っへっへ!!きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!無理だよぉ~!!」
「私は全部知ってるんだよ?紗和の弱点は」
私は暫くじたばたしてみるが、全くと言っていいほどどうしようもない。
「きゃははははははははははっ、む、無理っ、あっはっはっはっは!!もうダメぇ~!!」
気がつくと私は両手で足を庇っていた。
「あっ・・・」
私が思わず声を上げると横では奈々さんがニヤニヤしていた。
「じゃあ罰ゲームだね?」
「うぅ~・・・」
私達の関係はまだまだ続きそうです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

  1. 2014/07/08(火) 14:41:02|
  2. オリジナル小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX