FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『直葉染め』 前篇

『直葉染め』 前篇

『ソードアート・オンライン』―桐ケ谷 直葉 編―



「アクセスポイントの解析が終わったよ」

「ご苦労だったね。それで、ポイントは?」

「特定できた」

「……ということは」

「あぁ、本人に直接会うことが出来るということよ」

「なるほど……じゃあ早速……」

「あぁ……全ては我らの欲のために」

とある部屋に置かれた少し大きめの機器。
これを利用して2名の女たちはアクセス解析を行っていた。
対象はとあるVRMMOプレイヤーに絞られていた。

「待っててね……リーファ」

彼女らはニヤリと笑うと、部屋を後にした。



その頃、桐ヶ谷 直葉はVRMMOのALOを利用し、リーファとしてゲームに潜っていた。
この日、彼女の自宅には彼女の他は誰もおらず、自宅のドア、窓ともにしっかりと施錠がされていた。
しかしそんな状況の中、直葉に魔の手が迫っていた。
そう、先ほどの2名の女たちだ。
彼女らはALO内で見かけたリーファに興味を持っていた。
そのため、リーファとしてALOに接続している直葉の居場所を特定しやってきたのだった。
2人は素早く丁寧に桐ケ谷邸の玄関の施錠を解くと、静かに屋内へと侵入した。

「まずは、リーファ以外に誰かいないか調べましょう。A子の話だと、リーファは今ログインしているみたいだから」

「了解」

二手に別れると屋内の捜索を始める。
まずは直葉の他に人がいないかを確かめ始めた。
しばらくし、直葉の部屋を除くすべての部屋を調べ終えた2人は最後の部屋、直葉の部屋へと侵入した。

「どうやらこの娘がリーファのようね……」

2人が直葉の姿を確認したちょうどその時だった。

『B子さんC子さん!! リーファがログアウトします!!』

無線でA子からそう連絡が入った。
2人は慌てて睡眠薬を含ませた布をポケットから取り出した。
そしてログアウトし、起き上がった直葉の口と鼻を塞ぐように布を押し当てた。

「んぐぅっ!? んーぅんんーっ!?」

直葉は起き上がると突然襲われたことに気付き抵抗を試みるがあっという間に気を失ってしまった。

「よし、運び出しましょう」

2人は気絶した直葉を担ぎ上げると、そのまま桐ケ谷邸を後にし、近くに停車してある仲間の車に乗り込んだ。
こうして直葉は手際よく拉致されてしまったのである。



直葉を拉致した2人はある建物へと向かっていた。
町はずれにあるコンクリートビルの地下である。
地下のワンフロアを彼女たちは所持していた。
そのフロアを改造し彼女たちは牢屋と大部屋を作り、フロア全面の壁や天井、床に至るまでを防音加工していた。
それどころか、このビルはもうほとんど使われておらず、人通りも少ない。
地下以外のフロアは、どこかの工場の物置と化していたのだった。
そのため、彼女たちにとってこの地下フロアは絶好の隠れ家だったのだ。
そんな隠れ家に直葉を連れ込み、牢屋の一角に放り込んだ。
服を脱がせ、全裸にすると、手足に錠をかけ口には猿轡をかけた。

「ご苦労様A子、B子、C子……リーファは無事に連れてこられたようね」

「はい、ご主人様!! ……そ、それで……ご褒美とかいただけると……」

「A子、慌てちゃダメよ。リーファで遊んでから……ね」

ご主人様と呼ばれるもう一人の女は彼女たちの主格となる人物だ。
実は彼女ら4人は、レズ集団であった。
主格の女に愛されたいがため、また仲間を求める彼女らの思いが一体感を産み出していた。
彼女らはALO内の美女を拉致し、この牢屋に監禁していた。
目的はもちろんレズという趣味からくる。
そんな彼女たちの今回のターゲットがリーファだったのだ。
数時間後、直葉は牢屋の中で目を覚ました。
目が開いた瞬間、観たことがない場所にいることに直葉は戸惑った。
しかし、それ以上に彼女をパニックに突き落としたのは、自身が一糸まとわぬ姿で拘束されていることだった。

「あ、リーファが起きました!!」

牢屋の柵の外で監視をしていたA子が大声をあげて仲間に知らせる。
するとその声を聴き、B子、C子、主格の女の3人が駆けつけた。

「じゃあ、あの部屋に運びましょう」

「はいご主人様!!」

主格の女を除く3人は牢屋のカギを外すと、牢屋内に入り、直葉を捕まえるとそのまま牢屋の外へと引っ張り出す。
そしてそのまま別の部屋へと運び込んだ。
その部屋もまた殺風景な部屋であり、直葉は床に寝かされた。
そして猿轡だけが外された。

「んぐぅっ、はぁ!!」

「ようこそリーファ。私たちはあなたを歓迎するわ」

「な、なんなのよあなたたち!? ……今、リーファって……」

「ごめんなさいね、本名を知らないものだから。そうだわ、せっかくだし本名を教えていただこうかしら♪」

「なんでそんなこと教えないといけないの……というか、これ、外してください!! どういうことですか!!」

訳の分からない直葉は怒り任せに声を荒げた。
しかし、彼女たちはそんなことなど気にも留めず、リーファに近づいた。

「まずはお名前を教えて? じゃないと……身体に聞いちゃうわよ?」

「……教えません。大体、人をこんな目にあわせておいてタダで済むと思います?」

「質問に答えて? お名前は?」

「言いません」

「そう……なら、仕方がないわね」

主格の女が目配せをすると、A子、B子、C子は直葉へと近づいていく。
そして一斉に床に転げている直葉に飛びかかった。

「きゃぁっ!? ちょ、何を……」

うろたえる直葉の不意を突くように3人は直葉の体中をまさぐり始めた。
直葉の体中に手を這わせ、あらゆるところを撫で回していく。

「あっはっはっは!? いやぁっはははははははははっ!! くすぐったぁいぃっひっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

すぐさまくすぐったさを感じた直葉は笑い出して身体をくねらせる。

「あら、良い反応ね♪ どうかしら名前を教える気にはなったかなぁ?」

「きゃははははは!! い、いわなぁっはっはいぃっひ!! やぁっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

全裸の直葉は肌を直接触られていることから、普段よりも敏感に刺激を受け取ってしまっていた。
そのためにくすぐったくて仕方がなかった。

「まだ撫でてるだけなのに……可愛いわぁ♡」

「ひゃっはっはっはっはっは!! あはははっ、や、やめぇっひぃひひひぃ!! いやははははははははははっ!!」

「早く言わないともっと責めちゃうよ?」

彼女たちの脅しにも屈しない直葉の様子を見て、主格の女は本格的に直葉を落としにかかる。

「じゃあもうくすぐっちゃいましょうかw」

「あっはっはっは!! ちょ、ちょっと待って!?」

直葉は慌てて口を挟もうとしたが、問答無用に女たちの触り方がくすぐったいものへと変化した。
指で撫でていただけの動きは少し爪を立てられ、ひっかくように体中を撫でられる。

「ひゃぁああっはっはっはっはっはっはっはっは!? くすぐったぁいぃ!! くすぐったいぃっひっはっはっはっはっは!!」

あまりのくすぐったさに直葉は身を捩って刺激から逃れようとするが、両手両足には錠がつけられており、大きな抵抗は出来ない。
直葉は腋の下を塞ぎ、一本にまとめられた足をばたつかせ抵抗を試みたが、腋の下を塞いでいることに気づいたC子によって万歳の形で床にねじ伏せられてしまった。
また、足首もB子によって押さえつけられてしまう。
そしてがら空きになった腋の下を執拗にA子に責めたてられた。

「だぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! わ、腋だみぇぇっはっはっはっはっはっはっは!! あははははっ、うひゃぁははははははっ!! えっひっひっひっひぃひひひひひーっ!!」

身体を押さえつけられた直葉は首をブンブン振ってくすぐったさを逃がそうとするが、集中的に腋の下をまさぐられていては圧倒的なくすぐったさの前にひれ伏すほかなかった。

「そろそろ名前を教えてよぉ? このまま可愛がるのもいいけど、死んじゃうよ?」

「きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっひぃっひっはやっはははははははははーっ!! きぃきりぎゃぁっはやぁはははははっ!! すぎゅひゃ!!」

直葉はあまりのくすぐったさに観念し、自分の名前を口に出した。
しかし、笑いながら言った名前は女たちには聞き取れるものではなかった。

「ちゃんと言わなきゃわからないよ?」

「笑いながら言うとか可愛いぃ♪」

面白がりながら彼女たちは直葉を責め立てる。
直葉はもう一度、必死になって声を出す。

「きぃっひひひひぃっく!! きりがやぁすぐはぁ!! ひゃぁっははははははっ!! きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

「へぇ~直葉ちゃんねぇ……可愛い名前だこと♪」

名前を告白したにも関わらず、彼女たちのくすぐりは止まることがなかった。

「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! な、なんでぇっへっへっへ!! いったのにぃっひひひひぃ!!」

「直葉ちゃんは腋の下弱いの~?」

「みゃははははは!! そ、そうなのぉ!! だ、だからやみぇへよぅっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

「じゃあ次は足の裏も擽ってみようかしら……」

「ひぃっ!?」

主格の女は自ら直葉に近づくと、B子に足を抑えさせたまま、直葉の足の裏をコチョコチョと擽り始めた。

「ひゃぁっはははははは!? きゃんぅっひゃっはははははははははーっ!! ど、同時はやらぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

腋の下を擽られながら、足の裏も同時に責めたてられた直葉はさらに大きく身もだえる。

「あらぁこっちも弱いのねぇ~もっと可愛い声を聴かせてぇ♡」

C子とB子に身体を押さえつけられたままA子と主格の女に身体を責め立てられている直葉には、もはや抵抗することなど不可能だった。
ただ笑わされ続け、可愛く乱れるほかないのだ。

「いやぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! も、もうだみぇっへぁはは!! らみぇっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

「まぁ、今日は初日だし、これで最後にしてあげる」

主格の女はローションを取り出すと、直葉の身体に垂らしていく。
そして、抑え役だったB子とC子も合わせて4人一斉に直葉の身体を擽るようにローションで揉みこみ始めた。

「きゃーっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ぬ、ぬるぬるぅひゃははははぁっ、くしゅぐっらぁいいぃいいっひひひひひひぃーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

「このまま擽りながらイかせてあげる♡」

そういうと直葉を擽りながら、胸を揉みし抱いたり乳首、乳輪を責めたて、陰核も弄り始めたのだ。
くすぐったさの他にも何とも言えない刺激が直葉の身体を電気のように駆け巡った。

「ひゃはははははは!! あははっ、ははは、はぁああん!! きゃははははぁんぅ!! へ、へんなとこしゃわらにゃぁいれぇっはっはは!! やぁっはっはっはっはぁんっ!!」

「くすぐったいの? 気持ちいいの? そんなに感じて……えっちな娘ねぇ♪」

「んぁ……ひゃぁっはっはっはっは!! んんぅ~っひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁああんっ!!」

ローションによって滑りが良くなりくすぐったさは倍増したのだが、それだけではなかった。
直葉の中で他の何かが大きくなっていた。
それはくすぐったいけれど気持ちいいという今までにない奇妙な感覚だった。

「だんだん抵抗がなくなってきたわねぇ。さっきまでは必死でくすぐったさから逃げようとしていたのに……今では自分からバンザイしておねだりしてるなんて……素敵だわぁ♡」

「あっはっはっはっはっはっはっはっは!? んあぁっはっはははっ!! う、嘘っ!? にゃあんれぇっはっはっはっはっははんぁ……」

女の言葉に直葉は初めて気が付いた。
自分で自ら女たちが擽りやすいような体勢をとっていることに。

「みゃぁっはっはっはっはっはっはっはーっ!! うひゃははははあんぁんっ!! やぁ……っはっはっはっはっはっはっは!! んぁっはっはっはっはっはっは!! あぁんぁ!! く、……くるぅ!!」

体中の敏感なところを責められ続けた直葉に限界が近づいた。
だが、やはり自らその刺激から逃れようとはしなかった。

「名前も教えてくれたし、少しは素直になったようだから今日だけ特別にイかせて……あ・げ・る♡」

主格の女は止めを刺すように直葉の陰核をコリコリと擦った。
それに反応するように直葉は身体を捩じらせて声をあげた。

「んぁっはっはっはっはっはぁんっ!! やっ、あんッ、ダメぇえっ!! あ……あははんぁっあぁぁあぁっ!!」ビクビクッ

ビクンと身体をはねさせると、そのまま直葉は絶頂を迎えてしまった。
顔を真っ赤に染めて涙と涎で顔を汚し、地面でヒクヒクと息をする。

「しゅ……しゅごぃひ♡」

直葉はあっという間に女たちの虜となってしまったのだ。
自分でも初めて体験した、あのどうしようもないくすぐったさと気持ちよさの狭間の感覚……。
ひとりでシているときの何倍もの刺激に腰を抜かしてしまうほどだった。

「直葉ちゃん。私たちは別の女の子のところに行ってくるから……戻ってきたら一緒にお風呂に入ろうねぇ♪」

「……はぁひゃいぃ♡」

再び牢屋に戻された直葉。
そこには先ほどまでそこにいた直葉など既にいなくなっていた。


スポンサーサイト
[PR]


  1. 2015/08/14(金) 14:14:14|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX