FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


バスケ部日誌2

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「葛坂くん……その……私、葛坂くんの事が……」
告白の途中ですが、みなさんこんにちは。
私は何と、告白の現場を目撃してしまいました。
女の子の方は……知らない人。
男の子の方は……私のバスケ部の先輩、葛坂 悠斗さん。
そしてここは、私がマネージャーとして所属する男子バスケットボール部の部室前っ!!
いつも通り授業が終わり私はマネージャーとしての仕事を遂行すべく、いち早く部室に向かった。
部室に着くと部室の前に先輩の姿が……
「んんっ!?」
私は思わず目を疑った。
先輩と一緒に女の子が一人立っているその光景を目撃してしまったのだ。
そして……。
「告白の最中だったと」
「もう言わないでよっ、愛梨ちゃん!!」
私は昨日目撃してしまったその状況を親友の愛梨ちゃんに相談していた。
「ねえっ、私どうしたらいいかな?」
「どうするって……何が?」
「何がって……それは……」
「どうしたら先輩を取られないで済むかってこと? それとも、先輩に見ている事を気づかれていたらって時の対処法?」
「ぜ、前者です……」
「ほぅ~、ようするに海月は葛坂先輩の事が好きだと……」
「……は、はい」
私は親友の核心を突く質問にただただ、頷くほかありません。
「でも葛坂先輩はLv高いからね」
「ほぇ? そうなの?」
「何? あんた知らなかったの? 葛坂先輩と言えば……バスケ部期待の星でその上スポーツ万能なのはともかく、成績優秀、おまけにイケメン……これほどのモテ要素をもった先輩がなぜ女子から狙われない事があろうか」
「た、確かに……イケメンなのは認めるけど……あ、あの人ただの変態なんだよっ!!」
私がそう叫んだとき、目の前の親友と共に、クラスのみんなは一瞬固まり、そして笑い声が響き渡った。
「あははははははははっ!!!! あの葛坂先輩が変態? ないないっ、ありえないっ!! あはははははははははは~」
こうして私はクラスの笑われ者になった。
っていうか、みんな私たちの会話聞こえてたんだ……。


本当に変態なのに……。
あの人の性癖はおかしいんだよ?
まぁ、されるのは悪くない気分なんだけど――
なんてそんなことはどうでもいい。
とにかく先輩の気持ちを私に向けなくちゃ。
そのためには……。
どうしよう……。
全くいい案が私には浮かばないでいた。
もう少しで放課後になってしまう。
そうしたらまた部活が始まる。
昨日はつい、部活をサボってしまった。
先輩の返事を聞かないで済むように。
告白されている途中で気づかれないようにその場を逃げ出したのだ。
あ~あ、今日もサボっちゃおうかな……。
そんなどうしようもない気持ちが心を渦巻く。


そして放課後。
私は決心した。
そう、私は今日もサボる方向に――
「お~い、綿井はいるかぁ~?」
「あぁ!? 葛坂先輩っ!! どうされたんですか?」
私を教室まで呼びに来た先輩。
そしてその周りに群がる、私のクラスメートたち。
私は席を立つと教室の出入り口へと向かった。
「ど、どうしたんですか? 先輩」
私は何を言われるかも解らずビクビクしながら聞く。
「ほらっ、さっさと部活行くぞ。昨日の分まできっちりと働いてもらうからな」
そう言われて私は担ぎあげられ部室へと運ばれる。
「せ、先輩っ、降ろしてくださいっ!! 自分で歩きますから」
私がそう言うと先輩は突然立ち止った。
「……無理。だって綿井、逃げるじゃん。昨日みたいに」
「っ!?」
嘘……先輩、気づいてたんだ。
私は驚いた。
バレていないと思っていた。
「バレてないとか思ってた? そりゃ、あんな勢いで走り去ったら気づかないわけがないだろ」
「あちゃ~」
「何で逃げたの?」
先輩の質問に私は黙秘を続ける。
「……答えられない?……まぁ、無理に答えなくてもいいけどさ」
先輩はそう言って再び歩き出した。
「好き……なんです……先輩の事」
私は2度目の告白をした。
そう言えば1度目はくすぐられながら……だった。
あの時はふざけた返事をされたけど。
2度目は担がれながら……。
今度はどうします?
「俺、前に言わなかったっけ。くすぐられているときの海月が好きだって」
「じゃあ、くすぐられていない時の私は?」
「……好きだよ」
「本当に?」
私は更に追い打ちをかける。
よしっ、今日は私のペースだ。
そう思っていたのもつかの間、先輩は部室に着くと私を押し倒してきた。
「せ、せ、せ、先輩っ!?」
私は驚きと恥ずかしさで意味がわからなくなった。
「それっ、こちょこちょこちょこちょこちょ~♪」
先輩は私を押し倒すと私の一番の弱点である腋の下をくすぐってきた。
私は突然襲ってきたくすぐったさに我慢する時間も与えられなかった。
「あはははははははははっ!! ちょ、先輩っ、いきなり過ぎ~!! きゃはははははははははははははははは~」
先輩の容赦ない腋攻めに私の感覚は支配される。
「どうだ? くすぐったいか」
「ひゃははははははははははははは!! くすぐったいっ!! くすぐったいですよ~にゃはははははははははははははははははっ!!」
くすぐったいに決まってるじゃない。
「やっぱ海月って腋苦手なの?」
先輩はニヤニヤと私を見ながら言う。
「あっはっはっはっはっは!! に、苦手っ、ひゃははははははははははははははははは!! 苦手ですぅ~!!」
むしろ一番苦手なんですけど……
「なぁ、なんでそんなに可愛い笑い方するの?」
「きゃははははははははははははははっ!! せ、先輩がっ、ひゃはははははははははっ!! きゃははははっはははははっはっはっはっは!! くすぐってくるからですよ~!!」
くすぐられながら可愛いとか言われると余計にくすぐったく感じる。
「俺にくすぐられるのは嫌か?」
「えっへっへっへっへっへっへっへっへ!! ひゃははははははははっ!! きゃははははははははははははははははははは~!!」
私はくすぐられながらも必死に思考回路を働かせる。
先輩の事は確かに好きだ。
くすぐられるのも……好き……なのかな。
「答えないならもっとくすぐったくしてやる」
そう言うと先輩は私の肋骨あたりをくすぐってきた。
「やぁっ!? そ、そこは……ダメぇ~!! にゃはははははははははははははははははははっ!! や、やめて~!! くすぐったいから~!! きゃははははははははははっ」
「またタメ口か。これはお仕置きが必要だな」
先輩は親指を私の腋の下にぐりぐりと擦りつけながら残りの8本の指で私の肋骨付近を撫でまわしてきた。
「あはははははははははははっ!! グリグリしないでぇ!! くすぐったいよっ!! あはははっ!! ひゃははははははははははははははははははははははは~」
私は2か所から来るくすぐったい刺激に耐えきれず、笑い狂う。
「お前、タメ口利きすぎ。まぁいいけど……さっきの答え聞かせてもらおうか」
「きゃははははははははははははははははっ!! 好きですっ!! あははははっ!! 先輩にこちょこちょされるのっ、やはははははははっ!! 大好きですっ!!」
「じゃあ、もっと激しくしちゃおうかな」
先輩はそう言うと私の足を掴み、靴下を脱がしてきた。
「ちょっと先輩っ、足は我慢できませんよっ!!」
私は慌てて先輩の手を振り払おうとするが、先輩に力で敵うわけもなく先輩の不規則に動く指は私の足の裏に刺激を与える。
「あははははははははははははははははははははっはっはっはっはっはっはっは!! ダメ~!! キャーーーー!! にゃははははははははははははははははははははははは!!」
私は足の裏にものすごいくすぐったさを感じて身をよじる。
「ここか? ここがくすぐったいのか?」
そんなことを言いながら先輩はくすぐるポイントを少しずつずらしていく。
「ひゃはははっ!! あはははははははははは~!! くすぐったいですっ!! やめて~!! やだぁ、くすぐったいぃ!! きゃははははははははははははははははははは」
私はこのくすぐったさから逃れようと必死で逃げようとするが、くすぐったくて力が入らない。
「こちょこちょこちょこちょこちょ~」
しかし先輩は手を止めずに私をくすぐり続けてくる。
そしてくすぐられ続けると、私は次第にもっとくすぐってほしいと思うような変な感覚に襲われた。
「やははははははははははははははははははははははっ!! ま、まだまだ、くふふふふふっ!! 足の裏よりっ、わき腹の方がくすぐったいくらいですね」
私はくすぐられたい一心でそんな事を言ってみた。
「海月は足の裏をくすぐられたくないの? それとも……誘ってる?」
「後者ですよ♪ 私……もっとくすぐってほしいっておもっちゃってたりして……」
「うっわ、変態だなぁ」
「先輩ほど変態じゃないんですけど」
「言ったな。そりゃあっ!!」
先輩は私の誘いにのって私の脇腹を責め始める。
私は足の裏よりもくすぐったい刺激に襲われた。
「ふはははははははははははははははははははははは~!! くすぐったいっ!! ひゃんっ!! せ、先輩っ、もっと優しくくすぐってくださいよ~」
「じゃあご期待に答えましょうか」
そう言って先輩は私のお腹を指一本で撫で始めた。
「ひっ!? あはははっ、くふっ」
私は優しいくすぐったさに快感を覚える。
「もう少し強くしても良いみたいだね」
そう言うと先輩は爪を立ててくすぐってくる。
「あはははっ!! いっひっひっひっひっひ!! にゃははははははっ!! くっ、ひゃははははははは!!」
私は少し強くなった刺激に悶え始める。
その時だった。
『ガラッ!!』
部室のドアがいきなり開いたのだ。
「……悠斗と……マネージャー? な、何やってんの?」
ドアの前には先輩のクラスメイトでバスケ部員の大河先輩が立っていた。
「た、たた、大河っ!? こ、これはだな……その……」
先輩は必死でごまかし始める。
それと共に私の顔も赤面していく。
「大河先輩、こ、これにはわけが……」
私も先輩に続いて言い訳を考える。
「お、お幸せに……」
そう言って大河先輩はドアを閉めた。
大河先輩に目撃された私たちは明日学校でどんな噂がたつ事かビクビクしていたけど……。
特に何もなかった。
というか、大河先輩は昨日見たことを誰にも言わなかったみたい。
先輩は大河先輩にちゃんと本当の事を話すっていっていたけど……。
大丈夫なのかな。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【あとがき】
なんとなく続編を作りたいなと思って作った作品です。
主人公を綿井にしてみました。
当初は2でカタをつけるつもりだったのにな……

Yahoo2012/05/05 編集済
スポンサーサイト
[PR]


  1. 2014/01/26(日) 04:28:58|
  2. オリジナル小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX