FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秘密の本性

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

突然だが俺、市鷹俊は一人の女子高生に恋をしている。
そいつは隣町の学校に通っている高校二年生の芝草若菜という奴だ。
俺が初めてそいつにあったのは一週間前のことだった。
俺がダチと本屋に行った日の帰り、駅の裏で偶然目に入ったのだ。
いわゆる一目惚れって奴だ。
俺はこの一週間、どうやってそいつと絡むべきかと考え込んでいたのだが・・・。
遂に昨日、答えが出たのだ。
それは・・・。
「痛ってぇな!!どこ見てんだよ!!」
「ご、ごめんなさいっ!!」
ショルダータックルだった。
こうすることでようやく初めての会話が始まる。
「お怪我はありませんでしたか?」
若菜はそう言って俺に手を差し伸べる。
「あっ、痛てててててっ!!こりゃあ重症だなぁ~。おい、お前、慰謝料よこせよ」
「えっ!?・・・あ、あの・・・」
「あぁん!!」
俺は困惑している彼女を追い詰める。
「あ、あの・・・おいくらでしょうか?」
若菜はオドオドしながら尋ねる。
「お前、今いくら持ってんだよ?」
「えっ・・・五千円ぐらい・・・です」
「足んねぇ~なぁ~。おい、金がねぇなら身体で返してもらおうか」
俺は自身の趣味であるくすぐりを若菜に味あわせたいという欲望と好奇心からこんな提案をしてみた。
「えぇ!?・・・そ、そんな・・・」
「そんなもこんなもねぇ~んだよ!!いいからついてこいっ!!」
俺は強引に若菜を連れ去ると俺の住むアパートへと連れ込んだ。
俺は一人暮らしのためこれが親にばれる事はない。
俺にとっては絶好の作業場だ。
「おい、上がれ」
「お、お邪魔します」
俺は若菜を家にあげると寝室へと押し込んだ。
「制服のままでいいから仰向けに寝ろ」
「ほ、本当に・・・やるんですか?」
「当り前だろうがっ!!それとも何か?お前は謝罪もせずに帰ろうってのか!!あぁ?」
「ご、ごめんなさい!!」
若菜は怯えながら仰向けに寝た。
「おい、バンザイしろ!!」
「はい・・・」
俺は若菜にバンザイの格好をさせると事前に用意しておいた玩具の手錠を若菜にはめた。
そして若菜の上に馬乗りになると若菜の顔を見る。
「おい、これからお前は何があっても手を下に下げるな!!いいな?下げたら大変なことになるからな」
「は、はい・・・」
若菜に手を上にあげさせると俺はがら空きになった若菜の腋の下に手をかけた。
「ひゃんっ!?な、何するんですか」
「いいか、手を下げるなよ・・・何があってもなぁ」
「ま、まさかっ!?ひゃはははははははははははははははははっ、あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
俺は若菜が気づいたところで早速刺激を与えた。
若菜は笑い出し、悶え始めるとすぐさま腋の下をふさごうと手を下げ始める。
「おいっ!!手は下げるなっ!!」
俺がそういうと若菜は顔を真っ赤にして我慢しながら手を再び上にあげた。
俺は再び若菜の腋の下をしつこい程くすぐりまくる。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!だ、ダメです~!!あっはっはっはっはっはっはっはっは~!!やっぱり我慢できません!!」
若菜は我慢できなくなったようで手を下げて腋の下をふさいでしまった。
「おいおい・・・手を下げやがったな手をっ・・・さっき言ったよな?手を下げたらどういうことになるか・・・」
「ご、ごめんなさいっ!!でも、あんなにくすぐったいの我慢できませんっ」
「おい、おとなしくしてろよ」
俺は若菜の話を聞き流すと部屋の奥からロープを出し、若菜の両手を縛りあげ立たせると結び目を天井につるした。
こうすることで若菜は両手を上にあげたまま動けなくなった。
「や、やめてくださいっ!!わ、私本当にくすぐったいのはダメなんですっ」
「しるかっ!!これは慰謝料代わりなんだよ」
俺はくすぐりにおびえる若菜を見下しながら再び若菜の腋の下に手をかけた。
「ほらっ、笑えよ」
そう言って指を不規則に動かし若菜をくすぐっていく。
「や~っはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!くすぐったぁい!!くすぐったいです~!!きゃははははははははははははははっ!!や、やめて下さいっ!!あっはっはっはっはっはっは!!くすぐり以外ならっ、きゃははっ、何でもしますから~!!」
「いや、くすぐりが一番いいな」
「ひゃっはっはっはっはっは、そ、そんなぁ、きゃははははははははははははっ、あ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは」
俺は元々くすぐりフェチだったこともあり、内心すごく楽しんでいた。
「仕方ねぇな、じゃあどこが一番くすぐったい弱点なのか白状するなら、早めに終わらせてやってもいい」
「やはははははははははははははははははは~!!ほ、本当ですかぁ~!?」
「あぁ・・・本当だ」
もちろんのことだが、嘘に決まっている。
「きゃあ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!あ、足です~、足の裏ですぅ~あははははははははははははははははははははははははははははは!!」
「足の裏か・・・そいつは良い事を教えてもらったな」
俺は若菜のまえに椅子を持ってきて設置する。
「おい、座れ」
若菜は言われるがままに椅子に座った。
そして俺は若菜の足の裏をくすぐるべく行動に出る。
「足を出せ」
「えぇ!?・・・その、本当に足だけは・・・」
「出せ!!」
「・・・はい」
俺は半ば脅して足を出させた。
そして俺は足を手に取ると靴下を脱がせ足の裏を指でなぞる。
「くっくっくっくっくっく・・・!!」
すると若菜はくすぐったさをかみ殺すようにして我慢し始めた。
が、俺は我慢させるつもりなど毛頭ない。
すぐさま我慢できないほどの刺激を送る。
五本の指を使って若菜の足の裏を不規則な動きで這い廻らす。
「きゃあ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!ダメですぅ~あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!くすぐったぁい!!あはははははっ、きゃははははははははははははははははははははははははははは~っ!!」
すぐに若菜は我慢できなくなったらしく、盛大に笑い出した。
俺はそれを見ると更にくすぐりを強めていく。
「いやぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!も、もう勘弁してぇ~っへっへっへっへっへっへ!!きゃっはっはっはっはっはっは!!もうダメぇ~!!」
遂に我慢の限界に達した若菜は足をバタバタさせて、終いには俺の顔面を蹴り飛ばして椅子から腰を上げ再び立ちあがった。
「す、すみませんっ!!今のはわざとじゃないんです!!」
そういって若菜は弁解するが俺の怒りと復讐心、そして欲望はすでに他人には手の着けようがないほど膨張した。
「おい・・・慰謝料・・・倍な?」
「へっ?」
「慰謝料は2倍にしてもらおうか」
「そ、そんなぁ・・・い、今のは本当に・・・」
俺は若菜の弁解には耳もくれずに若菜の制服を徐々に脱がせていく。
そして、上は下着とワイシャツのみにし、下はパンツだけ残して後は全て脱がせた。
「なっ!?・・・ど、どうするつもりですか・・・?」
若菜は少し不安そうに俺の目をまっすぐと見つめる。
「どうするつもりか?・・・だと?当たり前だろ、今までどおりだ」
俺はそう言うと若菜の脇腹をひたすら揉みしだいた。
「ひゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~!!だ、ダメ~、それヤバいぃ~きゃははははっ、あ~はははははははははははははははははははははははははははははははははっ!!」
若菜はワイシャツの上から来る指の摩擦を肌で感じ取ると脇腹に迫りくる想像以上のくすぐったさに笑い狂う。
「本当、良かったな?これくらいで済んでよ、普通ならもっとひどい事されて当然だろう?むしろ俺に感謝して身体を差し出すべきなんじゃねぇの?」
「そ、そんなぁ、ひゃっはっはっはっはっはっは!!」
「俺はお前をくすぐるだけだが・・・他の奴だったらどうなる事か・・・」
「あっはっはっはっはっはっはっ、な、なにが言いたいんですか?」
「別に・・・何でも」
そう言うと俺は揉みしだくのを止め、若菜を解放した。
「はぁ~、はぁ、はぁ、く、苦しぃ~」
若菜はその場に倒れ込むと息を整える。
「今日はこれくらいで勘弁してやることにする。だが、この続きはそのうちたっぷりとやらせてもらうからな」
「・・・?」
俺は若菜に一枚の紙を渡した。
「・・・これは?」
「俺の携帯の電話番号だ。今後、呼び出した時はここにきて俺に慰謝料代わりにくすぐられろ」
「えっ!?」
「ちなみにわかっているとは思うが・・・今日あったことを他の奴に喋るんじゃねぇぞ?もし喋りやがったら・・・お前がくすぐられているところがバッチリ映ったこの映像をネットにばら撒くからな」
「は、はい!!」
「名乗るのが遅れていたな、俺は市鷹俊。右城高校の2年だ」
「わ、私は・・・」
若菜は自身も名乗ろうとしたらしいが、名乗っていいものかと悩み始めたようだ。
「天阪高校の2年、芝草若菜だろ」
「っ!?・・・ど、どうして?」
「俺は始めからお前が狙いで俺自らショルダータックルをかましたんだよ。悪かったな騙して」
「い、いえ・・・でも何で急に・・・」
「俺は元から器用じゃないんだよ。お前にどうやって話しかけようかと一週間悩んだ結果がこれだ?あきれるだろ?」
「私に話しかけようと・・・?」
「一目ぼれ・・・したんだよお前にな」
「はいっ!?」
「いや、ここまでしておいて告ってるのも可笑しいし失礼か・・・。悪かったよ怖がらせて。それからお前、相手に従いすぎ。少しは自分の身の事も考えろ!!」
「ご、ごめんなさいっ!!」
「・・・別に。わかったらとっとと帰れ」
俺は変な方向に話が行ってしまったことに今更気づき、気まずくなったので若菜に荷物を全部押しつけ、玄関まで押し出した。
「・・・あの・・・どうして私の事解放してくれるんですか?もし、私が今日の事訴えたりなんかしたら・・・」
若菜は口を開くとまるで俺の事を心配しているかのような口ぶりで俺に問う。
「言っただろ。もしばらしたら動画をばら撒くってな。それに・・・外、暗くならない内に帰した方がいいと思ってな」
「・・・ぷっ!!」
「・・・今、笑ったか?」
「い、いえっ、それじゃあ失礼します」
「・・・別にチクってもいいから。お前がもし傷ついたなら、別にチクってくれてもかまわない」
俺は若菜の帰り際に一言そう言った。
「ばらせませんよ。ばらしたら私も動画をばら撒かれちゃいます」
それだけ言うと若菜は俺の家から出て行った。
そして若菜が立ち去ってから気づいたのだ。
「何やってんだ・・・俺」
結局のところどこまで間抜けだったのか・・・。
その後は後悔しか残っていなかった。

帰りの電車の中、私は先程の出来事をもう一度思い出していた。
放課後、いつも通り帰ろうとしていたら駅前で怖い人に因縁をつけられて・・・。
拉致られて、そして・・・。
「くすぐられちゃった・・・」
私は本来なら怒って当然のことをされたはずなのに・・・。
全く怒りが湧いてこなかった。
むしろくすぐられた事が・・・多少、うれしかった。
元々くすぐられるのが好きだった私からすれば久しぶりにくすぐられた今日の一見はラッキーだったと思ったの方がいいのだろうか?
それにしても・・・。
あの人、市鷹くんはなんて不器用なのだろう。
私に一目ぼれしたって言っていたけど。
話しかける方法を一週間も悩んで結局結果があれって・・・。
「ぷっ・・・変な人」
でも悪い人ではなさそうだな・・・顔はまあまあだし。
それに、優しかった。
市鷹くんて、くすぐりフェチなのかな?
そんな疑問を浮かべながら私は家へと帰って行くのだった。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

  1. 2014/07/08(火) 12:19:15|
  2. オリジナル小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。