FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


サークルK

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

春、桜が満開の見ごろを迎えた今日、私は大学生活のスタートを迎えた。
やっぱり今までとは違って大学は、なんていうか、自由気ままだというオーラを感じる。
新しい生活、新しい友達、新しい恋。
今の私にとってそのすべてが待ち遠しい。
そして今は、入学式が終わったばかり。
入学式の行われた大ホールを出ると私は他の新入生たちと共にサークル勧誘の波にのまれた。
このホールから学園の校門までの長い道のりには先輩たちの山!山!!山!!!
「さぁテニスという名の青春をtogetherしようぜ~」
「一緒にUFOを探さないか?」
「ワイルドに囲碁打とうぜぇ~」
「「結構ですっ!!」」
私が先輩たちの山につぶされていると一人の男性が私に近づいてきた。
すると、先輩たちはその人邪魔にならないようにか道を開け始めた。
いつのまにか私とその人の間には一本の道が出来上がっていた。
「君、名前は?」
その人が私に問う。
私はその場の空気に押されながらも答えた。
「丹波小咲です」
「丹波さんかぁ・・・。ちょっとついてきて」
その人は私の手を取ると校舎の奥の方へと足を進めた。
暫く歩いていると旧校舎のようなところに入り、一つの教室のようなところで立ち止まった。
「丹波さんさぁ・・・お姉さんとかいる?」
「え、えぇ。いますけど・・・。姉の事、ご存知なんですか?」
私はその人の問いに少し驚きながらも答えた。
「あぁ、近くの桜美大学にいる丹波菜穂さんでしょ?あれだけ目立つ人ならだれでもわかるさ。それに君も彼女に少し似ているからね」
「私が・・・ですか?」
「あぁ、お姉さんに似てモテるタイプだ。さっきの勧誘だってほとんどのサークルが君の周りに集中していたじゃないか」
「そ、そうですか?」
「あぁ。そんでもって俺も勧誘人の一人」
「へっ!?」
「丹波さん、大学生活に刺激とか求めてない?」
「刺激・・・ですか?」
「あぁ、まぁ考えるより体験した方が速いな。この教室に入ってくれ。一歩を踏み出した瞬間、君の大学生活は素晴らしいものになるはずだ」
「はぁ・・・」
私は少し戸惑いながらも彼の言葉を信じて教室に入った。
するとその瞬間、私は床や天井、壁から突如現れた4本のロープに拘束されてしまった。
「何これっ!?」
私は身動きが取れないように大の字に固定されている気がつくと驚きと共に逃げてしまいたいという思いを抱いた。
「それでは刺激を与えて行こうか」
彼はそう言って私の背後に立った。
「ちょっと待って下さいっ!!あなたは一体誰なんですか!?これはどんなサークルなんですか!!」
「俺は瀬賀俊也、3年だ。そんでもってこのサークルは本日より活動予定の生態研究会だ」
「せ、生態研究会!?」
「あぁ、主に女子大生の生態を研究するんだ。こうやってな」
すると瀬賀さんは背後から私の脇腹をくすぐってきた。
「あっはっはっ!?きゃははははははははははははははははははははははははははははははははは~な、なにするんですか~!!ひゃははははははは!!や、やめてぇ~っはっはっはっはっは~」
「丹波さんはわき腹がダメみたいだね。さすがは彼女の妹だ」
「そ、それってどういう~にゃははははははははははははははははははははっ!!」
「そのまんまの意味さ。去年、彼女にも今君にしていることと同じことをしたんだ」
「くひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!なんで、っへっへっへっへ!!そんなこと、ひゃははははっ!!あはははははははははっ~」
「丹波さん。男という生き物はね、可愛い女の子を見ると無性にくすぐってみたくなる生物なんだよ」
「きゃははははははははははは~!!そ、そんなの、あははははは!!瀬賀さんみたいなっひっひっひっひっひっひっひ!!極一部のにゃはははははは~!!変態さんだけ、くひゃひゃひゃひゃひゃ!!!ですよ~」
「・・・変態?」
瀬賀さんは私の言った事に眉をしかめると私の脇腹をより一層強くくすぐりだした。
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!!!て、撤回!!撤回しますぅ~!!きゃっはははははははっははははははっははっはははっはっはっはっはっはっはっはは!!やめてぇ~!!」
「今更遅いよ。俺に変態と言ってしまった罪はきちんと償ってもらうよ」
そう言うと瀬賀さんは今度は私のわきの下に手を伸ばしてくすぐりはじめた。
「にゃはははははははははははははははははっ~!!や、やだ~!!ひゃはははははははははっ!!ご、ごめんなさい!!あっはっはっはっはっはっはっはっは!!ゆるしてぇ~」
「・・・ダメ」
「くっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!瀬賀さんっ、きゃはははははははははは!!最初とキャラ違っ、ひゃはははははははははははははははははははははははははははっ!!」
「さっきも言った通り俺の中の狼がもっと丹波さんをくすぐりたいって叫んでいるんだよ」
「あはははははははははははははははははははははは!!そ、そんなぁ、きゃはははははははははははは~!!なんとかしてくださいよ~」
「・・・無理」
「無理って!?ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「まだまだ終わらんよ」
瀬賀さんはそういうと今度は私の足の裏に手を伸ばした。
「ひゃはっ!?あ、足はダメ~」
私は自身最大の弱点である足を掴まれると必死で抵抗した。
「やっぱ彼女と同じか。姉妹揃って同じところがダメなのか」
瀬賀さんはそう言うと私の足の裏に自身の手を這わせ爪を立たせて擦りつけてきた。
「きゃはははははははははっ!!やはっ!?し、しんじゃう!!にゃははははははははははははははははははははははははははははははははははははは~!!」
「よく効いているね」
「あっはっはっはっはっはっはっは!!言ったじゃないですか!!くひゃははは!!私は、くっひっひっひっひっひ!!そこ弱いんですぅ~」
「じゃあもっとくすぐってあげよう」
「あっはっはっはっはっはっはっはっは!!だ、だめっ!!ひゃっははははははははははははははははははははははははははははは~!!」
「とまぁ、冗談はさておき。そろそろ研究結果をご報告しよう」
「ひゃははははははははは!?け、研究結果!?」
私がそう返すと瀬賀さんは手を止めた。
「丹波小咲さんの生体研究結果を発表しよう」
「・・・?」
「研究の結果・・・。将来彼氏と肉体関係を築く際は感じすぎて失神しちゃうかも」
「な、なんですかそれぇ~!?」
「続いて可愛さのランクはS。申し分ない」
「・・・素直に喜ぶところですか?」
「そして弱点TOP3!!第3位・・・脇腹!!」
「・・・異議なし・・・です」
「第2位・・・腋の下」
「・・・異議なし」
「第1位・・・足の裏」
「・・・異議なし・・・って全部瀬賀さんがくすぐってきたところじゃないですか!!」
「じゃあ他も試す?」
「いいえ!!遠慮します!!」
「まぁこんなところだ。どうだい生体研究部の活動体験は?」
「いや・・・くすぐったかっただけなんですけど・・・」
「それでどうだ?このままサークルに入会してみては」
「し・ま・せ・ん!!大体、結局くすぐられて終わっただけじゃないですかー!!」
「あっそ。まぁいいや。あぁ、そうそう。帰ったらお姉さんにでも話を聞きなさい。断ったらどうなってしまうのか・・・。そんじゃ明日もまた誘いに来るから」
そういって瀬賀さんは教室を出て行った。
そして私はくすぐられた部分に残るむずむずを撫でて抑えながら、厄介な人に目をつけられてしまったという思いと同時に帰ったらお姉ちゃんから話を聞こうと心に誓った。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スポンサーサイト
[PR]


  1. 2014/07/08(火) 14:08:53|
  2. オリジナル小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX