FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『日向と日蔭』 最終章 ―陽だまりの歌姫―

『日向と日蔭』 最終章 ―陽だまりの歌姫―

『ラブライブ!』 ―西木野 真姫 編―




穂乃果に続き、にこまでが村野たちの手に堕ちた。
そして彼女たちが次に定めたターゲット――

「ねー村野ー次はどうするん?」

「2年、3年ときたら次は1年ってかんじー?」

黒田と井倉の問いに村野は少し思考を巡らせた。
まず穂乃果を最初に狙ったのはグループの精神的支柱であったからだ。
穂乃果を欠いたμ'sは精神的ダメージを受けるであろうという算段だ。
次ににこを選んだのは、元々アイドル研究会の部長であり、肩書でいえばリーダー格だったから。
まぁ最もアイドルらしいスクールアイドルだったからムカついた、というのが一番近いだろう。
そして次だ。

「次は……西木野 真姫。あの子にするよ」

「あの子って、1年だっけ?」

「うちの予想あたりじゃんwwww」

「でもどうして西木野 真姫?」

村野はμ'sに関する情報が書いてある冊子を二人に見せる。

「そこに書いてあるでしょう? 彼女はグループの作曲家。そんな彼女が脱退すれば、アイツらのダメージも大きいってわけ」

「それあるわww」

「じゃあ、この真姫ちゃんも招待しましょうか? 私たちの特設ステージに笑」

早速、村野は再び穂乃果のスマホからメッセージアプリを開き、にこに送ったようなメッセージを真姫に送りつける。
後はにこの時と同じ、釣れるのを待つだけだ。


数分後、再び場所は校舎裏の物置の前。
井倉は真姫の姿を確認すると、睡眠薬を仕込んだハンカチを取り出す。
そして、真姫の背後まで気づかれぬように近づき、一気にハンカチを真姫の口元にあてがう。
こうして真姫もまた、村野たちのシナリオ通りに捕らえられてしまった。


真姫が目を覚ますと、そこは壁一面がコンクリートの小部屋。
目の前にはよく知っている二人が転がっている。
真姫はそれが穂乃果とにこであることをすぐに理解すると、先ほど送られてきたメッセージを思い出す。
そして拘束されている自分もまた、同じ状況に立たされるであろうことを真姫は理解し覚悟した。

「お目覚めのようね? 気分はどうかしら真姫ちゃん」

村野は見下すように真姫に視線を送る。
その声に反応すると、真姫は村野の方へと目を向けた。

「全部あなたたちの仕業ってわけね……」

予想と違い、冷静な真姫の姿に三人は少しばかり苛立ちを覚えた。

「すかしてんじゃないよ!! 自分の立場をわきまえな!!」

井倉はそう怒鳴り散らすと手を振りかざす。
しかし、村野は振り上げられた井倉の腕を取り、それを制止する。

「あんた、やり方間違えないでよ?」

村野の鋭い視線に井倉は身を縮こませ、村野の手を振り払った。
そんな一連のやり取りを見ていた真姫はすぐに村野がリーダーであること、そして目の前の三人が自身よりも学年が上であることを理解した。

「で、私をどうするつもり? 殴るの? 蹴るの?」

「いや、そんなことはしないよ。それにあんたがμ'sを抜けるっていうなら、いや、今後μ'sに関わらないって宣言してくれるなら危害は加えない」

「目的はμ'sの解散ってわけね。悪いけど私は辞めるつもりないし、そもそもあなたたちの思い通りにさせるつもりもないわ」

生意気な奴だ。
三人はそう思いつつ、すでに頭の中ではどうやって真姫で遊んでやろうかと思考を巡らせていた。
今回三人は、部屋の中にあった椅子に真姫を拘束していた。
両腕と上半身を椅子の背もたれ部分にロープで固定されており、左右の足首は、それぞれ椅子の脚に一本ずつ結ばれていた。

「せっかくこんな格好なんだし、ここはオーソドックスに足裏でいこうか」

「それな」

「真姫ちゃんには地獄を見てもらうよ?w」

三人は真姫に近づくと、椅子ごと真姫をゆっくりと床に倒す。

「きゃぁっ!?」

真姫は小さく悲鳴を上げて床に倒れる。
椅子に固定された身体は仰向けの状態で手足が使えないのと、椅子の脚が頑丈なため、立ち上がることも身体を転がすこともできない。

「さて、じゃあ真姫ちゃんにはその生意気な考え方を改めてもらおうか? まぁ数十分後にはμ'sを辞めますって泣き叫ぶことになるだろうけど(笑)」

「そんなことあるわけないじゃない。私はあなたたちが思ってるほど弱い人間じゃないわ」

「あっそ、じゃあ存分に苦しむといい」

三人はゆっくりと真姫に近づくと、井倉が真姫の左足を、黒田が右足を座り込んで掴む。
一方、村野は立ったまま見下すように真姫を見る。
そして真姫が反抗的な目で村野を睨み付けたその時だった。
井倉と黒田の指先が真姫の足の裏で軽快に踊り始める。

「いひゃぁあっ!? きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! くすぐったいぃ!! な、なにぃっひひひひひ!? なんなのー!?」

不意に訪れたくすぐったさに真姫は訳も分からずに笑い転げる。

「これでわかったかな? 逆らうとどんな目に遭うのか?www」

「ひゃっはっはっはっはっはっは!! ひぃっ、ひきょうよっ!! きゃははははははっ!! くすぐるっなんてぇっへっへへ!!」

真姫はくすぐったさに笑い悶えているが、井倉と黒田はまだ軽くくすぐっているだけだった。
それだけ真姫の足の裏はくすぐったさに敏感だったのだ。

「さすがはお嬢様ねwwくすぐられ慣れてないのかしら?」

「あははははははっ!! な、なれてるわけないでしょっ!? きゃははははっ!! ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

身体を大きく揺らしながら刺激から逃げようとする真姫。
だが、そんな努力も空しく、拘束されているため何の意味もなさない。

「真姫ちゃんの初めてのくすぐり体験なんだし、少しだけ楽しませてあげる」

村野は真姫の頭上に回り込むと、真姫の首筋から耳の裏にかけてこちょこちょと指を動かし這わせていく。
その瞬間、真姫は背中の裏にゾクゾクといった感覚を感じながらくすぐったさに悶える。

「きゃぁああっひひひひゃあああっひひひっ!? ちょ、どこ触って……きゃははははははははっ!! いやぁ!! やだぁはっはっはっはっはっは!!」

「くすぐったいだけじゃつまらないでしょ?w だから少し遊んであげようと思ってww」

「あはははっ!! そ、そんなのぅっひひぃ!! いらないっわよっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

「早いうちにウチらのゆーこと聞いといた方がいーよ?wwww」

「そうそうw早く楽になっちゃいなよ」

真姫はくすぐったさに何とか耐えながら抵抗を続ける。

「わ、私がぁっひひひひゃあああっはっはっは!! そ、そんな事……いやぁっひぃっひひひ、い、いうわけにゃぁあははははいれしょうっ!?」

「まだ足りないみたいだね? じゃあ少しだけレベルを上げようか?」

村野は井倉と黒田に目で合図を送ると、井倉と黒田は一気に指を激しく動かし始める。
それに合わせて真姫の悶え方も激しくなっていく。

「え、ちょ、待ちなさ……ひっ!? きゃぁあああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! やめてっ!! くすぐったいぃっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

「これじゃ本当に時間の問題だねwww」

「いやぁあっはっはっはっはっはっはっは!! やだぁっひひひひひゃあああっはっはっはっはっはっはーっ!! こ、こんなぁひひひぃくすぐりぃひひゃあははなんかにぃっひひひ!!」

「どうやら自分がくすぐったがりだということを理解したみたいだね?」

村野の言う通り、真姫は初めて自身がくすぐりに弱いことを自覚した。
というのも、徹底的にくすぐられたことがない真姫にとって自覚する機会がなかっただけなのだが……。
だが、これに屈するのは真姫のプライドが許さなかった。

「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! こ、これくらいでぇっひひゃははははははっ!! わ、私が降参なんてぇっ……きゃひひひひぃっ!! やはははっす、するわけにゃはははははははいれしょうぅっひっく!!」

「へぇー、まだ余裕があるわけ? じゃあ次の段階に進ませてもらおうか」

「はぁ……はぁ、はぁ、な、何よ……次の段階って……?」

三人はくすぐっていた指を止めると、井倉と黒田で真姫の靴下をはぎ取った。
靴下から現れた素足はくすぐられて力が入っていたこともあり、蒸れていた。
そしてその汗ばんで敏感になっている真姫の素足を二人は一斉にくすぐり始めた。

「ひゃぁあぁぁあああっ!? いやぁ、だみゃぁああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

真姫は今まで以上の強烈なくすぐったさに大笑いして悶え始める。

「いやはははははっ!! ず、ずるいぃっひひいひっひゃああああっはっはっはっはっはっはっはっは!! いやぁひっひひひゃあははははははっ!! きゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

「反抗しなければこんな目に遭わずに済んだのにww哀れねwww」

「だめぇえっへっへっへっへっへっへーっ!! や、それだめぇっひひゃははははははははっ!! や、やめなさっひぃよぅっひっひゃはははは!! くすぐったいぃっひひひひひぃ!!」

かつて感じたことのないようなくすぐったさに圧倒された真姫に、もう余裕などなかった。
ただこの強烈なくすぐったさから逃れることにのみ真姫の意識は向いていた。

「そんなに身体を揺らしても無駄よ?www逃げられるとでも思ってるの?」

「はやく降参してμ'sを抜けるって宣言したら?」

そう言って二人は逃げようと身体を大きく揺らして笑う真姫を追い詰めるように、ゆっくりと指先を土踏まずの部分へと移動させていく。

「きゃはははははっ!? いやぁそっちはだみゃぁぁぁああはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ひ、ひきょうよっ!! きゃははははっ!! だめぇ、そんなとこぉっひぃっひゃははははははははっ!! くすぐらにゃいでぇっひひゃははははははははははーっ!!」

「さぁ、早く降参した方が良いんじゃない? え?」

「ふにゃぁああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! わ、わかっひゃからぁああっひひひゃはははははっ!! こ、こうさんっぅっふふふ!! こうさんするぅーっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

あまりのくすぐったさに耐えかねて真姫は降参を選んだ。
プライドの高い真姫にとって相手に屈することなど絶対にしたくない行為だが、この場合は仕方がないと何とか割り切って決断したのだった。

「降参するんだね?wwwじゃあ早く宣言しな!! μ'sを抜けてもう二度と関わらないってね!!」

「ひっひひひひひゃはははははっ!! も、もうμ'sをっぅひひひひひゃははははっ!! ぬ、ぬけみゃすぅひひひひ!! も、もう二度と関わりまひぇんぅ!! らからやめっひぇっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへ!!」

村野は真姫の発言を録音して記録を残すと、ニヤリと笑って真姫を見下した。

「確かに、宣言してもらったわwwwwあんなに降参なんてしないって強気だったのに、呆気なかったわねwwwww」

真姫は笑過ぎたのと、悔しさとで目から涙を流しながらくすぐったさに耐える。
そしてこの辛い時間ももう終わりだと、そう考えて何とか耐えていた。
だが、そう思ったのもつかの間。
真姫に残酷な現実が突き付けられた。

「じゃあこの件に関してはこれで勘弁してあげる。じゃあ次は私たちに逆らった罰を受けてもらおうか」

「あははははははっ!? ゔぇえ!? にゃんれよぅっひひひゃははははははははっ!! にゃんれそうにゃるのぅっひひひひひぃっ!!」

「当たり前っしょ? 結局アンタはウチらに反抗したのは事実でしょ? だったら制裁しないとダメだしww」

「ってことだから、もう少し味わっていきなよwww」

「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! い、いみわかんにゃぁああっはっはっはっはいぃひひひひひゃーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

「さて、それじゃあ私もくすぐり役に戻ろうかな」

「ひぃっ!? だみぇ!! だみゃぁああっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! やめぇっひひひひゃははははははははっ!! むりだからぁああひひひひゃあああ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

そう言うと、村野は真姫の必死の叫びに耳も貸さずに再び真姫の首筋に指を這わせる。

「いやぁっはっはっはっはっはっは!? も、もうゆるひへぇっへひゃははははははっ!! も、もうわらえにゃいぃっひひひひひひ!! 死んじゃうぅひひひやはははははわよぅ!! きゃはははははあはは!!」

敏感な足の裏を執拗に責められ、その上、首筋も責められる。
三人がかりでくすぐられた真姫はもうすでに普段の姿ではなかった。
顔は涙と涎でぐしゃぐしゃになり、口からは絶えず笑い声があふれ出す。
そして逃げるように動かない身体を必死で揺らしてはくすぐったさに支配される。

「やらぁはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! だれかたしゅけっへっへひひひひ!! おにぇがいしましゅっふっふふふふふ!! ゆるしてくださぁひひいいひひひ!! らめへっへっへっへっへっへっへえぇええひひひ!!」

「降参したうえ、許しを請うなんてwww無様ね」

「これってアイドルがしちゃだめな顔でしょwwうけるww」

「も、もうらめなのぉっひゃはははっ!! こ、これ以上くすぐらにゃいれぇえっへへへへ!! いやぁあああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! くすぐったいのだめぇっへひひへ!! もうやらぁあひひひひひひひ!! こわれちゃうぅひひひひひ!!」

「大丈夫よ、元アイドルでしょ? 体力には自信があるんじゃないの?」

「笑える元気がまだあるんだから死なないし壊れないわよ」

「まぁ壊れるまでくすぐるけどねwww」

非情な三人はスクールアイドルへの恨みを晴らすかのように徹底的に真姫をくすぐり続けた。
真姫の体力が続くまで、まだ真姫の受難は続く。

「にゃぁはひひひひひゃっはっはっはっはっはっはっは!! むりれすぅひひひひっ!! たしゅっけっひひひひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! は、早くぅひひひひひひ!! ゆるひっひゃっひひひぇへひひああはははははは!!」

真姫の悲痛な叫びは笑い声となって、部屋中に響き続けた。


スクールアイドル。
それは、決して愛されるだけの存在ではなく、時として妬まれ役にも憎まれ役にもなってしまう。
そしてその相手が酷く行動力のある人物であれば、呆気なくグループは解散させられてしまうこともあるだろう。
もしかすると、どこかにも、そんな運のないアイドルグループがあるのかもしれない。
だが、大半は闇の中。
今日もまた、どこかの学園の一室から悲痛な笑い声が響き渡っていることだろう。

― END ―
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

  1. 2017/07/02(日) 02:53:21|
  2. リクエスト小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 4


最終章も読ませていただきました!
本当に最高以外の言葉がありません!
キャラの口調や性格も本編そのままで二次創作物を読んでいる気がしませんでした。
リクエスト消化本当にありがとうございました!

これからも陰ながら応援させていただきますね!
  1. 2017/07/02(日) 04:32:33 |
  2. URL |
  3. マック
  4. [ 編集 ]

すてきやん!

椅子に縛り付けて、背後に90度倒してからの、足裏責め!!
好きなシチュエーションでした! 靴下→素足という移行描写があったのは嬉しかったです(・ω・)b すばらっ!
ターゲット捕獲前の責め手視点の描写があるのもそそられます!
  1. 2017/07/03(月) 00:30:56 |
  2. URL |
  3. ert
  4. [ 編集 ]

マック さん>

超絶級にお待たせしてしまい申し訳ありませんでしたm(__)m

私もこれを機にラブライブと出会えてよかったと思っております!!

陰といわず、これからも陽でよろしくお願い致します
  1. 2017/07/13(木) 18:29:39 |
  2. URL |
  3. Akris
  4. [ 編集 ]

すてきやん!頂きました!!

ert さん>

靴下→素足、これで2段階お楽しみいただけるわけですよ

いわゆる味変ですね(←絶対違う)

私もそろそろ足のすばらしさを布教していこうと思います!!

時間が出来てきたのでそろそろertさん作品の全編読破も始めていこうかなとw

またお会いしましょう!!散ッッ!!
  1. 2017/07/13(木) 18:33:22 |
  2. URL |
  3. Akris
  4. [ 編集 ]

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX