FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『日向と日蔭』 第2章 ―陽だまりの向日葵―

『日向と日蔭』 第2章 ―陽だまりの向日葵―

『ラブライブ!』 ―矢澤 にこ 編―




この日、屋上でダンス練習に励んでいたμ's
そのメンバーの中の1人に今、差出人不明の一通のメールが送られてきた。

『 矢澤にこ様

誰にも何も告げずに校舎裏の物置まで来てください

もしこのメールの事、それとこのメールに添付されている写真の事を他言した場合は

この写真の人がもっと大変な目に遭います

もちろん、来なかった場合も……

それではお待ちしてますよ 』

メールを見た時、なんだこのメールは悪戯か、などと軽く考えていた彼女だが添付されていた写真を見た瞬間、彼女、矢澤 にこの顔は真っ青になった。
そして今、この場にメンバーが一人足りないことがこのメールの重さを理解させた。

「どうしたんニコっち、なんか顔色悪いみたいやけど」

「え、あ、あぁー、何でもないわよ!! ちょっと用事で来たから先に帰るわ」

何も悟られないように。
にこはゆっくりと1人でその場を立ち去った。


―数10分前―


「あーあ……気絶しちゃったよ」

「でもまぁ、これでもうコイツも懲りたっしょ」

「後はこの全裸写真を撮影して次の奴に脅迫文を送るだけだしぃ」

村野はスマホで気絶した穂乃果の全裸写真を撮影すると脅迫文を打ち込む。

「次は誰にする? もうクラスの残り二人を潰しちゃう?(笑)」

「あぁ南と園田ね(笑) それで良くない?」

そう井倉と黒田が話をしていると、村野はスマホの画面を二人に見せる。

「いや、次はコイツ」

「コイツって確か先輩でしょ?」

「なんだっけ? にこにこなんちゃら?」

「コイツがアイドル研究会の部長らしいし。先輩の愛を見せてもらいましょうか(笑)」

送信ボタンを押すと村野はニヤリと笑みをこぼした。


―現在―


にこは指定の場所にたどり着いた。
校舎裏の物置の前である。
校舎裏の端に位置しているということもあり、放課後なのに人影の一切ない場所である。
物置といっても小さなものではなく、一種の倉庫のような大きさである。
中には学園祭等で使われる備品が置かれており、学園祭シーズンでなければ決して開かれることのない扉。
そんな物置の前に呼び出された彼女は、目の前の物置に目を向ける。
もしかするとこの中に穂乃果が……。
思考を巡らせているうちに背後から近づいていた謎の人物に気付くこともなく、にこは一瞬にして意識を失ってしまった。


にこが目を覚ますと、そこは見たことのない場所であった。
壁一面がコンクリートで覆われた謎の部屋である。
気が付けば、この部屋の床に座り込んでいた。
そして、目の前には見覚えのある顔の少女が寝転がっていた。
にこはそれが誰であるのか、すぐさま理解した。

「……穂乃果!?」

全裸で床に寝転がっている穂乃果。
そんな穂乃果を見つけた瞬間、彼女に近づこうとするが、身体の自由がまるで利かなかった。
にこは驚きながらも自身の姿を確認する。
動かない足は両足首をロープで縛られている。
ビクともしない腕は両手首を頭の上で1つに縛られていた。

「な、何よこれ……。え、どういうこと……」

にこは必死に記憶をたどり状況を理解しようとする。
そして、再び穂乃果に視線を向けた時、全てを理解した。

「そうだ……私は、穂乃果を……」

「あ、目が覚めたみたいね?」

聞き慣れない声に、にこは声のする方向を振り向いた。
そこには見たことのない少女が三人立っていた。
だが、その表情は覆面により読み取ることは出来なかった。

「ようこそ、矢澤にこ」

「おはようございまーすww」

にこはこの三人が穂乃果と自分を攫った犯人だと理解すると、キツく睨み付ける。

「あんた達、一体どういうつもり? にこにこんなことしてただで済むと思ってないでしょうねぇ!!」

「あーこわいこわいwww アンタこそ自分の立場理解した方が良いよ? じゃないとあの子みたいになっちゃうからwwww」

「一体穂乃果に何をしたのよ!!」

「それは口で説明するのは難しいな。まぁ実際に体験してみるといいよ」

そう言うと少女たちはにこにゆっくりと近づいていく。

「な、何よ!? 何をするの!? やめなさい!! 今なら寛大なにこが半殺しで許してあげ……っひゃぁぁぁぁああんっ!?////」

にこは突如自分の足の裏に走った衝撃に思わず声をあげてしまった。
よく見ると二人がにこの足元に座り込みにこの足の裏に指を宛がい、もう一人がにこの正面に立っていた。

「結構良い反応をするね? もしかして敏感なの?(笑)」

「も、もしかして……穂乃果にも、くすぐりを?」

「えぇ、気絶するまで満喫してもらったわ」

穂乃果がぐったりしている理由を理解したにこは身を震わせた。
それは、これから自身の身に降りかかるであろう災難を予感したこともあるが、何といってもにこがくすぐったがりであるということも一つの要因だった。

「ちょ、ちょっと待ちなさい!! い、今にこたちを解放するなら全部許してあげるから――」

「おや? 随分と必死じゃない? やっぱり弱いのねwwww」

「じゃあせっかくだからゲームでもしようか?」

「げ、げーむ?」

にこは村野の提案に疑問符を浮かべた。

「そう、簡単なゲームよ。あんたアイドルでしょ? 一発で私たちを笑顔にさせてみなさい。それができたらあんたの勝ち、二人とも解放してあげる」

「う、嘘じゃないでしょうね?」

「えぇ本当よ。でもあんたが負けた場合は……地獄を見てもらうことになるけど(笑)」

「なーんだ、簡単じゃない。いいわ、乗ってあげる!!」

村野はマスク越しにニヤリと笑みを浮かべた。
だがこのゲームはにこにとっては圧倒的に不利な物だった。
なぜならば声を出して村野たちが笑わない限り、覆面マスクをつけている村野たちの笑顔をにこが確認する術が無いからである。
だが、アイドルであるにこにはお決まりのフレーズがある。
これでファンの人々を笑顔にしてきたのだ。
にこには絶対の自信があった。

「じゃあ行くわよ……にっこにっこにー♪あなたのハートににこにこにー♪笑顔届ける矢澤にこにこー♪にこにーって覚えてラブにこー♪」

両手が動かせないながらもできる限り身体を動かしてポーズを決める。
だが、もちろんファンであるはずのない三人からしてみれば寒い挨拶である。

「てかマジウザいんですけどー。それガン萎えだわ」

「にこにこ言ってんじゃねーし。そんなににこにこしたいなら無理やり笑わせてあげるよ」

「はい、あんたの負け。ってことで地獄行き決定。二人は足裏やって。私は脇腹行くから」

「「りょ」」

村野はにこに敗北判定を言い渡すと、井倉と黒田に足の裏をくすぐるように指示を出した。
そして自身は、にこの背後に移動すると、後ろからにこの脇腹を揉みこむようにくすぐり始める。

「ちょっと待ちなさっ……っ!? いやぁははははっ!! あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

にこは制止を試みるがそんなにこの言葉に耳など貸さずに三人は、にこの身体を弄り出す。

「きゃっはっはっはっはっはっは!! あ、足はダメっ!! くすぐったいっ!! きゃはははははっ、や、やめっ!! あはははははははっ!!」

床に横たわり、必死に身体をゴロゴロとさせながらくすぐったさから逃れようとするにこ。
だが、そんな彼女を逃がさないように三人は力強くにこの小さな身体を押さえつけ、弱点を執拗に責め続ける。

「足も弱いみたいだけど、脇腹はどうなのかしら?」

村野は軽く動かしていた指を、より素早くトリッキーに動かしてみせる。
すると、にこは更に身体を大きく捩りながら笑い悶えた。

「まってえぇええっへっへっへっへっへっへ!! いやぁはははははははっ!! つ、強いってばぁ!! ひゃぁぁぁああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

「良かったわねぇ、にこにこできて(笑)」

「あはははははははっ!! よ、よくにゃぁいひひひひぃ!! くすぐりやめてぇっへっへっへっへっへ!! むりむりぃっひいひひひっ!! あーっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

ピンポイントでツボを押し上げてくる脇腹へのくすぐったさと、指先が掠めるたびに強烈なくすぐったさを感じる足の裏。
このコンボだけでも十分にこを苦しめる刺激だった。

「もちろん、やめてっていうのはフリでしょー? 押すなよ、絶対に押すなよ的な」

「この子、お笑い系っぽいし、そのフリに乗ってあげよっか(笑)」

「じゃあ、靴下脱がせちゃう?wwwwww」

黒田の一言で、井倉も黒田にあわせてにこの靴下を脱がせた。
くすぐられて暴れたせいか、その足の裏は汗ばんで蒸れていた。

「じゃあ私も直にくすぐろうかしら」

村井もにこの練習着の中に手を忍び込ませ、爪で優しくにこの脇腹を引っ掻きまわす。

「うひゃぁああっ!? いや、だぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! だめ!! だめだめだめっ!! きゃぁぁぁあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! やめてぇっへくすぐったいぃひひひひひひゃぁああああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

にこは素肌を直接くすぐられると、今までとは比べ物にならないほどの大声を上げて笑い転げた。

「どうしたのにこちゃん? 暴れ方がまるでマグロみたいだけど?ww」

「やみゃぁはっはっはっはっはっはっはっはっは!! い、いきできなっいぃひひひひひっ!! にゃぁぁああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! も、もう笑いたくないぃ!! きゃはははははははっ!! いやぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

「アイドルなんだから笑うのが仕事っしょ? 笑えよ!!」

「なに? 下級アイドルなの? マジうける笑」

くすぐったさの中にこは思った。
こんな仕打ちを受けた穂乃果もきっとくすぐったさに苦しみながら意識を失ったに違いないと。
そしてできることならば自分も早く意識を失ってしまいたい。
だが、にこの体力はまだ尽きることはなかった。

「きゃっはっはっはっはっはっは!! 服の中もぞもぞしにゃいれぇっへっへっへ!! 気持ち悪いぃひひいひひひ!! やだぁっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! は、はやくやめてぇっへっへっへっへっへ!! しんじゃうからぁっひひひひひ!! きゃぁあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

「今のレベルでこんなに笑ってたんじゃあ後が持たないわよ?wwww」

「あ、あとってへへへへ!? ま、まだくすぐる気!?」

「だってまだ ”腋の下 ”をくすぐってないじゃない?」

村野の言葉に、にこは絶望を感じた。
自身の一番の弱点である腋の下。
彼女たちはその領域にまだ指一本も出してはいないのだから。

「やだぁはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! 腋はいやぁぁあっはっはっはっは!! 助けてぇへへへへ!! 誰かぁたしゅけっへっへっへっへっへっへっへ!!」

「誰も来ないよ。この部屋は防音対策がされているからね。思いっきり笑い叫びな(笑)」

「じゃあ、私も腋の下行くわ。アンタは一人で足をこちょばしといて」

「腋組へいらっしゃーいwww」

黒田は立ち上がると村野の元へと移動する。
村野は意を酌むと一度手を止め、黒田を迎えた。
これは黒田の作戦の一つだった。
二人でくすぐること。
それは全く違うスピードや指の動かし方で弱点を責めるということだ。
左右の腋の下で同時に違ったくすぐられ方をしたらにこはどうなってしまうのか。
三人はいよいよにこを笑い潰そうと本腰を入れ始めたのだ。

「じゃあウチはコレ使うわwww」

井倉は一度にこの足の裏から手を放し、自分のバッグに手を伸ばすと、中からヘアブラシを取り出した。

「ほら、にこちゃん。コレなんだかわかる?」

にこは恐る恐る答えた。

「な、何って……ヘアブラシでしょ?」

「せぇかーい、これで足の裏をくすぐったらどうなるか……試してもいいよね?」

「そ、そんなのダメに決まって――っひ!?」

その時、にこの腋の下を村野と黒田の指が這いまわり始めた。
にこは先ほどまでとは違った、左右バラバラのくすぐったさに悲鳴を上げる。

「いひゃはははははははははははっ!! きゃははははっ、だ、だめっひぇっへへへへへーっ!! そ、そんにゃくしゅぐりかたぁっ!! うっひゃははははははははは!! あははっ、きゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

「答えてくれないみたいだから、肯定と受け取ってコレ使わせてもらうね(笑)」

「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! うひゃはははっ、ちょっ、ま、まっひぇへへへ!!」

お構いなしに井倉はヘアブラシを右手に掴み、にこの足を左腕で抱えると、そのままヘアブラシをにこの両足の裏に添わせる。
そしてそのままブラシを大きく上下に動かす。
すると、にこはすぐさま身体を大きくビクンとしならせ、狂ったように笑い転げる。

「やだぁはははははははははっ!! いやぁはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! や、やめぇへっへ!! んぁあっひひひひひひひぃぃー!! ぎゃははははっ!! や、やめっひぇへっへへへへへへっ!! だ、だひゃははははははぁあああひひひぃっきゃっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

にこはすでにくすぐりの魔の手に落ちつつあった。
今までの人生の中で一度も味わったことのないような絶望的なくすぐったさに、思考力は低下し、逃げ出したくとも逃げ出すことのできない状況にただ笑わされ続けるしかなかったのだ。

「このペースで、後何分もつのか楽しみだわwwww」

「ひぎぃひひひひひぃいいいひゃぁあああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! だ、誰か助けっへっへっへぇ!! んやはははははははーっ!! も、もうわらえにゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

ここで村野はにこに選択肢を与える。
それは彼女たちの本来の目的である、アイドルグループの抹消である。
自分たちが再び日向に戻るための一手。

「じゃあアンタにチャンスをあげる。私たちの前でスクールアイドルなんて辞めるって宣言しな」

「ちなみに穂乃果ちゃんは気絶する直前に『わ、わかったからぁ!!』って命乞いしたけどwwww」

「にこちゃんはどうなのかしらねぇ(笑)」

「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっは!! ほ、穂乃果がそんにゃぁっひひひひひひひっ!! う、うしょよぅふいひいひひひひひ!! うしょにきまっひぇるんだかりゃぁ!! きゃぁぁあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

「嘘なんかじゃないわよ? アンタだってわかるでしょ? くすぐったさから逃げ出したくなった。だからアイドルを捨てたのよ?」

村野の言葉ににこは納得してしまった。
いや、納得なんて到底できるものではなかったが、自身が今、身をもって感じていることは逃げ出したい。
ただそれだけだった。
このままくすぐられ続けては自分が壊れてしまう。
にこは早くも自身に限界を感じていたのだ。

「きゃっはっはっはっはっはっはっはーっ!! っふっふいひひひひっ!! に、にこはあきらめにゃっひひひひひひっ!! えひひひひっ!! だひゃははははははははははははーっ!! んはあははっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

「涎垂らしながら笑い続けて、まだ諦めないつもり? 早く楽になった方が良いんじゃない?」

「ほら、アイドル辞めますって言えばくすぐったいの終わるよ?(笑)」

お腹がちぎれるほど笑い続けたにこは、遂にこの悪魔の囁きに耳を貸してしまう。

「(にこ、もう頑張ったよね? これ以上、笑ったら死んじゃう……にこはファンのために生きなきゃいけないのよ。この場で辞めますって表面上言葉にするだけ。だからみんな……許して!!)」

頭の中で渦巻く気持ちが次第に音になって口からあふれ出していく。

「あははははははははっ!! や、やめましゅぅひひひひひ!! あ、アイドルやめまひゃぁっぁああああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! も、もうしんじゃうかりゃぁぁああはっひひひひひっひ!! だ、だからやめりゅぅひっひひひいひひひ!! あ、あいどるやめゆかりゃゆりゅひへぇええっへっへっへへっへへへへへへへぇええひひひ!!」

「よし、今の録ったね?」

「えぇ。バッチシwww」

にこの宣言を録音したことを確認すると、三人は指を止める。

「はい、お疲れ様(笑) 良かったわね? くすぐったいのが終わって……って、もう聞こえてないわね(笑)」

三人が指を止めた時には、すでににこの意識はなかった。
こうして二人目が陥落した。


―To Be Continued―
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


  1. 2017/06/02(金) 19:19:10|
  2. リクエスト小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX