FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『笑握のトラップ』

『笑握のトラップ』

『えむえむっ!』



「……っ!? こ、ここは……どこなのよーっ!?」

真っ暗な部屋の中、気絶していたはずの美緒は目を覚ますと、一面真っ暗な周囲を見渡し、叫んだ。
その声のあまりの大きさに、美緒と同じく気絶していた残り2名も目を覚ました。

「そ、その声は美緒さんっ!?」

「手足の自由が利かないし、視界が完全にシャットアウトされているということは……どうやらノアたちは拉致されたようですね」

その部屋には美緒、嵐子、ノアの3人が手足を縛られ、X字で磔にされていた。

「いったん落ち着きましょう。ノアたちがどうしてこうなってしまったのか、順を追って考えましょう」

「えっと……私は確か、部室で……突然身体を揉みし抱かれて……その後の記憶がないわ。いきなり背後から襲われたから顔すら見ていないわ」

まずは美緒が自身の記憶を呼び起こした。

「大体ノアも同じでした。私も研究中に背後から……」

「私は……えっと、由美に呼び出されて――」

「「っ!?」」

嵐子の発言に、美緒とノアの2人は何か謎が解けたかのような表情を浮かべた。

「それよっ!! 恐らく、私たちを襲ったのは間宮由美よ」

「えぇ、ノアたちが受けた攻撃が間宮流マッサージ術なら納得がいきます」

「でも、なんで由美がそんなことを?」

「お話はそこまでよ!!」

3人の会話を断つように突然室内に光が差し込んだ。
そして3人の目の前には1人の少女の姿が浮き上がる。

「やっぱり間宮由美……アンタの仕業ね」

「そうよ。私の間宮流マッサージ術にかかれば、ざっとこんなものよ」

「由美、どうしてこんなことを?」

「……ごめんね嵐子。理由は言えないけど、私の目的を達成するのはどうしても必要なことなの」

「意味が解らないです。ノアたちを拘束して何をするつもりですか?」

「今に解るわ」

由美はそれだけ言うと、3人を順番に指差していく。

「誰にしようかな……決めた。まずは柊ノア!! あなたからよ」

ノアにビシッと指先を向けると、そのままノアへと近づく由美。
そんな由美の姿を見て何かを感じ取ったのか、ノアは少し怯えた表情をみせる。

「な、何をするんですかっ!?」

「そうねぇ……くすぐったいことかしら」

そういうと由美はノアの脇腹に手を這わせ、そのまま揉みこむように指を食い込ませる。

「んひゃぁっ!?」

ノアは突然の刺激に驚いたように悲鳴を上げると、すぐに笑顔を浮かべ狂ったように笑い出した。

「ひゃぁっははははははははははっ!! くすぐったいぃっひぃーひゃはははははははははーっ!!」

「まだ優しくしてあげているのに、もうこんなに悲鳴をあげるなんて」

「きゃはははははははーっ!! の、ノアはくすぐりだめにゃんれすぅ!! きゃぁはははははーっははははははははははっ!!」

「アレはなんなの?」

「さぁ……?」

まさに拍子抜けな展開に美緒と嵐子は顔を見合わせた。

「ちょっと早いけど、あなたに興味はないからもう落としてあげるわ」

由美はそういうと、ノアの脇腹のツボに指を押し当て、震わせ始めた。
見事にノアのツボにはめられた由美の指先からは絶妙な力加減で刺激が送られてくる。
その刺激は、身体の小さなノアには致命傷だった。

「いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!? そ、それだめぇっへっはっはっはっはっはっはっはーっ!! やみぇへぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! きゃぁーっひゃっひゃっひゃっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

ノアはあり得ないほど笑い出すと、身体を痙攣させながら涎を垂らした。

「やらぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! も、もうらみぇへへへへへへっ!! んぎゃっはははははははははーっ!! くしゅぐっらひぃひひひひひぃっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

「もう終わりよ。おやすみなさい」

「ひにゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! ひぎぃっひひひひひひいっっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ひゃははははははははっ、も、もうらめぇーれすぅっ!!」

身体を大きくビクンとしならせると、ノアはそのまま気絶してしまった。
そんなノアの様子を見て、美緒と嵐子は初めてその恐ろしさを知ったのだった。

「そ、そんな……ちょっとくすぐっただけなのに……」

「これも……間宮流マッサージ術って奴かしら……?」

怯えはじめる2人を見ながら由美は次のターゲットを決める。

「そうね、嵐子は最後のお楽しみに取っておこうかしら」

由美はそういうと、今度は美緒へと近づいていく。
美緒は由美のクネクネとうごめく指先に恐怖を覚えながらも強気の姿勢を崩さない。

「な、何よ……き、来たら殺すわよ!!」

「そういいながらも身体は正直ね?」

そういう由美の視界には、強気な態度とは裏腹に膝をガクガクと震わせる美緒の姿が映っていた。
一方の由美は、そんな美緒とは対照的に不敵な笑みを浮かべながら一瞬にして美緒の背後へと回り込んだ。

「身体と顔だけは可愛いのに……すぐに笑わせてあげるけど」

「ひゃはははっ!?」

伸ばされた由美の指先は軽く美緒の腋の下を掠め始める。
そんな小さな刺激だけで美緒は笑いを堪え切れなくなってしまう。

「まだくすぐってもいないのに敏感なのね♪」

「ちょ、や、やめなさ……ひゃぁはははんぅ♡」

「でも、こんな生易しい攻撃なんてもう終わり……嵐子を待たせるのも悪いしね……」

そういうと今度は美緒の腋の下をがっしりと捉え、由美は指を激しく動かし始める。

「いっひゃぁっはっははんっ!? ま、まっっひゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! あはははははっ!! くすぐったぁっはっはっはっはっはっはーいぃっひひっひひひぃっくひゃっははっはっはははっははははははーっ!!」

普段の美緒からは想像できないような甘い声が部屋の中を駆け巡る。

「み、美緒さん!?」

そんな美緒の姿に嵐子も不安を隠せない。

「その悶え方、表情……本当に最高ねぇ♪」

「きゃはははははははっ!! ば、バカ言ってないでぇっっひゃぁっははははははっ!! や、やみぇひゃはははははははっ!! うみゃぁっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

美緒はかつて味わったことのないような強烈なくすぐったさに完全に支配されてしまう。
そんな刺激を送り込んでくる由美の指先から逃れようと美緒は身体を捩って抵抗する。
だが、拘束されている今、美緒に成す術はなかった。

「いやぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! いっひひひひひゃぁあああっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

「こうやって筋肉や神経の流れを指先で感じながら辿っていく。これが間宮流の極意よ。これならだれでも笑い死ぬほどに悶えてしまうの」

「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! わ、わかっひゃからぁ!! も、もうやみゃぁははははははぁーっひぃひひひひひっくははははははっ!! い、息ができにゃぁはっはっはっはっはっはっはいぃっひひぃ!!」

「涙と涎でぐしょぐしょにしたまま気絶させてあげる♪」

「やらぁはははっ!! きゃぁはっはははははぁっひぃひひひひひーっ!! うひゃはははははははあぁんぁくひゃははっは!! だ、だりぇかたしゅけっひぇぁははははははははーっ!! きゃぁはははははははははーっ!! くしゅぐっらくれしんにゃうぅっひゃははははははははっはははははっはっはっははっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

「ま、待って由美っ!!」

「もう遅いわよ♪」

「いひゃぁははははははははーっ!! ふみゃぁははあはははははああぁーっひぃひひひひひぃー!! も、もうくしゅぐりやらぁーっひゃははははははっ!! んぐっはひゃはやひゃはははははははははっ、ひいひひひぃっひひひぃぁああぅっひぃ……」

嵐子が由美を制止しようとしたのだが、一歩遅く、美緒は見事にくすぐりに攻略されてしまった。
由美は気絶した美緒から手を放すと、次はそのまま嵐子の元へと歩み寄ってくる。

「お待たせ嵐子。今度は嵐子を気持ちよくしてあげる」

「ま、待って!! お願いだから……ね、ねぇ由美……」

「怖がらなくても良いのよ? 最初はちょっと苦しいけど、すぐに気持ちよくなっちゃうんだから♪」

そういうと由美は体勢を少し低めに取り、嵐子の膝や内腿を触れるか触れないかの加減で触り始める。

「きゃんっ!? ゆ、由美ぃ……ひゃぁあ!! くすぐったいぃ……ひぅっ!!」

「まだまだ時間はたくさんあるんだからゆっくりと攻略してあげる」

「ひゃぁんっ!! んぁ……ひぃ!! あ……ひゃぁああん!?」

愛撫のように嵐子の足を撫で回すと、嵐子の反応や表情を見てタッチを変えていく。
そんな責めが1分ほど過ぎた。

「じゃあそろそろもう少しだけくすぐったいことしてあげる」

そういうと由美の指先はスッと嵐子の身体を上り始める。
その指先はちょうど嵐子の脇腹付近で動きを止めた。
そして嵐子の脇腹を鷲掴みするとニヤニヤしながらゆっくりと揉みほぐしていく。

「嵐子ってウエスト細いわねぇ」

「ひゃっはっはっはっは!? や、ちょっ、きゃはははっ!! くすぐったぁやはははっだめぇ♡」

突如として、想像以上の鋭いくすぐったさが嵐子の身体を駆け巡った。
この刺激を受けた瞬間、嵐子は改めて身の危険を悟った。

「あはははははっ!! こ、こんなの、ふひひひぃっきゃはははは!! 普通のくすぐったさじゃにゃははははははっ!!」

「当たり前じゃない。これは遊びじゃないんだから♪」

由美がそう言った後だった。
少しずつ本腰を入れるように、由美の指使いが荒く激しいものへと次第に変化を始めたのだ。
それに比例するように嵐子の反応も激しいものへと変化する。

「きゃっはっはっはっはっはっはっは!? ゆ、由美!? やぁははははははははっ!! だ、だんだん強くなってっきゃはははははははーっ!!」

「ほらほらぁどんどんくすぐったくなっちゃうわよ♪」

「やぁはははっ!! やらぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! くすぐったいぃひひひぃっひゃははははははっ!! ややぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

この恐ろしいまでのくすぐったさから逃れようと嵐子は必死で身を捩る。
そんな嵐子の努力も拘束されていては無駄である。
しかしそんな嵐子の姿を楽しみながら由美は指を動かし続けた。

「ふにゃははははははははーっ!! や、やめっっひっひゃはははっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! きゃはっははははははーっ!!」

「嵐子良い表情してるわ、もっと見せてぇ」

「あひゃははははははっ!! も、もうやみぇひぇっへっへっへへぇーっくひゃっはっはっはっはっはっはっはっははははははーっはっはっはっはっはっはっは!!」

「本当に敏感な身体……でも、もっとくすぐったいのは……」

由美はゆっくりと指をさらに上へと動かしていく。

「きゃははははっ!? そ、そっちはだめぇーへへへへへっ!!」

自身の最大の弱点へと移動し始める由美の指先を見つめながら、嵐子は必死で叫んだ。
だが、もちろん由美はそんな嵐子の必死の叫びを余所目に指を走らせる。

「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっは!! お、おねがいぃっひひひひぃ!! そっちはいやぁはっはっはっはっはっはっはっは!!」

「ダメよ、これからが面白いんだから♪」

由美は問答無用で嵐子の腋の下へ激しく指を蠢かせた。
その瞬間、嵐子は身体を大きく跳ねさせて笑い転げた。

「きゃーっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!? だめっ、だみゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ひぃっひゃっははははははははーっ!!」

「どう? くすぐったいでしょ?」

「いやぁっはっはっはっはっはっはっはーひぃーっきゃはははははははーぁっはっはっはっはっはっはっはーぃっひひひひぃぁーっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! むりぃひひひひぃむりゃぁっひゃっははははっはぁーっひぃひひひぃーっ!!」

息がすえないほどに笑い悶える嵐子の姿を楽しそうに見つめながら、由美はさらに追い込むように指を動かす。

「うひゃっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! にゃぁーっひゃっはっははははっはっーぃっひひひひぃっひゃっはっはっはっはっはっはっはーっ!! うみゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

「苦しいのは今だけだから、すぐに気持ちよくなっちゃうわよ」

「きゃぁっひゃはははははははははははーっ!! くしゅぐったしゅぎへしんらうぅーっひぃひひひっひひぃーっ!! だ、だれかたしゅけっひぇーっへっへっへっへぇーっひぃぃぁあひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! やらぁっひゃっははははははっ!! た、タローたしゅけっひゃはははははははははーっ!!」

「……何で? 何でそこでアイツの名前が出てくるわけ?」

砂戸太郎の名前が嵐子の口から飛び出た瞬間、由美は明らかに不快感を覚えたかのような表情を浮かべた。
そんな由美の不機嫌さに合わせてか、彼女のくすぐり方も更に激しく苦しいものへと変わっていた。

「いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!? ご、ごめんにゃひゃいぃっひぃーっひぃひひひひひひっ!! ぃぁあああっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっきゃぁひゃっははぁぃっひひゃっははははははーっ!!」

そんな荒々しいくすぐったさに、嵐子は必死に謝る事しかできない。
謝れば、もしかしたら少しはくすぐったさが弱まるのではないか、とそう考えたからだ。

「せっかくだから調教してあげるわ……アイツの事なんか忘れられるように……ね?」

「にゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! うきゃゃっはひゃはやはははははははーっ!! ひぎぃーっひひひひぃっきゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーぃっひひひひぃやぁみぇひゃはぇっはひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

由美がそう言って本腰を入れようとした時だった。
かつて味わったことのないようなくすぐったさに溺れていた嵐子の体力気力が限界を迎え、由美の気づかぬうちに嵐子はぐったりとしていた。

「……何よ、これからだったのに……まぁ、良いわ」

少し残念そうなようすのまま、由美は嵐子から手を放すと、そっと部屋の壁に仕掛けられていた隠しカメラに目を向けた。
そしてカメラに向かってそっと口を開いた。

「終わったわよ。これで約束は守ってもらえるんでしょうね?」

由美の言葉に反応するかのように、部屋の隠し扉から一人の人影が飛び出してきた。

「もちろんだ間宮由美。いい仕事ぶりだった。約束通り葉山辰吉とのことは私も協力させてもらおう」

そういいながらもう一つのカメラでぐったりとした3人の写真を収めていく今回の黒幕。
そう、黒幕こと鬼瓦 みちるだ。
彼女は間宮由美に間宮流マッサージ術の応用としてくすぐりを用いて美緒、嵐子、ノアの3人を悶えさせてほしいと依頼したのだ。
その見返りとして、由美と辰吉の仲を取り持つといった条件で。

「私はまだ撮影会を続けるが、君はどうする?」

「もう用はないし、出ていくわ」

そう言い残すと、由美は一人部屋を出ていった。


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]


  1. 2015/09/18(金) 18:58:08|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。